らき太な日常

『樹萄らき』のある日の出来事 

虚弱体質

2021-09-16 | Weblog
まず、これは個人の感想である事を最初に書いておく。
そもそも、生後数ヶ月で虚弱体質だと言ったのは医師の方からだった、
と母からは聞いた。
小学校低学年で、それは覚えた。
学校での予防接種の時に言わなければならなかったからだ。
かといって特別何かが違うわけではなく日々を過ごす。
まあ、風邪で欠席が多かったり、
先生が冷たい態度なので学校で一番嫌いな場所ではあったが、
保健室の常連ではあった。
貧乏だったので風邪のたびに病院へは行けず、
富山の薬売りの置き薬の胃腸薬をよく飲んだ。
少し甘い、子供風邪薬は多分値段が少々はったのだろう、
滅多に飲ませてはもらえなかった。
母の持論によると、
胃の調子が悪くなると風邪をひくから、だった。
何も疑わず、
母が亡くなった後も、具合が悪くなると胃薬を飲んできた。
一回目のワクチンを打つ前に、必要事項を書く用紙が届き、
きっと鼻で笑われると思いながらも、
不安要素ではあったので、一応、虚弱体質、と書く。
当日、案の定、医師は分かりやすく鼻で笑い、
虚弱体質は病気ではないので問題ありませんよ、と言った。
母が(父はその前年)に亡くなり、親類縁者から縁を切られ、独りで生きる人生になる。
体調がすぐ悪化するので、勤めても二週間ちょっとしか出勤できず、
給料で家賃光熱費を支払うと食費が2000円を切るので、
熱が出ても、初診料が払えず病院へは行けなかった。
独りになってから33年になるが、その間数回やむにやまれず病院へ行くと、
虚弱体質と伝えた途端、患者枠から外される感はあった。
どの医師も必ず口にするのは、虚弱体質は病気ではありません、だ。
確かにどんな検査をしても、一応数値は正常の範囲内なのだ。
で、どこへ行っても判で押したように、風邪薬と胃薬と鎮痛剤を処方された。
で、話しは戻るが、ワクチン一回目の接種日、
思い描いたとおりの鼻で笑う医師を見て
ふと、ずっとあった医師の反応の違和感が分かったような気がした。
虚弱体質は病気ではない。
そういうことか。
つまり、虚弱体質は病気ではないので、そもそも医学部の教科書に載っていないのだろう。
つまり、医師を志して勉強して医師になり、分かりやすく言えば内科医になった場合、
虚弱体質については何も学んでいないので知らないのだろう。
だが、これは勝手な憶測だが、医師は、知らない、ということが言いづらいのかも知れない。
それがプライドなのかは不明だ。
更に学んでいないので対処も分からない。
ついでにたぶん専門分野もないのかも知れない。
いや、知らないのなら知らないでいいのだ、そう言ってくれたらもっと気持ちは楽だっただろう。
だが、出会った医師達に限ってだが、全員、見下す、という態度を取った。
地球規模で言えば、もしかすると虚弱体質について研究している医師はいるかも知れない。
それから、すっきりしておきたいことが一つ。
年数を重ねた医師に聞いてもこたえてくれそうな医師と出会えそうもないので、
医師に向けて勉強中の学生でもいいし、
医師に成り立ての医師でもいい、
答えて欲しい。
あなたが勉強してきた内容の中に、虚弱体質はありましたか?と。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヌカハウス

2021-08-17 | Weblog
 飼い主の親戚からいつもお米を買っている。
 いただいた帰りに精米所でお米にしている。
 精米所の横に米糠小屋がある。
 ぬか漬けを作っている人は、
 精米してから、米糠も持ち帰る。
 以前は飼い主もそうしていた。
 お米をもらう日は、お米を助手席に乗せるので、
 精米所で後部座席に乗り換える。
 精米中はちょいと暇だ。
 ふと米糠小屋のドアを見た。
 ん?カタカナで何か書いてある。
 カタカナを読むのは少し苦手だ。
 ヌ・・・ああ、ヌカハウス(糠ハウス、ね)
 ふと、ハウスマヌカンという言葉を思い出した。
 バブルの頃流行った、店員の言い方だ。
 夜霧のハウスマヌカンという歌もあったような。
 一度も聞いた事はないが。
 今は死語なんだろうか?
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

17音字

2021-07-03 | Weblog
最初は、魚を三つにぶつ切りにする感じで、575が苦手で、89とか377など破調が多かった。
575で作れなくなるぞ、と信頼している人に言われ、575を意識して作るようになる。
いつのまにか、17音字より短いのは許容できるのに、妙に長いのは受け付けられないようになっていた。
何故かそれが正しいと思い込んでいた。
誰かの句を見て、20音字だと、コレ17にできるよね、とか思うようになっていた。
最近、ある人が書いた川柳についての本を読んで、そこまでガチガチじゃなくてもいいのではないか、と
やんわり概念を崩してもらったような気がした。
17でも短くても長くても
大事なのは内容だ。
教養と学が無く、学ぶ気もないので読めない句がたくさんあるが、
自分のペースでしかないが、それでも少しずつ
句を読めるようになりたいと思っている。
作るとき、しばらくは定型もしくは17音字になるべくこだわるが、
自分だっていつどう変わるかわからないのだ。
許容範囲は広い方がいいかもしれない。
音字にこだわらない句もきっと良い句なのだ。
そこを受け入れられるようになりたいと思う。
良い句に立ち止まれるように。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

腰痛

2021-06-12 | Weblog
いてて・・・
腰痛が始まって今日で、まるっと一週間。
原因不明。
まさか・・・
一週間前、カーテンを洗った。
いや、カーテンを外してくれたのも洗ってくれたのも干してくれたのも
飼い主だ。
そうはいってもと思って、一枚だけカーテンを外した。
その前日、カーテンは洗濯用ネットに入れれば、フックも付けたままで大丈夫だし、
洗い終わったらそのまま窓に取り付ければいいと耳にし、
飼い主に伝えた。
カーテンを外して洗濯ネットに入れるまでは、やろうという気持ちになった。
で、一枚外したら、
「あー、ほらほら、そういうことをするとまたどこかを痛めるぞ、
いいから、どけ。俺がやる。フックを付けたままネットに入れて、
普通に洗濯して、終わったら干さずに取り付ければいいんだな」
「うん。ありがと」

やっぱり原因はあの時なんだろうか?
ってか、たかがカーテン一枚外したくらいで、
一週間も腰痛になるって、サイテーじゃん。
くっそー。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

タピオカ

2021-05-01 | Weblog
タピオカが流行ってどのくらいになるんだろう?
いや、もしかしてもう流行っていないのか?
とりあえず、月に2~3回ほど行くドトールにはまだタピオカミルクティーが存在している。
タピオカは始めはバブル期かその少し後に一度流行っていたような気がする。
一度も食べたことがなかったので、形状を知らない。
そして数年前またタピオカが爆発的ブームとなっていた。
前回のブームの時走らなかったが、
今回のブーム中、あるテレビでタピオカを食べ過ぎて酷い便秘になり
どえらい目に遭ったという少女のことをやって、
タピオカの素材が外国の芋と知った。
そりゃ、胃や腸で膨らむわな、と納得したし、
なおさら食べたい気は失せた。
いろんな流行の物を食べずにきたが、
タピオカもその一つとなった。
だからといって損したとも思わないが、
それが歳だからなのか、食べられる量が減ったからなのかは
自分でも分からない。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レターセット

2021-04-18 | Weblog
こうしてブログを更新したり、パソコンや携帯でメールをすると、すぐ疲れる。
で、基本、未だに手紙を書いている。
漫画の単行本も高くなったが、レターセットも文房具店のは安くない。
で、基本、100円ショップでまとめ買いしている。
普段は旬に同封しているので、封筒は使わない。
ゆえにどんどん封筒だけが増えてく。
たまに手紙を書く。
で、ある日気付く。
封筒のほとんどが、裏に宛名書きする形になっているのだ。
昔は封をした右下に自分の名を書いたものだが、
今のは、封をするほうに宛名を書くようになっている。
日本で作った物なのかは不明だが、いつから逆に書くようになったんだろうか。
書く度に慣れないので、たまに白紙のラベルを表側に貼って宛名を書いたりしている。
時代として、これに慣れろということだろうか。
普通の文房具店で買ってみればわかるかもしれないが、
1セット¥480より、¥100円を選んでしまうので、しばらくは判明しそうにないだろう。
ともかく、封筒だけがわんさかとたまっていくのだ。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

解散

2021-03-14 | Weblog
V6解散、というニュース。
ああ、ここもか、と思った。
25年と言っていたから、長いんだろうな、とも思った。
SMAPの解散はけっこう衝撃だったけど、その後は、そうか、と思うだけになった。
でも、25年間、アイドル扱いだったんだよな。
子供の頃のアイドルやグループって、数年で解散していたような気がした。
二十歳くらいになると、アイドルって年ではないか、という雰囲気もあったように思う。
ジャニーズは次から次へと新しいグループがデビューして、
モーニング娘。は卒業しては若い子が入っていて、気づけば誰も分からない。
SMAPは長かったから何となく解散はないんじゃないかと勝手に思っていた気がする。
でも、ずっと続けるって大変だよね。
ひとり、「う~ん」て思ったら、もうダメなんだろうな。
でもその後もみんな個人で活躍はしている。
何が言いたいんだろう?と考える。
受け入れることが大事か。
まあ、SMAPもV6もファンではないから悲しくはないが、
今後はもう全員揃っているところを見られないのが寂しいのだと気づく。
誰推し、というのではなく、グループ全員揃っているところが楽しかったのだと思う。
もう、戻らない、というのが残念なのかも知れない。
ジャニーズは卒業とか入れ替えとかないから、解散したらグループの名もなくなる。
慣れるのだろうな。
さて、今自分は誰のファンなのだろうか?
特別いない気がする。
それは寂しいことなのだろうか?
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

フォークソング

2021-02-20 | Weblog
この頃の音楽は全部ダウンロードだ。
一度もやったことがないが。
CDを借りる手もあるが、
フォークソングはレコードの時代だ。
無理かぁ。
と思った翌日、
テレビショッピングで、
フォークソングCD5?枚組セットのCM。
このタイミングはやばい
・・・欲しい。
・・・でもなぁ。
ああ、ガロの学生街の喫茶店・・・
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サンドイッチマン

2021-01-16 | Weblog
嘉門タツオさんの歌を初めて聞いたのは高校の時だっただろうか。
どんな状況下、学校で聞いたのか家で聞いたのかも忘れたが、
最初のワンフレーズで思い切り噴き出したのは覚えている。
以来、彼の替え歌は好きなのだが、かといってレコードは買っていない。
サンドイッチマンのネタを初めて聞いたのは、
まだこの体が自分の中で元気だった頃だ。
結婚式の披露宴のネタだったが、
むちゃくちゃ笑った。
以来、サンドイッチマンは好きである。
数年前、テレビをつけた時お笑いの番組だった。
誰かがネタをやていて、次に出てきたのがサンドイッチマンだった。
一言話し始めただけで笑いがこみ上げ、
横っ腹がねじれてしまった。
笑うのはいいが、今は笑いすぎると体に負担がかかる。
ねじれた体で爆笑すると翌々日筋肉痛になるし、
爆笑している段階で呼吸が苦しくなる。
そして呼吸ができなくなる。
おかげで
笑いすぎてしまう嘉門タツオさんとサンドイッチマンのネタは
聞きたいのに聞けないという、悲しい現実。
くすん。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

神田川

2020-12-19 | Weblog
初めて、かぐや姫の神田川を聞いたのは中学生の頃だったと思う。
フォークソングというジャンルも知らず、ラジオから流れた曲。
聞いていると大学生の同棲の曲で、女性目線からの曲。
奥手ながらにも東京の大学生は結婚前に一緒に暮らすこともあるのかぁと
大人の未来を教えてもらったような気分だった。
一番の最後の歌詞
若かったあの頃 何もこわくなかった ただあなたのやさしさが こわかった
の部分で、彼氏がやさしいだけでは彼女は不安になるものなのだな、と思った。
ある日、テレビで南こうせつさんが神田川について語っていた。
基本女性目線で書いた歌なんですけれどね、最後だけは男性目線なんですよ。
当時学生運動とかやっていて、外では拳を上げて息巻いていても、
返ってくると優しい彼女が何事もなかったように迎えてくれる。
こんな穏やかな日々がいつまで続いてくれるのか、っていう男の不安の一行なんですよ。
何十年も想像して聞いてきた情景が根底から崩された瞬間だった。
最後の一行だけ男目線って、伝わる?と思った。
そして、せめて「あなた」を「貴女」と書いてくれていたらいつかはわかったかもしれない、とも思った。
言葉は難しい。漢字とひらがなで伝わり方が変わることもあるとも学んだ。
でもなぁ、男目線で改めて聞いてみても自分にはなかなかに難しいとも思っている。

コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

熱中症対策

2020-11-14 | Weblog
 秋の初め頃、飼い主が急に熱中症について話し出した。
 テレビを見ていたらな、家の中では熱中症対策として水でいいと言っていたぞ。
 外では汗をかくからスポーツドリンクは効果があるが、家の中ではかえって塩分の取り過ぎになるから
飲まない方がいいといっていたぞ。
 その時は、ふーん、そうなんだ、と思って納得した。
 数日後、あることに気づいたので、飼い主に言った。
 あのさ、普通はエアコンがあるから家の中では熱中症にならないんじゃん。だから、年配の人が家の中で熱中症で無くなっている場合、ほとんどエアコンを付けていなくて、眠っている間になくなってるじゃん。つまりさ、家、エアコンつけてないじゃん。扇風機回しても生ぬるい風がまわるだけで、しっかり汗かくじゃん。家の場合はやっぱりアクエリアスは必要だよ。
 飼い主は珍しく、そうか、と言って反論してこなかった。
 ということで、具合が悪くなって吐いたときもOS-1は飲む必要があると医者に言われたことがあり、これは熱中症にも効果があると言われたので、引き続きアクエリアスとOS-1は二本ずつ一年中用意しておくことを飼い主も納得してくれた。
 それにしても夏は毎年怖いと思うようになるんだろうな。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2020-10-11 | Weblog
2ヶ月ほど前の話だが、
今年採れたトウモロコシをいただいた。
夜、飼い主が茹でて、包丁でザクザクと実の部分だけ切り取る。
ちゃんと冷めた頃
「ほれ、初物だ」
と言ってくれた。
録画を見ながら、トウモロコシをスプーンですくって食べていたとき
あ!と思った時には痛みが走った。
脳裏で、
舌がねじ曲がっている映像が浮かぶ。
実際はどんな状態だったかは不明だが、
筋肉がねじれたときに走るのと同じ痛みが
舌に走った。
すぐに舌は元に戻り、痛みも消えた。
だが、怖かった。
っつーか、
テレビ見ながら食べていただけなのに、
脳は二つのことを同時に出来なかったのだろうか。
まあ、普段から同時に二つのことは出来ないアホだが、
まさか見ることと食べることでさえこんがらがる脳って・・・
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おあずけ

2020-09-12 | Weblog
 ときどきコンビニのお弁当を食べる。
 だが、数年前から、以前より食べられる量が減ってきている。
 基本は、コンビニのお弁当なら半分だ。
 だから、夜と翌日のお昼がコンビニのお弁当になる。
 先日グラタンを買ってもらった。
 食べていて調子はいいし、見た目は他のお弁当より少量だ。
 大丈夫だろうと美味しく完食。
 翌朝、胃がもたれて起きる。
 ああ、やっぱり食べ過ぎなのか。
 と思いながら一週間胃薬を飲みながら完治を待つ。
 ようやく完治。
 久し振りのコンビニ弁当に二口サイズのサンドイッチを選ぶ。
 パクパク食は進むが、半分に来て、ハッと我に返る。
 気持ちは食える。
 だがグラタンの時が甦る。
 心で唱える。
 『おあずけ』『おあずけ』
 泣く泣く半分でやめて、翌朝にする。
 おかげで胃は悪くならず、牛乳とコーヒーでおいしい朝食。
 普段はビスケット2~3枚と牛乳50ミリリットルとコーヒーだけなので、
 量的にも大丈夫だった。
 やはり、おあずけは大事だなあと今はまだ思えている。
 しかしまだ習慣にはなっていない。
 いつになったら自然と欲に勝てるかなあと思っている。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2020-08-08 | Weblog
もうきっと辿れないくらい前の話。
ブログに恐怖物は怖くて見られないという話を書いた。
そのコメントの中に
自分の顔を鏡で見ろ、的なコメントがあった。
自分が不細工なのは自覚しているが、公の場でこう書かれてやはりへこんだ。
このくらいでけっこうへこむのだから、
有名人がひどいコメントを書かれて傷ついたり、
最悪なのは自殺してしまったという事実だ。
もちろん自殺はしないが、
あれ以来、
ただでさえ鏡を見ないようにしていたことに拍車がかかり、
更に見なくなった。
人の振り見て我が振り直せ、
ということわざを思う。
自分もコメントには注意しようと思う。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

暑中お見舞い申し上げます

2020-07-12 | Weblog
 暑中お見舞い申し上げます。
 父親は酒乱だった。
 肝臓を悪くして入院しても、夜中に病室を抜け出して
 お酒を飲みに行くような人だった。
 で、医者の言うことを聞かないので毎回毎回強制退院を宣告されるか、
 勝手に退院してきてしまう、という人だった。

 夏になると、キャンディーズの
 暑中お見舞い申し上げます、という曲が毎年放送されるが、
 本も読まなかったので、キャンディーズが解散してからこの曲のタイトルが
 暑中お見舞い申し上げます、だと知った。
 それまでは、焼酎お見舞い申し上げます、という
 入院している知り合いに見舞い品として焼酎を届ける歌だと思っていた。
 それにしては歌詞がどうもそぐわないとは思っていたが、
 アホなのであまり気にしなかった。

 毎年夏になると定番の曲としてこの曲が流れるが、
 毎回、暑中を焼酎と間違えていたことを思い出す。

 まあ、それだけのことである。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする