日々日々徒然。

最近は育児日記と化しつつありますが・・・
このブログの情報が何か一つでも誰かのお役に立てたらいいな~と、綴っています。

YUI『タイヨウのうた』泣けます。

2006-06-22 19:45:39 | シネマ日記
『タイヨウのうた』観てきました~~!


YUI、かわいいね!!
ほっぺたを引っ張るシーンは、かなり可愛かったよ。


なんだか、すっごい時間の空間を上手く使ってる映画でした。

静かな時間の中で、
様々な心情が行き交う・・・


切ない映画でした。


YUIの歌も、めっちゃ泣けます!!

映画を観てから、『Good-bye days』さらに好きになりました。


あの病気、ホントに辛いみたいよね・・・。
ダーリンの知り合いの友達が同じ病気で、亡くなったらしく。。。
映画と同じく、長くは生きられないみたい。。。

友達・彼氏も辛いけど、
自分の子供の場合がやっぱり一番辛いのかも。


これから子供を産もうと考えてる身なので、
色々考えちゃいました。


ところで。

塚本くんの、高校生役良かったよvv
でも、もう23か24歳くらいよね??
まだまだ少年のような彼が羨ましい・・・!


塚本くんといえば「アニ」!!

そうです、『木更津キャッツアイワールドシリーズ』!

そろそろやってきますね~~vv
またバカっぽい内容になりそうな予感ですが・・・
でも、期待してます!!

amazon→YUI 『Good-bye days』
コメント (2)

新生活は安カワ『ニトリ』でSTART!!

2006-06-17 15:32:14 | たべもの日記
『ニトリ』を侮るなかれ。


ほんと、新生活を始めるにあたって、
かなり活躍しました★

ホームセンターよりも安い!!
そしてカワイイ!!


一番買って良かったのが、
白食器。


白い食器って、料理がすっごい映えるんです。


しかも、ニトリの食器は安い上に、
形もなかなかGOOD★
重さも丁度いいくらいにあるので、
割れにくく使いやすい★


ニトリの家具は私的にはちょっとイマイチですが
(安いんですが、どうも安っぽさが気になる・・・)、
雑貨類はかなりオススメです!!


ニトリHP


*ちなみにこの写真のBACKのテーブルランナーは
                『ベルメゾン』で購入したものです*

 リネンテーブルランナー 1,480~2,480 5色3サイズ展開
コメント

『ロバート・キャパ写真展』 in 大丸神戸

2006-06-10 20:30:38 | Art日記
写真好きの方なら絶対行って下さい!!!
『ロバート・キャパ』の写真展。

6/12月曜までですが、まだ間に合います!!!




60年間眠っていたカラー写真を世界初公開!
とのことだったんですが、
ほんとに鮮やか。

60年前のものとは思えないです。


何といっても空の色が素晴らしい。


主に戦場での写真なんですが、
なんだか映画の一部のよう・・・。
確かにリアルなんですが、
兵隊たちの表情も、すっごい和やかで驚きました。
日本の兵隊とは違うなぁ、と。

戦場なのを忘れてしまうかんじです。




この写真展、
入場券がすっごくいい!!!

コレ↑、入場券なんですよ。
まるでポストカードのよう。


図録とポストカードを買って帰りました。

 図録 2.300円

 ポストカード4枚入り 800円


図録には、
写真展でも展示されてたキャパの有名なモノクロ写真の数点は
載っていませんでした。
あくまで、カラー写真のみ。

あの写真たちが載ってないのはちょっと残念ですが・・・。
この内容で2,300円は大満足★

ただ、ポストカードが高い!!!
・・・だって4枚入りですよ。
(バラ売りはありませんでした。)

でもね~~~
買わずにはいれません(笑)


とにかく、気になってる方は急いで行って下さい!!

日本の写真や、ヘミンングウェイの家族の写真なども見どころ満載ですよ♪

******************************************************
大丸ミュージアムKOBE もとまち
2006年5月31日(水)~2006年6月12日(月)

『ロバート・キャパ写真展』

●開館時間
 10時00分から20時00分
 ※入館は閉館19時半まで
●休館日
 なし
●観覧料金
 一般800円、大高生600円、
 中学生以下無料

大丸ミュージアム
***************************************************

駐車場は、大丸の駐車場なら3000円以上のお買い上げで2時間・
30,000円以上の買い上げで3時間無料。

後、付近にも民営の駐車場があります。
平日なら1日800円などもありましたよ~~。
コメント

忙しい朝には絶対『ティファール』!!

2006-06-08 20:10:00 | たべもの日記
実家でも大活躍してた『ティファール』のケトル。
新居でももちろん購入しましたよ♪


もう、朝が弱い私の強~~~~~い味方。

時間がない時でも、簡単に紅茶を入れたりすることができます♪

もちろん、朝だけでなく、
夜にも大活躍。


保温ポットではないので、
衛生的にもGOOD★
コストパフォーマンスもGOOD★
味もGOOD★(沸かしたてのお湯で作れるので)

いいことづくしです!!


当初はかなり「ぐつぐつ」いいながらお湯が沸くので
コストがかなり気になってたんですが、
家電屋さんに行って、1回辺りのコストを見て安心。
めっちゃ安い!!
(何度沸かしてもこれなら問題ありません♪)


しかも、今の所故障したこともないですしね。


CMを始めてから、さらに人気が上昇したみたいで、
家電屋さんでもすぐ売り切れになっていました。

普通の保温ポット、これから激戦ですよね。
「トク子」さんポットも、『ティファール』に比べると全然トクじゃないし。


これは、
絶対絶対オススメです★★★★★

T-FAL 電気ケトル ニューヴィテスエクスプレス 1L BF202022
8.925円 → 31%OFFの 6180円
コメント (2)

『十人の大和路』写真展 in 奈良市写真美術館

2006-06-04 19:33:28 | Art日記
写真展に、最近よく行くようになりました。


良い写真を撮るには、
まず自分の感性を磨くこと。


これが、まず第一だと私は思います。


今回のこの写真展、
さすが・・・!という作品が沢山ありました。

それぞれ、写真家の個性というか・・・
「この人はこういう撮影が好きなんだな」とか、
「ここをテーマにしてるんだ」とか、
それぞれ解り易く、
「テーマ」の大切さを実感しました。


この写真展の目玉は入江泰吉さんなんですが、
私個人的には井上博道さんの写真にすごく惹かれました。
チラシにも載ってる、写真です。
空の青と、
木のなびいたカンジがものすごく好き。


お土産には、
ポストカード(入江さんのポストカードのみ販売していました)↓と、

@70円


井上さんの写真集『俳句』↓を購入。

@3,990円

この本、かなり心が安らぎます。
「春夏秋冬」の構成になっていて、
色々な詩人の俳句とともに、写真が載っていて・・・。
構成も、見やすく斬新。
季節に合わせてゆっくり読んでいこうかな、と思い
寝る前にちょっとずつ読んでいます★
俳句って学校にいてる間しか触れあう機会がありませんでしたが、
こんなにいいものだったんだ、
こんなに自由に感じるものだったんだ、
と新たな発見です。
amazon→『俳句』 3,990円

そう!
井上さんといえば、『幡(ばん)』。
以前、奈良の「Lier 幡」に行った事があったんですよ。
そういえば、写真も展示してありました。
ランチを食べに行ったんですが、売り切れで食べる事ができず、
雑貨を買って帰った想い出があります。

すっごくいい雰囲気の、自然の中のカフェ&雑貨店です。
雑貨も充実してますので、
雑貨だけをお目当てに行っても楽しめます♪
Lier幡


******************************************************
奈良市写真美術館
2006年4月1日(土)~2006年6月25日(日)

奈良に住んで大和路の風景を撮影する10人の写真家
(井上博道・入江泰吉・上山好庸・小川光三・桑原英文・
 田中眞知郎・牧野貞之・松井良浩・森本康則・矢野建彦、
 以上五十音順、敬称略)が、自身の感性で選び抜いた風景作品を展示します。

●開館時間
 9時30分から17時00分
 ※入館は閉館4時半まで
●休館日
 月曜日
●観覧料金
 一般500円、大学・高校生200円、
 中・小学生100円

奈良市写真美術館
***************************************************
コメント

『ダ・ヴィンチ コード』期待通りの本格ミステリー!!

2006-06-01 22:53:17 | シネマ日記
『ダ・ヴィンチ コード』良かった・・・!!
期待を裏切らない仕上がりでした★★★

役者さんも良かったですしね~~。
トム・ハンクスは勿論、
オドレイ・トトゥも好きなんで、
大満足ですvv

「映画を観る前に、原作かパンフレットを読んでおいた方がいい」
っていう噂がありましたが、
時間もなくそのまま映画に挑みました。
ただ、映画館にあった事前説明みたいなパネルはじっくり読みましたが。
やっぱりちょっとは事前の知識が必要かと・・・。

結構最後の方は勢い良く進むんで、
まぁ理解できなかった所もありますが・・・
そこは原作を読んでみようと思います!!!


イタリアには行った事あったんで、
なんだかすっごいドキドキしました!
「最後の晩餐」はナマで観れなかったんですけどね~~。
(予約がいっぱいで入れませんでした;)

これを観てからダ・ヴィンチの絵画とか観たら、
また違った何かを感じるんだろうな~。

この映画(原作)、どこまでがノンフィクションで
どこからがフィクションなんだろう・・・
と、かなり気になります・・・。
私はキリスト教でもないし、
聖書についても詳しくないんで、
その辺の理解が難しかった・・・・。


パンフレットも買って、読みました。
背景が書かれてはいるけど、
やっぱり今も不透明な部分も多いみたいで、
結局のところは解らず。


色々問題も起こっているこの映画、
普通の一般人には面白いミステリーサスペンスなんですけど、
確かにキリスト教の人には理解できない内容ってことになってしまうんでしょうね。


なんだか、宗教の難しさをまた実感した作品です。


amazon↓
『ダ・ヴィンチ・コード(上)』
『ダ・ヴィンチ・コード(中)』
『ダ・ヴィンチ・コード(下)』
各500円
コメント