花紀行

トレッキングしたりその時々に出会った花たちの思い出
デジカメで撮った写真など・・・

テイカカズラ

2016年12月07日 | 小石川植物園
楽しみにしていたテイカカズラの袋果が裂け種髪が飛び出し始めていました!
間に合ってよかった! 初めて見て大感激  
種子が上で種髪は下に向きお行儀よく並び きれいにしまわれていたようです♪



袋果は2ケがセットでそれぞれこんな感じで裂けていました。


袋果の下の方














飛んでいこうとしています! 風に乗れば遠くへ遠くへ!!!






太陽が当たると光って見える~




あらかじめ何個か確認していた袋果はみんな無事に最後まで残り弾けることができましたが
これはまだもう少し時間がかかりそうでした。



テイカカズラの枝の曲がりや初々しい若葉も見ごたえありました。藤製品を思わせるようです






コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

小石川散歩(12/3)

2016年12月06日 | 小石川植物園
絶好の日和になりそうだったので久しぶりの小石川へ!  イチョウの黄葉真っ盛り!


モミジの綾錦




フェンスにからまっているツル性植物は? ハスノハカズラなのかしら




葉を見ると切れ込みはなくハスの葉に似ているようですが・・・
いつも気にして見ていたのですが見本園で見たハスノハカズラと同じ?なのか確かめなくっちゃ!




八重咲きのツワブキ  またしても旬を逃してしまって・・・咲き残り






枯れ木に花が咲いたよう!!!ツツジの仲間でしょう




ヤドリギのかたまりは一回り大きくなったような・・・


コクサギの雌株  種子が落ちた殻もありました。










何かの卵? カマキリが作る卵に形は似ていますが・・・

コクサギの木でよく見つかるアカスジキンカメムシの幼虫は全く見当たらず残念・・・
晩秋の小石川の様子を順次紹介したいです♪
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

近所の散歩2(11/3)

2016年12月05日 | 松戸周辺
土手の近くで初めてのチョウとの出会いでした!翅の縁がカクカクしたチョウ♪




「L」の文字が見えたのでこれが「エルタテハ」なのかと思って・・・
でも冷静に考えると「キタテハ」なのでした! 
キタテハとの初めての出会いはエルタテハと思い込みから始まりました。
裏翅の白い「L」模様が目立ちます~ 脚も白い!



表も見せてくれました♪

キタテハの幼虫の食草は・・・カナムグラだそうで近くにはびこっていました。



土手に咲いていた桜 ボランティアの人たちが植えたようです。










キヅタの花が遅れて咲いていました。アブたちが夢中~  3種類いるみたい


上の写真の下にいるのはこれだと思います。名前は分からない
夕菅さんからヒントをいただいて調べてみたところ「ニホンミツバチ」ではないかと思います。
背中の丸いところや縞模様が似ています。こんなところに来てくれてうれしい限りです♪



オオハナアブ


キゴシハナアブ





滝や噴水のある近くの公園にて  桜の木の色づき


フェンスにツルを絡ませていたのは!  タンキリマメでした






タンキリマメの葉  葉先はとがらず丸ぽちゃという感じで全体に毛深い
ちなみに似ているトキリマメの葉はもっとスマートで葉先がとがる

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

ハリギリ

2016年12月04日 | 松戸周辺
近所で初めての木との出会い
花が咲いているようにも実がついているようにも見えて・・・なにかと思いました。
調べてみたところ ハリギリ でいいようです。  ウコギ科ハリギリ属



細い幹 太い幹 何本かまとまって生えているみたい  斜面なので撮りにくい・・・
赤い色をした幹でしかも大きいトゲがいっぱいついているのです。





葉の形を見てカエデのなにか・・・なんて始めは思っていました。


果実ができているのでしょう  できれば花のときに見たかったです。



後ろ側へ行って少し見下ろす形で葉の形を見たところ

近くなのに見たこともない木があったなんて! 
たまにはゆっくり歩いてみるのもいいものだって思っています。


ベゴニアを見れば思い出すのは一人盛り上がりしたシュウカイドウ♪
そういえばベゴニアの熟した果実はまだ見たことなかったです。雌花が咲き終わったのは見えますが・・・













コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

近所の散歩(11/3)

2016年12月03日 | 松戸周辺
アシタバではないかと思っているのですが・・・近所の公園にて
11月というのにこのような野草を見るとうれしさ倍増!









近くにはウド   花も果実も!  アシタバと似ているようで違う





アオツヅラフジの青い実を見つけました! 家からすぐのところ♪





これは11月に入ってすぐ見てきた小石川植物園シダ類の見本園にて
キイジョウロウの花が咲いたのでした!  果たして花をつけるのか分からないまま過ぎてきました。
ちゃんと咲かせることが分かり今後の楽しみ~   花の盛りを見てみたいです
きれいなままの葉をしているところも気に入っています。
たいてい虫にやられて無残な葉になるでしょうに・・・





コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

カツラやヌマミズキの色づき

2016年12月02日 | 小石川植物園
木々の色づきはすでに旬を過ぎて遅過ぎの感が拭えませんが・・・2016.11月上旬のことでした。
いち早く色がついてきれいな葉になるヌマミズキ  
周りはまだ緑の葉だらけ   その中ですごく目立っていました。








カツラの可愛らしい丸い葉が黄色になり始めていました。においは特にしなかったです。




こっちのカツラの木は雌木  バナナのような形の果実つき
地面に葉を落とすようになれば少しはいい匂いが感じられるでしょうか・・・



毎年見ているスモークツリー  色づきが早いです!


クルミ科のヒッコリーと名札がついていました


ヒマラヤゴヨウ マツ科 色が美しいという印象が強いです。


今頃の風物詩  サザンカ咲きました♪


常緑のメキシコラクウショウの根元から♪
カメラのグループの人たちがこの角度で熱心に撮られていたので真似をしてきました。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

小石川の秋の一日

2016年12月01日 | 小石川植物園
お天気が良く晴れていた日の散歩    2016.10.26
コクサギの雄花が例年のように咲きました。









花に止まっているのは! キゴシハナアブ~ オス メス どっちかしら・・・


複眼が離れているので 「メス」でした♪



オオトウワタの種髪 見られるかもしれない!   どうにかなんとか!
大量のアブラムシに取りつかれてどうかなと心配でしたがなにはともあれ種髪が出ています~
以前見たときのような豪華さはなくてもこれで我慢します









いつもは素通りするところでふと紫色の葉が視界に・・・
新しく出てきた葉の美しい色に見とれていました。  名前は 「ヒサカキサザンカ」になっています。
葉がヒサカキに似ているサザンカということで名付けられたそうです。白い小さな花を咲かせます。













白くて小さい蛾が・・・生きているのかしら  名前を調べたら ナミガタウスキアオシャク

お天気さえよかったらなにもかも別物に見えてくるから不思議です。 
一カ月以上も経った古いことになってしまって・・・
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

榛名山へ+不思議の玉(11/15)

2016年11月29日 | 花旅
群馬で姉妹揃ったとき もし晴れたらどこかへ! そう思っていました。   2016.11.15
雨にはならないようなので榛名山へ行ってみました。中腹の見晴らしのよい場所から見た景色










ロープウェイに乗るためさらに上まで行く途中 ボタンヅルが!!!
富士山麓周辺でもボタンヅルを見ていてとうとう写真に撮れずに心残りでしたから
ここではどうしても撮っておきたい!






センニンソウは里でも見ることができますがボタンヅルとなるとどうしても遠征しなければ・・・
夢中で撮っている最中・・・なんとバッテリー切れ  しかも用意したつもりが入っていなくて・・・
まさか まさかの出来事にがっくりでした。




これからロープウェイで榛名富士のてっぺんまで行って景色を眺めるというのに・・・


ロープウェイから下りて頂上の散策していたときのことでした。
今度はまさかの不思議な光の玉を見つけて!!!
姉たちが撮った写真を送ってもらい不思議の玉の記念を入れておきます。 一体なんなのかしら・・・
まさにシャボン玉そっくりなのです。子供連れの人たちにもシャボン玉を作って遊んだのかどうか
聞いて回ったのですが誰もそんなことはしていない・・・とのこと
それでは朝露の水滴がまだ残っている?・・・とは考えられなくて・・・形をずっと保っているのです。
この光の玉が何個もついているのです。場所も一か所ではなくあちこちで・・・




ロープウェイ乗り場付近で見たのが一番撮りやすい位置についていました。

玉がつくのは葉や茎とは限らないようです。植物からの水分?それとも・・・ただの水滴?
自然現象?・・・全く見当がつかないのでどなたかお分かりでしたら教えていただきたいです!
なんなのか分からずとも晩秋の日のある思い出としてずっと心に残りそうです♪

もうひとつ付け加えたいことはカメムシ大発生していたということ
しゃれたレストランにも窓の外ばかりでなく内側にまで入り込んで臭いに悩まされました。
当然ロープウェイ乗り場でもどこでも踏みつぶされているし・・・強烈な臭さにくされきり。
ある時期一斉に短期間発生するようですが・・・
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

浮島ケ原自然公園2(花旅三日目11/9)

2016年11月28日 | 花旅
サクラタデがすごくいっぱい咲いていました。何年も出会えずにいたのでうれしかったです。
色は白に近いピンク色  ほとんどは雄しべが長いタイプみたいです(雄花?)







果実ができているのがありました


今度はアカバナの花が咲いた後が目に留まって!!!すごく細長い果実(蒴果)がついています。

あちこち見たらまだ花もあるようです! 葉が赤い! まさに「アカバナ」になっていました。♪






きれいに咲いていてくれて♪





弾けている蒴果がありました! この姿が見たかったです!  きれい~ってドキドキしました。


種髪同士絡み合ってる!


まだ弾ける前の蒴果  4裂する



きれいに整列して順番に飛び待ち? 真ん中には種子を支える支柱が見えます




これを見るとガガイモの仲間の綿毛と同じよう!!!


アカバナの綿毛に夢中になっているうちに時間が来たので散策終わり!
ススキの穂の向こうの管理棟のある入り口に戻って帰ります。





自然公園を後にして家路へ!  休憩のとき御殿場で見た富士山
青空と白い雲とで絶好の条件なのに・・・肝心の富士山は頂上を見せてくれない・・・



雲が切れた! そう思ったときは高速を走っている最中
自分たちの人生を象徴するような見え方になりました。これでいいのかもしれません・・・


今回の二泊三日の花旅の総括
限られた日であっても諸々は胸に刻むことができたと思います。
いつも最高とはいかずそれなりにほどほどに・・・少し足りて丁度良い  少し不足で丁度良い
これで終わりにします。 長く見ていただいてありがとうございました。
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

浮島ケ原自然公園(三日目11/9)

2016年11月26日 | 花旅
三日間の花旅の最後に「浮島ケ原自然公園」へ行ってきました。
富士市中里にあるこの公園は千葉の東金・成東食虫植物群落と似ているところでした。
昔は大小の沼が点在していたそうです。浮島沼の南には旧東海道が通り、
歌川広重を始めとした浮世絵師らによって富士山を背景にした浮島沼の風景が様々に描かれ
その面影を今に伝えているとパンフには書かれています。



季節により珍しい植物もあるそうですがここで見られた秋の植物  イシミカワ


タコノアシが丁度いい加減のゆでだこ状態になって!








白っぽく見えるのはなんだろうと思ったら種子が飛んで空になったところでした!


今頃となるとやはりタデ科の植物が多かったです。普通のミゾソバのほかにこれはアキノウナギツカミ




紫色がきれいだったノギクはノコンギク?




カワラナデシコがまだ咲いていてラッキーでした♪





上の写真に写っている幼虫が食べたのかしら・・・

ほかに何種類か見ることができました! 続きます・・・
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加