今日も気分爽快なブログ

健康に関するいろんな事を記事にしています。

温熱療法が普及しない理由

2012-02-09 11:48:46 | 温熱療法
温熱療法は効果のある治療法であるにもかかわらず医療機関でハイパーサーミアなどの温熱療法が
普及しない理由は、一連の治療をまとめたものに対して保険点数が決められており、
何回治療しても定額で、医療機関にとって経営上のメリットが少ない事などや、
ハイパーサーミアなどの設置施設が全国のがん診療拠点病院中5%にも満たないため、
がんの専門医がこの治療法を理解していないといった事もある様です。

また、ガンや様々な病気を治し、代替療法として臨床実績を上げ近年広まっている
「三井温熱療法」や「琉球温熱」などはハイパーサーミアの様な高額な治療機器を必要とせず、
何よりガンになったお医者さん自身がそれらの療法で完治させているとう事実があります。

また、これらの温熱療法がガン以外にも多くの病気を治している事実や、有効性についても
多くのお医者さん達が下記に紹介する著書として出版しています。

しかし、診療報酬の問題でこれらの療法は自由診療扱いになってしまう事や
病院経営としては儲からない事などの理由から普及はしていません。
投薬や手術などの方が日本の医療制度として診療報酬の保険点数が有利なのです。
ですが「三井温熱療法」や「琉球温熱」は、効果の高さから一部の病院では自由診療扱いで
導入している所も増えてきている注目の治療法です。

--------------------------------------------

お医者さんが出版した「温熱療法」関係の本

元東京女子医科大学教授・医学博士
アドバンス・クリニック院長・前田華郎

●苦しくないガン治療革命
●遠赤外線と医療革命
●がんになった医者が書いたがんの本当の治し方
--------------------------------------------
P.ウェスタン大学客員教授
医学博士・東 善彦

●新遠赤外線と医療革命

※この本では遠赤外線で治った体験談がたくさん掲載されています。
--------------------------------------------
東京女子医科大学教授・医学博士・横山 正義
ルカ病院院長・医学博士・竹内 隆

●がんに効く遠赤外線療法への確信

※ルカ病院では遠赤外線温熱ドームを導入し
延べ560人・2900回ものガン治療に使われています。
--------------------------------------------
京都府立医科大学教授
医学博士・吉川敏一

●京都府立医大のがん「温熱免疫療法」
--------------------------------------------
愛知医科大学泌尿器科准教授・伊東要子

●加温生活 ヒートショックプロテインがあなたを健康にする
●からだを温めると増えるHSPが病気を必ず治す

遠赤外線温熱ドームを使用することでヒートショックプロテインが増し、健康になると解説しています。
優心整体センターで導入した温熱ドームは、愛知医科大学でもガンや糖尿病治療に使われています。
--------------------------------------------

アドバンス・クリニックの前田先生の病院では、最終的には半分以上が治癒しないと言われる
肺ガンは85%の治癒率を誇り、転移性肺がんですら70%が治癒しているらしいです。

食道ガン、胃ガン、大腸ガンも治癒率は80%を超え、甲状腺ガンは90%に至ります。
既に4000人前後のガンの治療にあたり、現在では前田先生の検査を受けるのに
半年も待たねばなりません。

昨年上梓された本で「ガンになった医者が書いたガンの本当の治し方」という本を読みました。
前田先生のクリニックは初診の人は半年待ちだそうですが、この本を読むと納得出来ます。
がんセンターなどとは比べ物にならない治癒率です。
半年待ちだとステージ3や末期がんの方は待てない程です。

また、「苦しくないガン治療革命」という本では
三井式温熱器で灼熱の熱さや痛みを感じながらご自身のガンが治っていくことだけでなく、
当院でも導入した遠赤外線温熱ドームに入る事で、汗を出してガンが消滅する例などが書いてあります。

前田先生の他の本なども読んでみると、遠赤外線は本当に難病を治していて、
特にアトピーと膠原病のリウマチなどにも大変な効果を出しています。

人間の体は骨などから赤外線を出していますが、人間の体から出ている赤外線の半分は
遠赤外線で、だいたい8から14ミクロンです。これと同調させるために同じ波長の遠赤外線を
遠赤外線温熱ドームは出し、同調させる事で共鳴し細胞が活性化する様です。

優心整体センターで遠赤外線による「温熱療法」を導入するきっかけとなったのは、
これらお医者さんが書いた本の内容と前田華郎先生の講演で自分のガンを
三井式の温熱器で治してしまったと聞いたのが始まりでした。

--------------------------------------------
代替療法として臨床実績を上げ広まっている「三井温熱」創始者である三井とめ子さんの本や
「琉球温熱」屋比久勝子さんの本を読むと抗ガン剤や放射線をしていないガン患者の場合は、
肺ガンでも温熱療法でほとんど完治したり(肺ガンはステージ3Bで生存率10%と言われていますが・・・・)
重傷でないリウマチや、ヘルニアや関節炎なども数日の注熱で治っている様です。

これらを知った時は「ホントなの?。。」と。。かなり驚き、疑いもしましたが。。
東京の浅草にある三井温熱の東京施術所の来院者はガン患者さんが8割だそうです。

確かに今の医療は素晴らしい発展を遂げています。
しかし、現代医療で治らず、薬漬けの弊害が叫ばれている慢性病については
自然治癒力を高めて治していく事こそが最も必要です。
いずれ現代医療も現在の薬信仰から脱却し、「人の自然治癒力を高める」治療に
必ず向かっていくと思っています。

ですが「温熱療法」などの自然治癒力を高める素晴らしい治療法は
現在は日本の健康保険制度の問題で病院での普及が進まない環境にある事が残念でなりません。

当院では痛みなどで訪れるお客様に「出来るだけ少ない回数で良くなってもらいたい。。」との
思いから従来の「気功」と「整体」に加えて、料金はそのままに導入した「温熱療法」ですが、
当院に来れば何の病気でも治る。。。などとはとても言えません。。。

ですが、世の中には病院では導入されていませんが、素晴らしい治療法がある事を是非知って欲しい。。
と思い、このブログ記事をまとめました。

慢性病などでお困りの方は、ご紹介させて頂いた本や
「三井温熱」や「琉球温熱」などの治療法を調べてみて下さい。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

遠赤外線温熱ドームの効果

2012-02-07 01:00:00 | 温熱療法
当院でオプション治療として導入した温熱ドームの効果をまとめました。













-------------------------------------

※服を着たまま汗をかかせない遠赤外線温浴も出来ます。

※デトックス目的で汗をかく入り方をご希望のお客様は下記の物をご持参下さい。
●お着替えの服
●お体の下に敷く大きめのタオル1枚
●通常のタオル2枚
●お飲物


デトックス(排毒)させる為には発汗させる入り方が有効ですが、
服を着たままの発汗させない遠赤外線温浴でも多くの改善効果が報告されています。

-------------------------------------
この遠赤外線温熱ドームに更に、医療機関などの要請を受けて商品化された代替医療・
自然療法向けの高価な本物のラジウムシートを組み合わせ、
【秋田県・玉川温泉(0.8~2.3μSV/h)の線量を参考に開発されたラジウムシート】
秋田県の玉川温泉と同等以上のホルミシス効果も図っていますので是非お試し下さい。


お客様のご希望によりラジウムシートを使用しない治療も選べますので、
その際は気軽におっしゃって下さい。


ラジウムシートについて詳しくはココをクリックして下さい。





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

遠赤外線温熱ドームを導入しました。

2012-02-06 13:28:29 | 温熱療法
当院でも遠赤外線温熱ドームによる全身温熱療法をオプション治療として導入致しました。


遠赤外線温熱ドーム【この治療はオプション治療です。】

料金:2000円【時間は30分程度です。】

体温を上げ皮脂腺からの汗をかくことで、普通の運動では出せない老廃物を排毒し、低体温の改善や
代謝障害の改善、ダイエット、美肌づくりなどにも効果があります。
この方法は「琉球温熱」の考え方を取り入れたものです。






※服を着たまま汗をかかせない遠赤外線温浴も出来ます。
※デトックス目的で汗をかく入り方をご希望のお客様は下記の物をご持参下さい。
 ●お着替えの服
 ●お体の下に敷く大きめのタオル1枚
 ●通常のタオル2枚
 ●お飲物

世間相場の料金よりも低料金で受けて頂ける様に設定していますので、当院では経費のかかるタオルや
お着替えなどをご用意しておりません。お客様にご用意して頂くお持ち物についてはご協力頂けます様
お願い申し上げます。

遠赤外線温熱ドームの効果について詳しくはココをクリックして下さい。
-------------------------------------------
遠赤外線温熱ドームによる全身温熱は素晴らしい効果があります。

著書
●がんに効く遠赤外線療法への確信
●遠赤外線と医療革命
●続遠赤外線と医療革命
●新遠赤外線と医療革命
●遠赤外線(スマーティ)全身温熱でガン細胞を消せ

これらの本では遠赤外線ドームがどれだけ病気を治しているのかが紹介されています。
デトックス(排毒)させる為には発汗させる入り方が有効ですが、
服を着たままの発汗させない遠赤外線温浴でも多くの改善効果が報告されています。
------------------------------------------

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

施術に温熱療法を取り入れました。

2012-02-02 17:46:15 | 温熱療法
当院は気功も行っている事から、最近は慢性病のお客様も多くご来院下さる様になりました。
それらの事から、従来よりも更に効果の高い治療法とする為に
料金はそのままに、昨年の12月から温熱療法を施術に取り入れました。

温熱療法としてすでに数多くの臨床実績があり、現在では保険適用外として
一部の病院などでも取り入れる所が増えている注目の治療法
「三井温熱療法」の考え方をアレンジし施術に取り入れています。

三井温熱療法とは?【ココをクリック】

施術としては、遠赤外線を出す特殊な鉱石のシートにより背中から熱を入れる事で
自律神経や中枢神経を整え、免疫力を高めます。
この考え方は「三井温熱療法」の考え方に基づく治療法です。
更に特殊な温熱マットも併用し、気功施術をしながら同時に温熱治療をする事で
慢性病に高い改善効果を発揮します。

この特殊な温熱マットや鉱石のシートは「三井温熱株式会社」製のもので
多量のマイナスイオンを発生させるかなりの優れモノです。
【鉱石のシートは非売品の特注物ですので一般向けには販売されていません。】
【温熱マットは一般販売されている商品です。】

----------------------------------------
【温熱マットの特徴】

■三井式温熱株式会社の温熱マットにはエネルギーが高い特殊鉱石を
特殊な水で抽出したものが含有されています。
この特殊鉱石は、医学博士の宇野英聖先生が手作りし、「光輝岩」と名付けられました。

これらは様々な自然界にある、エネルギーの高い鉱石や、野草、野菜、果実、海藻類など、
120種類以上の成分をもとに、原料を混入→滉練→発酵→搾汁→冷暗保存し、
その後、数回の異なった温度で焼きます。
それをまた粉砕して、また混入から繰り返すという非常に手の込んだ工程で出来上がります。


「光輝岩」の原料紹介(一部)

■さまざまな鉱石

アパタイト、エレシャル、ガーネット、シトリン、スギライト、ターコイズ、トパーズ、トルマリン原石、
モルダバイ、ラブラドライトなど

■様々な野草、野菜、果実、海藻類

カバノアナダケ、メシマコブ、霊芝、シドケ、やまぶしだけ、大葉、玄米、はと麦、クコ葉、ハブ茶、
カラメル、ドクダミ、熊笹、柿葉、甘草、てん茶、杜仲葉、山査子、陣皮、菊花、そばの実、びわ葉、
ヨモギ、ヨクイニン、イチョウ葉、浜茶、グァバ茶、シソ茶、昆布、アワ、黒豆、キビ、コーヒー、
キヌア、山芋などなど120種類以上

これらを含有した特殊繊維により多量のマイナスイオンと遠赤外線を放出する優れ物です。
岩盤浴などと比較しその効果は格段に高いものがあります。
遠赤外線は皮脂を透過し人体の深部にまで到達し温めますので、遠赤外線を使った温熱療法は
近年お医者さん間でも注目の治療法として「三井温熱療法」などは保険適用外で取り入れる病院も
増えてきています。


当院では、その遠赤外線温熱療法と【気功と無痛整体】を組み合わせる事で、
料金はそのままに今まで以上の高い改善効果を図っていますので、是非、お試し下さい。


----------------------------------------

■遠赤外線温熱療法関係の著書

●「苦しくないガン治療革命」
●「ガンになった医者が書いたガンの本当の治し方」
●遠赤外線と医療革命
●続遠赤外線と医療革命
●新遠赤外線と医療革命

これらの本では遠赤外線がどれだけ病気を治しているのかが書かれています。
----------------------------------------

●「加温生活 ヒートショックプロテインがあなたを健康にする」

愛知医科大学では遠赤外線ドーム型サウナがガンや糖尿病治療に使われています。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする