素適なお茶の時間

今日は病院の日でした。
このところ、気分が落ち込んでいたので、気分を持ち上げる薬をもらっていたのですが、
そのことを聞いた五行歌の恩人がわたしをお茶に誘ってくれました。

病院のあと、夕方から3人でお茶をしました。
思うままに気さくに話してくださる方々で、素適な時間をすごすことができました。

このお茶の時間が、わたしにとっては、とても特別なことで、うれしかったです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ファンになった理由

わたしが関口知宏さんのファンになったのは、2006年からです。
2006年は、わたしが統合失調症を発症した年で、要するに
わたしは、統合失調症になったから、関口知宏さんのファンになりました。

なぜかというと、発症前、わたしは恋愛関係の妄想と幻聴に苦しめられていて、
現実から遠い人を好きになれば、幻聴が聞こえても、すぐわかると思ったからです。

ファンの候補は、二人いて、一人は野口健さん、もう一人が関口知宏さんでした。
調べてみたら、野口健さんは結婚されていたので、関口さんのファンになった理由です。

こんな不純な動機で、ファンになったのですが、今では、関口さんのファンに
ならなければ、出会えなかった方々と出会えて、とてもよかったと思うし、
関口さんも知れば知るほど、素晴らしい才能のある方で、ファンになって
とてもよかったと思っています。

これからも、ずっと応援したいです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

大室山ライブ

秋葉澪さんと一緒に、関口知宏さんの大室山ライブに行ってきました。
当日は、晴天で日焼けしないようにするのが大変でした。
リフトに乗って、大室山の上についたら、中野マネージャーさんが
声をかけてくださって、とても嬉しかったです。

その後、関口さんも現れて、ファンの方々に話しかけたり、握手されたりしていました。
わたしも関口さんと目が合ったのですが、声をかけられなかったので、残念でした。

なので、関口さんがトイレに入られたのをきっかけに、トイレの近くで、
でてくるのを待って、関口さんに「こんにちは」と声をかけて、
握手をしてもらいました。

私の前に、もう一人、関口さんとお話して、握手してもらっている女性がいたので、
関口さんはその方とお話していて、私は、握手はしてもらえたけれど、
目を合わせたり、お話したりは、することができませんでした。

でも、今から思うと、トイレの前で握手してもらったりして、
関口さんがびっくりされたのではないかしらと、心配になり、反省しました。

会場の大室山の火口の草原では、秋葉さんと一番前に座ることができて、
近くで演奏を拝聴できました。

最初に、クリスタルボウルと鐘の演奏がありました。
つぎに、関口さんが作曲された曲を2曲ききました。
1曲目は、ファーストジャパニーズのテーマ曲。
2曲目は、関口さんがファーストジャパニーズで出会った
切り絵作家の蒼山日菜さんの「枯れない蓮」という作品にあわせて、
日菜さんの人生を想いながら作られた曲でした。

じっくり聴いたつもりだったのですが、ライブの興奮のなかで聴いたので、
曲が空中を舞っているようで、もう一度、じっくり聴きたくなりました。

ですが、なんとなく感じたイメージとしては、華麗なピアノ曲で、悲愴さは全くなく
人生という時のすばらしさを表現し、日菜さんをこころから受けとめて曲として、
表現されているように感じました。

日菜さんは、関口さんの曲を聴いて泣いてしまったそうです。
おこがましいかもしれませんが、日菜さんの気持ちがわかるような気がしました。

あとは、クリスタルの楽器の演奏や、琵琶と尺八の演奏、モンゴルの歌や、
伊東の民謡などがあり、神社の清水をかけてもらったりしました。
最後に伊東の盆踊りや参加者全員で手をつないで、輪をつくったりしました。

関口さんのお話もたっぷりと伺いました。いろいろなお話がありました。
最後にみんなで輪になれたのは、とても良かったと思いました。
輪というのは、いろいろな意味を持っていると思いました。
みんなが一つになれる。輪となり、和となって、〇になる。
〇になるとは、無限のひろがりを持つ。なんだかそんなイメージが広がりました。

関口さんのヴィジョンの話、ファーストジャパニーズの人たちの話、
こころの深いところで、こころのままにコミニケーションをすれば通じ合えるという話、
大室山の火口が胎内のようだという話、清水を浴びるのは気持ちいいよねという話、
これからは、和文化を伝える日本人や外国人に出会う旅をしたいという話がありました。

終わって、関口さんとお話できなかったのが心残りだと秋葉さんに言ったら、
秋葉さんが背中を押してくれて、関口さんに
「楽しかったです。ありがとうございました。」と言うことができました。
関口さんも、「楽しかったですか?いやぁ、僕もこういうふうになるとは…」と
笑顔で応えてくださいました。とても嬉しかったです。

次の日は、ハットトリックに行って、スケッチブックにライブの感想を書きました。
トイレの前で握手してもらったことも、お礼を書いたのですが、
今は、反省しています、申し訳ありませんでした。

ライブが終わってしまって、淋しくなってしまいましたが、
最後に関口さんとお話したときの関口さんの笑顔が、
思いっきり笑顔だったので、とても良かったです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

おとなの学び応援塾 最終回

今日は、最終回。
ためしに作って行ったチラシを叩き台にして、五行歌講座の企画を具体的に練りました。
あと、グループのみんなで、即詠と模擬歌会もやってみました。

午後からは、各グループのプレゼンテーション。
私が発表する役で、五行歌講座の企画を紹介しました。

質問の時間では、「五行歌はわかりづらいから、
各行に1~5の数字を書いてみたらどうか」という意見もありました。
私からみると、そんなことをしなくても見ればすぐわかるだろうと
思ってしまうのですが、初めての人だと違うのでしょうかねぇ。

市民講師の講座としては、今日で終わりですが、10月17日の五行歌講座に向けて、
同じグループの方々が8月の狭山歌会に来てくださることになりました。
来られない人は、五行歌を紙に書いて持ってきてくださいました。

みなさん協力的なので、ぜひ五行歌講座を成功させたいです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

健康診断

市の健康診断に行ってきました。
この頃、低血圧が気になっていたのですが、今回は大丈夫でした。
なぜか身長が伸びてしまったのが不思議でした。
8月に結果がくるのが楽しみです。

この日は、お盆の送り火の日だったのですが、どうしてもいきたくて、
合唱の練習にも行きました。合唱がいい気分転換にもなります。

また、NHKの第1放送の「ラジオビタミン」で、関口知宏さんの
ロングインタビューも聴けたので、とても良かったです。
あとから、ICレコーダーで録音しておけばよかったと後悔しました。残念。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ