shawtの「今日の一枚」

毎日一枚の写真付きで記憶の片隅を書き散らします。

春暁の欅林 その 2

2024-04-24 05:35:26 | 風景写真

 信玄堤の欅林も点在する桜の花も終わり、緑の濃い新緑を迎えるばかりです。
 並行してい堤防を走る県道も、これまでは樹の間越に車が散見できてのですが、今の
時期になると欅の葉も完全に芽吹き、樹木の葉で外界を遮断するほどになりました。
 そんな欅林の遊歩道をランニングする人を何人も見かけ、日射しを遮ってくれるフィ
ントチットを教示しているのかもしれません。
 歩いたり、走ったりした後の汗ばむ肌を、隣を流れる「釜無川」の川風が欅林を通っ
て爽やかに吹き込み、ほっとした心地よい気持ちになり、欅林に感謝です。
 こんな素敵な環境をこれから半年近く保ってくれると思うと、また訪れたいと思いま
すが、今日も欅林に感謝し歩くことが出来ました。

2024年4月24日
甲斐市龍王・信玄堤にて

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春暁の公園寸景 その 2

2024-04-23 05:40:25 | 風景写真

 何時もお世話になっている公園もすべての桜が葉桜となり、華やかな雰囲気も消えて
寂しい限りです。
 でも、葉桜越しに富士山が見えることもあり、そんな気はラッキーと言った嬉しさが
こみ上げてきます。
 公園の芝生広場ではグランドゴルフを楽しむ人や趣味の模型飛行機を飛ばに来る人も
あり、平日は大人の楽しみの場になっています。
 富士山に見守られてグランドゴルフを楽しむなんて、時折公園を訪れる人からすると
、羨ましい人達だなーと思われますが、本当に幸せな人たちです。
 5合目め以上に雪を頂いた富士山、毎日見ている人達にとっては関心が薄いのかもし
れませんが、時折訪れる人には多いに感激する神聖な富士山だと思います。
 富士山に感謝 !

2024年4月23日
甲斐市龍王・赤坂台総合公園にて

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4月の山上湖風情 その 6 

2024-04-22 05:35:15 | 風景写真

 4月も後半に入り、甲府盆地では桜情報から桃の花情報干支変わってきましたが、山
の中の小さな湖「矢木羽湖」は「桜の花筏」も見られなくなり、新緑を待つばかりで
す。
 そんな事か湖を訪れる人もぐんと減り、時折見かける程度で、元の静寂さを取り戻し
ました。
 好天が続くと富士山が望遠できる場所があるのですが、残念ながら4月に入ってから
は滅多に顔を出してくれません。
 未練がましいのですが、湖畔を1周し「桜春」を探し求めましたが、季節はどんどん
進んでいるようで、満開の頃の桜に感謝し湖を後にしました。

2024年4月22日
甲斐市牛句・矢木羽湖にて

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

釜無川の双田橋付近風景

2024-04-21 05:40:37 | 風景写真

 暴れ川の釜無川と御勅使川が合流する付近は、往年の武田信玄の時代から川が氾濫し
、地域住民を困窮に陥れていた。
 そんな事から、戦国武将の信玄は両河川が合流する部分を含めて、堤防を強化し背後
に欅(けやき)を植林し、洪水を防止することに腐心し民の心に寄り添いました。
 現在は近代土木工学により往年の面影は薄らぎ、決壊は考えられませんが、先祖が知
力を掛けた施設が風景として、「双田橋付近」から眺めることが出来ます。
 好天に恵まれると背後に富士山をも望遠でき、景勝地として地元民から薦められる場
所です。
 歴史と現在が融合した風景からは、過去の面影はくみ取れませんが、風景として残っ
ていることに意義があるのかもしれません。

2024年4月21日
甲斐市下今井・双田橋付近にて

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「藤の花」が咲き始めました

2024-04-20 05:34:43 | 風景写真

 信玄堤の欅林の中には小川が流れていますが、小川の途中に「源氏ホタル」の幼虫を
保護している水場があり、水場のテラスには「パーゴラとベンチ」が作られています。
 普段ですと遊歩道を歩いて疲れた時の休憩場所にもなっており、パゴラは「藤棚」を
兼ねており、今の時期、紫色の藤の花が可憐に咲き風に揺れています。
 この水場も藤の花の今の時期と、夏場の暑さから適度な日陰が作られることから賑わ
いを見せてくれる場所ですが、本格的な春の訪れを教えてくれる藤の花の淡い紫色に郷
愁を感じます。
 初夏になるとこの水場にホタルの淡い光が舞う幻想的な情景に期待するばかりです。

2024年4月20日
甲斐市龍王・信玄堤にて

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする