とみしゅう日記

主にゲーム話。
残りは与太話。
たまに恋愛話・・・かも。

2017年に観た映画:ベスト4

2018年01月05日 | 映画
タイトル 順位 感想
女神の見えざる手 4 ロビイストという馴染みのない職業に対する好奇心もあるが、ジェシカ・チャステイン演じる主人公の変化に共感がもてた。ラストの展開も鮮やか。

ジェシカ・チャスティンという女優さんを初めて知ったのは、たぶん『ゼロ・ダーク・サーティ』だったと思います。

とても凛々しく、それでいてどこかに人としての弱さを感じさせる。

魅力的な女優さんだなぁと思います。

本作も、まさジェシカ・チャスティンでしか演じられないような、さまざまな要素を抱え持つ主人公が魅力的でした。

いわゆる「裏方」として、政治のさまざまな局面に関わり、世論を動かしていく。

決して綺麗事だけではない、大人たちの思惑が入り乱れた世界。

コールガールならぬコールボーイを呼んでセックスを「済ませ」、食事もいつも同じところで「済ませる」。

ライバルの一手、二手先を読み、常に合理的に行動する。

そんな優秀なロビイストでも、不測の事態に巻き込まれることはある。

すべてが自分の思い通りになるとは限らない。

そんな当たり前のこと気づいたときに、はたして彼女に救いの手は差し伸べられるのか…

本作は、サスペンスとしてもよくできている映画だと思いました。

まさに手に汗握る展開の中で訪れるクライマックス。

ああ、いい映画を観たなぁという満足感でいっぱいになります。

夫を持たず、子を持たず、チームのメンバーすら疑って生きてきた主人公。

しかし、そんな彼女が時折見せる「ゆらぎ」に、観ているこちらの心も揺さぶられます。

仕事にすべてを捧げてきた彼女は、血も涙もないビジネスパーソンなのか?

機会がありましたら、ぜひご覧になってください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2017年に観た映画:ベスト5 | トップ | 2017年に観た映画:ベスト3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事