澤田商店 青畳のブログ

きれい・たたみ
きれい・ふすま

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

押し詰まってまいりました

2021年11月24日 | 日記
新型コロナウイルスの感染者がずいぶん減りました。

こんなに減ると、ちょっと油断していまいますね。次の波が来ないことを祈るばかりです。

神農祭へ行ってきました。

今年も出店は無く、大好きな焼きギンナン買えなくてがっかり。

近づくにつれ賑やかなお囃子が聞こえてきたのは、地車講じゃありませんか。

お祭り好きの血が騒ぎます。

龍踊りも絶え間なく続いて、出店のない寂しいお祭りを盛り上げていました。

夏のお祭りと冬のお祭りのコラボレーション、不思議な光景でした。

御堂筋のライトアップと寅の提灯との共演も始めてかも?


    

    

    

    

    

    

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

桜!

2021年03月30日 | 日記
日曜日に大阪城公園へ所用で行ってきました。

あいにくの雨でしたが、そんなに降っていなかったので桜も見てきました。

大阪城ホールで催しがあったようで駅の周りは人が多かったですが、その他は

空いていたし、桜も見ごろで美しかったです。

    

    

    
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

変わりゆく町の風景

2021年03月09日 | 日記
右側は本町通、手前は大阪市立靭幼稚園




本町通に面した、わが社の目の前にあって私が生まれたころ既に建っていたこの建物が無くなります。
築後60年以上経っていることになりますね。
こちらは天理教飾大分教会とURの信濃橋団地が同じ敷地内に建っています。
建て替えに伴って天理教さんも3年間移転されるとのこと。



小さなときにこの公団に住んでいるお友達の家に遊びに行ったとき、その頃見たこともなかった
洋式トイレの使い方がわからず、立ち尽くしたこともありました。
入り口の坂や階段で誰にも叱られることもなく跳んだり跳ねたり走ったりして散々遊んだものです。
毎日考えることは、どこで何して遊ぶか・・気楽な楽しい宝物のような日々でした。
そのときいつも傍に建っていたこの団地・・。

見慣れたこの建物が無くなり、景色が変わってしまうのは寂しいですが、諸行無常です。
新しいきれいな建物ができるのですから楽しみに待つことに致しましょう。

そして建物の取り壊しに伴って、敷地に設けられていた「大塩平八郎終焉の地」の石碑も靭公園内に
移設されています。

もともとここにありましたが


東公園の中央南側、遊具の広場の近くに移りました


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新春

2021年01月06日 | 日記
明けましておめでとうございます

    

令和三年になりました。
コロナに振り回された令和二年に引き続き、今年もまだまだコロナの話題ばかりです。
大阪も良いニュースは無く、毎日テレビや新聞を見てはイライラしてしまいます。

しかし明けない夜は無い。
きっとワクチンが騒動を収めてくれると信じて前向きに進んで行きましょう。

と言うことで、本年も頑張りますので宜しくお願い申し上げます。

令和三年一月



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

創業240周年

2020年12月17日 | 日記
12月に入り、バタバタしています。
年明け納期のお仕事を結構多く受注していまして、お正月ものんびりしてる場合じゃない感じになっております。
ありがたいことです。

澤田商店は天明元年(1781)に創業と伝わっておりますので今年が丁度240年目に当たります。
240年と言うことは創業年が丑年、そして今年は子年。
干支は20週目、4回目の還暦です。
本来ならば何か記念の行事を催してお世話になった皆様や社員に感謝の気持ちをお伝えしたいところですが、
いろいろ考えましたがコロナ禍と言うこともあり、これと言った事を思いつかず・・・
とうとう240年目は過ぎて行こうとしています。
令和3年、澤田商店にとって21回目の丑年は新たな一歩を踏み出す年として何か思いを残すことをしたいものです。
ちょうど姫路の文化財の仕事を仕上げる年に当たっておりますので、シンボル的なプロジェクトとしてまずはこれを
必ず成功させたいです。

畳屋という職業、これから先どうなって行くのか想像してみますがあまり良い未来像は見えません。
仕事量のこと、職人さんの減少のこと、今まで通りには行かなくなってくると思いますが、その中でどのように
進んで行くべきかしっかり考えて行きたいと考えています。

とにかく今は新型コロナウイルスに負けず、しっかり仕事ができる環境を整えて参ります。

    11月23日、コロナ禍で出店が無かった神農さん
    

    御鎮座240年!1780年の創建だそうで、うちと1つ違いじゃないですか。
    

    無病息災
    



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋の香り

2020年10月16日 | 日記
住宅の空家工事の現場の植え込みで金木犀が陽の光を浴びて咲き誇り、

あたり一面に香りが漂っていました。

    

    

昔、家の近所では見かけなかったので、この花の事を知ったのは大学生の時でした。

昼下がりに郊外の住宅地を歩いているとどこからか石鹸のような良い香りが・・。

こんな時間にだれかお風呂に入ってるのかな?と不思議に思ったことを思い出します。

匂いの元を辿って、目立たない小さな花からこんな強い匂いが!と分かって驚きました。


その数年後に祖父が亡くなったのですが、ちょうど10月半ば、喪服を着て歩いていると

ふと感じた金木犀の香り。

悲しみが柔らかな香りで癒されるようでした。


2枚の写真は色が全く違うように見えますが、同じ木なんです。

光の当たり具合いが違うとこんなに色が違って見えるんですね。

たわわに花が付いた立派な金木犀。うちのマンションに植えられているのと同じ木とは

とても思えませんでした😓


急に寒くなって参りましたので、皆様お気をつけてお過ごしくださいね。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

静かな秋

2020年09月23日 | 日記
暑かった夏は案外さっと過ぎ去り、朝夕めっきり涼しくなってきました。

まだまだ先と思っていたシルバーウィークの4連休も終わってしまいました。

お墓参り、義母と久しぶりに会えて元気そうな姿に安心。92才ですが足腰が誰よりも丈夫、御仕舞も続けていて

旅行だって一人でどこでも行ってしまいます。

リーガロイヤルホテル内の吉兆でお昼を食べて解散。

敬老の日なのでこちらが出すのが当たり前なのですが、そうするとまた気を遣わせてしまうのでいつも

ご馳走になってしまいます。

   嬉しい驚き
   
   
   お酒には菊の花びら
   
  
   間違いのない美味しさ
   



あと3日ある休みを家でごろごろしているのももったいないので、日曜日は友人を誘って京都に行ってきました。

あまり人がいなくて、行ったことがないところ・・そういえば、横は通るけど中に入ったことないかも!

と言うことで東寺に行くことに決めました。

京都の人出はだいぶ戻ってきたらしいのですが、東寺は予想通り人は程よく少なくて、落ち着いた雰囲気の中、

金堂、講堂、宝物館、御影堂をゆっくり拝観できて、とても良かったです。

「かつて司馬遼太郎は京都の寺院を歩くには平安最古の遺構である東寺の境内を出発点とするのがふさわしく、

古い形式の住宅建築である御影堂を見たのちに他の場所に移っていくのが京都への礼儀であると書いている」

との立札を読み、この年まで生きてきて、そういう事まったく知らなかったな・・と己の無知を思い知りました。

弘法市は新型コロナのせいで今月も中止だそうです。再開したら一度は行ってみたいけれど、人も多いのでしょうね。


   南大門
   
  
   五重塔を見上げて
    

   

   金堂
   

   御影堂
   

   不二桜
   
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寂しい夏祭り

2020年07月28日 | 日記
氏神様の坐摩神社の夏祭り。
今年はコロナのせいで陶器市も御神事太鼓も出店も無しです。
ひっそり静かな境内でした。
各地のお祭りも次々中止になってしまい、気分は落ち込む一方。
こんな事は今年だけにしてもらいたいものですが、来年はどうなっているでしょうね。

    いつもなら賑やかな音楽が聞こえてくるのに・・
    

    本殿
    

    陶器人形、今年は修理中の紙が貼ってありました。
    

    茶碗供養
    

    さぎ草。神社とゆかりの深い鷺は御神紋にもなっています。
    
    
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

梅雨入り

2020年06月12日 | 日記
梅雨入りです。
毎日雨・・今年はしっかり梅雨らしい梅雨になりました。

晴れ間を縫って銀行へお使いに行き、坐摩神社でお参りでもして帰ろうと
覗いたら今年も紫陽花が一杯飾られていました。
思わず、わーっと声が出てしまうくらい綺麗でした。

家内安全、無病息災、商売繁盛を祈って来ましたよ。
欲張りすぎですか。
    
    裏から入ったところ
    
    本殿
    
    社務所の前
    
    裏口への道
    

    
    裏口から陶器神社とお稲荷さんに向かう通路
    


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

仕事はNO自粛~

2020年05月18日 | 日記
新型コロナウイルスの影響で休日もどこにも行かず、自宅でゴロゴロするばかり。
足腰が弱りそうです。ていうかすっかり弱りました。。

お陰様で仕事は変わらず入って来ますので、毎日事務所に出ています。
母も家にじっとしているのは余計辛い・・と、止めるのも聞かずタクシー出勤して来るんです。
事務所の社員は自家用車で出勤、どこに行くのも車使用です。
現場はまったく三蜜とは無縁なので支障なく動けていますが、マスクと熱の計測は必須です。

大阪はまだ自粛解除ではないのですが、少しずつ出てくる人も増えている様子。
ちょっと怖いですね。
こちらはまだまだ気を抜かず気をつけて参りますよ。
なにしろ事務所は全員高齢者ですから(笑)

皆様も新型コロナウイルスに罹らず、うつさず、辛いけど負けずに頑張りましょう!

親戚の家の子ども部屋におり座を敷きました。
よちよちしだした赤ちゃんが転けても安心ですね。
色もデザインもすごく気に入ってもらいました。

    

    


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする