低山徘徊の記 プラス 日常ブログ

日常生活、九州のお山の散歩や芋焼酎・・・そんな自分の好きな事だけ書き散らす。どうでも良いよな、ブログですね。

坊ケツル(九重)

2018-08-19 23:58:30 | 徘徊の記(九重山系)
昨年の夏は大山の三鈷峰辺りを歩いた。今年は烏ケ山かな、、いや、いっそ四国に渡り三嶺~剣山って言うのも有だなぁ~と考え始めたところに鹿児島の山友たっくん隊長より念願のアライテントのドマドームを購入、二人でゆっくり坊ケツルでテン泊しませんかとお誘い。活火山のど真ん中じゃないか。と思いながらも、、いいねぇ!!今年多発する台風の状況をみながら18日吉部登山口に9時集合を決めた。ところが日を追うにつれ話が大きくなり、18日の坊ケツルの野焼きの輪地切り作業隊より作業終了後1名合流、たっくん隊長主宰の山学校よりテン泊組2名に日帰り組が2名、福岡からは文八郎さん組3名が参加表明。すごいね、、総勢10名の大部隊集結!?

当日、吉部登山口より樹林の中を約45分。午前10時過ぎ、たった独りで眺める暮雨の滝です。なんだなんだ?言い出しっぺのたっくん隊長は突発的諸事情により参加を断念。鹿児島日帰り組と福岡組は長者原より入山、、鹿児島テン泊組は??え?なに!?寝坊しただと(怒)!!

って訳で、、いつもと変わらず、、単独歩きとなった次第。おおっ~、視界が開けてきた。日陰の快適樹林の道もここまで。

パキンと晴れた夏の九重坊ケツル。紫外線が半端ないねぇ。

テン場まではもう僅か。折角ここまで来たのだから夏のお花達も眺めたい。大船林道沿いの草原を寄り道してウロウロ、コオニユリ。

ネジバナにサワギキョウ。

おおっ!コウライトモエソウ?白花のフウロかな?

11時半坊ケツルのテント場に到着。福岡組と鹿児島日帰り組は既にビールで乾杯中?平らな所に私のお宿、ゼフィロス1ライトをフライシートのみのフロアレスで設営。雨降らないのでこれで大丈夫でしょう。

寝坊組も到着し、昼食タイムはそのまま真っ昼間の宴会へなだれ込む。真夏の午後の暑い日差しに堪らずタープを開帳、ソロ用なので半分以上の方々がはみだしてますが、、大量の酒と美味い山飯を担がれた福岡組に感謝です。

そろそろ日帰り組の下山時間。フルメンバーで記念写真。結局この後もダラダラと呑み喰いに明け暮れ21時に沈没。

19日3時、朝駆けしてみる?と、、目覚めた幕外は、、雲も取れ満点の星空!流星も5つ6つ走りましたが、、iPhoneカメラを30秒露出で草叢に放り出しただけの撮影ではこれが限界、、ヤッパ寝る、再びシュラフに潜り込む。

テン泊組6名のうち、大船山朝駆けでご来光を堪能したのは僅か1名、、彼女も無事帰還。炊き立ての白飯に焼き豆腐の味噌汁?とキッチリ日本人的朝飯(家に居ても食えないなぁ)まで作って頂き感謝感謝!!山には登らず?呑んで喰って喋って笑って、、こんな山泊もいい!!しかし、、一般人は下界へ戻らねば、、ああっ~、、撤収。


コメント

平尾台(福岡県)

2018-06-17 23:59:48 | 徘徊の記(その他の山)
4月に入って歩きたくなった時は平尾台カルストを散策。午後から大平山往復までだったり、朝飯コンビニ弁当を桶ケ辻の絶景の中で食ってみたり、、我が家から1時間弱で台上に上がっちゃえば高原的な空間の広がりと小さな野草がイッパイなのが心に良い!

本日は山友の鹿児島たっくんの山学校メンバーしおりチャン来福。一緒に茶ケ床園地から羊郡原へ向かってブラリと台上を歩く。

普段は来たことのない根性の木!頑張って生きてるんだなぁ!

キス岩で独りキッス??いろいろなスポットがあるんだなぁ。

10~20年後には第二根性の木に育って欲しい。

茶ケ床園地~大平山~四方台~貫山~中峠~広谷湿原~周防台~桶ケ辻~貝殻山鞍部~茶ケ床園地とグルリ散策。青空でよかった~!

平尾台で見かけた花。iphoneで写してみました。もっとイロイロあったけど、ピンボケが多くて。クリックで拡大します。
2018/4/5

なんだ?      スミレ    タンポポ
2018/5/27

ムラサキツメクサ フナバラソウ ツレサギソウ  アマドコロ 

カノコソウ   ソクシンラン   シラン    トキソウ
2018/6/2

ウツギ      ヤマツツジ  セキショウ   オカノトラオ  

ヒメジオン      ?   
2018/6/17

カキラン    ウツボグサ   オカウツボ   ノイバラ

ノハナショウブ    ?   
コメント

万年山(大分県)

2018-05-20 22:43:03 | 徘徊の記(その他の山)
ミヤマキリシマの季節。この九州オンリーのツツジは、火山活動により生態系が撹乱された山肌で優占種として生存する。逆に、火山活動が終息して植物の遷移により森林化が進むと、優占種として生存できなくなる。要するに九州の火山周辺に行かないと出会えないのです。生息地の有名どころは皆、活火山。霧島・雲仙・阿蘇・九重、、由布岳鶴見岳にしてもまた然り、、今年1月の草津本白根山の突然の噴火や、続く霧島新燃岳の噴火。4月に入っての250年ぶりに霧島硫黄山まで噴き上げた・・・こんな事が楽しい登山の真っ最中に起これば、最早私は生きて戻れる自信も知識もない訳で、、活火山恐怖症とでも言いましょうか、、ミヤマキリシマはしばらく諦めようか、、いや、、調べてみるとミヤマキリシマ群落は活火山以外でも有る!大分県日出町の約110万~60万年前に噴火した鹿鳴越火山群の経塚山、大分県玖珠町の万年山。ここは約80万~40万年前に万年山溶岩を噴出した。同じ時期の同じ噴火の大分県天ヶ瀬町と熊本県南小国町との県境にある亀石山等、ここまで古い噴火が現在に蘇る事はないんじゃないかなと。ミヤマキリシマの咲く規模からすれば万年山が一番かな。

鹿児島の山友たっくん隊長が山学校のメンバ-を率いて万年山へ来るという。この方達と歩くとにぎやかでまた違った楽しさがある。すかさず同行!

吉武牧場からの周回コース。何度か歩いたコースですが今日は空気の透明感が最高。スカッと周りのお山が見渡せた。まずはミヤマキリシマのお花畑へ、今年も見事です。

花操分岐より上万年に上がり山頂で集合写真。

九重連山が見事に見渡せてます。最高のコンデションでした。

後日、万年山について少し調べてみましたが、、下万年と上万年に分かれる珍しい2段メサ(卓状台地)であり、九州百名山の一つとされるとともに、2007年には「玖珠二重メサ」として日本の地質百選に選定されている。~Wikipedia~
メサとは 上位に硬い水平な地層が、下位に浸食されやすい柔らかい地層がそれぞれある場合、下の地層が浸食されて急崖を形成し、上部は浸食されないためにテーブル状の台地となる。同じく~Wikipedia~より・・・
う~ん!?古い時代の火山が侵食されて残った地形だという事だなぁ?
それにしてもどうしてここだけ二重メサなんでしょうかね? 万年山の上万年は粘度の高い万年山溶岩が固まった流紋岩と聞いた。たぶん上下で違う地質なんでしょうね。ほんじゃ、、下万年の成分は何だろう?万年山溶岩って何処から出ていたんだろう?上万年の方が新しい時代だよなぁ???うううう、疑問は増えるばかり、二重メサの成り立ちを知りたい!! 
コメント

野峠~一ノ岳(笹の宿)1124m(福岡県)

2018-05-12 22:27:40 | 徘徊の記(その他の山)
昨年の5月2日 求菩堤山資料館前バス停の駐車場から犬ケ岳(三ノ岳)1130.8m~一ノ岳~修験の山、求菩提山782mをグルリ周回した。求菩提山への分岐となる一ノ岳は英彦山方面へ向かえば野峠まで歩けると言う。犬ケ岳と言えばシャクナゲの花、、今年はもう時期を外した感があるが野峠~一ノ岳を繋げてみれば少しは出会えるのかもしれない。単なる往復もつまんないので帰りは少し楽して稜線上を並行して走る経読林道をブラリしてみようか。

国道500号線で国道496号線の分岐点まで、ここが野峠。福岡県と大分県の県境です。登山口の看板、なんだか少し見辛い地図ですが、今日のコースは九州自然歩道の一部でもあり福岡・大分の県境上を歩く。9:10出発。

野峠の標高が約720m。地図を眺めると最初の標高記入のあるピークが910m、、約200mを一気に標高を上げる。痩せ尾根、鎖場(鎖要らないかも?)が2カ所かな?、でもここらは変化に富んで結構汗をかきました。

来し方を振り返ると、おおっ!もう一つの修験の山の英彦山です。

約50分で910mピーク手前、、ここからは緩々と標高を上げていく樹林の稜線歩き。ツクシシャクナゲ間に合いました。

なかなか濃い色合いで華やか。つい足が止まってしまいます。

大きなブナかな?晴れた空に向かって大木を根元から見上げると、黒々とした幹と光を透した緑の葉のコントラストが好きですね。

木々の背丈が低くなってきた?と思えば一ノ岳山頂広場。稜線歩きは一服休憩が多すぎたな、所要時間2時間半。おまけに山頂写真は何故かこれ一枚。グルリ景色を眺めながらビール昼飯大休止!

復路は求菩提山側に向かい並行する経読林道に乗り換える。

思った以上に荒れた林道。カーブミラーも埋まってます。基本下りで楽かと思いきや、、転がるゴロタや轍で結構歩きずらい、、こりゃ、稜線をピストンした方がよかったかな。最後の国道歩きにも少しめげ14:30に野峠到着。
コメント

泉五木トンネル~南山犬切~七遍巡~北山犬切~上福根山1645.6m(熊本県)

2018-05-05 23:55:59 | 徘徊の記(九州脊梁山系)
九州脊梁山地を続けて歩く
泉五木トンネルから高巣山・蕨野山・岩茸山・積岩山そして奥座向を経て九連子へ下ったのは、、、2016年11月だった。もう1年半前の縦走だったんだ。歩きたい歩きたいといつも考える九州脊梁の山々ですが登り口に着くまでにどう走っても軽く半日は費やしてしまいます。「脊梁を続けて歩く。」そんな意欲すら湧かなかった去年のGWだったけれど、1年以上もご無沙汰の脊梁、、でも今年はどうしても歩きたいと思います。

4日午後に下関インタ-より高速道路に上がり、途中エンジン下の跳上防止カバー脱落で一旦は諦めかけましたが、5日午前4時。真っ暗な泉五木トンネル九連子側に到着。車中仮眠で夜明けを待つ。

5時40分 トンネル横の急登に取りつく。約10分で稜線上。右へ歩けば高巣山方面、左に向かえば七遍巡り方面へ。尾根には昇ったばかりのお日様が眩しい。

稜線上で時間を稼ぎたいとスピードアップ、、ふと、気付くと杉林を下ってます!?石楠山は過ぎたかな??コース上に杉林はないよなぁ?いきなり道を間違った。石楠山の北の稜線を下ってるようだ、戻りたくないので強引に石楠越登山口からの道に乗換えて6時35分石楠越に到着、、予定ではここまで25分なんだけど。

7時15分 南山犬切通過。七遍巡りに向かう間に何度も鹿に出会う。正面の木立から2頭こちらの様子を伺っています。iphoneのズームではこれが限界、、やはりデジカメは携行するべきですね。

7時35分七遍巡りに到着。ここから北山犬切・上福根山への道は初めての道。ルートを外さず歩けるか?

途中の石灰岩地に山芍薬の群落。ピンポン玉だね。

8時5分 山犬切峠に着いた。縦走路はこの川口樅木林道とクロス。林道は崩壊していると聞く。

8時35分北山犬切の石灰岩ピーク。ちょっと先の一本樫山で20分休憩。気持ちの良いピークです。

ここからは、上福根山らしき山々が見えてます。9時行動開始。九連子から岩宇土山上福根山・石楠越への単独周回の方とすれ違う。

上福根山への道はシャクナゲとミツバツツジの尾根道です。9時15分下福根山。9時30分中福根山。9時49分展望満点の前福根山、、なんか、、〇福根山が続くなぁ~!?

で、10時。本日の目標、上福根山山頂に到着。往路4時間20分。静かな山頂で大休止。来たからには行かねばならないスタート地点、、ピストン縦走の辛いトコロ。そっか、、先ほどすれ違った単独の方の周回のコースが良かったなぁと少し後悔。
上福根山10時40分スタート。前福根山でしばし展望を楽しみ一本樫山11時50分。山犬切峠12時20分、七遍巡り12時50分ううっ、、そろそろ疲労の色が濃く、、南山犬切13時25分、、石楠越14時20分、、バテバテになりながら、、14時50分泉五木トンネルに戻ってきた。復路4時間10分。久しぶりのロングな脊梁山地。心地よい満足感でした。




コメント