精神科ナースマン

精神科で働く看護師さんのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2020年を振り返る。。。

2020年12月31日 | Weblog

いつものように読む前に、ポチっとお願いします。

こんにちわ。
nursmanです。 

2020年を振り返ると世の中の方の多くの方々は。。。
こんなことが印象的だったのでは無いでしょうか。
・covid-19(新型コロナウイルス)大流行
・オリンピック延期

nursmanもcovid-19(新型コロナウイルス)大流行については、大きな出来事の一つでした。
SARS ,MARSの時同様、大変だっ!大変だっ!と良いつつも日本には大した影響もなく収束すると考えていました。
正に人間特性丸出しの正常性バイアス(Normalcy bias)。汗
nursmanも人間でした。笑

こんなにも拡大するとは、1月の時点では全く想像もできなかったですね。
先日、東京都で1日の新規感染者数が888人(12/24)と報道され数日以内には1000人を越すのではないでしょうか。
ふと最近、自分の中で気になる感覚が。。。
東京都の1日の新規感染者数が比較的少ない月曜日に500人を下回るとすごい少ないように感じたりもする。11月の頃やその前は400人だってとんでもない人数と思っていたのに感覚がだんだん麻痺してきているのでしょうか。怯
なんとか早く収束してもらいたいものです。

nursmanには、2020年重大ニュースがcovid-19の他にもう一つあります。




それは。。。。




禁煙成功っ!



相当長い間喫煙してきてその中でも何度か禁煙を試みたけど、その度に1日たりとも持たず、苦しくて断念。苦
しかも、想像していたよりも楽に辞められたのは驚きでした。
普段から「絶対に出来ないと絶対に言わない」と言いつつも禁煙だけは、諦めかけていました。
改めて、諦めない執念と成功するまでチャレンジし続けるということの大切さを感じました。
いざ、禁煙が成功してみると喫煙していた時のことを冷静に振り返りはじめ。。。

・新幹線を予約するときに喫煙所のある新幹線の喫煙所付近の座席をわざわざ予約していた
・喫煙所のある新幹線が予約できなかった時は、新幹線に乗る前に吸いだめをしていた
・飛行機に登場するギリギリまで喫煙をしていた
・飛行機が目的地に到着するや否や喫煙所を探してすぐに喫煙していた
・空港の手荷物受取場所に喫煙所があると安心した
・空港の手荷物受取場所に喫煙所がない時は、早くターンテーブルから手荷物が出てこないかとイライラしていた
 ↑こう言う時に限って、一番最後にnursmanの荷物が出てきた(笑
・ホテルを予約するにも喫煙可の部屋をわざわざ予約していた
・ホテルを予約する際、喫煙可の部屋が無かった時にどこで喫煙をすれば良いかと言う不安感を感じていた
・どこに行っても常にタバコ吸う場所を気にして喫煙場所を探していた
・喫煙場所を探して無かった時に焦りやイライラ感を感じながらスマホを駆使して喫煙所を見つかるまで探し続けていた
・街でどうしても喫煙所が見つからない時は、狭い裏路地に入って「禁煙」と書かれたところで喫煙したこともある
・家を出る際に必ず、タバコとライターを所持しているかの確認をしていた
・タバコかライターがないと不安になり、今すぐ吸わなくてもコンビニで買い足した
・タバコをコンビニへ買いに行った時にタバコが売っていないとタバコを売っているコンビニが見つかるまで不安に感じた
・喫煙所が屋外の場合、大雨でも雪が降っていても炎天下でも喫煙所に行っていた
・灰皿に溜まっている吸い殻を捨てるのが面倒と感じていた
・車で送迎してもらっているにも関わらず、「禁煙」と聞くと嫌な気持ちになっていた
などなど、挙げ続けたらキリがない。


喫煙していた時の方がよっぽど、苦しい生活をしていたのだと言うことに気づくことができました。
今は、こんな気持ちや気分から、解き放たれて毎日がとても楽な気持ちになれていると感じています。
さて、2021年は、どんな歳になるのでしょうか。
また何か新しいことに沢山チャレンジしていけると良いと思っています。
今、すごく楽しみにしています。

いつも最後まで読んで頂きましてありがとうございます。。。

P.S:今夜のサザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ 2020「Keep Smilin’~皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!~」supported by SOMPOグループもすごい楽しみぃーっ


安全、安心、明るい「3A(Anzen、Anshin、Akarui)」医療を創り看護の未来を創造していく「シンカナース」
http://sinkanurse.jp/

*精神科医療相談(無料)*
NPO法人精神医療サポートセンター
URL)http://www.seishinkango.jp/

※携帯電話からメールされる方は、「seishinkango.jp」の
ドメインからのメール受信が可能な状態に設定をお願いします


~ 書 籍 紹 介 ~
「精神科看護師、謀反」  

精神科医療を知るっ!
ご購入は、こちらから。。。

「精神科セカンドオピニオン2」
発達障害への気づきが診断と治療を変える

ご購入は、こちらから。。。

『看護師〈シリーズわたしの仕事②〉』

作者: 近藤隆雄,中友美,松谷容範
出版社/メーカー: 新水社
発売日: 2013/03
メディア: 単行本
ご購入は、こちらから。。。 
コメント

年末年始の挨拶は、病院で本当に必要かっ。。。

2020年12月30日 | Weblog

いつものように読む前に、ポチっとお願いします。

こんにちわ。
nursmanです。 

年末年始に毎年毎回思うことなのですが。。。
「病院内の職員間でその挨拶必要かっ!?」

患者さんとか病院の対外的にお付き合いのある他病院や業者さんには礼儀として必要だとは思うけど、24時間365日休まず稼働している病院内で必要性をあまり感じない。
むしろ年末年始の挨拶する前に患者の治療に関わる確認を十分にする必要がるように思う。

病院、特に病棟は変則的な勤務ですから、仕事納めの日や仕事始めの日に全員出勤することはなく、誰に挨拶をしたか分からなくなったり、同じ人に何度も年始の挨拶をする羽目になることさえある。年始が始まってこれが、時間の無駄に感じてたまらない。もっと言うと病院には多くの人が働いていて、他の部署の人とも同じことが起こると思うとストレスにさえ感じる。
また、1/10頃に初めて会う人がいたりすると今更「新年明けまして。。。」って言う挨拶もなんかおかしな気もするけどしないのもおかしい気もしたり。。。

病院で働くようになって、年末年始も正月もお盆も無い生活を覚悟したし、その生活が長く続き当たり前になると感覚が普通ではなくなってしまうのかも知れませんね。
年末年始の挨拶は、病院で本当に必要なのかなぁー。
こんなことを考えるのは、nursmanだけでしょうか。。。笑

いつも最後まで読んで頂きましてありがとうございます。。。

安全、安心、明るい「3A(Anzen、Anshin、Akarui)」医療を創り看護の未来を創造していく「シンカナース」
http://sinkanurse.jp/

*精神科医療相談(無料)*
NPO法人精神医療サポートセンター
URL)http://www.seishinkango.jp/

※携帯電話からメールされる方は、「seishinkango.jp」の
ドメインからのメール受信が可能な状態に設定をお願いします


~ 書 籍 紹 介 ~
「精神科看護師、謀反」  

精神科医療を知るっ!
ご購入は、こちらから。。。

「精神科セカンドオピニオン2」
発達障害への気づきが診断と治療を変える

ご購入は、こちらから。。。

『看護師〈シリーズわたしの仕事②〉』

作者: 近藤隆雄,中友美,松谷容範
出版社/メーカー: 新水社
発売日: 2013/03
メディア: 単行本
ご購入は、こちらから。。。 
コメント

AEDに旧製品のパッドを接続すると。。。

2020年12月20日 | Weblog

いつものように読む前に、ポチっとお願いします。

こんにちわ。
nursmanです。 

先日、AED3100の予備パッド(P-740)を使い切ってしまうことがありました。
手持ちに旧製品AED2100のパッド(P-730)があったので接続してみたら。。。

接続できるっ!

早速、蓋を開けて電源を入れてみるとー!

以下のようなアナウンスが流れました。

「救命が必要な場合は、そのまま使用して下さい。使用後にい取り扱い説明書に従って点検を実施して下さい。成人モードです・・・(以降、いつも通りのアナウンス)」
ステータスインジケータは、赤色で×印。

この件について、日本光電のコールセンター(0120−49−0990)に問い合わせてみました。
AED2100のパッド通常通り使用できるとのことでした。
但し、セルフチェック(毎日12時頃自動で実施されます)の際にアラームがなってしまうので、バッテリーは外して保管して下さいとのことでした。
何かしらの理由で、予備パッドまで使用してしまった場合にも旧製品のパッドが使用可能ということでした。(日本光電の場合)



いつも最後まで読んで頂きましてありがとうございます。。。

安全、安心、明るい「3A(Anzen、Anshin、Akarui)」医療を創り看護の未来を創造していく「シンカナース」
http://sinkanurse.jp/

*精神科医療相談(無料)*
NPO法人精神医療サポートセンター
URL)http://www.seishinkango.jp/

※携帯電話からメールされる方は、「seishinkango.jp」の
ドメインからのメール受信が可能な状態に設定をお願いします


~ 書 籍 紹 介 ~
「精神科看護師、謀反」  

精神科医療を知るっ!
ご購入は、こちらから。。。

「精神科セカンドオピニオン2」
発達障害への気づきが診断と治療を変える

ご購入は、こちらから。。。

『看護師〈シリーズわたしの仕事②〉』

作者: 近藤隆雄,中友美,松谷容範
出版社/メーカー: 新水社
発売日: 2013/03
メディア: 単行本
ご購入は、こちらから。。。 
コメント

AEDのショックボタン押さないと。。。

2020年12月13日 | 医療

いつものように読む前に、ポチっとお願いします。

こんにちわ。
nursmanです。 

先日のBLS研修中、ショックが必要な状況で受講生がショックボタンをなかなか押せなかったというシーンがありました。
しばらく時間が経つとシナリオが先に進んだという報告がありました。
 
この件について、日本光電のコールセンター(0120−49−0990)に問い合わせてみました。
実機の場合、ショックのための充電を完了したのちにショックボタンを押さないで30秒経過するとキャンセルされということでした。
その際、「電気ショックを中止します」とアナウンスが流れ、一度充電された電気は内部放電されるということでした。
そのあとは、再び2分おきの解析に入るそうです。
市民等が取り扱った場合、怖くてショックボタンが押せなかった場合の仕組みだということでした。

AEDって、本当によく作り込まれていますね。

いつも最後まで読んで頂きましてありがとうございます。。。

安全、安心、明るい「3A(Anzen、Anshin、Akarui)」医療を創り看護の未来を創造していく「シンカナース」
http://sinkanurse.jp/

*精神科医療相談(無料)*
NPO法人精神医療サポートセンター
URL)http://www.seishinkango.jp/

※携帯電話からメールされる方は、「seishinkango.jp」の
ドメインからのメール受信が可能な状態に設定をお願いします


~ 書 籍 紹 介 ~
「精神科看護師、謀反」  

精神科医療を知るっ!
ご購入は、こちらから。。。

「精神科セカンドオピニオン2」
発達障害への気づきが診断と治療を変える

ご購入は、こちらから。。。

『看護師〈シリーズわたしの仕事②〉』

作者: 近藤隆雄,中友美,松谷容範
出版社/メーカー: 新水社
発売日: 2013/03
メディア: 単行本
ご購入は、こちらから。。。 
コメント

YouTube:医療安全推進支援室

2020年11月29日 | 安全管理

いつものように読む前に、ポチっとお願いします。

こんにちわ。
nursmanです。 

私が医療安全管理に携わるようになって15年以上になる。(遠い目)
当時、安全のことなんか全く知らなかったnursmanがまず初めにしたことは。。。
本を買って読んでみる。
↑いつもの思い付き。笑
どの本を買えばいいかも分からないままにひとまず、本屋に行ってみた。

今でも時々読み返すことがある「医療におけるヒューマンエラー なぜ間違える どう防ぐ」の初版を買って勉強をした。
その次にしたことは、療の質・安全学会の学術集会に参加してみた。
↑これも思い付き。笑
医療安全のひよっこnursmanは、河野龍太郎先生の講演を聞いて非常に感銘を受け勉強になったのを覚えています。
そう、私が初めて手にした「医療におけるヒューマンエラー なぜ間違える どう防ぐ」の著者だったのです。

これまで河野龍太郎先生の話を聞くには学会やセミナーに参加する他なかったのですが、YouTubeで視聴することが可能となっていますので、ご紹介したいと思います。

YouTube:医療安全推進支援室

是非、チャンネル登録して継続的な試聴をして頂きたいと考えています。

これから医療安全に関わる全ての人に是非試聴して頂きたい内容をセットにしてみました↓
ヒューマンエラー発生メカニズム ~ ヒューマンエラーは原因ではなく結果である ~
医療安全の基礎:安全文化の醸成 ~ヒヤリハット報告はなぜ必要なのか?~
医療のリスク低減と作業効率向上の考え方 ~全体説明~
医療のリスク低減と作業効率向上の考え方 1.医療の現実を理解する
医療のリスク低減と作業効率向上の考え方 2.基本的考え方と日本での取り組み
医療のリスク低減と作業効率向上の考え方 3.問題解決の方向性
医療のリスク低減と作業効率向上の考え方 4.具体的対策(具体的取組)と結論
医療安全の基礎:医療現場でできるエラー対策
医療安全の基礎:5S活動の勧め

上記の動画と「医療におけるヒューマンエラー 第2版: なぜ間違える どう防ぐ」を読めば、基本的な考え方はひとまず身につくと思います。
大切なことなのでもう一度言います。
医療安全に関わる全ての人、興味のある人、是非試聴して頂きたい。

いつも最後まで読んで頂きましてありがとうございます。。。

安全、安心、明るい「3A(Anzen、Anshin、Akarui)」医療を創り看護の未来を創造していく「シンカナース」
http://sinkanurse.jp/

*精神科医療相談(無料)*
NPO法人精神医療サポートセンター
URL)http://www.seishinkango.jp/

※携帯電話からメールされる方は、「seishinkango.jp」の
ドメインからのメール受信が可能な状態に設定をお願いします


~ 書 籍 紹 介 ~
「精神科看護師、謀反」  

精神科医療を知るっ!
ご購入は、こちらから。。。

「精神科セカンドオピニオン2」
発達障害への気づきが診断と治療を変える

ご購入は、こちらから。。。

『看護師〈シリーズわたしの仕事②〉』

作者: 近藤隆雄,中友美,松谷容範
出版社/メーカー: 新水社
発売日: 2013/03
メディア: 単行本
ご購入は、こちらから。。。 
コメント