桜さくらの平凡な日々

桜さくらの、のんびりしたお気楽な毎日を覗けます(^m^ )クスッ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

箱根湯本

2008年03月02日 21時35分57秒 | 旅の想い出
箱根湯本まで、ひとっ風呂浴びに行ってきました (。→∀←。)キャハ♡

温泉がメインなのでほとんど観光はしておりませんが、瀧を二つご紹介いたします




飛えん(ひえん)の瀧






玉簾(たまだれ)の瀧






延命の湧き水





【玉簾の湧き水】

伏流水が岩盤より湧き出して、幾筋もの白糸となって落下する優美なその様子を、昔の人は水晶でこしらえた玉すだれにたとえて瀧の名としたのです。
口に含むと、柔らかくまあるい感じのする玉簾の湧き水は、体にやさしい弱アルカリ性を保ち、バランスよくミネラル成分を含んでいます。
大切な体内酵素の働きを高めて細胞を若々しく保つお手伝いをするのです。
古くから延命水として尊ばれてきた玉簾の湧き水の力を、現代の最先端をゆく科学的分析が立証しています。





ガーン!( ̄□ ̄;)!!ゴーン!(; ̄□ ̄;)!!ギーン!(; ̄□ ̄;)!

ブログ用の写真撮影に気をとられ、この水を飲むのを忘れてしまったーー!!

ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック

細胞を若々しくしてくるのを忘れるなんて~~~~

(┯_┯) ウルルルルル


ま・・・いっか

また行けば・・・・・(^O^)きゃはは



最後に、帰り道小田原厚木道路を走っている車のなかからパチリ

フェンスが邪魔だけど~~(^^;




コメント (4)

二人旅

2007年08月01日 23時26分20秒 | 旅の想い出
主人と那須へ二人旅 (#^.^#) エヘッ

梅雨明け前で霧雨に煙る那須・塩原でした
 


この写真は「スープ入り焼きそば」で有名な【釜彦】さんから車で2~3分のところ

詳しくはラーメン???でどーぞ(笑)

お天気は悪かったけど、なんとか傘いらずですみました

緑が洗われて生き生きとしていました

足湯
七つ岩吊橋の入り口に、無料の足湯があります

前から狙っていた場所のひとつ♪

塩原温泉には、ここ数年、無料の足湯が何箇所かできました

そのうちのひとつなのです

無料・・・っていうのが好き

モデルの見苦しいあんよはご容赦のほど・・・
霧雨の那須の道
以前、一度登った茶臼・・・

お天気が良ければもう一度トライって思って、今回は登山用の?スティックまで持っていったんだけど、やはりこの天気

登っても霧の中でしょ・・・・・・(-ω-) ボソッ

登ると言ったって、途中までロープウェイでいけるから楽チンなんだけどね((^┰^))ゞ テヘヘ
喫茶店
那須高原というと、若い観光客が多いのかしら?

お洒落なお店が多い

お洒落な外観に引き寄せられるように入った喫茶店

写真はエントランスだけど、ここをまっすぐいって入り口が見えます

店内も大人のσ(^_^)アタシたちにぴったりの?お洒落だけど落ち着いている雰囲気

寒かったんだけど足湯の後だったので、デッキ(写真じゃ見えないけど)で紅茶とケーキをいただきました

お店の人が寒くありませんか?とひざ掛けを持ってきてくださいました

目の前は木・木・木

鳥が歌っています

("▽"*) イヤン♪ サイコー♪

美味しいケーキと紅茶で、まったりとした時間を過ごしました(*^^*)

露天風呂
そしてホテルの露天風呂はこんな感じ・・・

いいでしょ?

あ・・・これは男湯ですけど

もちろん、σ(^_^)アタシが撮影したわけではありませんよ~(笑)

男湯に誰も居なくなるのを待って、主人が撮りました

おかげさまで長湯だった~~ _( _ _)ノ))☆ばんばん

女湯とは少しだけ風景が違うわ

女湯の写真はありませんが ^^;

ホテルの部屋にて
順番、ばらばらになっちゃったけど、ホテルの部屋からの写真♪

チェックインしたとき、外はこんな感じ

霧雨で煙っていました

なんだかちょっと幻想的で、この非日常的な雰囲気に思わずパチリ

霞んでいるけど、向こう側にはホテルの別棟があり、右に下っていくとコテージもあります


到着したその日は、外へ食事に出ました

皇太子ご家族もいらしたことのあるイタリアンレストラン

決してお高いお店ではないの

ってか、庶民的?(笑)
あ・・・ごめん!写真は撮らなかった~

塩原関谷店へは何度か行ったことがあるんだけど、那須本店へは初めてでした

那須本店へ皇太子ご家族がいらっしゃったのです

前、混んでて入るの諦めた・・・・・・(-ω-) ボソッ

そのときは隣のパン工房ベル・フルールでパンをいただきました

これまた美味しかったよ~

美味しいランチ♪
あ~~、それでこの写真のランチは、那須ショッピングセンターの寿々木商店のランチ♪

これまた有名店で、やはりTVで何度か取り上げられています

11時開店で、確か数に限りがあるって聞いていたので、その日の朝ごはんは少なめに食べて(笑)、11時前には現場へ行こうと思っていたのですが、リラックスモードに入っていたため、到着したのは11時を廻っていました

すでに駐車スペース無し

なんとか車を停めてレストランへ入るとすでに満席

はい、待ちました

そして食べたのが、この「サイコロステーキ」1000円也!

すごくすごくすご~~く美味しかったーーー!!

このお店はお肉にこだわっています

今日の牛肉の素性が、ちゃんと貼り出されていました(笑)

あのね、お肉が美味しいの

絶対にお薦めよ

(゜-、゜)ジュル
今回は、食べ歩きの旅にすると決めていました(笑)

皇太子ご家族が来たというレストラン・寿々木商店のサイコロステーキ・釜彦さんのスープ入り焼きそば・・・

喫茶店は上の写真のお店と、このケーキの写真のお店

二件とも大正解

そして、ホテルも綺麗でゆっくりとくつろげました

 



最後の写真は、庭の一部です

お天気の日に、ここを散歩しました

散歩道の途中に足湯もあったな~

いつも私の両親と一緒の旅・・・

主人にしてみれば、う~~んと羽を伸ばせた旅だったようです

もちろんσ(^_^)アタシも大満足だし満腹

なので、頑張ってアップしてみました ((^┰^))ゞ テヘヘ


コメント (8)

上高地ウォーキング

2006年11月02日 23時00分18秒 | 旅の想い出
明神二之池
先月、上高地ウォーキングへ行ってまいりました

国民休暇村を利用しました

国民休暇村はよく利用しています

今回の利用は、「乗鞍高原」です

【秋の乗鞍高原散策と上高地ガイドウォーク】というプランです

二泊四食でお弁当付き、一人25000円♪

そして、上高地まで送り迎えしてくれて、明神池を散策するコース約7キロをガイド付きで一日過ごせます

お得じゃありませんか!?(笑)

上高地は、一般車の規制があるので足をどうするかが問題となります

バスかタクシーを利用することになりますが、ホテルから観光地まで送り迎えしてもらえるなんて、楽チン♪

おまけにガイド付き!

素晴らしい風景を見て歩くだけでも大満足ではありますが、案内をしてもらえると、知らなかったことなど教えてもらえて、楽しさ倍増♪

クリックしてね
前回訪れたときは、大正池を散策しました

上高地は何度訪れても素晴らしい~!!

今回はお天気にも恵まれて、良い想い出となりました

最初の写真は「明神池二之池」

お弁当はクリックしてみて(笑)

わかりずらいかもしれないけど、かき揚げや卵焼き、焼き魚、煮物、漬物などが入った想像以上に豪華(笑)なお弁当でした(*^^*)

下の写真はポイントしてみて♪

小さい写真をポイントすると大きくなります

写真の簡単な説明もポイントすると見られます

そして、一番最初の写真に戻るには、大きな写真をクリックしてみてね

 上 高 地 
<河童橋
<木立が美しい<木道を歩く人・人・人<岳沢の紅葉<豊かな流れ<上高地の紅葉「黄」<上高地の紅葉「赤」



コメント (16)

河津桜

2006年03月28日 23時16分08秒 | 旅の想い出
  


久し振りのアップです ^^;

三月上旬に伊豆へ行って来ました

宿泊は熱海(錦ヶ浦)でしたが、河津桜を見に行きました

濃いピンクが、見慣れているソメイヨシノとはまるで違う桜でした

宿泊したホテル
例によって私の両親と行った旅行です

今回のホテルは結構有名なので、みなさん、よくご存知だと思います

テレビのCMではすごく素敵な画像が流れますけど、私の腕前ではこんな写真が精一杯です (^^;

以前、錦ヶ浦を通りかかったとき、景色の素晴らしさに惹かれ、なんとか車を置くところを見つけて、少し休んだことがありました

ホテルの庭
そのとき、休んだところってト・イ・レなんですけどね(笑)

記憶では、確か遊歩道の途中にあるレストランの横にトイレがあったの

そのトイレがすごかった!
女性トイレの入り口から入って、個室へ・・・
(゜ロ゜) ヒョオォォ!
なんと!そこは!!
・・・・・・・・
その個室は前面ガラス張り!!!

お庭からの景色
(*・0・*) ワオ

でもご安心を・・・

ガラスの向こうに広がるのはただただ海なのです

イメージ的には二枚目の写真かな?

二枚目の写真は展望台が映っていますが、そこから見える景色に近かったです

庭にはこんな場所も・・・
その印象はあまりにも強烈でした

そこからの景色が素晴らしかったのです

いつかまた来たいものだと思いながら、何度もここを素通りしていました(笑)

今回、錦ヶ浦のホテルに宿泊することになり、またここをゆっくりと散策できることとなりました

以前から、このトイレの話は両親にも話していたので、父は早速トイレを使ってみたそうです(笑)

以前はトイレだけでしたが、今回はゆっくりと散策できました



 写真をポイントすると、かんたんな説明が出ます 



さて、肝心の河津桜ですが・・・

お天気がいまひとつでした

ま~、それを言い訳にしているようですが写真は最初のと最後のだけでご勘弁を


クリックしてね


コメント (17)   トラックバック (2)

 * 雪 * ゆき *

2005年12月15日 23時05分34秒 | 旅の想い出



大雪!
地元の人には当たり前の風景?
私はびっくりだーー!!
でも、この写真を撮ったときは晴れて雪は少なかった・・・
もっともっとすごい雪だったんだよ


びっくりしないでね
忙中閑あり??
( ̄~ ̄;) ウーン
そんな暇はないだろー・・・って思いつつ、温泉へ行ってきました
新潟県だったので、一応雪の準備はしていきました
タイヤを履き替えたりね
それでも、近年には珍しいほどの雪でした
旅館の方も、「一月くらいの雪ですよ」

今回は、テレビでもよく紹介される宿でした
ご存知の方もいらっしゃるかも・・・
門をくぐるとまず焼き芋が差し出され(笑)、玄関を入るとみかんだの柿だのりんごだのちまきだのが置いてあって、自由に食べていいの
左手に囲炉裏があって、そこに↑の熊さんが寝てて(笑)、横におにぎりと味噌、かき餅がおいてあって、自分で焼いて食べられるようになっているの
露天風呂の入り口には甘酒と味噌田楽がおいてあり、これも自由にいただける
雪の中、露天風呂への通路にはアイスキャンディーが入っている冷凍庫がおいてある!
六種類くらいのキャンディー、食べ放題!
どれもこれも食べたかったけど、絶対に無理!!
雪国の長靴!(笑)

絶対に無理・・・なんていいながら、実は食べたんでしょ?って思ってるでしょ(笑)
はい・・・食べました _( _ _)ノ))☆ばんばん
まず、焼き芋を差し出されたのでそれは断れないでしょ?
細くて小さめの焼き芋だったの
やはり食べ物が豊富においてあるので、お腹の入り具合を考えてのことかしら?(笑)
それを主人と半分ずつ食べました
それからね、温泉に入る前に味噌田楽を一口・・・m( ̄○ ̄)mアーン♪
一口よ、本当に(笑)
だって、夕飯がはいらなくなっちゃったら嫌だもん ((^┰^))ゞ テヘヘ
・・・・・・・・・・・・・・・・
でも、夕飯の後に、りんごとみかんを食べました
げらげら o(^▽^)o げらげら

なんといってもここで一番好きなのが温泉
特に露天風呂はσ(^_^)アタシ好みなの 
初めての体験でした
雪を見ながらの温泉・・・
これ、はまってしまいそう~~



皆様も、ひと時の温泉気分を味わってくださいね





コメント (18)

埼玉の旅 5/30

2005年06月09日 22時58分11秒 | 旅の想い出

 
最終日は、川越によってみることにしました

そしてこれは(↓)「菓子屋横丁」で買った、お土産~♪






下の写真は、ポイントすると簡単な説明が出ます
また、クリックすると大きくなります


埼玉りそな銀行川越支店(国の登録有形文化財) いかにも小江戸って感じです 「蔵の町」の雰囲気がいいでしょ? 「時の鐘」400年近く昔からの川越のシンボル



菓子屋横丁 帰りの日は、川越に寄ることにしました

小江戸と呼ばれる町は日本にどのくらいあるのでしょうか?

不勉強の私は、よく知りません (^^;

小京都は、全国にたくさんあるようですけれどね




川越の土蔵造りの店舗は、いわゆる「蔵造り」として有名です

蔵造りは類焼を防ぐための巧妙な耐火建築で、江戸の町家形式として発達したものです

一番街の通りに面して立ち並ぶ蔵造りの町並みは、
今の東京では見ることができない江戸の佇まいを彷彿とさせてくれます



 



さつまいもの粉を20%練りこんだうどんをお昼にいただきました

なぜかお蕎麦のような色に見えます (^^;

反対側にさつまいものキンツバのお店があったのですが残念なことに定休日(涙)

食事をしている間に、雨脚が強くなってきてしまい、
腹ごしらえをしたところで帰途につくことにしました 








***追記***


今回宿泊したホテルです

お部屋はちょっと狭かったけど、なかなかd(⌒ー⌒) グッ!!


クリックしてね   クリックしてね


宿泊割引券を四枚いただいて帰ってきました

7月31日までで、一枚で二名様まで宿泊できます

ご希望の方は、メールでご連絡ください

その際、掲示板に書き込んでくださいね

お送りいたしますよ (^_-)vブイブイッ

ちなみに私は、この割引価格より少しだけ安く宿泊いたしました ((^┰^))ゞ テヘヘ

それじゃあ誰も、欲しくはないか _( _ _)ノ))☆ばんばん





コメント (26)

埼玉の旅 5/29

2005年06月04日 23時24分22秒 | 旅の想い出

実家の両親とは、よく温泉へ行きます

両親とも温泉が大好きなのです

もちろん、私たち夫婦も同様・・・

でも、母は歩くことが大好きだったのに、腰と膝が悪くて思うように歩けません

父も、命にかかわる大病を二つもしたせいでしょうか?あまり動こうとしません

二泊三日の旅行ではいつも、二日目は私たち夫婦だけで出かけて、両親は宿で温泉三昧・・・
ということがほとんどです (^^;

ところが今回の旅行は、少しばかり様子が違っていました、一日目も少し歩いたし・・・

二日目は始めから森林公園へ行くということになっていたのですが、母は、「歩けないけど自転車なら乗れる」(笑)というのです

それでは父を置いて、三人で行くことになるだろうと思っていたら、二日目の朝、父も出かけるといいます

ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

うれしかった~



宿を出て、コンビニでおにぎりを買って、森林公園へ向かいました

お天気も上々

さすがに母は、杖を持っていましたが(汗)、中央口からサイクリングセンターまで、ゆっくりと歩いていきました

森林公園はサイクリングロードが整備されていて、しかも一方通行

ゆるい坂道はありますが、緑やお花がいっぱいの景色を見ながら気持ちよく走り出しました

途中ハーブガーデンによったり(チーチャンとニアミスしたところ)、花木見本園奥カモミール花畑に立ち寄ったり、時々自転車を止めて散歩もしました

ただし、散歩が出来たのは私と主人だけ 

両親は自転車を降りると休憩でしたから (^^;

ほぼ満開の100万本のカモミール畑では、ハーブティーを無料で配っていて、一息つきました

それなのに、カモミール畑の写真がない! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

((^┰^))ゞ テヘヘ

とにかく広すぎて、だいたいどの辺を走ったか・・・くらいしかわかりませんです、ハイ

それでも青空の下で食べるおにぎりは格別で、なにより両親と一緒に楽しめたのがとても嬉しかったのでした

 

クリックしてね  クリックしてね  クリックしてね  クリックしてね

クリックしてね  クリックしてね  クリックしてね

クリックしてね  クリックしてね  クリックしてね  クリックしてね

クリックしてね  クリックしてね  クリックしてね



森林公園内で撮った写真です

クリックすると大きな写真になります

お時間のあるときにでもユックリ見てくださいね




主人に、自転車に乗った写真がないじゃないって、言われちゃいました

( ̄□ ̄;)ガーン

そう言えばそうだわ ・・……(-。-) ボソッ

失敗失敗!

私は自転車に乗っている両親ばかり気になっていたのですが、

主人は、自転車に乗っている写真を撮ってあげればよかったのに・・・ですって
 





つづく・・・・・ かも(笑)





コメント (23)

埼玉の旅 5/28 その2

2005年06月03日 15時29分50秒 | 旅の想い出

埼玉古墳群 (さきたま こふんぐん)


 
埼玉古墳群には、5世紀後半~7世紀前半に造られた、9基の大型古墳が現存します

古墳の形式は、丸墓山古墳(日本最大の円墳)を除き、前方後円墳です

埼玉県には全長が100mを超える古墳は8基現存しますが、そのうちの5基が埼玉古墳群にあります

埼玉古墳群の広さは、日本で一番面積の小さい市、埼玉県蕨市の約1/15に相当します

埼玉古墳群一帯をさきたま風土記の丘と呼ぶようです


「金錯銘鉄剣(国宝)」の出土で一躍有名になった埼玉古墳群

大規模古墳が並ぶ様子は、関東ではなかなか見られない貴重な景色です

さきたま風土記の丘には、県立さきたま資料館と将軍山古墳展示館があり、

資料を見ることができるほか、移築民家の展示などもあります








★写真はポイントすると、簡単な説明がでます


キヤッセ羽生から、ほどなく埼玉古墳群へと来ることができました

埼玉古墳群は、当初から観光の予定に入っていたのですが、キヤッセ羽生は予定外(笑)

すでに両親(特に母)は、疲れを見せています

埼玉古墳群は古墳自体が大きいことはもちろんですが、
それが点在しているのですからとても広いのです

今回は古墳ふたつをまわりました



稲荷山古墳

稲荷山古墳


前方後円墳

埼玉古墳群で一番古い(5世紀後半から6世紀) 

周濠は長方形で二重

前方部と内堀は復元

主軸長 120m  後円部:径 62m、高さ 11.7m  前方部:幅 74m、高さ 10.7m(推定)

名称は後円部に稲荷社があったことに由来します

後円部からは文字の刻まれた鉄剣(国宝)が出土しました

冬に雪が積もると、何故か後円部のみ雪融けが早く、地元の人は不思議に思っていたとのこと

稲荷山古墳は昭和初期まで個人の所有地でした


金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)

さきたま資料館に展示されています
表面に古代国家の成立過程に関する115文字(漢字)が刻み込まれていました

内容は・・・
私の先祖は代々、親衛隊の長を務めてきた
私は雄略天皇に仕え、天下を治める補佐をした
471年7月に、これまでの功績を剣に刻んで記念とする


この鉄剣を作らせたヲワケという人物、熊本県江田船山古墳から出土した銀錯銘鉄剣との関係等、謎は多い



稲荷山古墳


↑の写真は少し高いところからみた稲荷山古墳

前方後円墳の形、こちらだとわかりやすいと思います

見ての通り、稲荷山古墳の上に、登っていけるんですよね

母はリタイア

主人と父と三人で稲荷山古墳に登ってみました

やはり高いところは景色がいい(笑)

将軍山古墳

隣の将軍山古墳が見えました

こちらからは見ることが出来ませんが、
この古墳の後円部が展示館になっていて、古墳の中を覗けるそうです

見たかった~~~~(^^;









稲荷山古墳は前方部から登り、後円部から降りると左手に丸墓山古墳が大きく目の前に見えます


丸墓山古墳

丸墓山古墳


直径105mは日本最大級の円墳です

約19mの頂上からの眺望が素晴らしいです

現存する他の古墳がすべて前方後円墳であるのに対し、この丸墓山古墳だけが円墳なのはなぜなのでしょうか?

6世紀前半に築造されたという説が有力です


時代が下って戦国時代

この近くにある忍城(行田市)を攻めた上杉謙信は、この丸墓山古墳上に本陣を構え戦況を見守ったということです

また、同様に忍城を攻めた石田三成は、城の周囲に堤を築き水攻めにしました

この古墳の南側の道は、その時の「石田堤」の一部です





目の前に階段があると登りたくなります(笑)

丸墓山古墳に登って、是非稲荷山古墳を見たいと思いました


丸墓山古墳の階段


ここで父はリタイア

主人とふたりで登って、上の写真二枚目の稲荷山古墳の写真を撮りました

こう見ると、結構すごい階段(^^;


今回ここへ来るまで、埼玉にこんな古墳群があるなんて知りませんでした

それも、日本一の円墳があったり・・・

知らないこと多いなぁ~(^^;

しかし、大きな古墳がいくつも並ぶ様子は、普段では決して見られるものではなく、
はるか昔、1400年もの時代をさかのぼって、
そこに住む人々のことに思いを寄せてみたりしたのでした


午後からの短い時間で、到底全部を見ることはできないのです

ということは、また来たい・・・

父と母が、木陰のベンチで待っているわ

急いで戻ることにしましょう







つづく・・・




コメント (28)   トラックバック (1)

埼玉の旅 5/28

2005年06月01日 22時39分27秒 | 旅の想い出

 今回の旅行は、主人と私の実家の両親と、さいたまの温泉へ行くことになりました

まず、温泉ありき・・・の旅なのです
今回は「国営武蔵丘陵森林公園」のすぐ傍の「四季(とき)の湯温泉」
2004年秋には天皇皇后両陛下がご宿泊になったそうです


さて、千葉から埼玉って日帰りできる距離ですが、両親と一緒なので、たまにはのんびり行こうということになり、出発もゆっくり
宿へは関越自動車道を使うのが早いようですが、東北自動車道を利用し、羽生インターでおりました
そこからほどないところにある「キヤッセ羽生」(羽生三田ヶ谷農林公園)でランチ
キヤッセ = 来やっせ という地域の言葉からのネーミングだそうです


写真の中央、ちょっと小高いところにぽつんと一本立っている樹がシンボルツリーのこぶしだそうです
この公園内には、農業物産館・地ビール工房レストラン・農産物加工施設・農業体験棟などがあります
( * ^)oo(^ *) クスクス
ということは、当然ランチで試飲してみなくちゃね(笑)

姉妹都市ベルギー王国のデュルビュイ市にちなんだベルギー風ビールなど、ちょっと特徴のある地ビール「こぶし花ビール」を注文
その数、四種類 (^u^)プププ。。


左から・・・・・

ピルスナー
チェコ・ボヘミア地方ピルゼンがビール名の由来
和食をはじめ幅広い料理に合うラガービール

ベルギーホワイト
ベルギーを代表する小麦を使ったビール
コリアンダーの種子やオレンジの皮も使います
香味料理に合います

スペシャルビター
濃赤色のビターエールでビール通を飽きさせない味です
英国ではビールをエールとも呼びます

ケルシュ
ドイツ・ケルン地方で作られている淡い黄色いビール
食前酒として良く肉料理やポテトに合います


全部飲みました (*^m^*) ムフッ

あ・・・でも~、ひとりで飲んだんじゃないからね~
誰だ~?本当は全部飲んだんでしょ?って思っているのは~(笑)
わたくし、お酒はたしなみますが、決してのん兵衛ではありません、あしからず

姉妹都市にちなんだベルギーホワイト、これはちょっと変わった味でした^^;
父とふたりで( ̄~ ̄;) ウーン


ランチが済んでから、この公園と道路向かいにあるもうひとつの?公園をお散歩
よく、運動しておかないと夕飯が食べられないからね~
って、やっぱり食いしん坊のσ(^_^)アタシが考えそうなこと・・・

向かいの公園は、「さいたま水族館」と「宝蔵寺沼ムジナモ自生地」となっています
宝蔵寺沼は立ち入り禁止になっていますし(天然記念物保護のため)、水族館にも入らず(笑)、広い公園をお散歩しました

★ムジナモが何なのか知りたい方は↑の「宝蔵寺沼ムジナモ自生地」をクリックしてね




下の二枚の写真は、さいたま水族館やムジナモの自生地がある公園の写真です

    

 

キヤッセ羽生の写真です
ポイントすると簡単な説明が見えます
またクリックすると写真は大きくなります

池の向こうに小高い丘が見えます     丘の上から。さっきの橋が見えます


これも丘の上。池は右になります     地ビール工房レストランの全景





さて、それでは次の目的地「さきたま古墳群」へ出発!


つづく・・・







コメント (31)   トラックバック (1)

携帯から・・・

2005年05月29日 21時21分08秒 | 旅の想い出
え~~っ!!
チーチャンもいたのね!?
コンビニでおにぎり買って中央口から自転車借りて、ハーブガーデンなど回ってきました
川鵜、沢山いたの見ましたよ~(^^;
コメント (30)

四月四日 その二

2005年04月05日 12時06分59秒 | 旅の想い出
地域限定

福島県が生んだ世界的医学者
野口英世博士
福島県限定
新1000円札の顔

・・・だそうです

そして・・・
昭和初期のなつかしい味をふたたび
復刻
会津磐梯
昭和初期の味
サイダー
コメント (8)

四月四日

2005年04月05日 12時05分54秒 | 旅の想い出
(ノ゜O゜)ノおぉぉぉ~

道路の両脇は、雪の壁

こんな所に来てしまいました (^_^;)

コメント (4)

箱根の旅

2004年12月23日 12時59分13秒 | 旅の想い出
18日から箱根に行ってきました
ったく、この忙しい時期によく行くよ・・・と自分でも思うのですが(笑)

実は定期的に実家の両親を温泉に連れて行っています
特に母は大の温泉好き♪
σ(‐_‐)もまさにその血を引いているわけです(笑)
母の膝と腰の調子がよくないので、よく温泉に連れて行きます
今回はどういうわけか、食事が食べられない状態が10日以上も続いていたので心配だったのですが、温泉旅行がかえって気分転換となり、食事も取れるようになったようです

箱根湯本の宿泊で、一泊二食で7600円なり!
年に何度も行くので、安い宿を見つけるのは必要不可欠なことなのです
今回のホテルは、リニューアルしたばかりだったので、部屋もお風呂も☆⌒d(*^ー゜)b グッ!!
ただ・・・食事がもうちょっと・・・・ね(笑)
でも、総体的には十分に料金に見合うホテルでした (y^^y)ピースピース

両親を連れて行く旅行は、いつも二泊三日
中一日は観光することにしました
箱根は近いこともあり、もう数え切れないほど行っていますが、いつも車で移動
今回も両親を連れていましたから、車で行きましたが、観光はあえて車を置いて、いろんな乗り物に乗ることにしました
箱根湯本でフリーパスを購入
登山鉄道・ケーブルカー・ロープウェイ・芦ノ湖の観光船・バスが三日間乗り放題!
4130円なり

箱根のお得な周遊券のご案内


ぐるっと一周してきましたが、今回は強羅の美味しいものを紹介しましょう



あまりにも有名な箱根銀豆腐、ご存知の方も多いと思います
さまざまなメディアで紹介され、行列のできるお豆腐屋さんです
強羅の名物ともなった銀豆腐の「しゃくり豆腐」は、柔らかく温かい出来立ての豆腐で、皆、店先で味わっています
最初はそのまま食べて、お好みで醤油を少量かけても楽しめます
「しゃくり」とは「すくう」という言葉の方言で、ご主人が命名されたそうです



やわらかくてあったかくて、お豆の味がギュっと詰まった美味しいお豆腐でした =*^-^*=にこっ♪
コメント (7)

(*^O^*)タ(*^O^*)ダ(*^ー^*)イ(*^O^*)マーー!

2004年11月10日 21時43分15秒 | 旅の想い出
やっと旅行中のブログのレスが書き終わりました ^^;汗

帰ってきてからも、なんだか忙しかった~
遊んできたんだからしょうがないよね ((^┰^))ゞ テヘヘ

山のような洗濯物!!
主人が帰ってそうそう、「着替えの下着はもう一組しかないよ」って・・・
私よりずっとお洒落な?主人は下着はもちろんのこと、毎日お召し替えなさるので(笑)、信じられない洗濯物の量!!
とにかく、夜中のうちに下着は全部洗濯しました(笑)
しかし、夜中に部屋干ししても乾かない^^;汗
結局、朝、表に出して、午後にもう一度次の洗濯
それでも終らなかったけど、あとはボツボツとやりますわ ^^;汗

普段お土産はあまり買わないんだけど、今回は買いましたよ~
それも、あちこちと・・・・・^^;汗
そのお土産を車に積んで、お土産配りもしてきました(笑)

そして、みなさまにもお土産を・・・



カステラ生地に餅粉を入れて焼き、粒あんを挟んだほっこりさんです
どうぞ、召し上がれ~
コメント (14)

旅の終りに・・・

2004年11月08日 15時48分06秒 | 旅の想い出
長かった旅もようやく終りに近づいています
私としては、こまぎれではありましたが、ブログに記録を残せて楽しかったです
少しばかりパケット料金が心配ではありますが (^_^;)
皆様には、リアルタイムでレスが書けなくて申し訳ございません m(__)m
また、編集が出来なくて、間違えたコメントもありましたね (^_^;)
携帯からは、500バイトしか送れないので文章も短いものでした
今、帰りの新幹線です夜には、自宅に着くでしょう
皆様へのレスは、出来る限り早く(遅くも明日中に)書くつもりでいます
お付き合いくださって、ありがと
コメント (17)