ポニーさんの街ぶらと撮り鉄 「ポニ夢中」 (ぬる鉄紀行)

鉄道(ぬる鉄)写真ばっかですが覗いてくださいね。 適度にテキトーにやっております

EF66 33 2088レ (10月14日 弁天島 他)

2013-10-31 11:06:02 | EF66 0番台
弁天島付近での撮影、自分 2番鉄橋がメインなのですがこの日はホームから   半逆光  これからキレイに輝くと思われ 


オマケは19日の5073レかな 浜松駅   


もう一丁オマケは1050レ   高速で駆け抜けていきます 











コメント

新幹線700系+700系 浜松駅 (アクトシテイ)

2013-10-30 11:58:56 | 700系、N700系新幹線
アクトシテイの展望回廊行ってからもう一か月以上経ちます 
夕陽に向かって700系が浜松を通過  退避する700系を追い抜きます。 カメラは全然水平でなく  
とにかく海(遠州灘)を入れたく必死の構図  


またまた角度を変えて   700+700が2枚撮れました  

浜松駅南口は商業ビルがチョロリ   奥は基本住宅街   自分が育った町 懐かしい 









コメント

静岡鉄道1000系のすれ違い (9月14日)

2013-10-29 11:11:01 | 天浜線、遠州鉄道、静岡鉄道など静岡の列車
静岡鉄道1000系 
列車は ほぼ6分毎の運転 春日町-柚木間ですれ違いをするので春日町駅から撮影を試みましたが  3回狙って成功はこの1回だけ  


せっかくのセノバ色も対向列車来ず    天気の良いときに再挑戦 



コメント

EF65 2096 3075レ (17時50分ころ 地元闇鉄)

2013-10-28 11:53:54 | EF65 0 100 PF
10月11日 桃(EF210)の代打でやって来たPF2096号機牽引の3075レ 
17時40分頃 自分の地元駅側線にて小休止 


普通列車1本先に行かせます。     キロポストがちょいと引っかかる 


みるみるうちに暗くなり (闇鉄でよく用いる表現・・) そのたびISО感度上げ 

来年の改正後もここで休憩してくれると嬉しいのだが 





















コメント (2)

EF66 30 遅8058レ (10月26日 地元闇鉄 +オマケは今日のゼロロク)

2013-10-27 20:42:28 | EF66 0番台
こんばんは。更新遅くなりました 

26日 台風一過の浜松  昼から天気回復   久しぶりに見るキレイな夕焼け 
冷え込んだ中ずっと待っていた遅8058レ 17時半すぎに来てくれました    金網ごしの35ミリ単玉チョイ流し   
ゼロロクだと頑張ってしまうポニーさん 


オマケは今日普通列車乗車中にすれ違った26号機   復帰後初撮影 


静岡から帰りの普通列車乗車中 2088レとは金谷付近ですれ違いと読んでいて 大井川橋梁はクリアできたが
まさかこんなとこで   もうちょっと先だったら  






 
コメント

EF210-110 1058レ と夕闇の浜松 (9月28日 +オマケ)

2013-10-26 11:34:11 | EF200、210など 貨物列車
9月28日 ゼロロク30号機の5074レが通過 その約10分後 1058レがやって来る 16時頃からは自分の地元 貨物ゴールデンタイム 
(約2時間の間に下り4本 上り6本)


撮影順だとこちらが先ですが  3075レが出発  しかし、みるみる暗くなっていく  


コンテナの天井しか見えませんが  情緒ありそななさそうな




















コメント

熊本電鉄の車両たち (8月15日 北熊本)

2013-10-25 11:50:16 | 私鉄列車
まだまだ続くゾ 九州編は熊本電鉄 下調べをしていかなかったので見る車両が新鮮に見えた 


主力の6000形かな。 東京都営地下鉄出身  カラーリングから何か海外にいる気分に 


左は大阪 南海出身なんだ 


北熊本駅駅舎かな 30分程しかいませんでしたが お世話になりました 








コメント

EF66 27 遅2089レ (10月23日 地元闇鉄 +オマケPF2119)

2013-10-24 11:43:08 | EF66 27
雨は降っていなかった23日の夜 9時前 ゼロロクはニーナ(EF66 27) が浜松付近を通過 
今回、地元駅ホームでなく駅付近の道から撮影   普電の続行のためかスピードやや遅め。


「ダメもと」 の気持ちでカメラ振っていました   けっこう寒かった浜松の夜 


PF2119の3070レ   オマケはA級   撮影者 腕がC級 




コメント

EF64 1044 8784レ ?? (大垣駅 +オマケの64)

2013-10-23 11:57:25 | EF64 貨物
赤ホキ 8784レでしょうね   大垣駅通過は意外と早いのね   そんなことないの   昔からそう   
9月21日 大垣始発の新快速車内で座っていたら(14時廻ったころ) 「ゴ~」音たてて通過されたので  
一週間後の28日はホームで撮影してみました。


オマケその1は 19日撮影 EF64 1006 9863レ  用宗 


その2は車両所から大垣駅5番線に入る「新快速」 












コメント (2)

700系「こだま665号」と「こだま666号」 (アクトシテイから)

2013-10-22 16:02:23 | 700系、N700系新幹線
普段は浜松駅からかなり離れたところで並ぶのですが 「こだま666号」の発車が遅れたようで 
  
そのおかげで上手いこと駅近くにて並びを撮ることができました  
・・・
・・・
・・・
しかし・・・  この写真に違和感を覚えた方   


(下へ続く)




さすがです 






すいません・・こちらのミス    180度ひっくり返っていました   こちらが本来の撮影画像 





 



コメント (2)

EF66 52 5052レ (10月19日 用宗)

2013-10-21 10:38:07 | EF66 0番台
個人的には昨年9月16日以来のゼロロク52号機撮影 また復活してくれるとは 
復活ゼロロクは26号機がまだ撮影できていない   早く会いたい。


オマケは1090レ   これも撮りたかったのだが すぐ9863レが来るので64優先でした 



コメント

EF65 2094 遅刻5087レ と 富士山 (10月19日)

2013-10-20 14:37:14 | EF65 0 100 PF
昨日土曜日の撮影です   この日は下り貨物が遅れていたみたいですね 
自分は8時14分発の普通列車で静岡方面へ    用宗で下車し連絡橋の窓から静岡方を覗いたら アラっ

富士山  最初見たとき「雲かなぁ」 でしたが雪みたいですね   5087レは9時40分頃軽快に通過していきました   


オマケは桃貨物列車   ほぼ1097レのスジでしたが1097レではないと思う  1081レ  

コメント

EF65 2074 東京メトロ甲種 (地元) +オマケ

2013-10-19 19:17:22 | EF65 0 100 PF
こんばんは。 先週の三連休は好天の浜松でしたが   今日は曇り時々雨 
自分、今日は遠出するつもりで楽しみにしていましたが「この天気では・・」で断念   それでも静岡までは行き
貨物列車いろいろ撮影してきました   またチマチマと更新していきます。

写真は東京メトロ甲種  小雨パラつく地元にて   後追いは失敗した 


オマケは311系普通列車掛川行き   313系Y編成やJ編成使用もあるがこの時ばかりは「311系来い」 でした。


コメント (2)

371系急行 「中山道トレイン」 (10月13日 定光寺付近)

2013-10-19 14:05:29 | JR(JNR)特急、急行列車
10月13日 快晴  微風   「一回は撮りに行かにゃいかんよな」 で9時頃定光寺駅で下車  
371系急行 「中山道トレイン」 が来るまでまだ時間があるので駅周辺散策   庄内川(かな?) に架かる橋の上から通過する列車の見え方を確認 
線路と高低差がかなりあり  特に下り列車の足回りががどのくらい隠れてしまうか・・定かではなかったので 

出した結論は 「なんとかイケそう 」 で腰据えて待っていざ撮影   結果・・こんなもんか  


川の流れの音でホームの放送聞き取りにくく   けどなんとか聞こえたのでカメラ構えて撮った一枚目がコチラ

青い空 緑に白と青の列車     


オマケ、構図内 川中心のワイド構図だと 一枚目の写真よりさらに列車が小さくなってしまう 
















コメント

九州横断特急2号 乗車記念プレート (車内にて)

2013-10-18 11:33:46 | JR(JNR)特急、急行列車
2013年夏紀行続く 
車内前方より アテンダントの方が「記念の撮影いかがですか」 ニコっとしながらこちらのほうに 
ついに自分の順番   まぁ・・断わる理由も見当たらないので 「ハイ いきま~す」   (自分のデジカメで撮ってもらいます)

自分の顔見せなきゃイイんだよ   ウルトラトリミングしてプレートだけお見せします。


車窓 どの駅付近か忘れちゃった  赤水かな   犬とお散歩 


豪雨による被災のため不通になっていた区間を通過 まだ作業員いらっしゃる所もあり 
















コメント