とみしゅう日記

主にゲーム話。
残りは与太話。
たまに恋愛話・・・かも。

智子の物語・第十四章

2006年09月10日 | 智子の物語
前回、露骨な手段で男心に迫った智子ですが、今回もその路線は続いております。 件名は「持っていきます。今からあの…」 >http://【おーしゃわしゃわー】.com/c/diary714/ >ここの最新の投稿の2006年8月の…あの写真の格好で行ったら来てくれますか? 出ました、「の」の連用。 「…」を除くと、なんと6回連続です。 赤ペン先生も、添削のしがいがあるというもの。 「あの写真の格 . . . 本文を読む
コメント (2)

智子の物語・第十三章

2006年09月03日 | 智子の物語
今回は、かなり露骨な件名です。 「したいんです…胸が大きいの、いやですか?」 …まぁ、胸が大きいのは好きですよ、えぇ ←率直 >あなたとの事を考え始めると、とめられないんです。 >恥ずかしいけれど見てほしいんです。 >だから撮って載せたんです… かっぱえびせんを食べている姿を。 >どんな事でもしますから…教えてください。 >あなたのしてほしいこと… 「きょうのくだもの」全種類買ってきて . . . 本文を読む
コメント (10)

智子の物語・第十二章

2006年09月03日 | 智子の物語
しばらくお休みしておりました「智子の物語」、再開いたします。 今回の件名は「折れそうです」。 智子はガーデニングにでも手を出したんでしょうか。 >心が折れてしまいそう…どうして連絡ももらえないんですか? >もう私どうしたらいいのか解りません… こんなメールをもらったこっちが、どうしたらいいのか解りません。 >私のメール届いていないんですか? >場所もコメントに13箇所書いたし連絡先だって… . . . 本文を読む
コメント

智子の物語・第十一章

2006年08月27日 | 智子の物語
いつのまにか、THE 虎舞竜『ロード』を抜き去ってしまった、智子の物語。 三船美佳も、歯ぎしりしながら悔しがっていることでしょう。 今回の件名は「だめでしょうか…こうすれば信じて頂けますか?」。 このあたりから、かなり露骨なタイトルが続きます。 >私なりに考えたんです。 >私と会う事がいやで連絡がくれないんでしょうか。 >それとも信じて頂けていないのか… >事情があって今連絡が取れない状態なの . . . 本文を読む
コメント

智子の物語・『波乱』

2006年08月23日 | 智子の物語
8月も下旬にさしかかりました。 まだまだ暑さが続きそうな中、夏中の疲れが溜まりつつある昨今。 今朝から新しいサプリを飲み始めて、後半に向けてのスタートを切った矢先。 智子から、メールが来ました。 何かをホテルに置いてきた智子。 あるいは今回のメールで、その内容が明らかになるかもしれない。 そう思って見たメールの件名は、「用意したんです。すぐにでも」。 …あれ? これは確か、第七章のときと同 . . . 本文を読む
コメント

智子の物語・第九章

2006年08月22日 | 智子の物語
よいこのみんなー、げんきかなー? きょうも、ともこおねえさんから、メールがきたよー。 けんめいは、「一度戻りました。持ち歩けませんが置いてありますので」だよー。 > ホテルにおいてありますので… 件名からのつながりが、異常に悪いオープニングですな。 ホテルって…富士山の山小屋のことですよね、きっと。 > それと日記の。http://【ずんずんずんずんずんずんどこ】.com/c/diary71 . . . 本文を読む
コメント (4)

智子の物語・第八章

2006年08月22日 | 智子の物語
昨日のアクセス数が ・閲覧数 201pv ・アクセスIP数 76ip という数になりました。 智子に熱い視線が注がれているようです。 ちなみに、智子からのメール、Norton 先生の迷惑メール判定にがっつり引っかかっています。 というわけで、今回の件名は「[meiwaku] 今から会いに行きます。」なのであります。 (文頭の[meiwaku]が、迷惑メールの証) >ホテルで待っているだけで . . . 本文を読む
コメント (2)

智子の物語・第七章

2006年08月21日 | 智子の物語
ぬわんと! 智子・ネバー・ダイですよ。 「用意したんです。すぐにでも」ですよ。 何ですか。生ものですか。 当店特製の「汲み出し豆富」ですか。 「こちらの餡と薬味をかけて、お召し上がりください」ですか。 >あなたさえ良ければ…今の私には他に方法が思いつかないの。 おっ。 ちょっとだけ親しい口調にして、もてない男のロンリーハートをくすぐる手ですな。 >写真も最新の投稿の7月のところに載せてありま . . . 本文を読む
コメント

智子の物語・第六章

2006年08月21日 | 智子の物語
短い夏休みの午後に、PC に向かって智子の物語を書いているわたくし。 友達少ないだろ、とか、そういう正論を吐くのはやめたまえ。 三十路過ぎて、素で泣くのは、けっこうつらいんだぞ♪ ←時東ぁみ風 さて、今日の智子は早起きです。 なんと! 朝の7時過ぎにメールを送ってきました。 今日は早番なんでしょうか、智子。 >苦しいです。 飲みすぎですか。 >せっかく日記を作ったり… >全部あなたに会って . . . 本文を読む
コメント

智子の物語・第五章

2006年08月21日 | 智子の物語
最近、伊集院光のラジオで「こまんちゃん」のコーナーが始まりました。 某菓子メーカーの「小梅ちゃん」の姉妹キャラとして登場予定(伊集院の脳内では決定済み)の「こまんちゃん」。 彼女のプロフィールを、リスナーから募るというコーナーです。 それにあやかりまして。 みなさんから、智子のプロフィールを募集いたします。 コメント欄に、どしどし書き込んでやってください。 件名はすべて「智子は」にしてください . . . 本文を読む
コメント

智子の物語・第四章

2006年08月21日 | 智子の物語
何も知らない十代のころに、こんなに熱いメールをもらっていたら、もう夜は大変なことになってましたよ。 あーんなことや、こーんな(以下、検閲削除) しかし、わたくしもすでに30代。 「ちょっとやそっとじゃくずれない」お年頃なのです。 今回の智子メール。 件名は「言い忘れました。302号室です。」 …マンション暮らしなんでしょうか。 >もしかしてこれが解らなくて来られなかったんでしょうか? > . . . 本文を読む
コメント

智子の物語・第三章

2006年08月21日 | 智子の物語
人妻・智子の暴走は続きます。 三通目のメールは「わからないんです」と来ました。 こちらも、あなたの心がわからないんですけれど。 >どうして…どうして連絡くれないんですか? >本当に、会ってもらえるならあなたに望まれる事はどんな事でもしたっていい気持ちでいるんです! >私の気持ちが伝わればと思ってあんなに恥ずかしいところを撮って載せたのに… >この真剣ささえもわかってもらえないんですか? じゃあ . . . 本文を読む
コメント

智子の物語・第二章

2006年08月21日 | 智子の物語
夫がいるらしい「智子」からの、二通目のメール。 今度の件名は「ここに送るのでせめて受け取ってください」です。 >どうして連絡もらえないんでしょうか…私真剣なんです。 >あなたに抱いて欲しいんです。。 >あなたと会うためならどんな事でもします。 >先にそれを証明した方がよければそうしますから…連絡をください。 さあ、来ました。 直截的な表現、「抱いて」。 松田聖子が嵐の夜に唄っているわけではあり . . . 本文を読む
コメント

智子の物語・第一章

2006年08月21日 | 智子の物語
ここ最近、PC のアドレスにも「迷惑メール」が届くようになりました。 要は、出会い系サイトに誘い込んで、有料の契約を虚偽に結ばせようとしたり、違法な使用料を搾取しようとしたり……まぁ、たちの悪いメールのことですね。 基本は、全部無視。 プロバイダーのサービスを使って、受信拒否にするという手もあります。 ですが。 せっかくブログを書いているわけですから、ネタとしても若干活用させてもらおうかと思いま . . . 本文を読む
コメント