理想国家日本の条件 自立国家日本 日本の誇りを取り戻そう! 桜 咲久也

あまりマスコミで報道されないような
情報と日記です(^▽^)/

月の裏側を大川隆法総裁が遠隔透視 何があったのか?

2013年03月16日 20時59分40秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  

月の裏側を大川隆法総裁が遠隔透視 何があったのか?

  
 
2013.03.16 ザ・リバティWeb 転載。
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5742

 
月の裏側に宇宙人の基地がある!?
大川隆法総裁、37万キロの遠隔透視
 
 隠された人類史を明らかにする、大川隆法・幸福の科学総裁の霊言・リーディング
が、また一つ、「歴史的事件」を刻んだ。「ダークサイド・ムーン」と言われる
月の裏側を「遠隔透視」し、アメリカやロシアのトップシークレットを超える
「新事実」を次々と明らかにしたのだ。もはや、私たちは「すぐそこにいる宇宙人」
に目を背ける時代は終わった。新たな「宇宙時代」の幕開けの時を、生き証人
として迎えることになる。

全人類が驚愕するこのリーディングを、まずはあなた自身の「目」で確かめてほしい。
 

※遠隔透視とは、超能力、霊能力の一種で、その場にいながら、自らの霊体の
一部を遠方に飛ばし、対象の場所にまるでいるが如くに見ることができる能力。
大川隆法総裁の場合は、これまでもアメリカ・ネバダ州の「エリア51」の地下基地
や、中国ゴビ砂漠の秘密核基地や宇宙人基地などの遠隔透視に成功している。
この点においても人類史上最大の霊能力者であることが実証されている。
 
 
 ※大川隆法総裁による「ダークサイド・ムーンの遠隔透視」の映像は、
全国・全世界の幸福の科学の支部・精舎で3月16日から拝聴できます。
 
 

人類の「宇宙史」を塗り替える、驚愕の新事実とは?
 
「月の裏側に宇宙人の基地がある」
 
 そう聞いても、日本人の大半は「SFの世界の話だろう」とか
「よくあるトンデモ話」という反応を示すだろう。

だがそれは日本が「宇宙後進国」だという証拠だ。現に、世界中ですでに
「月の裏側」を映した動画や写真が出回っていて、その真偽が真剣に論じられて
いるのだ。
 
 だが、その日本の「後進性」をひっくり返す“大事件"が起きた。
 
 この3月13日、大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁が、人類史上最大
の霊能力を駆使して、渾身の「遠隔透視」を敢行。なんと37万キロも離れた
月の裏側を、地球にいながらにして透視し、つぶさにその様子を「実況中継」
するという、奇跡の公開リーディングを行ったのだ。
 
 その様子は、16日から全国の幸福の科学支部・精舎で映像として公開されている。

まさに今、人類の秘められた「真実」が明らかになる。世界中が驚愕する新事実
の連続に、アメリカやロシア、中国など宇宙人との関係を隠し続けてきた国々の
トップも、「宇宙時代への扉」を開く決断を早めることになるだろう。
 
 まずは、いったい「月の裏側」に何があるのか、これまで分かっている情報を
知ることから始めてみよう。
 
 
 
アポロの月面着陸には「秘密」があった!
 
 1969年7月20日。その日、人類は「宇宙時代」への大きな一歩を印した。
 
 世界中で6億人がテレビの前にクギ付けになった、アポロ11号の月面着陸である。

だが、この月面着陸の映像には不自然なところが多々あり、様々な憶測を呼んだ。
 
「UFOが映っているところをカットしている」とか、
「スタジオで撮影したのではないか」「実際は月に行っていないのではないか」
という疑惑まで出た。
 
 本誌「Xリポート」でおなじみで宇宙人・UFO情報に詳しい山口敏太郎氏は、
「実際に月には行っているが、予備としてスタジオに月のセットをつくって、
不都合なものが映った時にはスタジオに切り替えた」という説をとる。

「数年前、あるテレビ番組でそのことを話題にしたら、終了後、『その話題は
やらないでください』と言われました。スポンサーが外資系で圧力がかかった
んです。それだけ、この問題はタブーになっているんです」と山口氏は言う。
 
 
 では、アポロ11号の乗組員が見た「不都合なもの」とは何だったのか?
 
 NASA(アメリカ航空宇宙局)はこの件について「ノーコメント」を繰り返している。

だが、10年後、当時NASAと契約していた科学者が「アポロ着陸船があるクレーター
に着陸したとき、2機の異星船が現れたんだ」と証言した
(米ナショナル・エンクアイラー紙 1979年9月11日号)。
 
 また、NASAの科学者オットー・バインダーは地上のセンターとアポロ11号との
交信記録中に抹殺された重要な部分があると述べている。

それはアームストロング船長の次のような言葉だ。
 
「巨大な物体(複数) が見えるぞ。ああ、信じられないほどだ! 別な宇宙船群が
いるんだ。クレーターの向こう側のふちに並んでいる。
月面上にいて、我々を見ているぞ!」
 
しかしこの驚異的な報告は一般には流されなかった。NASAは2人の宇宙飛行士に
「目撃した体験を忘れ、何事もなかったことにせよ」と指令を発したという。
 
 
アポロ11号だけではない。その後もアポロ計画は続いたが、やはりその都度、
UFOや月面の様々な建造物について報告している。
 
 アポロ16号の飛行士デュークは、「ドーム群の向こう側に、構築物が峡谷の中
へ伸びており、頂上に伸びているのもある。峡谷の北東側の壁は輪郭が見えない。

北東の方にトンネル(複数)があり、北へ向かってそのトンネルが約30度下へ
曲がっている」と詳細にその様子を地球に報告している。
 
 アポロ計画は、1972年12月の17号で公式に打ち切られたとされている。

しかし、その後も20号まで秘密裏に月面に送っていたということを、2007年に
元宇宙飛行士と称する2人が発表し話題になった。彼らは19号と20号に乗り組んで
月の裏側を探査し、様々なものを発見したと語っている。
 
 
「月の裏側」に宇宙人の基地がある! 


写真1

写真2
 
 月の裏側には、いったい何があるのか。
 
 実は、地球から月の裏側は見ることができない。月は自転しないため、
いつも地球には片面だけしか見せていないからだ。

そのため、月の裏側を見るには宇宙船を飛ばすしかないのだ。
 
 アポロ計画の中でも、月の裏側についての探査はかなり重要視されたと
見られる。その多くはベールに包まれたままだが、インターネット上などで
様々な映像や写真が“流出"している。その中には作りものと思われるものも
あるが、信憑性が高いと思われるものも数多くある。
たとえば、次のような写真だ。
 
 写真(1)は、アポロ15号が、月の裏側のデルポート・クレーター付近で撮影した
宇宙船らしき物体。流線型の形をしており、自然の産物とは思えない。
 
 写真(2)は、アポロ20号が撮影したとされる、同じ宇宙船のアップ。
推定で1億5000万年も前のものと見られている
 
 さらに衝撃的なのが写真(3)だ。これはアポロ20号が発見した、月の裏側の
古代都市と見られる。2002年10月5日、ロシアの新聞「プラウダ」の公式サイトも、
「月面上に都市発見!」と題して、「NASAの専門家たちは、古代都市によく似た
一部破壊された建造物に、とくに興味を抱いている」と大々的に報じた。
 
 
写真3
 
写真4

写真5
 
 また、日本の月周回衛星「かぐや」が撮影した、月の裏側「モスクワの海」
の横に、人口の都市構造物と思われる一画が写っている(写真(4))。
これもまた宇宙人の基地なのだろうか。
 
 前出の山口氏は、この4枚について「信憑性がある」と言う。

ただし、「超古代のものだというのは、カムフラージュの可能性がある。
なぜなら宇宙人は時間を超越しているから。私たちの時間軸と違うので、
今もその都市に住んでいる可能性がある」と、さらに突っ込んだ解説を加える。
 
月の裏側には、まだまだ秘密があるようだ。
ツィオルコフスキー・クレーター(写真(5))は映像で青く見えるが、ここには
実際に水があると言われ、湖の中の火口島には地下に続く巨大なトンネルが
あると言われている。
 
 さらに透明なクリスタルのタワーや、ピラミッドもあるという情報もあり、
月の裏側はまさに「宇宙基地の宝庫」と言われている。
 
 
新たな「宇宙時代の扉」が開かれる
 
 NASAがこれまでを撮影した写真や映像は約14万枚にのぼるというが、世間に
公表されたのは約5千枚、3.5%に過ぎない。しかも発表された写真も修正されて
いるものが多数あり、宇宙人に関する情報は隠蔽し続けている。
 
 だが、40年間も隠し通せるはずはなく、数々の証言によって、月には宇宙人
が来ており、秘密基地まで造っていることが、次第に明らかになりつつある。
 
 それでもまだ、「作り話だ」と笑い飛ばす人はいるだろう。
 
 しかし、そのような人でも、今回、大川隆法総裁が敢行した
「ダークサイド・ムーンの遠隔透視」を見れば、そのリアリティのすごさに
感嘆するのは間違いない。
 
 大川隆法総裁は、「宇宙人基地があるのでは?」と疑惑のあった2つの地点、
「ツィオルコフスキー・クレーター」と「モスクワの海」の周辺に絞って
遠隔透視を行った。その結果、どちらでも驚くべき新事実が次々と発見された。

これは、NASAもロシアも中国もまだつかんでいないか隠している、新事実である。

そして、さらに驚くことに、「月にいる宇宙人の心」まで読み取り、
地球に対して何をしようとしているのかまで明らかにしたのだ。
 
 さらに今回の遠隔透視では、今年2月15日にロシア・チェリャビンスク州に
隕石が落下する際に、粉々に砕け散ったことについても、驚くべき「事実」が
明かされた。また、エイズやペストなど、大量の死者を出す病気が流行る「原因」
についても明らかになった。
 
 この遠隔透視リーディングは、もはや「宇宙人はいるか、いないか」のレベル
ではない。宇宙人にもさまざまな種類があり、地球人もまた、さまざまな宇宙人を
ルーツに持っていることを地球人に知らせ、「宇宙時代」を切り拓く大きな
ステップとなるだろう。あなたもまた、その「生き証人」の一人なのだ。


詳しい画像、詳細は・・・ザ・リバティWeb

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5742

 

 UFO2013 アポロ20号が撮影した月面古代都市

 

,


 .


コメント   この記事についてブログを書く
« 政府「消費税還元セール禁止... | トップ | 米、迎撃ミサイル14基を追... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リバティ 学園 幸福実現党 関連  」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事