ジークフリードの日記

我が愛犬ジークフリードと共に過ごした日々の記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジークのいる日々(2014年5月)

2019年02月17日 | Weblog
 5月になると暖かくなってきたのもあって、ジークの体調も良くなってました。

 5月1日には、いただいた牛すじ肉の切り量りをしましたが、包丁が悪く、研ぎながら切りましたが、なかなか切れないので半分以上残りました。
 この残りは、翌日買ってきた新しい包丁で切りました。やはり新しい物は切れ味が良い。

 5月3日は4時半からワンダフルライフに行き訓練を受けた。前の人の練習が押して30分ほど待つことになりました。まずCD2の練習をした後、アジリティの練習は、バーを下げて負担を軽くした上でのコース練習をしました。練習を終えた後、少しだけハオと遊んでから家に帰りました。


(タッチの練習だよ)

 5月4日は、午前中、母とジークを連れて文化記念公園にツツジを見に行きました。


(お母さんと一緒に散歩したよ

 午後は5時半からの予定だった練習が4時に繰り上がったので、4時からワンダフルライフに行き訓練を受けました。今日もまずCD2の練習をした後、アジリティの練習は、バーを下げて負担を軽くした上でのコース練習をしました。練習を終えた後、少しだけハオと遊んでから、明日のためテントを車に積んで家に帰りました。


(今日も練習したよ)


(私もちょっと練習しましたの)

 5日はQアジ練習会が久山であるので6時半に家を出ました。会場には7時半前に着いて、少ししてバルドルが着き、他の人も少しずつ到着してきました。
 少しして受付が始まり、ジークはラージで申し込んでいましたがミディアムに変更を申し出ました。その後、テントを立ててから設営の手伝いをしました。今日は2リンクが用意されていました。
 8時過ぎに競技が始まり、まずはJP1からで、スモールにペッパーとクウが出ました。その後、ミディアムにジークが出ました。そしてラージにはエイト、ウェンディ、チョビ、はなの順で出ました。ミディアムにはFさんのドラゴンとYさんのファンタが出ていました。


(今日は久山で練習会だ)

 この日の詳細は、2014年5月15日付け別館ブログをご覧ください。

 6日は1時からワンダフルライフに行き訓練を受けました。今日もまずCD2の練習をした後、アジリティのタッチ障害の練習をしていると次の人が来たので、練習を終えた。その後、少しだけハオと遊んでから家に帰りました。高速で事故があったようなので、都市高速を使って帰りました。


(ゴールデンウィークはずっと練習だったね)

 10日は、朝のうちジークのハウスを洗いました。天気が良いのですぐに乾きました。
 1時からワンダフルライフに行き訓練を受けました。ジークはここで糞をしたので回収しました。


(今日も練習したよ)

 この日もまずCD2の練習をした後、アジリティの練習を50センチにバーを下げた上でのコース練習をしましたが、まだ走りが良くないので、今月末のオプデスには行かないことにしました。
 練習を終えた後、ハオと遊んでから家に帰る途中にあゆとも動物病院に寄り、ジークを診てもらいました。患畜が多く駐車場も一杯で、診てもらうまで1時間以上待たされました。
 まず体重を量ると30.5Kgで増減なしでした。糞の状態も良いので、ステロイドをさらに減らすことになりました。フィラリアの検査もしてもらい、薬を1回分もらって家に帰りました。

 翌11日は車のハウスを洗い、その後、4時半にワンダフルライフに行き訓練を受けました。ジークはここで糞をしたので回収しました。


(今日も練習だよ)

 今日もまずCD2の練習をした後、アジリティの練習はせず、中を走ってタッチの練習を少ししただけにしました。
 また、ジークの左前足に何か変な物が付いているのを相談したら、お湯で洗ってみるように言われた。練習を終えた後、今日もハオと遊びました。
 11時過ぎに外に出しおしっこをさせた後、ジークの足をお湯で洗うと変な物はとれました。どうやらご飯粒のようでした。


 5月18日は11時半にワンダフルライフに行き訓練を受けました。前のしつけ教室が押していて、しばらく待たされました。その後、糞をさせたら下痢状態でした。
 訓練はあまりに暑いので、日陰で少しCD2の練習をしました。
 この日、トライアルとしてハオを家に連れて帰りました。帰りがけにナフコによって折りたたみ式のハウスを買い、家に帰ると、まずジークに餌を与えてからハウスに入れておき、ハオをハウスごと家に入れて、母にハオを見せました。


(ここはどこですの?

 母の手からハオに餌を与えさせたので、ハオも母になついていました。しかし、まだ新しい環境に慣れていないので、物音がしたらビクッとしていました。夕方におしっこをさせようと外に出しましたが、まだ怖いようで何もしませんでした。おしっこは無いのかと思って家に入れたら絨毯の上におしっこをしました。


(お母さん、ハオちゃんが来たよ)


 夜、11時過ぎにジークを外に出し、おしっこと糞をさせた後、ハオを外に出しておしっこをさせようとしましたが、暗いところが怖いようで、しっぽを足の間に入れていました。車の回りを何度も回わり、裏を玄関まで何度も歩きましたが、何もしませんでした。ハウスの中に糞をしているようなので、片づけていたら、おしっこを絨毯にしていました。
 この日から、2匹飼いの生活が始まりました。1匹の時と違って2匹に掛ける時間配分を考えなければなりませんし。ハオは、新しい環境に慣れるまで、なかなかトイレを覚えてくれませんでした。


(いろいろあってボクも疲れたよ

 23日は帰宅するとハオは折りたたみ式のハウスに入っていました。ハウスの中でおしっこと糞をしたそうだったので、後から外に出しておしっこをさせました。その後、ハウスを拭いて消臭してから、届いたスノコを敷こうとしたらサイズが違っていました。返品できないかサイトを見てみましたが、バリケンそのものは交換できるが、これはできないようでした。
 同時に届いたジークの乳酸菌daワンは明日から与えることにしました。


 24日には、これまで別々にハウスから出していた2匹を自由にさせていたら、ジークはハオに興味を示していましたが特に嫌っている様子はありませんでした。ハオもジークを特に嫌っているようではないので、まずはうまくいっているようでした。
 今週は先生がチョビとドラゴンハットに行っているので練習がないので昼間に時々ハオを家の周りで遊ばせました。


(家の周りは土なので走りやすいですの

 この日午後4時からジークを連れてあゆとも動物病院に行きました。相変わらず患畜が多く、1時間ほど待たされました。
 朝した糞を持って行き、検査してもらうと、先生から鉤虫という虫の卵が出たと言われました。このため虫下しを掛けることになりました。また、睾丸の他に両前足の間が赤くなっているのでそれも見てもらうと、炎症を起こしているので、抗生物質を再度与えて、ステロイドも量を増やすことになりました。この時の体重は34Kgちょうどでした。


 27日は11時にあゆとも動物病院にハオを連れて行き、糞を診てもらいました。特に虫はいないようでしたが、虫歯のように見えたところを聞いてみると、歯が欠けているそうでした。何か固い物を噛んだときになったのでしょうが、歯髄まで達していて、腫れなどが出てくるようなら抜歯する必要があるそうでした。

 2時からジークとハオを連れてワンダフルライフに行き訓練を受けました。今日は、ハオをしつけ教室に参加させました。ジークはおしっこと糞をさせてからバリケンに入れておきました。


(しつけ教室で練習中ですの )

 3時半にしつけ教室が終わった後、ハオを放して他の犬と遊ばせました。その後、ジークを外に出し、タッチ障害の練習をした後、ハウスに入れて、クマとスカイの練習が終わるのを待ちました。



 その後、先生にハオのトイレのしつけについて聞いて、人前ではなかなかしないので、外に出して放っておくのが良いとアドバイスを受けました。また、ハオはこれまで人工芝のところでしていたので、家でも人工芝を敷いてみることにしました。
 その後、ハオを連れて高速道の周りを一回りして、帰りがけにナフコに寄って人工芝を半畳分買って家に帰りました。

 家に帰った後、ジークに餌を与えてから、ハオを外に出すとおしっこをしました。その後、ハオに餌を与えてから外に出すと糞をしましたが人工芝の上ではしていませんでした。

 29日には、ハオが相変わらずキャンキャン言って左前足を舐めながらくるくる回るのを止めないので、体がかゆいのかと思い、風呂場で洗いました。その後、タオルで拭いてから乾かしました。

 31日には、ジークに餌を与えた後、ハオを外に出しておしっこをさせた時、ハオにフィラリアの予防薬をエビオスと一緒に飲ませました。
 その後、天気が良いのでハオのハウスを洗いました。乾くまで折りたたみ式のハウスに入れておきました。
 4時からジークとハオを連れてあゆとも動物病院に行きました。4時ちょうどに着いたにも関わらず先客が5組もいました。2匹の糞を持って行き、検査してもらいましたが、どちらも問題ありませんでした。その後、ジークを診察することになり、体重を量ると33Kgちょうどでした。先週と比べて1Kgほど減っていました。糞の状態も良いので、ステロイドを2日に1回2錠投与にしてみることにした。また、ジークとハオに念のために駆虫薬を与えることにして、ハオは駆虫薬のみをもらい、ジークは6月分のフィラリアの薬をおやつタイプで、駆虫効果も入ったものにすることにしました。
 家に帰ると5時を過ぎていたので、2匹に餌を与えてから、外に出しおしっこをさせました。ハオは糞もしました。

 家に帰った後、ブリーダーのIさんから電話があったことに気づき、電話するとハオのことでした。ハオの取引契約などをする必要があるそうでした。


 こうして、5月も終わりました。ジークの下痢もこの頃には、症状が出なくなりました。糞に寄生虫が見つかりましたが、それが原因ではないようで、後から思うに、冬の間、寒かったので内臓が冷えて下痢を起こしたのではないかと思われました。このため、この後は夜にハウスに入れるのを止めて自由にさせることにしたら、下痢はおこさなくなりました。


 諸般の事情で、だいぶジークのことを書くのが遅れていますが、ヒルダの時の反省からジークのことについては最後まで書き残していくつもりです。

コメント