らき太な日常

『樹萄らき』のある日の出来事 

アリス

2024-02-04 | Weblog
谷村新司さんがお亡くなりになった。
何だか今まで以上にアリスの曲を耳にすると思うのは、
気のせいだろうか。
リクエストものど自慢も
チャンピオンとか冬の稲妻とか昴が多い。
だが、私にとってアリスというと
ジョニーの子守唄だ。
たぶん初めて聞いたのがこの曲だったし、
好みでもあると思う。
今はスマホやパソコンで自由に音楽を聞けるので、
10代に戻った気分で
ジョニーの子守唄を聴いている。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年は?

2024-01-13 | Weblog
去年一昨年と、スマホデビューとパソコン購入で、
すったもんだの二年間だった。
おかげで今まで以上に体は壊れっぱなしで、
喰えなくなった。
高校の時、両膝が慢性関節炎だと言われ、
膝に負担がかからないよう50㎏以下であるように気をつけてきたが、
去年の夏体重計に乗ったら、45㎏だった。
コンピューターに振り回され、ストレスでの体重減少、
嬉しいんだか、良くないんだか微妙な気分。
クリスマス数日前からその年何回目かの胃を壊す。
だが、食い意地ははっているので、チキンといちごシートケーキは喰った。
年末は何とか胃が落ち着いてホッとしたら、
元日早々口内炎。
食べる時に痛みがないので何とかなっているが、
未だに治らない。
はてさて、今年はどんな体調の日々になる事やら。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クリスマス イブ

2023-12-24 | Weblog
胃が悪くなって一週間。
胃の調子がどうなるかわからないので、
夕べ、ななチキとイチゴショートを食べた。
気合いで食べたのだが、
吐かずに済んで、安堵。
みなさま、よいクリスマスイブを。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ツッパリHigh School Rock'n Roll (試験編)

2023-11-13 | Weblog
ひとつ ひとより勉強きらいで
ふたつ 不良でおちこぼれだけど
みっつ みてろよ俺だって
よっつ 夜どおしがんばりゃできるサ
いつつ いつものふぶしに教科書
むっつ 無理矢理つめこんで
ななつ なんとか
やっつ やけくそ
ここのつ 根性
とうで とうちゃんがんばるぜ
横目つかってとなりのぞけば
となりのあいつものぞいてた

高校を卒業した後だろうか、友人からこの曲を教えてもらった。
ツッパリとか怖かったし、近づいても相手にされないと分かっていたし、
漫画が好きだったから、そっちの方でたむろっていた高校時代。

それでもツッパっている彼らに、
言いたいことを言えるクラスメートに羨ましさを感じていたと今は思う。
憧れていたと思う。

その気持ちなのか、
そもそも勉強が出来ないところに共感したのか、
鞄はつぶしではなかったし、スカートも標準の長さだったが、
この試験勉強10箇条の部分は、
1、2回で覚えた気がする。

昨今、ドラマとか映画で、今日から俺は(マンガ自体は一ページも読んだことはない)とか他
自分のドンピシャ時代のツッパリ青春物語がよく放映されていた気がする。
一周回ったのだろうか。

今でもこうして覚えているのだから、
共感した言葉はいつまでも忘れないのだな、と思う。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

続いているということ

2023-10-17 | Weblog
初めて川柳というモノを読んだのは、今も所属している、川柳の仲間 旬、の人たちの句。
全く分からないところから始まって、わからないなりに自分も作って、28年を過ぎた。
いつ頃からか、上手く説明できないが、強いて言えば新しい川柳、今どきの川柳が出てきた。
そもそも知識がないので鑑賞も更に難しい。
ただ、作者の意図とは違っても、自分勝手に共感を得られた川柳に出会うとめっちゃ嬉しかったりする。
時に、あの句、よかったよとか、句以上に趣のある鑑賞をしていただくこともあって、有難いやら申し訳ない(そんなに深い内容じゃないんです、すみません)やらと、結果すごく嬉しい時もある。
川柳を続けていられるのは、そのおかげかもしれない。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

音楽

2023-09-05 | Weblog
中学入学直後、母がラジカセを入学祝いだと言って買ってくれた。
ステレオを買うお金はなかったので、一度もレコードを買って音楽を聞いたことはない。
基本就寝はPM8:00だったので、水戸黄門(大岡越前・遠山の金さん)と8時だよ全員集合の日だけは9;00就寝だった。
ラジカセを買ってもらい、初めてFMを聞いた。
たまたま夕方6:00にスイッチを入れたら「6時のジョッキー」というお便りとリクエスト曲をかける番組をやっていた。
知らない曲(時々知っている曲)ばかりの中、途中で生カセットテープに録音することに気づく。
そこで自分の世界の範囲内でいろんな曲を知った。
それまでは、歌番組は結構あったし、特に日曜日の夕方6:00からのレッツゴーヤングは好きだった。
クラスの子の話で、木曜の夜9:00にザ・ベストテンというのをやっているのを知る。
9:00からだと寝るのは10:00か、起きていられるかなと思いながら、母に聞いてみると、
一回見てみれば、と了解をもらえる。
初めてザ・ベストテンを見た日、ゴダイゴのガンダーラに今までにない衝撃と興奮を覚え、
一気にゴダイゴ、というかタケカワユキヒデさんに夢中になった。
初めてファンというものになった瞬間だ。
もう毎日、24時間、頭はゴダイゴのことだけ。
アルバムのカセットテープを買ってもらった。
だが、毎日聞いているうちに、いくら大好きなゴダイゴの曲でも、好きではない曲もあることに気づく、
というかちょっと絶望する。
単純に、全部丸ごと好きになるものだと思っていたからだ。
その後、GAOさんに夢中になり、ファンクラブにも入る。
そして、TSUTAYAでせっせとGAOさんのアルバムを借りて、CDに焼く。
それから、好きな曲だけを好きな順番にして、お気に入りのCDにしてずっと聞く日々となる。
途中から、アニメ「NARUTO」のオープニング&エンディング収録のアルバムが出る度、
一年くらい我慢して(半年後からCDが入り、半年は人気があってなかなか借りられないと学習したので)待って、CDを借り、他の曲は一切聞かなくなった。
そもそもその頃から、年賀状を描くためにBGMとして聞くようになっていただけなので、それで十分だったし、
気づけばアーティスト達は、みんな子供くらいの年齢になっていて、距離が遠くなった。
好きな曲を好きな順番で聞いていたら、
今はスマホで「夏の曲」と言うと、いろんな夏の曲がどんどん流れてくる時代らしい。
知っている曲、知らない曲、好きな曲、嫌いな曲、興味ない曲・・・
今の子達は、どんな気分で曲を聞いているんだろうか?
と、ちょいと思った。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ニャンコ先生

2023-08-05 | Weblog
ニヤンコ先生というと、自分の時代は、アニメ、いなかっぺ大将の主人公に柔道を教える猫、ニャンコ先生だった。
数年前にアニメで、夏目友人帳というのを途中から見た。今、再放送で一話からやっているので、それを見ている。
妖怪が見える少年の話だ。この少年を守っている猫(本当は妖怪の名前が書いてある、友人帳という物を手に入れたいようだ)が、ニャンコ先生というのだ。
同じ名前で、役割も似ている。ちなみにニャンコ先生は仮の姿で、本来は、斑という名前の白いキツネのようなばかでかい妖怪である。
実は、そんなことはどうでもいいのだ。
世の中、CDを作らず、配信なるもので音楽をスマホにダウンロードして聞く時代らしい。
年間か月契約で音楽聴き放題というが、ふだんはほどんど聞かないし、聞くときはCDでBGMとしているので、一曲買いに挑戦したが、クレジットカードを持っていないという時点で撃沈。
アマゾンサポートセンターに聞くと、アマゾンギフト券なるものをコンビニで買い、それを使えば一曲回できるとの答え。
だが、事実は、他の物はギフト券で買えるが、一曲買いはダメという結果。
同じアマゾンでも、ちがう担当になだとあまり詳しくないらしい。
で、手元に残ったのは、一番安い3,000円のギフト券。10年間は使用可能らしい。
だが、欲しい曲は手に入らない。
そんな時、始まったのが、夏目友人帳。
10年以上ネット通販していなかったが、ちょうと裸眼用の眼鏡ケースが壊れたというタイミング。
うーん、キャラクター商品買ってみる?
アマゾンを開き、ニャンコ先生眼鏡ケースと検索。
気に入った物が目に入る。
ここのところ、パソコンで何かすると必ず三回は失敗するという嫌なパターンになっている。
めげずに購入手続きをしていくと、途中で何だか分からなくなり、キャンセル2回。
三度目でようやくギフト券で買うというところに辿り着き、購入成功。
4日後。郵便で商品が届く。もう、先にお金を払っているので安泰、と思うだろ?
違うのだ。
二回キャンセルしたはずなのに、さらに翌々日、二個入りのニャンコ先生眼鏡ケースが届いたのだ。
虫の知らせなのか、郵便で届いた物を何となく開封しないまま数日待ったのだ。
案の定だった。
またまた長い文章を印刷して、休み休み読み、後から届いた商品を返品。
その後、返品されました、というメール。キャンセル分はお金を払っていない。そもそも購入手続きが途中でできなくなってキャンセルしたのに、なぜ商品が届いたのかも不思議の一つだ。
まあ、とりあえず、返品は成功したので、ようやく開封し、商品を手に取る。
今まであった、通販、写真と実物の質感違いあるあるもなく、やさしい色合いの可愛いニャンコ先生の眼鏡ケース。
早速眼鏡を入れてみた。ぴったりだ。なんだかすごく幸せな気分。
夜、コンタクトを外したとき、たまに眼鏡をかける必要がある。
今、ケースを手に取る度、開ける度、眼鏡を仕舞うとき、買って良かったなあと毎回思う。
通販で100%の満足を味わえたのは初めてで、すごく嬉しいし、大事に大事に使いたいと思う。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

パソコン

2023-07-18 | Weblog
パソコンがいきなり何かが消えたり、入ったりする物とは知らなかった。今はこれ以上、くたばりすぎて何も言えん。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クレジットカード

2023-06-24 | Weblog
世の中はどんどんスマホ決済やクレジットカード支払いの時代らしい。
だが、通帳残高が常に1,000円以下なので、
作る必要が無い。
まあ、買う物もないが。
それでもと思い、去年インターネットバンキングは契約した。
手に入れたい曲があった。
だが、それはCDにならないという。
手に入れたい場合は、
ダウンロードして、支払いはクレジットカードのみ、だそうだ。
無理じゃん。
曲さえもCDにならない、支払いはほぼクレジットカード
生きづらい世の中になったもんだ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゴディバ

2023-05-13 | Weblog
ある年、川柳で文通している方から
いつも旬を送ってもらっているから、と
宅配便が届いた。
開けてみると、
テレビでしか見たことがない綺麗で高級そうなチョコレート。
アルファベッドで書いてあるし、無知なので
名前は読めなかった。
だが、絶対高級品だとは思った。
早速、食べる前にお礼のはがきを書く。
すると、
チョコレート好きの飼い主が、
早速一粒口に放り込んだ。
「あたしがもらったんだけど」
と言うと、
早いもん勝ち
と、悪びれ無し。
「お!これは旨ーわ、これは高いぞ」
と飼い主。
初めて口にしてみると、
明治の板チョコ系かマカダミアナッツしか食べたことがないので
一粒の大きさに驚く。
更にすぐに噛めない。
更にやたらと味が濃い。
更に一つ食べると、数日は脳の記憶だけでいっぱいだった。
100円のチョコで十分な舌では
この高級さはわからなかった。
チョコは毎年送って下さった。
最初は二つ食べるまでに一週間は間を空けて食べ、あとは飼い主が食べた。
まあ、さあ一個食べようかなと思った時にはすでに半分減っている状態だったが。
継続は何とやら・・・?
ある年、急に口の中に広がる濃厚さと甘さの旨みがわかった気がした。
ようやく物の味がわかった瞬間だった。
そしてようやく、
たまたまテレビでバレンタイン特集で見て
このチョコレートが高級ブランド「ゴディバ」だと知る。
そこからは、チョコが届くと脳が喜ぶ喜ぶ。
「絶対、半分ずつね!」
と言い出したので、飼い主はちょいと損をしたような顔になる。
四月から新しいドラマが始まった。
IQの数値が半端ない小学生が、極秘で外科手術を行うという内容の物語。
彼女をサポートする大人達には大金を
彼女にはチョコレートが報酬だった。
先日録画を見た時、彼女が言った台詞が耳に残る。
「日本人って、本当にゴディバ好きだよね」
そうなんだ、と単純に教養?が一つ頭に入った気分だった。
あらためて
日本人はゴディバのチョコレートが人気なんだ、と思った。
まあ、全部が全部そうではないということも含めて、だが。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マスク

2023-04-01 | Weblog
三月中旬頃
マスクの着用は個人の意思に任せることになった
飼い主はさっそく外した
だが
自分は今も怖い
気分としては今年いっぱいは外したくない
ひんしゅくを買おうがかまわん
着けていよう
そう決めた
翌朝
鼻づまりで呼吸ができずに目が覚めた
鼻がかゆくてタオルでぶんぶん拭く
で くしゃみ
更に目が痒くなった
ああ そうか 来たわ 今年も
花粉症
コロナが怖くてというより
今日からは
花粉症でマスクが手放せなくなったのだ
ま コロナよりは言いやすい理由だ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

床ずれ

2023-03-18 | Weblog
数年間、起きている時間の90%は座椅子に座っている。
朝食も座椅子だ。
お昼と夕食は、それでもと頑張って
椅子に座ってテーブルで食べる。
これでさえ自分にとっては運動に近く、
食べ終わると疲れて、
お茶を飲むのは座椅子に戻ってからだ。
座椅子に座っていると、
知らずに位置が少しズレるらしい。
で、ある日、ズレた位置を元に戻したら、すぐズレた。
その時、
「でっ!」
予期せぬお尻の痛み。
しばらく数センチ?単位で座る位置をずらしてみたが、
猫背ゆえ?どうしても重心が尾てい骨にかかる。
しばらく考えて、ふわふわの座布団を敷いてみた。
痛みはごまかせそうだ。
トイレに行ったとき、
痛いところをそっと触ってみたら、
紙をクシャっとしたような感じで、皮膚が乾いている。
ミイラじゃん、コレ。
だが、痛みを取る方法を知らない。
寝ている態勢での床ずれはこまめに体勢を変えればいいと聞いたことはあるが、
手紙を書いたり本を読んだりしている時に
頻繁に動くのはキツイ。
先日、テレビで超人気のアーティストの一人が
車での全国ライブの移動時間が長く、
お尻が痛くなって、それは床ずれだと教えてもらったと言っていた。
若くても床ずれはあるのか、と思った。
その時、お風呂に入った後、
メンバーがその部分にオイルだかクリームだかを塗ってくれたと言っていた。
治ったらしい。
ま、若いしな、ツアー移動の時間だけだしな、と思いつつ、
そうか、クリームか、と思った。
だが、歳なのか鈍感なのか
その日から数日何事もなく座っている。
で、今朝、
「いでっ!」
と痛み。
早速寝室へ行き、とりあえずハンドクリームを塗った。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マウント

2023-02-12 | Weblog
中学に入って、夏休みを過ぎた、二学期最初の登校日。
鳴りを潜めていた殻を破ってくる一定数がいる。
男子はパーマ、制服の形を変え、裏地は虎か龍、そしてピアス。
女子は肩にタックをいれてふんわり可愛い半袖と、くるぶしまでの長いスカート。
それはいい、ひとごとだ。
中学になって、初めてザ・ベストテンを見た。
それまでは物心ついた時から
土曜以外は8:00就寝だったからだ。
初めてベストテンを見た時、ゴダイゴのガンダーラが2位だった。
その曲を聞いた時、もの凄く衝撃というか感動というかを味わう。
生まれて初めての感覚だった。
で、生まれて初めてファンの心もわかった。
東京の電話番号が03から始まることも知らない頃だ。
高校になってもゴダイゴは好きで、タケカワユキヒデさんには、
恋に近いモノを持った気がする。
高校では音楽は選択科目で、二クラス一緒になっての授業。
自己紹介の形として、グループでも一人でもよいので、
歌を歌うことになった。
まだあまり知らないクラスートと三人で、
山口百恵さんの秋桜とアニメの海のトリトンと何かを歌った。
その時、ある女の子がピアノの弾き語り?をした。
ゴダイゴのハピネス。
ちゃんとしたピアノ演奏を聞いたことがなかったので、
彼女のピアノの上手さとゴダイゴのファンだとわかり、
早速声をかけ、できるならお友達になりたいと思った。
「ゴダイゴ好きなの? 私も好き」
その返しが
「どうせガンダーラくらいから知ったんでしょ。私はデビューの時からだから」
とにべもなく拒絶された。
まあ、確かに、ベストテンみたのが中学だったからね。
ただ、今もそうだが、あー言えば,こー言う、という返しができない。
黙ってしまうしかなかった。
あの頃は、マウントという言葉はなかった。
彼女はマウントを取ってきたのだ。
そしてこちらは、即座に反論もできないどんくささ。
この一瞬で、友達という夢は玉砕した。
まあ、彼女にとって、流行ったから好きになったというのは、侮辱に近かったかもしれない。
ともだちを作ることの難しさを知った15歳だった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

悪夢

2022-12-04 | Weblog
所属している川柳の会、川柳の仲間 旬の例会場所は、市の公民館。
使用している人たちが、各グループ2~3人で夏と冬、どちらかを一度掃除する。
十年以上前は自分も参加していた。
が、水が入ったバケツは重くて運べず、
窓拭きはトロいので一枚拭いている内に、
他の人が全部拭き終えている。
で、結局毎回、脚立に上って蛍光灯を拭く人に
ぞうきんを絞って渡すというところに納まった。
ただ、「もうちょっと絞れない?」とは言われた。
わかりました、頑張ります、とは言うものの
すみません、握力ないんで、と心で謝る。
今朝はその公民館の掃除の日。
飼い主が行った。
去年はちゃんと起きて、いってらっしゃい、と言えた。
今朝、夢を見た。
何人もの人に上から見下ろされて、
「怠けてんじゃないの?」
「そんなに弱く見えないけど」
など、かなりキツイ言われ方をされ、
必死で自分の情けない体力を説明しようとするが、
理路整然は無理だし、ハキハキ言えないし、何か言おうとすると
「うそじゃね?」
とチャチャを入れられる。
ふと気づくと、
過呼吸か?という感じで、懸命に呼吸をしている自分。
夢を見ながら、呼吸は現実だとわかる状態だった。
遠くの方で、玄関の開く音。
ああ、飼い主がお掃除に行ったんだ、とこれも現実とわかる。
これがきっかけで夢は終わり、ちゃんと目は覚めたが、
どのくらい荒い呼吸をしていたのか、
寝返りも打てないほど体力を消耗していた。
やはり、掃除が出来ないことに罪悪感があるせいだとは思った。
こんな夢を見たのは初めてだが。
動かない体と、荒い呼吸。治まるまでは何もできない。
しばらくしてようやく普通の呼吸に戻り、起き上がれる。
が、着替えるまでに30分は休憩が必要だった。
まあ、これは日常だが。
とりあえず、その後はいつも通りだったので助かった。
悪夢って、どんな種類も、やっぱり見たくない。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

職種

2022-11-12 | Weblog
平成という元号にまだ慣れていない頃の話だ。
一週間も頑張って通勤すると、限界が来る。
で、結局、平均20日間まともに勤められたことがないような気がする。
月の中旬あたり、
目が覚めて、ああ、具合悪いなと言う時はもう体はようよう動かない。
横にした本棚の上に置いてある電話まで、ズルズルと這いずる。
畳に垂れている電話線に手が届けば、あとは引っ張って電話を本棚から落とし、
手元まで引っ張る。
会社に欠勤の電話をする。
目覚めると、翌日の夜、ということは普通だった。
で、流れで退職の話になる、という平成だった。
だが、家賃と光熱費分だけは稼がないと凍死するので、
とにかく次を探す。
まあ常に、餓死かな、というのが現実的な感じだった。
なにせ、見た目は五体満足だし、健康診断データも一応普通枠内だったんで、
市役所の福祉課へ相談に行っても、窓口の人の顔にはいつも
「不正受給は見逃しません」
と書いてあった。
不正をしようとは思っていないのだが、
データと普段の体力の差が大きいので、
こんな状態でも出来る勤め先はどんな会社がいいのか相談したかったのだが、
いつもケンモホロロで、相談にさえ進めないままの平成だった。
ちなみに先に職安で相談するのだが、相手にされないのがパターン化していた。
ある時、友人に職探しの話を、世間話の中に混ぜて話した。
「まあ、さ、事務にこだわっている場合じゃないかなって思うようになったんだよ」
というのは、生前の母が、仕事は何が何でも事務職だよ、と言っていたので、
呪縛のように、職種は事務、としか考えられなかったのだ。
「でさ、初めての会社が事務職として採用されて、
3ヶ月間の試用期間中はベルトコンベアーでパソコンの基盤作る仕事でさ、先輩と出会ったじゃん。
だから、もう、製造でもいいかなって思うようになったんだ」
と、彼女の目がテンになっている。
彼女は
「もしかして自覚無かった?」
と聞いてきた。
「なにが?」
「あの時から、らき太のテンポじゃ製造はトロすぎて無理だったよ」
・・・まじか・・・
「製造は職探しからは外した方がいいよ」
・・・まじか・・・
己の現実を初めて知らされた、暖かくおだやかなファミリーレストランでのランチだった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする