らき太な日常

『樹萄らき』のある日の出来事 

33回忌

2020-06-06 | Weblog
 六月。
 今年は59歳で亡くなった母親の33回忌だ。69歳で亡くなった父親は去年だった。
 別に法事はしなかったが。
 焼失したので、位牌も写真も臍の緒も何も残っていない。
 声も忘れかけ、顔もはっきりとしなくなっている。
 よく、親の歳より長生きしたいと聞くが、そうなるととりあえずあと5年だ。
 今は衣食住支えられているので、餓死の心配はないのが幸運だと思える。
 17年前までは、自分はきっと餓死するんだろうな、と思いながら日々生きていたし。
 なにせ毎月ほぼ一週間は連日欠勤で、それが原因で空気的に辞表を出すという日々だった。
 家賃と光熱費を支払うと残りは少ない。例えて言うなら病院の初回診察費が払えない額なので、
 熱が出ても病院へは行けなかった。
 数日間一日4リットルのコーヒーやお茶でしのいでいた日々もある。
 六個入りのバターロールを一日一個ずつ食べると、日曜日は絶食だ。
 それでも、貧乏には慣れていたので何となく生きていた。
 希望はなかったが、生きてはいた。
 その後も色々あったが
 川柳の仲間 旬 と出会い、飼い主に拾って貰い、世話をしてもらい、
 今こうして生きている。
 振り返ってみると、
 ホームレスになる心配も餓死の心配もしなくていい日がくるとは思えなかったから、
 とても幸運だったと今思う。
 ここ数年は、かあちゃん、とつぶやいて泣くこともなくなっていることにも気づいた。
 幸せか?と問われたら、幸せだと言えるな。
コメント (1)

ボーリング

2020-05-17 | Weblog
 両親と死別後、思い出の詰まった生まれた町は切なすぎたので、引越す。
 超過保護で育ったこと、世の中のこと、自分の虚弱の事など何も知らなかったことを実感しつつ、
幾つも仕事先を変わり、皮膚の一部でホームレスを実感しながら何とか働き、
平均月収約5万で生きてきた。
 あるバイト先で、ボーリング大会があった。
 握力が右7㎏左5㎏の片手で持てるボールは黄色。一番軽いやつだ。
 運動も得意ではない。
 人の真似をして片手でボールを持ったとたん、指がボールの重さに耐えきれずズドンと落ちた。
 再度、何とか遠心力をと少し後ろに腕をやったら、ちょいと後ろにズドンと落ちた。
 女性軍は少々しらけた感じだ。
 いや、この顔で可愛子ぶれるほど身の程知らずじゃないんだが・・・。
 片手じゃダメだ。ポーズなんぞもうどうでもいい、とにかくボールを転がすのだ。
 レーンギリギリにボールを置き、めいっぱい押し出す。
 ゴロゴロと進み、途中でガーターに、更に途中で止まっちまいやがった。
「もっと強く投げてね」とスタッフの女性に言われ、へこむ。
 だが、やらなければゲームは終わらない。
 とにかくありったけの力でボールを押す。
 とようやくピンに当たり、そのピンに跳ね返されてボールが少し戻ってしまった。
「もっと強く投げてね」とまた言われる。
 だが、これ以降は順調にボールは思いのほか真っ直ぐに転がり、
 なんとかピンが一本倒れると、ピンがピンを押し倒すというパターンで、
点数だけはいった。
 結果、3位となり、商品券5000円ももらってしまった。
 しかし、いくら形じゃないよと言っても、やはりもう少し普通にボールを転がせたかった、とは思う。
 まあ、現実なんて、こんなもんだ。
 おまけに予想はしていたが、翌日上司に
「お前、仕事は出来ないけど、ボーリングはできるんだな」
 と、ぐうの音も出ない事を言われ、契約期間中ずっとヘコむ日々だった。
コメント (3)

スマホ

2020-04-19 | Weblog
 今使っているガラケーが使えなくなるとソフトバンクから通知が届いたのが、去年12月。
 飼い主がいつその気になるのかと思っている内に、
 コロナウイルスの大事件で外出もままならない事態になっている。
 これが収まらないことには、携帯を買い替えるどころではない。
 とりあえず、2024年3月頃までは使用できるので、よかった。
 コロナウイルスは早く終息して欲しい。
 はてさて、スマホを買いに行けるのはいつになることやら。
 もう、待つしかない。

 余談だが、木瓜は春の雪にも負けず、無事に4輪花を咲かせた。
コメント

木瓜

2020-03-21 | Weblog
 今年は暖かい日が続き、雪も降らず、嫌なのはコロナウイルスだけ。
 先週、飼い主がお昼を食べ終えると、
「俺はこれから鉢を外へ出す」
 と言った。
 猫の手にもならないが、ダウンを着て、ビニール手袋をして、とても軽い鉢を三つほど外へ運んだ。
 と、
 おお!
 と、感嘆。
 ここ数年葉っぱしか出なかった木瓜が蕾をつけていた。
 あきらめていただけに、枯れることなく蕾が出たことがすごく嬉しい。
 これだけでくたばり、こたつにもぐって鉢たちを眺める。
 翌日、朝からぼたん雪。
 今まで降らなかったのに、今日降るのかよ、今日かよ!と、
 雪の冷たさにさらされている鉢たちが悲しい。
 せっかく芽を出した木瓜がこの寒さで落ちるんじゃないかと非常に心配だ。
 とりあえずいまのところ蕾はありそうだが、
 気のせいか、蕾が小さくなった気がする。
 頑張れるか-? 木瓜!
コメント

養命酒

2020-02-06 | Weblog
生前、父親は酒乱だった。
さて、過去にも養命酒を試してみたことはあったが、最低三年は飲み続けないと効果が分からないと聞いた。
過去二回、最高2本目まではいったが、三年にはほど遠かった。
今回再挑戦である。
飲める方ではないので、養命酒に付属されている小さなコップに3/1の養命酒を二倍の水で割って飲んでもちょっと、へろっとなる。
基本一日三回と書いてあったが、父親のDNAがこわいし、味も好みではなかったので、ちょくちょく忘れ、夕食前に一回の服用がほとんどだった。
過去二回挑戦して続かなかった原因は、期間だ。
いつ飲み始めたのか不明になり、一本飲み終えると飽きていた。
三年は長く、体にも効果が表れなかったので何だか興醒めしてやめてきた。
今回、日記の裏表紙に飲み始めた日付を書いた。
そして寝室に置いた。
何かっつーと寝室へ行くので、必ず目にする場所なので、ここにした。
購入の日。ふと不安がよぎる。
「一日三回飲んでも、気がついたらキッチンドリンカーになっていたってこと、ないよね?」
思わず飼い主に聞く。
「あたりまえだ」
「そんな兆候があったら、前回とか前々回の時にすでにキッチンドリンカーと化してるよね?」
「ああ」
ちょっと安心して購入。
午前10時起床、パブロンの代わりに養命酒一杯。
お昼直前、一杯。
午後3時、ドライブ前にパブロンと安定剤。
夕食前、一杯。
就寝前、パブロン、安定剤、眠剤。
飲み始めて一週間、寝室に入るたび養命酒を目にし、ちゃんと三回服用できている。
三年は長いが、頑張ってみようと思う。
コメント (2)

令和二年

2020-01-05 | Weblog
 昭和で生まれ、平成、令和と経験した。
 去年年賀状を書いていて気が付いた。
 年号が変わったとき、
 〇〇元年
 という年賀状は一度も書けない。
コメント (2)

2019

2019-12-28 | Weblog
 振り返ると、くそ面白くもない不調の内容ばかりだった気がする。
 読んで頂いているのに、こういうネタしか書けなかった日々だったと確認する。
 来年は一つでもいい、笑ってもらえることを書きたい。
 ゴーン。
 来年もよろしくお願い致します。
コメント (2)

待つ

2019-11-10 | Weblog
 この頃、いろいろ焦る。
 具合が悪いと特に。
 苦しくて、もがいて、良くなると、少しホットして、次に来る悪いことにおびえる。
 待つ、ということをふと思い出した。
 自分のペースも分からなくなって、焦っている日々。
 何をどうしたらいいのか良く分からないけれど、
 待つ、ということを心掛けてみようと思った。
コメント (2)

あれ?

2019-10-26 | Weblog
 三日ほど前のことだ、いつものように杖を突いて車から降りた。
 ドアを閉めて、歩こうとしたら、足がなかなか前に出ない。
 一歩出すのに十数秒もかかっている。数年前の症状と同じだ。
 そのころ、食べるのも飲むのも少し遅くなった気はしていた。
 今、「いただきます」と言って、箸を持つが、それから20分くらい動けない。
 左腕をテーブルにおいて体を支える。もう、お茶碗は持てない。じっとしたまま20分。
 ようやくごはんを口に運ぶ。噛むのも遅くなり、一食に一時間ほどかかっている。
 これも数年前と同じ症状だ。
 ただ、呼吸は普通にできるので、気持ちはずいぶん楽だ。
 相変わらず原因不明だし、突然の復活で気分はいささか不愉快だ。
 だが、医者に行っても処方はないし、ああ、またこーゆー日常が続くのだなと自分に言い聞かせているところだ。
 今度は何ヶ月この症状で、いつ良好に向かうんだか・・・。
 考えても仕方がないので、ここに愚痴った。
コメント (2)

一句

2019-09-21 | Weblog
見えている辿り着きたくない岸辺
コメント (2)

日々

2019-08-17 | Weblog

 気づいたのは梅雨頃だろうか。

 口がよく渇くなあと思いながらの日々。

 その日は好きなおかずが出た。

 あまり食欲がわかない。

 ごはんを口に入れたら、一気に口の中が乾き、唾液も出ず、ご飯を飲み込むのに苦労した。

 この日からご飯が苦手になった。

 いや、食事そのものが負担になった。

 同時に間食も全くいらなくなった。

 かといって食べなければこの暑さで、くたばるのは目に見えている。

 せめて食事と水分は必要不可欠だ。

 とりあえずおかずを食べ、ごはんに少量のお湯を入れ、ふりかけをかけて食べる。

 毎回、一食が命の一食と思うようになっている。

 そう、義務で食べているので、おいしいとか、味わうという感情が皆無に近くなっている。

 やばいとも、思っている。

 お盆を過ぎて、いつも通り秋風が吹き、今年も熱中症からは免れた感はあるが、

 まだ安心はしていない。

 食事が、まるで車にガソリンを入れるような感覚で、生きている者として悲しい。

 秋が来ても、食欲が復活する気がしないから、なおさら切ない。

 それでも現状維持で生きていたいから、頑張って食べる。

 あ、そういえば、お知り合いの方からいただいた桃はジューシーで甘くて、

 あの時だけは食べることを楽しめた気がする。

 食べることを頑張る。

 今はそれが一番の優先順位だ。

コメント (6)

のど自慢

2019-07-21 | Weblog

 今年になってからだろうか、急にのど自慢を見るようになった。

 食後一時間ぐらい休むのだが、そのときたまたまNHKになっていて、

 のど自慢を漠然とみていた。

 ああ、何だか楽しいなと思って、以来、見ている。

 今日は水森かおりさんが出ていた。

 彼女は今高遠の歌を歌っている。

 自分に郷土愛があるとは思っていないが、

 全国放送で高遠の歌を歌っている彼女を見て、

 地元の歌を歌ってくれていることが、何だか嬉しかった。

 こんなふうに前向きに自分がどこか変わったのも、嬉しい。

コメント (4)

もう一度

2019-07-20 | Weblog

 体力と気力が去年より少なくなっている気がする。

 今年はまだどこにも投句していない。

 いくつかの柳誌も今年頂いた分がまだ一冊も読めていない。

 先日やっと去年末にいただいた柳誌を読んだところだ。

 そして読んでもなかなかイメージが広がらず、句が読めない。

 もっとも作者の意図通りに空想したことはない気がするが、

それでも以前は空想が広がって一句一句が楽しかった。

 この頃は難しいとさえ思ってしまって、次へ進めない。それもさみしい。

 虚弱体質ってなぁ治療薬もなく、医者へ行く意味がないので困っている。

 こんなことを書いて意味のない更新。

 ネタがあれば更新か、とにかく月一の更新か毎回悩む。

 今は梅雨で更に体がキツイ。

 だが今月末は旬の原稿締め切り日だ。

 何が何でも自由句10句と課題句3句は産まなければならない。

 エッセイは無理だな、たぶん、ネタもないし。

まぬけをしでかしたらネタになるのだが、動けないのでコケもしない。

 もう少し治って欲しい。

 もう一度川柳を楽しくイメージして遊べるようになりたい。

コメント

眠剤

2019-06-23 | Weblog

 一ヶ月ほど、眠剤を飲んでもなかなか眠れず、四時間後にもう一回飲む、と言う日が続いた。

 通院の日、医師に伝えたら一種類違う眠剤と替えてくれた。

 疲れたのか、帰ってきてお昼を食べた後眠った。

 三時間も眠ってた。

 夜。

 昼過ぎ三時間も眠っていたので、さすがに薬の効果を疑う。

 だが、難なく眠りに落ちたようで、気がついたら朝だった。

 うーん、この薬、少し強すぎね?

コメント

令和

2019-05-19 | Weblog

 五月に入ってパソコンをつけた。

 ああ、そうだと思って、文章を打つ前に

「令和」を辞書登録しようと思った。

 れいわ と打ち、令と打ち、和と打った。

 出てきたのは、すでに登録されています、という言葉だった。

 びっくりした。

 そして、誰かが(会社とか)この操作を全てのパソコンへ操作したのだと

思い当たった時、ちょっとゾッとした。

 外からいくらでも個人のパソコンを操作できることを身を持って知った。

 ブログとか、フェイスブックとか、言葉に注意しようと改めて思った。

 

コメント (2)