虹色☆綺羅星

日々徒然気まぐれブログ。
野球・お笑いのことになると暴走する傾向アリ。
気力Maxで頑張りMAX!(`・ω・´)

刺激が欲しけりゃ バカになれ!

2008-09-29 18:09:01 | 雑記(日常中心)
ども。
ブログ1周年、とっくの昔に過ぎてました(15日)orz
久々でっす☆←ウゼ

はい。
何か、今日は、クラスで「フルーツバスケット」をしましたよ
てか、通じんのかな?「フルーツバスケット」
何かあったら、検索してみて下さい←ヲイ

で、あれをしたのは、中学校の時以来なのですが・・・。
結構、盛り上がりますね
集中攻撃()とか、頭脳作戦とか、いろいろです。
ちなみに、頭脳作戦は、友達曰く、「巧の技」らしいです
てか、困った時は、「フルーツバスケット」って言えば、いいんですけどね、みんな動くから。←待
で、楽しかったですよ、結局!
またやりたいです。

でわ、剣虎綺羅でした(^-^ゞ
コメント

いつもネバーギブアップ!

2008-09-13 21:35:51 | 雑記(野球・お笑い中心)
はい。
阪神。

矢野さんw
ちょw神w\(^o^)/
↑「神」って書いた瞬間、「暇を持て余した神々の遊び(By モンスターエンジン)」が出てきた。←知るか

てか、「必死のパッチ」コンビでラスト!(^∀^)
下さん、矢野さんとこ行くとき、めっちゃはしゃいでたw
アニキ!
矢野さん、ガッツポーズ、いただきました!(^▽^)/
てか、「必死のパッチ」、2人で使っていくんですね!
子供のように、はしゃぐ矢野さん、テラよすですたよ(^-^)

どうでもいいことなんですけど、今日、月虎とかマンスリーよしもと手に入れたんですけど、
ペナ!ヒデさん!!
$10!
モンエン!!
・・・はい、スルーしてください。

でわ、剣虎綺羅でした(^-^ゞ

・・・宿題orz
コメント

地味に更新。

2008-09-10 15:15:21 | 小説・パスについて
ども。
今回は、地味なことをば。

虎戦士の学パロネタ小説2本追加しました。(PCのみ閲覧可)
こんなヘボ小説を読んで下さっている人がいるかどうか、分かりませんが(^^;)

☆パスについて
ヘボですが、一応パスをつけています。
パスは、
①虎の12球団最小(笑)最速1,2番コンビの背番号を足す
 (例:13番と1番なら、13+1で14になります。)
②「必死のパッチ」を使う、2人の背番号に共通する数字
 (例:17番と47番なら、7になります。)
③虎の師弟コンビ、その2人の出身地
 (例:東京なら、tokyoとなります。)
を、①②③の順に並べて半角英数字で入力して下さい。(例:147tokyo)
ウィキペディアなどで調べれば分かることなので、ヒントは一応なしですが・・・。
①と②は、私のブログを読み返せば、何となく分かるはずです(^_^;)

では、またヘキサゴンのハイライトでお会いしましょう!
剣虎綺羅でした(^^)/
コメント

やのさま、サヨナラホームラン!(^∀^)

2008-09-09 23:05:08 | 雑記(野球・お笑い中心)
矢野さん:元祖「必死のパッチ」は、僕です!返してください!
↑ヒーイン。

吹いたw(全力で)\(^o^)/
てか、明日、セッキーがヒーイン出て、「「必死のパッチ」は、僕のものなんで・・・」って言うのを希望←知るか
「必死のパッチ」争奪戦!!(゜ロ゜)←ちょw

てか、やのせき、おまいら、
仲良しすぐる!
そして、
かわいすぐる!←ぇ
最後のハイタッチの時、何か話してて、めっちゃ笑顔なのが、よす(^-^)ですた。
「ベンチから何か合図を送る(セッキー)」とか、
テレパシー的な何かですか?w
てか、以心伝心?
気心が知れた仲?←考えすぎです。

とにかく、赤平コンビぐらい萌えた(´∀`*)

連投すいません!
でわ、剣虎綺羅でした(^-^ゞ
コメント

文化&体育祭、神、きたぁぁぁぁぁ!!(゜∀゜)

2008-09-09 20:07:52 | 雑記(日常中心)

ども。
金・土・そして、今日で文化祭と体育祭が合体したようなやつをしてきますた。(`・ω・´)ゞ
・・・つぅ~かぁ~れぇ~たぁ~ぞぉ~←煩せえ

まず、文化祭。
劇☆←ちょ
自分のクラスは、「赤ずきんちゃん」をしたのですが・・・。
みんな役者の人が、常に全力で演技をしてますた
アドリブも多かったデスよー。(´∀`)
ちなみに、自分も地味にクマで出ますた・・・
てか、主役の赤ずきんちゃんの人(男子しかも野球部)、
全力過ぎて、誰もついていけねぇ!w
そこが、いいとこです、うん。
で、唯一そのテンションについていった、猟師役とさる役の男子!
おまいら、マジで神w
尊敬します。(笑)
なんだかんだでラストは・・・
話せるかぁ!!Σ(゜□゜)ゴルァ!
まさか、赤ずきんちゃんが男だとバラして、そして、猟師と結ばれるだなんて、口が裂けても言えませんw←あっ!
でも、2位取りましたよ!ワーイ

で、今日は体育祭!
何の因縁か、幸せを呼ぶ(By 先生)黄色!
去年までの中学校の体育祭でも黄色!!
オレの好きな阪神のチームカラーも黄色!!!
・・・ちょっとしつこいですね。
黄色の先輩、オモロー!!でした。

色別のダンス、うまく踊れますた!(^^)
チームパフォーマンス(ダンス)で、黄色は最優秀賞ですよ!!姉さん!!(誰だ)
自分は、玉入れしか出ていないんですが、友人曰く、1個入っていたそうです
まだまだですね
来年がんばるんばです(^^)/
てか、リレー系の競技(走るの)とか、めっちゃ盛り上がりますね
色別対抗リレーの応援で、テンション上がりまくりですよ!!
で、黄色1位ですよ!
声援を力に!!ですね!(^_^)

で、体育祭、
黄色優勝!!
青が、下剋上(?)してきた時は、マジでビビりました
が、優勝できたのは、本当に嬉しいです!

その後の解団式は、団長の胴上げとか、打ち上げ的なのとか、とにかく、テンション上がりっぱなしですた

まあ、要約すると
地球に生まれてよかったー!!
↑山本高広か
ってことです。

長々と失礼しますた!
でわ、剣虎綺羅でした!(^-^ゞ

コメント

好きになったねヘキサゴン!

2008-09-03 19:57:28 | 雑記(野球・お笑い中心)
ハイライト!

・ブサイク→何とかしてあげたいと思う
・はっきり言っとかないと、ヤンキーと思われる(ユッキーナ)
・ギャル語ペラペラ
・マジパネェ!
・ユッキーナ、カワユス(´∀`*)
・ちょっとおバカな女の子の方が、可愛い。
・素顔「トム」みたいでしょう(スザちゃん)
・9歳の子の問題、分からなかったら生きていけない
・ヘキサゴンドリル、75万部!
・リーダー、退院!
・計算、あと勘。
・素晴らしいと思います(上から目線)
・スザちゃん、正解!O(≧▽≦)O
・リーダーと同じ作戦。
・小学校3年生の問題
・もう少しで大気圏
・80cmをメートルに直す←?
・ゆーすけ、どんだけ!?
・大気圏抜けた!
・宇宙規模の問題
・ゆーすけ流、mmの計算、すげぇ!(゜ロ゜)
・リーダー的に言うと、勘が悪い(misonoちゃん)
・8mm→5.3cm
・早い早い早いはやーい!(ゆーすけ)
・電卓使わない!
・時計から離れろ!(まいちゃん)
・ややこしくない!
・話を聞けぇ!
・大気圏でヘキサゴンドリルが燃えてしまうわ!(゜ロ゜)(紳助さん)
・のっくとゆーすけ、同じチーム
・風船ゴリラ
・まいちゃん、救出成功!
・この間も!
・かわいいだけじゃ、やってけへんで!(赤井さん)
・そういう魂胆?
・ジャージの裾入れるのやめてください!(神保さん)
・ムートン
・総バッシング
・他人だったら放送できない
・薮をつついて壺を出す(リーダー)
・二人三脚!(リーダー)←ダンス?
・ユネスコ!
・羞恥心の衣装脱いだ瞬間、元通り
・「こ」がつくゲームやないんやぞ!
・懐かしいな
・misonoちゃんと品川さんの新ユニット!
・めっちゃいい歌&歌うま!
・アルバム、予約しよう!

でわ、剣虎綺羅でした(^-^ゞ
コメント

銀魂でネタ小説( ほぼ実話)

2008-09-02 21:55:31 | 雑記(日常中心)
ある日のこと。

銀時「だからよぉ、俺がまだ若かった時は、ねーちゃんたちも・・・。」
神楽「おもんねーアル。」
新八「銀さん、言っちゃ悪いですけど、その話、前にも聞きましたよ。」
銀時「・・・・・。」
神楽「そうアル!銀ちゃん、そんな話ばかりしてるからダメな大人になったネ!」
新八「神楽ちゃん、それは、いくらなんでも言いすぎ・・・。」
銀時「うぉぉおぉぉぉ!!」
神楽&新八「〓!!!!???」
銀時「うぅ・・・(右腕を何かに取り付かれた様な動作をする。)」
神楽「新八ィ!銀ちゃんが大変アル!右腕がおかしくなっちゃったヨ!!(慌)」
新八「・・・大丈夫だよ、神楽ちゃん。銀さんは、僕達をからかってるだけだから。」
神楽「でも・・・、銀ちゃん、すぐにでも何かを召喚しそうネ!」
新八「いや、しないから!どこの世界の話だよ!!」
銀時「くそ・・・、バレたか・・・。さすが〔夜兎族〕なだけはある・・・。」
新八「銀さんも、面白がってのらないでください!」
神楽「私、銀ちゃんの右腕から何かオーラが見えるヨ!」
銀時「フッ・・・、さすがだな、神楽。このオーラが見えるとは・・・。」
新八「・・・もう何も突っ込みませんよ。」

~ここからは、新八の突っ込みナシでお楽しみください。~

銀時「いいかあ!神楽!今から俺は、この右腕から魔物を召喚してみせるぜ!」
神楽「マジアルか!銀ちゃん、何を出すアルか?!」
銀時「う~ん・・・、そうだな。(入り口の方を見て)まあ、身近なヤツを出してみるか。」
神楽「おぉぉぉぉ!すごいアル!・・・それで、誰を出すアルか!?」
銀時「それは、あとのお楽しみだ・・・、(右腕を見て)・・・そろそろか?」
神楽「!右腕が、うずき始めたアル!」
銀時「(右腕を取り付かれた様に)うっ・・・、うぉぉぉぉぉ!」

~ここからは、新八アリで。~
桂「(戸口に立って)銀時!おらぬのか!」
新八「(戸を開けて)あっ!桂さん!」
桂「おっ、新八くんでは、ないか。銀時は、おらぬのか?ちょっと用事があるのだが・・・。」
新八「・・・、すいません、桂さん。今、銀さんたちは、奥の部屋で遊んでて・・・。」
桂「そうか・・・。」
新八「・・・よかったら、中でお茶でもして、待っていてください。多分、すぐ終わると思うので・・・。」
桂「そうか、すまぬな新八くん。お茶を頂いて待っているとしよう。」
新八「そうしていってください。(桂を中へ案内する)」

(奥の部屋、襖の前)
新八「(襖を開ける)すいませ~ん!銀さん、神楽ちゃん!桂さんが、用があるようです!」
桂「邪魔するぞ、銀時。」
銀時「・・・ぐぬぬ。(カッ、と目を見開き)今だ!」
新八&桂「?!」
神楽「おぉ!時がきたアル!」

銀時「(桂の隣へ行く)」
桂「!!??」
銀時「(バッ、と右腕を桂の方へ突き出す)うぉぉぉぉぉ!ズラぁ!召喚!!」
桂「・・・・・・・・・・ボーン。(魔法陣から出てきたように)」

万事屋の3人「・・・・ぶっ、はっははははは!!(倒れこんで大爆笑)」
桂「一体、何事だ!?」
銀時「(笑いながら)まっ、まさか・・・、本当にのってくれるとはな!」
神楽「そうアル!のるとは思わなかったネ!」
新八「・・・かっ、桂さん、やっぱりあなたは、最高です!」
桂「そ、そうか・・・。(何がなんだか分かってない)」

まっ、ズラがのってくるこないは、一種の賭けだったけどな・・・(By 銀時)


終われ


―――――――――
はい。
てか、実話です。
それにフィクションを付け足していった感じです。

それにしても、あれはテラワロタw\(^o^)/

でわ、剣虎綺羅でした(^-^ゞ
コメント