桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」松本教室

松本市にあるピアノとソルフェージュが学べる教室。3歳のお子さんから音楽大学受験を目指している学生さんまでが集っています。

連弾の魅力

2018-11-18 09:30:55 | 日記
こんにちは!桐朋学園大学附属子どものための音楽教室 松本教室です

今年度の12/23🎄の発表演奏会に向けて
生徒の皆さんとても頑張っています

今年は松本教室・諏訪教室
それぞれのソルフェージュの発表があります

松本教室の発表は生徒さん同士、又は講師も交えて連弾を行います😊🎶
連弾とは1台のピアノを2人で弾くスタイルです。連弾といえばレ・フレールという兄弟ピアノデュオが有名ですね😄

連弾の魅力は88鍵を2人の4つの手で弾く事で
高い音から低い音まで幅広く
音を鳴らすことが出来るので
一人で弾くよりも厚みのある演奏が楽しめます

その分2人で息を合わせて演奏するのは
とても難しいです

ピアノは普段は1人で弾く事がほとんどで、
連弾はピアニストにとってとても勉強になる事が多く、良い経験になります!

それを生徒さんに感じて頂けたらと
講師陣は願っています😌🎶🎶

曲目は
バロック・古典・ロマン・近現代と
幅広いジャンルのプログラムになる予定です!



ぜひお楽しみに🎶🎶🎄☺️



コメント

12月に発表演奏会を行います!

2018-10-18 16:43:30 | 日記
松本市、松本駅前にある桐朋学園大学「子供のための音楽教室」松本教室です。3歳から音大受験生までが通っています。

さて、当教室は先月のソルフェージュの前期試験が終わり、今月から後期が始まりました。
今年度のメインイベントとして、生徒達による発表演奏会があります。今年は12月23日(日)の13:00(予定)から、岡谷市のカノラホール小ホールで行います。
岡谷市にある諏訪教室との合同発表会で、ピアノやヴァイオリンなどの実技発表、幼児のクラスの発表、ソルフェージュ科の発表など盛り沢山の内容となっています。
講師による演奏も予定しています。

ご興味のある方、教室のことを知りたい方はぜひぜひお出かけください。

生徒たちは発表会に向け準備を始めています。今後もブログで様子をお伝えしていきます。

写真は去年の発表会の様子です。
コメント

初歩クラスのご紹介

2018-10-03 17:09:38 | ソルフェージュ
こんにちは。
松本の駅前にあるソルフェージュとピアノが学べる音楽教室、桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」松本教室です。

今日は初歩クラスのご紹介をします。

初歩クラスは、これから音楽を始める、または始めてまもない就学前の幼児のためのクラスです。
楽器を演奏するために必要なソルフェージュとピアノの導入を行うことができます。歌い、聴き、身体を動かし、のびのびと音楽に接していきます。
それらのことから音楽的な感覚を養うことができます。


現在、初歩クラスは年中、年長さん3人のクラスです。

新年度から拍子感を身につけるために、リズム打ちや、音楽に合わせて身体を動すなど行って来ました。
授業で新しい曲を聴くときは必ず、
「この曲は何拍子かな?」と質問しますが、
最近は「二拍子!」「三拍子!」と自信を持って答えられるようになりました◎

1つずつの成長がとても嬉しく、楽しみです。





現在、初歩クラスは土曜日10時45分〜行なっています。
1時間の授業の中で、ピアノの導入レッスン、音符の譜読みも身につけることができます。

授業見学、無料体験、どちらも受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは、
♪(0263)33‐5562 
ミュージックプラザオグチ内 担当:新田
♪ onkyo-matsumoto@tohomusic.ac.jp
担当:鵜生川
コメント

生徒さんの活躍♪

2018-09-26 14:28:16 | 生徒さんたちの活躍
松本市にある、桐朋学園大学附属子どものための音楽教室 です。
3歳のお子さんから音大受験を志している学生さんまでが通っている教室です。
ピアノ科とソルフェージュ科があります。
生徒さんは、松本市、安曇野市、塩尻市などから通っています。


さて、9月30日(日)に、白馬村にあるアンプロムプチュ白馬にて、教室卒業生の平野友理ちゃんがリサイタルを開きます。
今回は、同じ桐朋学園大学音楽学部を卒業した声楽家の鈴村風花さんとの共演だそうです。

プログラムのテーマは、~花々の調べ~で、シベリウスの5つの小品(草花の組曲)や、ミョーの花のカタログ、ヴィラ=ロボスの花の組曲、など、花にまつわる曲ばかりで、私もとても興味深いです。

以前、友理ちゃんのお母様とお話ししていた時、友理ちゃんの名前の由来は、白馬の山に美しく咲くユリの花からとった、と聞きましたので、今回の初リサイタルのプログラムに花にちなんだ曲を演奏するのも友理ちゃんらしいなあ、と思います。

きっと今の白馬の風景にぴったりなプログラムだと思います。

生徒さんの活躍をとても嬉しく思います。
コメント

シンポジウムに参加してきました。

2018-09-06 13:08:20 | 日記
こんにちは!桐朋学園大学音楽学部附属 子どものための音楽教室 松本教室です♪

8/29,30に子どものための音楽教室 開設70周年記念シンポジウムに参加するために、桐朋学園大学の仙川キャンパスに行ってきました。




現在の仙川キャンパスは2017年からこちらの新校舎になり、木のぬくもりを感じられる木造校舎になっています。






こちらの333室にて、北は札幌教室から南は大阪教室までのたくさんの講師が集まり、講演を聞いたりシンポジウムではソルフェージュ教育や実技指導についてのディスカッションをしました。

講演では「ソルフェージュ教育と日本語」というテーマで、西洋音楽を育んだヨーロッパの言語ではなく、私たちの母国語日本語で教育するということについて。。。とても壮大なテーマで、色々と考えさせられました。


シンポジウムでは様々な情報交換が出来て、他の教室も色々な工夫を凝らして、授業のカリキュラムを組んだり、発表会などのイベントを行なっているようでした。
仙川教室に関しては、月1回に大学の学生ホールで仙川教室出身の桐朋学園大学生や高校生によるロビーコンサートや、年に数回オーケストラの授業の見学で指揮の体験などを行なっているようです!!羨ましい…


また懇親会では他の教室の先生方と個々に情報交換をして楽しい時間を過ごすことが出来ました。


こちらで学んだことを授業で活かしていって、生徒さん方により良いソルフェージュを学んで頂けたらと思います!
講師もさらにさらに頑張っていかなければ!!と感じられた2日間でした
コメント