むらくも

四国の山歩き

さぬきの里山

2020-10-16 | その他<香川の山>

山名  訳あって山名をここに載せることが出来ない讃岐の山

山行日 2020年10月15日
標高  200mそこそこ
登山口 お堂の傍
駐車場 桜の木がある道沿い広場
トイレ 簡易トイレあり


春になると裾野にあるミニ八十八か所のスタート地点を中心にたくさんの桜が咲き、桜吹雪の頃には道一面ピンク色の絨毯になるきれいなところです。
登山口にある大師堂では地元の方たちが散歩に訪れて、休息がてらに世間話に興じたり、手に載ってくるヤマガラにひまわりの種をやったりする憩いの場所。
山の標高は200mそこそこですが、大師堂から山頂へ続く山道は急登で、春秋の涼しい爽やかな季節でも背中がぐっしょり濡れるくらいに汗をかく。
山頂はほぼ360度の眺望があり、北に志々島や粟島などの瀬戸の海、東には天霧山や善通寺五岳山、南には阿讃山脈、西には七宝山が連なる。
麓から眺めるこの山の姿は、昔は三角形のいい形をしていたそうだが、いまはちょっとばかし変形していて、お年寄りは昔の姿を思い浮かべては残念がる。

山頂で写真を撮っていると、麓で電車が走ってるのが見えた。
今日はまずまずのお天気で、空気が澄んでいるせいもあってか電車の走る音が頂まで届く。
さて、大師堂まで下りて、ミニ八十八か所をぐるりと巡ることにしましょう。


さぬきの里山

コメント (2)

鬼ノ城…岡山県総社市

2020-10-15 | 中国地方の山

鬼城山、犬墓山

山行日  2020年10月13日
標高   397m、443.3m
登山口  総社市鬼城山ビジターセンター
駐車場  広い整備された駐車場あり
トイレ  ビジターセンターおよび岩屋休憩所にあり
水場   なし
メンバー ピオーネ、むらくも


北の吉備路にある鬼ノ城は日本百名城に選定されており見どころいっぱいの観光地。
お城は7世紀大和朝廷の時代に築城された古代の山城と推定されていて、見事な城壁や角楼および東西南北に築かれた門と水門などを巡って
ゆっくり周回するだけでも1時間ほどかかるが、様々なコースを歩くと一日では足りない。
またちょっとした湿原風のところもあって珍しい植物も見ることが出来たり、北に行くと岩屋寺辺りには鬼の差し上げ岩や実僧坊山手前には鬼の酒盛り岩などの巨岩があって、
是非とも訪れたい場所です。
今回は風の爽やかな季節を選んで秋にしましたが、桜やタムシバが咲く春、そしてベニドウダンやナツツバキの咲く頃も見逃せない。
特にタムシバは鳴谷を挟んだ山沿いにでは一面に咲き、季節になると真っ白になる。
季節を違えてなんども訪れたい山域です。


鬼ノ城

コメント

銅山越

2020-10-07 | 赤石山系

銅山峰
標高  おおよそ1294m
登山口 新居浜市別子山日浦
駐車場 登山口にあり
トイレ 登山口およびダイヤモンド水すぐ手前
水場  ダイヤモンド水


里ではモズが鳴き、稲刈りも進みすっかり秋の気配。
山ではそろそろ落葉樹が色づき始めている頃で、秋の花たちも随分と咲き進んでいるようです。
昨年、10月末に登ったときには残念ながらセンブリはほとんど見られずがっかりしたのですが、今年は少し早めに。

また、東延谷橋を渡ってちょい上のところで分岐があって左に行くと銅山越へ行くが、右に行くと第一通洞南口を経て東延斜坑に出て、さらに登っていくと素麺滝がある。
まだ行ったことはないが、はっきりした踏み跡が残されているので寄ってみることにした。
この素麺滝は前山の東斜面下部辺りだろうか、地図からはそんな位置にあるようです。
素麺滝付近には石灯篭へ行く踏み跡があって、ずいぶん昔にこの道を辿って歓喜坑へ歩いた記憶があるがすっかり忘れている。
今回の目的はセンブリとこの素麺滝、西赤石山へ登ることはせず初秋の気配を楽しむことにした。


MOVIE 1007


<咲いていた花と実>
シロヨメナ、アクシバの実、アカモノの花と実、アキノキリンソウ、センブリ、アサマリンドウ、ヤマハハコ、キッコウハグマ、ベニバナボロギク、ツルリンドウの実、キレンゲショウマの実、ゲンノショウコの花と種

コメント

秋の塩塚高原

2020-10-03 | その他<愛媛の山>


塩塚峰

山行日  2020年10月2日
標高   1943.3m
登山口  塩塚高原展望台下(標高おおよそ940m)
駐車場  登山口に隣接(トイレあり)
水場   なし



今年の夏は猛暑日が長く続き異常に暑かった。
おまけに一旦降り出した雨は激しく叩きつけ、線状降水帯現象によって降雨量が尋常でなかった。
発生した台風も強烈で、風速70mなんていうのが吹き付け、こういうのはもう大型台風とは言わなくて、過去にない戦々恐々の台風になっているようです。
9月中旬を過ぎてやっと猛暑が治まり、熱帯夜が去った。
やれやれ、やっとエアコンを点けずに寝られる日がやってきた。

一昨日は中秋の名月、空を見上げるとまん丸なお月さんが明るく照らしてくれ、夜の散歩に出かける人もどことなく楽しそう。
妻が団子を作った。
甘い小豆あんこがたっぷり、すっかり秋だ。
というわけでススキを眺めに塩塚峰へ出かけた。
もう昔のように新瀬川にある登山口から歩く元気はどこにもない。
高知道を走り新宮ICで降りて、塩塚高原への案内標識に従って車道をくねくね走り、標高940m地点にある展望台への入り口駐車場から山頂へと歩いた。

展望台や山頂からは360度の展望、北斜面は一面のススキ、足元には数は少ないがサラシナショウマやシモバシラなどの花が咲き蝶が飛ぶ。
東には国見山や天狗塚などの祖谷に聳える山、南には工石山、白髪山、西には筒上山、東赤石山、北には雲辺寺山、荘内半島の紫雲出山が見え最高の景色です。
七宝山の稲積山も見えており、自宅の窓からこの山の頂がちょっこし見えていたりする、そんな身近な山です。


 


<咲いていた花と飛んでいた蝶>
キアゲハ、ツマグロヒョウモン、ゲンノショウコ、ノコンギク、ウメバチソウ、シモバシラ、サラシナショウマ、アキチョウジ、ミゾソバ

コメント

坊ガツル…九州

2019-05-31 | その他<四国外の山>

黒岩山、上泉水山、下泉水山、沓掛山


山行日  2019年5月16日・17日
標高   1502.5m、1447m、1296m、1503m
登山口  牧ノ戸峠および長者原くじゅう登山口
駐車場  牧ノ戸峠
トイレ  牧ノ戸峠、長者原、坊ガツル、法華院温泉、久住分れ避難小屋
水場   牧ノ戸峠、長者原、法華院温泉
メンバー 坊主さん、ピオーネ、むらくも


梅雨前線が日本列島南海上付近で停滞し、二つの高気圧に挟まれて怪しい動きをしている。
湿った空気が南から吹き上げ、九州から東北にかけていつ雨が降ってもおかしくない状態だ。
気象庁の週間予報も日をかえ、地域によってころころ変化し予想がつきにくく、北陸の山へ行ったらいいものか、それとも九州の山にしたほうがいいのか、悩ませた。

出発する前々日にも決まらず、沖縄地方が梅雨入りしそうだというニュースもあったりでとうとう投げてしまい、坊主さんに下駄を預けた。
「雨が降ってもしゃーない、わしゃ知らんし、後悔するな」捨て台詞を吐いていた坊主さんから、前日になって、九州・くじゅうに行くとの連絡を受けた。
こういう場合は、下駄を預けたほうが無責任というもので、雨覚悟で出かけることにした。

雨具の点検と、カメラの器具ややバッテリー類、靴、衣類などを入れるビニール袋を確保。
15日、佐田岬の三崎港から船に乗って佐賀関港で下船し、スーパーボランティア尾畠春夫さん縁の山、由布岳を眺めながら大分道を走る。
夕方、長者原の温泉に入り、宿泊。

16日 晴れ
この日、沖縄が梅雨入り。
お天気次第では福井の荒島岳へ行くことを考えていたが、山は雷雨の予報。
南無大明神、坊主さんの念力が通じてくれた。
まんまんちゃんあん。
これまで坊主さんのネーミングはいろいろと変遷してきた。
ちまちま隊長→しまちまおいちゃん、そして今後はまんまんちゃん大明神に。

大昔、片岡千恵蔵扮する名探偵多羅尾伴内の「七つの顔の男」という映画があったが、四つの顔を持つ男まんまんちゃん大明神だ。
あるときは運転手、あるときはマドロス、あるときは手品師…、しかしてその実態は悪を暴く正義と真実の使者……。
なーんていうのがあった。


         黒岩山登山口                    ハルリンドウ

標高1330mにある牧ノ戸峠駐車場に移動、長者原に向けて黒岩山登山口を出発。

当初の計画は庄内町にある男池湧水群登山口から登り「かくし水ーソババッケー風穴ー高塚山ー天狗岩ー風穴ー段原ー坊ガツル」へ、そして翌日はうどん越を経て平治岳を歩く予定だったが、登山口付近に前泊する適切な場所がなく黒岩山に変更した。



すぐに展望所があって、ノリウツギやアセビなどの灌木が群生する平坦な尾根を過ぎると黒岩山への急登が始まる。
高度を稼ぎ後方を振り返るとパラパラと駐車した牧ノ戸峠が見え、足元にはハルリンドウが咲き、ところどころにミヤマキリシマの鮮やかな花が咲き始めていて、右手はるか後方には雲の上に阿蘇山が聳えている。


                         黒岩山山頂

登山口から40分ほどのところに道標があって、右へ行くと黒岩山を巻いて泉水山へ直行。
左へ行くと黒岩山山頂を経て、泉水山へ。
迷わず山頂へ向かう。
道標から8分でシャクナゲが咲く三等三角点・黒岩山に到着し、岩の上に立つ。
眺望は抜群、東には平治岳、三俣山、久住の山並。
わずかに硫黄山から火山性の煙が立ちのぼっている。



西眼下には八丁原地熱発電所や温泉からの湯けむりが立ちのぼり、後方には風力発電の大きな羽根がゆっくり回っている。
方角としてはちょうど有明海方面を眺めていることになるが、幾重もの山並みの後方が海かどうかはよくわからなかった。



岩の上から眺望を楽しみ、山頂をあとにして上泉水山へと進むが、手前にイワカガミの咲く小さく尖がった岩場があって、
リュックを根元に置いてそこに登ってみた。


          黒岩山                  三俣山・星生山方面

ソロの女性がゴゾゴゾと踏み跡のないところから這い上がってきた。
ウオーっ、とんでもないところからと思ったが、どうやら道をはずし、迷いそうになってたらしい。


         上泉水山方面                  長者原・タデ湿原方面

女性の方にお尋ねすると、牧ノ戸峠から黒岩山・泉水山を経て長者原へ下っての半日の山行予定で歩いているとのこと。
長者原には広い駐車場があり、牧ノ戸峠へのバス便がある。
便は少ないが、これを利用すればこのコースは手軽に歩けて、しかも展望がいいので地元では結構人気があるようだ。
因みにバスを利用しない場合、長者原・牧ノ戸峠間は歩きよい遊歩道が整備されているようだ。
眼下には星生温泉など、くじゅうの各温泉施設の煙突からは湯煙が上がっていた。



風はほとんどなく、空気が沈滞しているのだろう。
硫黄の匂いがかすかに鼻を衝く。
中には満開に近いミヤマキリシマの株もポツポツ散見されたが、まだまだこれから、それでもわずかではあったが風景に彩を添えてくれていた。



         上泉水山                     大崩ノ辻方面

大崩ノ辻を左にして分岐を右にとり、9:51、標高1447m、山頂標識のある上泉水山に到着。
ここから長者原までは下る一方で、途中にある下泉水山は標高1296m、登るというほどのものではなく、下った先にある肩程度の山。
馬酔木のトンネルを抜け、ちょっとした岩場のところが下泉水山だった。



下泉水山を下り、ほぼ直角に曲がると左手は草原が広がっており、たくさんのキスミレやハルリンドウなどが咲いていて、
柵がないので牧場でもない。
九州にスキー場?と思ったが、牧ノ戸峠の西側に合頭山があって、さらにその西に九州森林公園スキー場というのがあって、リフトも設置されている。



見渡したがここにはリフトはなく、春になると野焼きが行われている場所のようでした。



下る方向を東から南へと変え、奥郷川に架かる細い橋を渡る。




ちょうど満開のフジやガマズミの花を眺めながら川を越えると、長者原に到着でした。
朝、出がけに宿泊した施設に預けていたテントなどの荷物を受け取り、公園のベンチでおにぎり弁当を頬張る。



リュックを整え、飲料水を確保したあと、硫黄山を眺めながらタデ湿原へと入り、久住登山口へと向かう。
硫黄山を眺めるとそこへ至る中腹には、鉱山道がくっきり見えていた。



サワオグルマの咲くタデ湿原の木道を歩きながら、他に花が咲いていないか湿原の中を目でキョロキョロ探してみたが、目ぼしいものはなかった。
夏になるとキスゲやヒゴタイ、ハンカイソウなどが咲くようだ。
登山口から奥へ入ってゆくと、足元にはたくさんのユキザサが茂っており、木漏れ日を受けて白く愛らしい花を咲かせていた。
植生は素晴らしく、ミズナラ、サワフタギ、サルナシ、コシアブラなど、たくさんの樹木が茂っている。


                                   
ところどころで白い花の咲く樹木があったが、オトコヨウゾメのような花の形をしていたが、葉の下に房がぶら下がっていて、
よくはわからなかった。
口の悪いやつはこの木を男用済みと呼んで茶化す。
いったい誰のことだっぺ(全国被害妄想狂教会一会員)。
右に三俣山への道を分けて直進する。

写真を撮るために後方から歩いていると、唐突に、坊主さんから先に歩いてくれと云われることがある。
いやいや、どうぞ、遠慮なく先にどうぞと言い返したが、「爆発するきん先に歩いてくれ」と遣り返される。
顔も体も黄色くなりそうないやな感じだ。


                                  
14:06、雨ヶ池越の木道を渡る。
雨の降る季節にはこの湿原は池になり、景観が随分と異なって見えるらしい。
また、ノハナショウブが咲く場所らしい。
雨ヶ池を越えると、ほどなく眼下に坊ガツルが現れ、左に大船山を仰ぎ見る。



4年ほど前に、吉部登山口から鳴子川を遡るようにしてつけられた登山道を歩き、坊ガツルへやってきたことがあるが、その登山道と合流し、その頃と変らない懐かしい風景に再び出合った。
季節も同じく5月で、山がヤマキリシマで赤く染まるにはまだ早く、どの山も緑緑している。



道端にはどちらもバラ科キジムシロ属だが、ミツバツチグリかもしくはキジムシロ(たぶんこちら)の小さく黄色い花が咲き、ハルリンドウが群生している。




ハルリンドウの白花やミヤマハコベもあったりして、目を楽しませてくれ、ときおりフモトスミレがポツポツと散見された。




いくつかのテントが張られている坊ガツルのテン場を過ぎ、15:12、川の傍に立つ法華院温泉に到着した。
ここでテントを張る坊主さんとは一旦別れ、わたしたちは山荘に宿泊。



その後、夕食までには随分と時間があったので、山荘で調達した生ビールを持参し、山荘に近いテン場を訪問。
テントは二張りのみ、大船山の上には十三夜月が昇っており、山頂近くにわずか一株のミヤマキリシマの鮮やかな色が、これからのこの山の燃えるような彩を想像させてくれた。


17日
山荘で朝食を済ませて北千里浜に向けて出発。



前夜、山荘に泊まった二人は、温泉に浸かったあと、朝までぐっすり。
テント泊の坊主さんは、隣のテント泊の方が3時ごろに起きて、ラジオを掛けるわ、歌を唄うわでマイッタそうな。
だいぶ高齢なご夫婦だったようで、いまどきテントを担いで登るのはすごいなと感心したのだが…。
その方たちはだからこそ無理して重たいリュックを担いででもテント泊を選んだのだろうが、うーむむ、やはり迷惑この上ない行為であることには間違いない。



この日は前日とは打って変わってガスの中の歩き。
4年前に坊ガツルから大船山を目指したときは雨に祟られたことを思い出した。
大船山は諦め、北大船山から平治岳(ひいじだけ)へと歩いたが、その平治岳も諦め、大戸越(うとんこし)からぬかるむ道に足を滑らしながら下山したのです。

すがもり越への分岐点から南への道を辿るのですが、ここからは北千里浜という地名で呼ばれており、田中澄江さんの著書花の百名山によると、昭和38年元旦に、ここ北千里浜で7名の遭難死者が出たと記述されている。
2名の女性は避難小屋にたどり着き命をとりとめたとされている。
以来、避難小屋傍には遭難者慰霊の鐘が併設されているとのこと。



ところどころにケルンもあり、岩には黄色く鮮やかなペンキが施されている。



岡山から来られたご夫婦が登ってゆくが、100m先はガスで見えない。
ときおり、強い風が吹き、久住へ登れるだろうかと少し不安そうだったが、足元を確認しつつ元気よく歩かれていた。



9:40、久住の分れに着き、少し先にある避難小屋の傍にあるトイレで用を済ます。
先ほどのご夫婦は久住へ登って行ったが、牧ノ戸峠から来られた方たちもガスと強風のためやはり不安そうにしながら久住へ歩いて行った。



わたしたちはヘタレと言えばそれまでだが、このガスの中で、久住へも星生山へもそして扇ヶ鼻へも行く気持ちは起きない。




若者や東京からの団体さんがわんさ登ってきたりして、挨拶を重ねながら西千里浜をとっとと下った。
中には「こんな日は登らない。またの日にしましょ」などと言いつつ牧ノ戸峠へ引き返すグループもあった。




沓掛山がすぐ目の前に近づく。
小さな梯子段やロープを伝って登ると、シャクナゲが出迎えてくれた。
葉も花もやや小ぶりのようだったが、これがツクシシャクナゲなのだろうか?



山頂の岩の上に立ち、合間を抜け東屋のある展望台に。
くじゅうで最も人気のあるコース、平日にもかかわらず多くの人たちとすれ違い、その数に圧倒された。
ミヤマキリシマが咲く5月下旬から6月上旬には、混雑するのでしょうね。



11:28、予定に入れていた星生山に登らなかった分、早く下山してしまったが、これが四国までの家路の道中を楽にしてくれた。
この日、大洲から松山までの自動車道が夜間通行止めで、もしも予定通りに下山していたら、帰宅は日が変わっていたと思われたが、その日のうちに帰ることが出来た。
日付が変わるのと変らないのでは、旅の疲れも随分と異なるようです。




16日
牧ノ戸峠7:55-8:41黒岩山8:51-9:51上泉水山10:01-下泉水山10:20-11:16長者原11:41ー雨ヶ池越14:06-15:12法華院温泉

17日
法華院温泉7:33-すがもり越・北千里浜分岐8:31ー久住分れ9:40-扇ヶ鼻分岐10:19ー沓掛山11:08-11:28牧ノ戸峠

コメント (16)