陽だまりのねごと

♪~思いつきひらめき直感~ただのねこのねごとでございますにゃごにゃご~♪

15年目経っても偲んでくださる方

2016-09-24 05:49:39 | Weblog
55歳のと言う働き盛りの死は
友人たちにもショックだったのか、
3年位は多くの方が命日には訪ねて下さった。

5年目から、自然とそれもなくなった。
そっと過ぎる日も、気持ちにはぴったりきた。
墓前に、庭の花々を手向ける。
ひとりで行く。

15年経っても覚えて下さっている方が在る。
ありがたい。

ブログの更新がないけれど、お元気ですか?

とメールも頂いた。
送られてきた供物は、
私好みの猫スリッパ。
しかも、大好きなオレンジ。

亡夫の仕事関係の方で、
本当に唯一、15年経過しても偲んで下さる方。
遺族の私へのお心使い、
こころから感謝です。

もう遺族と言うには、たくましく、
ひとりで生きることにすっかり慣れ
じわしわ老いる心身と折り合いを付けつつの日々。

内館牧子さんの「終わった人」など読みながら^_^



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸花の頃

2016-09-24 05:09:30 | Weblog
緩和ケアに入院したのは真夏だった。
家で最後を迎えさせたかった。
在宅医療も緩和ケアケアも芽が出たばかりの
15年前。

「家での最後は怖い」

亡夫の一言で入院となった。
55歳の誕生日の翌日のこと。
真夏まっさかり。

玄関にある二段の階段が大腿骨に癌転移の体には辛い。
体を支えて、降りて、亡夫はローンの残る家を振り返った。

「もう帰ることはないね」

家族のために心骨削って自分が建てた家だ。

予想どうり冷たくなった体での帰路。
季節は知らぬ間に移ろって、車窓から鮮やかに目に入ったのは
彼岸花のどこまでも続く葬列。

嫌いな花ではなかった。
いつも摘んで家に生けていた。

今年は温暖化の所為か9月初頭からチラホラ見た。
どういう心持ちか、そのまま満開なってと願った。

やはりお彼岸の頃、夫の命日頃に満開。
田んぼの畦に沿って真っ赤な花が続く。
15年目も経過したのに、当時の事がまた、(まだかな?)胸に去来する。

あえて
秋の楚々とした花々を置いておこう。





おまけのモコ
秋太り?






にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も半分過ぎたね

2016-07-01 23:57:25 | Weblog


この時季に、一番可愛い草花。

雑草と疎み野草と珍重し

雨が降る度に、雑草。
抜いても抜いても雑草。

ドクダミも抜いても抜いても、顔を出し、
隙あれば背を伸ばす。
いつぞや、ほったらかしにしていたら、
庭中がドクダミに占領された💧
積んで干して、
ドクダミの生命力を飲んでいる。



モコは本日も天下泰平🐾

明日は、美術館に猫まみれ展でも観に行こうかな?
いんや、
平日も暇な人は、土日は遠慮しとこっと。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本は図書館で

2016-06-27 22:07:50 | 川柳


こんな事を言うのが居るから、
出版業界が危うくなるのかも💧

群ようこさんも若かりし無職時代は
図書館に本を買ってもらったと、
何かのエッセイで読んだ。
(図書館の本で🤗)

消費税は8%でも、支払い時にショックを受ける。
収入がない人は出す方を抑えるしかない 、、、でしょ?


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒸し蒸し

2016-06-21 16:57:18 | 川柳


顔と胴体の間、、、一番年齢が出る
首とやらに

あせも

が出来た💧

さっそく、あせもの薬を買いにドラッグストアへ。
赤ちゃん用の隣に大人用を発見。
しかも、スプレータイプ。
汗を洗い流して、シュッ✌️

一応、痒みは止まった。
数日、様子をみよう。

こんな夕方、
某川柳大会誌が届いた。

わずかな入選句から一句置いておこう。

題「喜劇」 高畑 俊生 選

世も更けた今日の喜劇にやっと幕



幕までには、もう少し今日が残っているわ💧
蒸す日は何にもしなくてもだるい🌧


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しあわせと探します四つ葉の異形

2016-06-19 06:57:13 | 川柳



異常とか
正常ってなんだ?

非常識とか
常識ってなんだ?

っていつも思ってしまう。

ジューンブライドと他国の真似をして、
蒸し蒸しじめじめの梅雨の花嫁を好む風習も一般化。

花嫁ブーケや披露宴の花に
紫陽花が最近は好まれていると
カーラジオで聞いた。

紫陽花の花言葉は
確か

移り気

ってなことも気にしなくなったっみたい。
世間通念、常識も異常の定義も
世に連れて、変化するものらしい。





にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多数派を雑草と呼び毟り取る

2016-06-18 06:55:24 | 川柳


共存共栄。
人間だけの地球でないと分かっていても、
庭に可愛がっている植物まわりの
名もなき、いや知ろうともしない植物は、
雑草と称して毎日むしりとっている。

さっきの事
やっと実ったブルーベリーを採っていたら、
ムカデのちっこいのが落っこちて来て、ギョッとした。
怖いのでびびりつつふみ殺そうと試みて、失敗。

平日の朝の楽しみ
NHKのEテレ0655で
ときどきやっている
「それぞれの立場ソング」

なんぞ、思いつつ
ひさびさの朝ウォークで見つけた
虫食い葉っぱのUP。

タイトルは過去句を一部変えてみた。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

17年眠っていた管楽器

2016-06-06 19:26:27 | Weblog
子供さん用に貸して欲しいと頼まれ
押入れから取り出した17年寝ていた娘のユーフォニウム。











あやしんで、
あやしんで、
すりすりしてみたモコでした🐾

中学、高校と6年間は大事にされて、
眠り姫だったユンホ姫。
埃と黴もものすごいままお嫁に行きました。

管楽器専門店でクリーニングされる予定。
もう一度、
命を吹き込まれて、きらきら輝く事が出来るかな?



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

源氏物語の本いろいろ

2016-03-15 04:53:54 | 


林望氏のを通読した直後なんで、
すっすすっと、
登場人物が浮かんでくる。

昨今危ない記憶に、こういうのを読むと、
記憶が補充され、
しばらくは脳内源氏一色かな?

リンボウ先生は、夕顔が理想の女性型とおっしゃる。
聖子さんも寂聴さんも、朧月夜が好きだそう。

女性の視点は我が身が女性なんで、
うんうん、と頷ける。

「源氏なんて何が面白い?」

と壇勢諸氏か私も言われるけど、
圧倒的に女性ファン、源氏ぐるいまでおられるとか?

聖子さんは宝塚歌劇団並べ称しておられたけど、
豪華絢爛、王朝絵巻としてはそうかもしれない。

出家や愛する人の死、老いてからの光源氏を読んでいると、
死に近づいている私としては、無常観を感じた。

あの最後の尻切れとんぼは、余韻説、
それから、紫式部が死んじゃった説でていた。
やっぱり、あの終わり方は謎めいているんだわ。

谷崎潤一郎、与謝野晶子、円地文子等、
いろんな人の訳についても論じられていて、
ここまで長いお話はもう完読しないかな?
と思うんで、参考になった。

与謝野晶子訳はネットでも読める。
読みやすい言われていたけど、確かに。



さて、図書館に返しにいってこっと。
また、源氏関連借りてこようかな?



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

家族はつらいよ

2016-03-12 18:45:05 | 映画(DVD)
家族はつらいよ



観てきました。
内容はシリアスだけど、
思いっきり笑いました\(^o^)/

夫婦(老)で観に来られていたけれど、
夫君は、自分は違うと思われているかな?

今時、
珍しい三世代家族。
夫が脱いだ服は妻片づける夫婦関係。

次男が結婚相手を連れて来て紹介するシーンでは
兄にあたる長男が
「嫁に来てもらう」
と言い
「違うよ。僕のパートナー」
だったかな?

家と家の結び付きでなく、
個人と個人の事だときっぱり。

家族の形態も、個人尊重に。
独居の私に家族を語る資格はないかもね。

愛犬トトがいい味添えていました。


男はつらいよから20年、
そんな経過した気がしないんだけど。





にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人恋し人煩わし人恋し

2016-03-11 20:40:45 | 川柳



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全没の心構え 「川柳の理論と実践」新家完司 著より

2016-03-10 08:05:28 | 川柳



これは私の川柳のバイブル💕

大会には
わざわざ何時間もかけて出掛ける。
時にはお泊りせねばならぬ距離もある。
せっかく行って、一句も抜けないことがママある。

ありすぎる💧💧💧

バイブルにはちゃんと
<全没に対する心構え> 305P
が書いてある。

再読😁

全没は全人格を否定された気分になります

そうそう。

「文芸は他者と競い合うものではない」
という基本を思い出してください。


ハイ\(^o^)/

そして↓の句が載っている。

全没の句を大切に持ち帰る
撰 喜子


見直して、、、
う~~ん

「没でもしかたない」と感じるでしょう。
それは捨て去ります。


さらに、なんで没⁉️
と思う句は3度チャレンジ。

それでもダメなら潔くあきらめましょう。

慰められる。
めげる気持ちが前向く。
こんな指南書はじめて。

何度もくりかえして、
原点にかえることが出来る本。

とある句会では、教科書にしてみんなで読んでいるそう。
すでに絶本とか。
改訂版が出ると、何かで読んだ気がする。




出たら、
いの一番に買うわ🎶

図書館にも買ってもらおうっと🤗
川柳の普及、普及っと。





にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春は断捨離

2016-03-09 07:46:12 | Weblog


要らないもの、
汚れたもの

物は減らさないと、探し物の原因にもなる。

だけど、捨てらないものもある。



暖かい日は、断捨離日和
冬物を片付けつつ、不用品、必要品と区分け。

雨降りは止めておく。
かつて、締め切った部屋で片付けていて、
ハウスダストだろう喘息にみまわれた。

窓開けは花粉、、、

悩ましい💧



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹訳 源氏物語 林望 完読

2016-03-03 09:39:20 | Weblog


夢浮橋まで、
登場人物系図を横に、
あれ?
この人、どんな人だったっけ?
と、三分で読める源氏物語サイトを開けては確かめ💧

日常に戻っては、王朝絵巻に戻ってはと、
記憶回路が怪しいところを補いながら、辿りついた。

えっ!
尻切れとんぼ、、、

誰か続編に手をつけた人は無かったっけ?

リンボウ先生の製本にもこだわったポイントの大きなこの本は
読み易かった。

(解説によると、「コデックス装」と言う新しい造本法で、
平安朝から中世にかけて日本の貴族の写本に用いられた
「綴草装 てつようそう」と言う
古式ゆかしい装丁法を彷彿とさせる糸綴じ製本だそうな)

おかげさんで、最後まで読めた\(^o^)/

さぁ~続けて他の人の訳、、、読んでみる元気、、、ないなぁ~~と💧



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野の仏

2016-02-25 06:14:04 | Weblog


今月ひるまえ川柳入選の友人の句。

岡本まさみ作詞 吉田拓郎作曲の「野の仏」
を生で聴いた直後だった。



この頃さっぱり釣りはだめです
と高節くんが言う
昔はこんな大物をと 両手をひろげて
野の仏 笑ったような 笑わぬような

ここにはいっぱい野鳥かいますね
と高節くんが言う
そらそら浮子(うき)にあたりがきてるよと 教えてあげたいけど
野の仏 笑ったような 笑わぬような

ぽっかり 浮んだ根なし人生ですよ
と高節くんが言う
彼はずっとしゃべってるんだね ほら魚が逃げちまうよ
野の仏 笑ったような 笑わぬような

鮒の病気が広がりましたね
と高節くんが言う
昔の鮒は健康でしたねと 淋しそうな顔をして
野の仏 笑ったような 笑わぬような

ぼくは野の仏になるんですよ
と高節くんが言う
だけどこんないい男ではと 顎などなでながら
野の仏 こんどはたしかに笑いました
野の仏 こんどはたしかに笑いました


持っている拓郎アルバムではよく聴いたけど、
南こうせつバージョンは初めてだった。
岡本さんが亡くなったとのことで追悼の意味もあったのかな?

http://youtu.be/wtjX1EPj_jk

YouTubeを検索したらグリーンパラダイスのがヒット。
一度、この野外コンサートに行ってみたい気もするが、
雨だったら、ちょっとしんどいかな?
と思う年齢になった。

島倉千代子最後の曲もコンサートで歌った。

彼も67歳。
周りがだんだん寂しくなる年齢か?
野外コンサートもいつまで続くかと思うと、
今年、行ってみたい気も。

う~~~~む
モコが長くお留守番できないなぁー




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加