goo

【発表のご案内】ASCO Meeting 2018が開催されます

2018年06月01日 | 講演・学会

平成30年6月1日~5日にアメリカ・シカゴで行われる 2018 ASCO Annual Meeting にて当科岡野医師がポスター発表いたします。

First-in-human phase I study of JPH203, L-type amino acids transporter 1 inhibitor, in patients with advanced solid tumors

Naohiro Okano, Kirio Kawai, Takaaki Kobayashi, Fumio Nagashima, Hitoshi Endou, Junji Furuse

                        

Session: Developmental Therapeutics—Clinical Pharmacology and Experimental Therapeutics

Type: Poster Session

Time: Monday June 4, 8:00 AM to 11:30 AM, 3:00PM to 4:15 PM

Location: Hall A

 

詳細につきましては、2018 ASCO Annual Meeting ホームページをご覧ください。  

 

杏林大学医学部腫瘍内科学教室のホームページ
  http://www.mokuniv.com

 

 

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

北村医師が緩和医療認定医を取得されました

2017年11月09日 | その他

北村医師が、当科では初めて緩和医療認定医を取得されました。

 

村医師は、5年ほど常勤医師として当科で尽力してくださり現在は立正佼成会附属
佼成病院緩和ケア科、また引き続き当科で週1回働かれています。
双方の施設での経験や学ばれた事を大いに活かし、この度の取得に繋がりました。
 
早期からの緩和治療の導入は、抗がん剤治療によい効果をもたらすことはすでに
認められています。まだスタート地点に立ったばかり。今後も最新の知見を学び、
よりよい支持療法・緩和治療努めて参りたいとの事です。
 
 
北村医師のページ→http://www.mokuniv.com/kitamura.html
 

杏林大学医学部腫瘍内科学教室のホームページ
 http://www.mokuniv.com

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

【発表のご案内】第55回日本癌治療学会学術集会が開催されます

2017年10月19日 | 講演・学会

平成29年10月20日(金)~22日(日)に、第55回日本癌治療学会学術集会が

開催され、当科医師が発表いたします。

 

【第55回日本癌治療学会学術集会】

 日程:平成29年10月20日(金)~平成29年10月22日(日)

 場所:パシフィコ横浜

 

10月20日(金)8:40~11:10 第3会場(会議センター 3F 303)

臓器別シンポジウム 2
「それぞれの癌」:診断・治療の現状と展望 -膵臓癌-

 

司会:中尾 昭公(名古屋セントラル病院)
司会:山上 裕機(和歌山県立医科大学・第2外科)

切除不能膵癌に対する化学療法―現状と今後の展望

演者:古瀬 純司(杏林大学・腫瘍内科)

 

10月21日(土)8:30~11:00 第2会場(会議センター 3F 301+302)
シンポジウム 6
「それぞれの癌」:超高齢社会の癌治療-理想と現実-

司会:具 英成(甲南病院)
司会:加藤 淳二(札幌医科大学・腫瘍内科)

消化器がんの治療の限界と問題

演者:長島文夫(杏林大学・腫瘍科)

 

10月22日(日)8:00~10:00 第6会場(会議センター 4F 418)
国際シンポジウム
FACO/JSCO Joint Symposium
-FACO Clinical Trials and Future Challenges in Development of Precision Medicine-

司会:Young-Hyuck Im(KACO / Division of Hematology/Medical Oncology, Department of Medicine, Samsung Medical Center, Korea)
司会:西山 正彦(FACO / 群馬大学・病態腫瘍薬理学)
コメンテーター:Yeon Hee Park(KACO / Samsung Medical Center, Sungkunkwan University, Korea)

切除不能膵癌に対する conversion surgeryのcohort study

演者:古瀬 純司(杏林大学・腫瘍内科)

 

詳細につきましては、第55回日本癌治療学会学術集会ホームページをご覧ください。   

 

杏林大学医学部腫瘍内科学教室のホームページ
 http://www.mokuniv.com

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

第25回日本消化器関連学会週間で司会と座長を務めました

2017年10月19日 | 講演・学会

平成29年10月12日(木)~15日(日)に開催された、第25回日本消化器関連学会週間で、当科医師が司会と座長を務めました。

 

【第25回日本消化器関連学会週間】

 日程:平成29年10月12日(木)~平成29年10月15日(日)

 場所:福岡国際センター・福岡サンパレス・福岡国際会議場・マリンメッセ福岡

 

 平成29年10月13日(金) 9:00-12:00 第11会場

International Session 5

 消化器癌における化学療法と免疫療法の最前線

(Recent progress of chemotherapy and immunotherapy for gastrointestinal cancers)

.Chairperson古瀬 純司 (J. Furuse) 杏林大・腫瘍内科学

 

平成29年10月13日(金)15:12~15:48  第15会場

デジタルポスターセッション94(消化器病学会)

膵癌(その他の治療(化学療法、放射線治療などを含む))2

座長 長島文夫 杏林大・腫瘍内科学

 

詳細につきましては、第25回日本消化器関連学会週間をご覧ください。

 

杏林大学医学部腫瘍内科学教室のホームページ
 http://www.mokuniv.com

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

【発表のご案内】ESMO 2017 Congress が開催されます

2017年09月08日 | 講演・学会

平成29年9月8日~12日にスペイン・マドリードで行われる ESMOにて当科成毛医師がポスター発表いたします。

 

2017.9.11 13:15 - 13:15 147P - The nationwide cancer genome screening project in Japan SCRUM-Japan GI-SCREEN: Efficient identification of cancer genome alterations in advanced pancreatic cancer

 

D. Naruge1, C. Morizane2, M. Ueno3, H. Takahashi4, Y. Kawamoto5, K. Sudo6, S. Shimizu7, T.
Nakajima8, S. Itoh9, H. Ishii10, T. Kato11, T. Kudo12, M. Izumi6, T. Sudo6, S. Nomura2, T. Kuwata13, S.
Fujii13, K. Shitara4, A. Ohtsu4, T. Yoshino4; 1Mitaka, Tokyo, JP, 2Tokyo, JP, 3Yokohama, JP, 4
Kashiwa, Chiba/JP, 5Sapporo, Hokkaido/JP, 6Chiba, JP, 7Saitama, JP, 8Kanagawa, JP, 9Fukuoka, JP,
10Matsuyama, JP, 11Amagasaki, Hyogo/JP, 12Suita, Osaka/JP, 13Kashiwa, JP

 

詳細につきましては、ESMOホームページをご覧ください。   

 

杏林大学医学部腫瘍内科学教室のホームページ
 http://www.mokuniv.com

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

人材募集(CRC・秘書)

2017年09月06日 | その他
 人材募集(CRC・秘書)

腫瘍内科学教室では、CRC(臨床試験コーディネーター)、および秘書を募集しております。
 
*募集要項
秘書はこちらへ。
 
 
 杏林大学医学部腫瘍内科学教室のホームページ
 http://www.mokuniv.com
 
 
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

【発表のご案内】第15回日本臨床腫瘍学会学術集会が開催されます

2017年07月27日 | 講演・学会

平成29年7月27日(木)~29日(土)に、第15回日本臨床腫瘍学会学術集会が開催され、当教室医師が司会を務めます。

 

[第15回日本臨床腫瘍学会学術集会]

日程:平成29年7月27日(木)~平成29年7月29日(土)

会場: 神戸国際会議場他

 

7月27日(木)14:30-16:30 International Symposium 6 Room 13(神戸国際会議場 5F 501 会議室)

Chemotherapy for advanced pancreatic cancer in a new era

Chairs : Junji Furuse(Department of Medical Oncology, Kyorin University Faculty of Medicine)

Michel Ducreux(Institute Gustave Roussy/Department of Medical Oncology, University Paris

Saclay, France)

 

7月28日(金)10:20-12:20 International Symposium 12 Room 9(神戸国際展示場2 館 3F 3B 議室 

Improving the evidence base for treating elderly patients with cancer

Chairs : Takeshi Isobe(Department of Internal Medicine, Division of Medical Oncology & Respiratory Medicine, Shimane University Faculty of Medicine)

Fumio Nagashima(Department of Medical Oncology, Kyorin University Faculty of Medicine)

 

詳細につきましては、第15回日本臨床腫瘍学会学術集会ホームページをご覧ください。

 

杏林大学医学部腫瘍内科学教室のホームページ
 http://www.mokuniv.com

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

【発表のご案内】第48回日本膵臓学会大会が開催されます

2017年07月13日 | 講演・学会

平成29年7月14日(金)~15日(土)に、第48回日本膵臓学会大会が開催され、当教室医師が発表いたします。

 

[第48回日本膵臓学会大会]

日程:平成29年7月14日(金)~平成29年7月15日(土)

会場: 京都市勧業館みやこめっせ

 

パネルディスカッション4
平成29年7 月14 日(金)15:40~18:10 (第3 会場(B1F 第1 展示場A))

「化学療法の進歩に伴う切除不能膵癌の新しい治療戦略」

司会古瀬純司 杏林大学医学部内科学腫瘍内科
   山上裕機 和歌山県立医科大学外科学第2 講座


PD4―2 二次治療をみすえた切除不能膵癌の治療戦略
杏林大学医学部腫瘍内科岡野尚弘,他

 

詳細につきましては、第48回日本膵臓学会大会ホームページをご覧ください。

 

杏林大学医学部腫瘍内科学教室のホームページ
 http://www.mokuniv.com

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

【発表のご案内】ESMO Asia 2016が開催されます

2016年12月15日 | 講演・学会

平成28年12月16日~19日にシンガポールで行われる ESMO-Asiaにて当科長島医師が発表いたします。

 

2016.12.19 11:00 - 12:30 Type: Special Symposium

Title: Drug disposition and interactions in fit and frail elderly patients

Hall 404

Chair: M. Aapro, CH; R. Kanesvaran, SG

11:20 - 11:40 Functional assessment of elderly cancer patients

F. Nagashima, JP

 

詳細は、ESMO Asia 2016 のホームページをご覧ください。

 

杏林大学医学部腫瘍内科学教室のホームページ

 http://www.mokuniv.com

 

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

パープルストライド東京2016

2016年12月15日 | その他

11月13日(日)に日比谷公園にて、「パープルストライド2016」が開催されました。

当施設から、医師・コメディカルもラン、ウォーク、ボランティアとして参加させていただきました。

 

 

当日は、少し肌寒かったものの、とても良いお天気に恵まれました。

ウォーキングでは初の試みとして、皇居周辺だけではなく、皇居東御苑内も散策をしました。

とても木々が綺麗で、秋らしい風景を見ることが出来ました。

 

 

 

例年同様に、日比谷公園のステージでは歌やダンスのイベントも行われ多くの観客が集まり、

またサバイバーやご遺族の方のテントも設置されており、みなさんが膵癌撲滅を目指す良い機会になったのではないでしょうか。

 

 

 NPOパンキャンジャパンホームページ

                    

杏林大学医学部腫瘍内科学教室のホームページ
 http://www.mokuniv.com

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ