ゆめ観音実行委員会 blog

“つながる ひろがる アジアの ねがい”
第13回ゆめ観音アジアフェスティバルin大船 2011.9.10

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

16:30 Madhu Priya マドゥ・プリヤー

2011-09-10 16:30:00 | 2011年 出演・出展

16h30  Madhu Priya マドゥ・プリヤー 南インド寺院古典舞踊 バラタナティヤム

演目:stuthi panca ratnam/ストゥーティパンチャラトナム
サンスクリット語で、直訳すると「5つの宝石の賛歌」で、ヒンドゥー教の代表的な5人の神様=ガネーシャ、ムルガン、シヴァ、ドゥルガー女神、クリシュナへの賛美の歌が、それぞれ異なる曲調とリズムで捧げられます。ちなみにシヴァとドゥルガー女神は夫妻で、その息子たちが象の頭をしたガネーシャ神と孔雀に乗った軍神ムルガンです。クリシュナはヴィシュヌ神の化身で、牛飼いの少年の姿をしています。文字通り、宝石のように美しく輝く一連の踊りをお楽しみください。今回の震災で犠牲になった方々のご冥福と、被災地の一日も早い復興を心からお祈りして踊りたいと思います。


profile: graduated from Tokyo Univ.and acquired master's degree. saw bharatanatyam by chance during her study in Vienna.impressed,she soon started learning the dance from Radha Anjlai,later on visits every year Chennai to learn under the great guru,adyar lakshman. She danced in Austria, Germany,Japan and India after the debut performance in 2000 at Vienna,in 2003,she came back to Japan and give performances  at the temples, for events of cultural exchange.    

東京大学文学部卒業、同大学院修士課程修了。ウィーンに留学中、バラタナティアムに偶然出会い、衝撃を受ける。ウィーン在住の舞踊家ラーダアンジャリ女史に習い始め、女史の師匠であるアディヤール.K.ラクシュマン氏のもとに入門。ウィーン大学、ミュンヘン大学でインド哲学とサンスクリットを学習。 2000 年 ウィーンにてソロデビュー 。以後オーストリア、ドイツ、インド、日本で舞台活動を行う。2003 年帰国。毎年インドでの研修を続けつつ、日本では神社仏閣での奉納や国際交流関係の舞台を中心に活動中。

Comment   この記事についてブログを書く
« 16:00 さらさね Sarasane | TOP | 17:00 八重山舞踊  やえやま... »
最新の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 2011年 出演・出展