シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

メンタリスト シーズン2 #20「赤い血だまり」

2011年10月02日 23時44分36秒 | The Mentalist
The Mentalist Season 2 #20 Red All Over

 *「HEROES」のリンダーマンことマルコム・マクダウェルがゲスト

 ハリントン・メディアというテレビ局や新聞社など複合メディア社の新CEO就任パーティーで、前CEOハリントン氏の息子ザンダーが殺される。ザンダーのオフィスから新聞社のリストラ案のファイルがなくなっており、パトリックはそのファイルを盗んだ女性記者ヘザーを発見する。
※以下、ネタバレです。

 ヘザーの靴には血痕がついていたが、彼女は死体に気づかなかったらしい。ザンダーの弟エドワードからリストラ案について聞いていたという。その上、彼女には殺害時刻にアリバイがあった。屋敷は普段、監視カメラが作動しているがハリントン氏の若妻の希望で停止されていた。ザンダーの妻セイディによるとカルト教団から脅迫を受けていたと分かる。

 教祖のスタイルズ(マルコム・マクダウェル)は不在だったが、責任者より妻が浮気していたと情報を得る。でもセイディはそれを否定し、ハリントン氏も彼女はそんあことで立場を危うくする女性ではないと擁護。そこに爆弾予告のメールが入る。リビングを大広間と呼んでいたことから内部の人間の犯行とジェーンは指摘。そこへ孫娘のアシュリーが大広間にやってきてしまう。リズボンは逃げろというジェーンの指示に反して爆弾を解除。

 ハリントン氏は新しいCEOに息子のエドワードではなく、セイディを選ぶ。爆破予告はセイディの助手エリザベスの携帯からだと判明。彼女はカルト教団の信者だった。ジェーンとリズボンはスタイルズに会い、エリザベスに襲撃を指示したと指摘するが、レッド・ジョンのことを持ち出される。エリザベスは自分の医師でエドワードのペントハウスへ行ったと教えられる。エリザベスはエドワードと寝ていた。

 リグスビーは殺す価値もなかったのだろうとエドワードをコケにする。チョウとジェーンは共犯者は誰かとエリザベスに迫る。ジェーンはクローン電話を使ってハリントン氏に脅迫メールを送信。CBIは警護のためハリントン家に張り付く。ザンダーの部屋から物音がして駆けつけると、アシュリーのオモチャを発見。ジェーンはアシュリーが事件を目撃していたと指摘。

 ハリントン氏とアシュリーを地下に避難させ、監視。アシュリーにパパとおじいちゃんが遊んでいたのを見たかと尋ねるハリントン氏。そこへ隠れていたチョウが出て行き逮捕する。ジェーンはセイディに「最低」と言われビンタされる。ハリントン氏は自分の娘や若い妻のエラには手も触れず、妻が浮気して出来た子だと思っていると指摘する。

 エラはザンダーではなくエドワードと浮気していたのに、ハリントン氏はザンダーと思っていた。ザンダーとタラは仲が良すぎたため疑い、パーティの日にDNA鑑定で自分の子供じゃないと知った。ザンダーはタラからエドワードのことを相談されていたのだった。自分が疑われているとは思っていなかったため父に責められても否定しなかった。違う息子を殺してしまったのだ。一方、スタイルズはハイタワーにジェーンの無礼な態度を抗議するが、相手にされない。彼女は爆破未遂の件は必ず立件すると警告し追い出す。


「24」の補佐官のオッサン出てたから、もしやと思ったら本当に犯人だった!
奥さん若すぎるからてっきりエドワードの奥さんなのかと勘違いしてた。
いくら妻と浮気してたからって自分の息子殺すかね~?
ふたりがもう大丈夫かと確認するためにリグスビーとヴァンペルトに一緒に任務に就かせるハイタワー…。
案の定、リグスビーはヴァンペルトがまだ俺のこと想ってるって言っちゃってるしww
ハイタワーさん意外に理解あるね!教祖のこともうまく追い払ってるし。

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

THE MENTALIST/メンタリスト<セカンド・シーズン>セット1 (6枚組) [DVD]
クリス・ロング,ブルーノ・ヘラー,ブルーノ・ヘラー
ワーナー・ホーム・ビデオ

THE MENTALIST/メンタリスト<セカンド・シーズン>セット2 (5枚組) [DVD]
クリス・ロング,ブルーノ・ヘラー,ブルーノ・ヘラー
ワーナー・ホーム・ビデオ

THE MENTALIST/メンタリスト <ファースト~フィフス・シーズン>DVD ボックス (初回限定生産/57枚組)
サイモン・ベイカー,ロビン・タニー,オーウェン・イオマン,ティム・カン,アマンダ・リゲッティ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

Network:CBS / Super!dramaTV

===============================
注意事項
*日本未放送分に関するネタバレコメントは禁止です!
*また内容に関係のないコメントやトラックバックは削除します。
*リンクは可としますが、記事の無断転載・引用は禁止!

===============================
『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« Glee Project #10「Generosi... | トップ | クローザー シーズン6 #8「... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゲスト (りんりん)
2011-10-03 10:49:09
なかなか豪華でしたね。
犯人の人は、確かデスパレートにも出てたような。。
マイクの義理父?
ヴァンペルトとリグズビーは嫌いで別れた訳じゃないから、
まだ気持ちが残ってても不思議じゃないけど、どうなるんでしょうね。
さすがにまた付き合うことはしないのかな。

犯人に小さい子供がいましたが、自分の孫よりも幼い子供って、、なんか複雑w
Unknown (Kei)
2011-10-03 13:48:17
あの教祖はHEROESのリンダーマンだったのですね!
そうかなぁ~とは思ったんですが自信がなくて。
本編よりそっちの方が気になっちゃった(笑)

HEROESの方々がゲストだったりすると、すでに懐かしい感じがしてしまいます。

HAWAII5-0にも懐かしい人がゲストだったけど
せっかくなんでもっと活躍して欲しかったです~
Unknown (jan)
2011-10-03 14:21:08
 たまに行き過ぎた言動で遺族に怒られるジェーンですが、今回のカルトに対する態度はとっても小気味良かったです。ハイタワーも見直しました♪
 どうしてもあういう無邪気な女の子が側にいると、もしや・・・と思ってしまうのはスパナチュの影響な気がします><
 ゲストが豪華過ぎると犯人分かっちゃいますね(笑)
⇒りんりんさんへ (ralph)
2011-10-04 00:36:29
24は覚えてるけど、デス妻にも出てたっけ?
しかもマイクの父親?全然覚えてない・・・(-_-;)
そうですね、ヴァンペルトとリグスビーは嫌いで別れたわけじゃないから気持ちが残ってて当然か。
またこっそり付き合ったりはないのかなー??
孫は可愛がってたけど、自分の幼子は可愛がってなかったですね。赤ちゃんなのに叔母ってことだもんねー。
⇒Keiさんへ (ralph)
2011-10-04 00:45:52
リンダーマンが教祖ってなんか合ってますね。HEROESでもそんな感じでしたよねww
今回絡みは少なかったけど、また出てきそうじゃないですか?
うん、HEROESはもう懐かしい部類になってきてますね。
そういえば今週のH50にアンドウ君が出てるらしいですよー。
まだ見てないんで楽しみ♪
⇒janさんへ (ralph)
2011-10-04 00:48:11
ジェーンのカルトに対する態度はスッキリしましたねー。絶対にまやかしだもの!!
ハイタワーさんが最近は頼もしいですね♪
ははは。スパナチュの影響受けてますねーーww
スパナチュだったらあの子は悪魔が乗り移ってたかもですね。
今回はゲストが豪華でわかり易かったですね。
Unknown (midey)
2011-10-05 09:52:12
スタイルズ役の人、どこかで見たことあるな、誰だっけ?、とか思ってたら「時計じかけのオレンジ」の主人公やってた人でしたね。
見終わってから思い出しました。
ハイタワーが結構理解のある人なんですね。ヴァンベルトの交際を復活させたら面白い。
血の繋がった孫娘は絶対に殺さないだろう、というジェーンの作戦は当たってましたね。
結局好色な弟がいけないんじゃないのかと。

全然関係ないですが、リグズビーがインスタントジョンソンのスギに似てると思います。
⇒mideyさんへ (ralph)
2011-10-06 00:35:28
そうそう「時計じかけのオレンジ」にも出てました。
思ったより活躍が少なくて残念でしたね。また再登場しそうな気配もあったけど。
ハイタワーも以外に理解あっていい上司かもですね。
ヴァンペルトたちの交際まではどうでしょうね~
父親は見る目がないですね、どうみても好色の弟の方が怪しいのに。ジェーンの作戦が功を奏しましたね!
インスタントジョンソンがわかりません、誰?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

メンタリスト S2 (観たよっ♪)
何故か録画に失敗していた今回のメンタ。カルトの妨害工作かっ?!(爆)