畑酒造有限会社 酒蔵日記

清酒 『大治郎』 『喜量能』 醸造元
滋賀県東近江市(旧八日市)
永源寺に続く八風街道沿い。
   杜氏 畑大治郎

ハードな1週間

2017年01月25日 16時49分29秒 | お酒造り

 1月22日(日)

今期2度目の「きもと」の

「もと摺り」を行いました。

先週と、お米違い!

この日は、酒米:山田錦です。

 

冬の厳しい寒さを利用する「きもと」

この冬1番の大寒波の中、

蔵でもひときわ寒い場所で行っています。

 

桶に入っている、水・麹・蒸米を

混ぜていく作業ですが、

この「もと摺り」の前には、

「仕込み」または「もとたて」という

作業を行います。

 

PM:4:00 

麹・蒸米・水を混ぜ合わせます「もとたて」

(細かく書くと、この前にも「水麹」を造る作業があります)

 

この仕込みが終ると、

数時間後(水分がほとんどなくなります)

 

 2~3時間おきに

混ぜ合わせる作業を行います…「手もと」

 

PM:8:30

 

 

23:30

 

25:30… 眠っ💦

 

そして、翌日、

2回目の「もと摺り」

何事もなく、無事に行う事が出来ました。

 

「日曜日、蔵へ行きます!!」と

京都のお料理屋・ごはんやさん

昨年もそうなのですが、

タイミングよく、毎年「もとすり」の日なんです。

 

「もと摺りですよ」とも

伝えてませんでしたので、

到着されて一息入れる間もなく、

「もと摺り」をお手伝い頂きました

お忙しい中、

いつも有難うございますm(__)m

 

昨年は、同じく

「京都・馳走いなせや」

丸山さんも来てくださいました。

 

今年の「京都・ドロップキック」は、

5月14日(日)ですよ。

 

話がそれましたが、

7日の「もとすり」

15日の大雪。

雪掻きが終わり、22日の「もとすり」

翌日の大雪💦💦

雪かき…

 

予想外の作業を、

お酒造りの合間に行い

肉体的にも、ハードな1週間となりました。

 

 

本日も、合間に雪かき

お米や、瓶が入荷してくるので、

倉庫前は、開けておかないと…

 

歩いて帰る道中

 こんな 景色が観れました

神秘的

 

造りも、折り返し地点です

体調整えて、気張って参ります

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いっぽん!! しあわせの日本酒 | トップ | イベントのお知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL