とみしゅう日記

主にゲーム話。
残りは与太話。
たまに恋愛話・・・かも。

なぜ彼は、愛のままに、わがままに、君だけを傷つけようとしなかったのか

2006年08月27日 | 音楽
葉月さんから指摘を受けた「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」について、以下考察していきます。

「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」
から、最低限の要素だけを取り出すと
「僕は傷つけない」
となりますね。

「君」という要素を考慮に入れた場合、これは宣言として捉えることができそうです。

もし、僕と付き合ってくれるのであれば、(前の男とは違って)僕は君を傷つけないよ、という事でしょう。
ただ、問題となるのは「君だけを」ですね。
「君だけを愛している」
「君だけを守る」
なら判るのですが、
「君だけを傷つけない」
となると……なるほど、これは実に謎めいた文章ですね。

非常に粗暴な男であれば、
「(他の人間は傷つけても)君だけは傷つけない」
と言うかもしれませんが、
「君だけを」
ですからね。

ここで新たなる可能性を考えてみましょう。
もし、傷つける対象となる「人間」が複数いるとしたらどうでしょう。
つまり、「君」の他に「花子」や「キャメロン」や「ナターシャ」がいるわけです。
これはどういう状況なのでしょう。

ここはいったん保留として、次は前半部分について考えてみましょう。

「愛のままにわがままに」
これは当然のことながら「傷つけない」にかかる副詞です。
「愛のままに傷つけない」
「わがままに傷つけない」

さて、ここで、動詞を反対の意味にしてみましょう。

「愛のままに傷つける」
「わがままに傷つける」

この形で、まずは前者について考えてみます。

愛のままに傷つける…
SM ですね。←迷いなく断言

わがままに傷つける…
SM ですね。←躊躇なく断言

こう考えてみると、先ほど保留にした箇所の謎も解けます。
つまり、この宣言を口にしている人物(おそらく男性)は、複数の人間(おそらく女性)と SM プレイをしている、もしくはしようとしているのです。
プレイの最中、あるいは直前に、この人物は
「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」
と宣言したわけですよ。
つまり、この言葉の本当の意味は、以下のようになります。

----------

これからプレイを始めるにあたって、言っておきたいことがある。
かなり厳しい話もするけれど、僕の言葉を聞いてほしい。

花子やナターシャと違って、君への仕打ちはやや緩くなるだろう。
君を、愛のままに、わがままに傷つけることはしない。

でも、仕方がない。
僕らの関係はまだ始まったばかり。
これから関係が深まる中で、
僕は君を、愛のままに、わがままに傷つけることになるだろう。

----------

…えーと。
最後まで読んでくださったかた。

こんなオチでごめんなさい m(_ _;)m

あと、中途半端に『関白宣言』を引用して、ごめんなさい (。-人-。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 智子の物語・第十一章 | トップ | ♪おーほしさーま、きーらきら♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あたしより先に死んで(関白亭主の妻より) (葉月)
2006-08-27 14:47:39
う~む。



途中『お前を嫁に~、もらう前に~』的フレーズだったものですから、三十路女としては激しく反応してしまいましたよ(年バレ)。





今現在はお付き合いも浅いので

愛も浅いし、わがままにもなれない。

だから「今は」君だけは傷つけない(ナターシャとはハードSMプレイ中)。

でも、もう少ししたらわからないぞ(ハート)。



との検証ですね・・・。





う~む。

「愛のままに わがままに 君だけを 傷つけない」



私の考えはというと、彼はすでに「君」に愛を懐いており「愛するがゆえに 傷つけない」のではないかと・・・。

「愛しているがゆえに 君だけを傷つけない」となると

とみしゅうさんご推察のように「君」以外に傷つけ対象はいるのにあえて「君だけは傷つけない」らしい。



君を愛しているから 他の人は傷つけても 君だけを傷つけない



・・・・・・・・。

放置プレイ?

しかも 

無理やり見せるプレイ?



いずれにせよアブノーマルな世界だったようでございますね(赤面)。





知らず知らずのうちに、私たちも倒錯ワールドにいたのですわ。

考えてみれば稲葉浩志さんのこれみよがしな「肉体見せつけタンクトップ」も、

そうとうな倒錯ワールドかもしれませんね



「君」だって、何も女性とは限らないわけだし。



お下劣コメント、お許しください。
深い… (とみしゅう)
2006-08-28 21:42:11
まさか、B'z の歌にこれだけ悩まされることになろうとは…

いったい誰が想像したであろうか、いやない! ←反語



>「君」だって、何も女性とは限らないわけだし。



…は、葉月さんっ?!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事