霧ヶ峰自然教室の日々

霧ヶ峰自然教室の活動案内と記録、霧ヶ峰の今をお伝えします。

9月に入りました

2020-09-02 21:26:00 | 日記
八島湿原を一周してきました。
緑一色だった湿原もすっかり秋色です。
(八島ヶ池の島のふちが赤や黄色に色づいてきたら私は秋を感じます)


左から低い雲。冷たい風が来てます。

鎌ヶ池には空が映っていました。

御射山のやまなしじいさん。奥には旧御射山神社。

木漏れ日が気持ちいい木道です。


ベンケイソウ(意外といい香り)が咲いていました。

マツムシソウ。ピークはすぎたかもですが、美しく咲いていました。

元気ありますね!ツクバトリカブト。

アサマフウロもまだまだ咲いていましたよ(^^)


これからが良い季節ですね♪秋の湿原歩きは本当に楽しいです(^^)

コメント

帯化コウゾリナ

2020-08-10 20:43:00 | 日記


帯化(たいか)コウゾリナを見つけました。
わかりますか?茎がリボンのようになっています。
タンポポの帯化はたまに見ますが、コウゾリナは初めて見ました。




(帯化タンポポの花)

(帯化タンポポの茎)

シシウドの帯化は過去に見たことがあります。

ちなみにコウゾリナは顔剃菜と書きます。
コウゾリナは茎に硬い毛が生えていて、ああこれが剃刀を思わせるのだなと想像できますが…

帯化コウゾリナにもしっかり毛が生えてました。ゾリゾリしてました。
これで顔を剃られたら…………


ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
コメント

今日の八島湿原

2020-08-04 22:07:00 | 日記


ノリウツギの白い花が目立ちます。



(ノリウツギ)





元気の良いシシウドも咲いていました。


長い長い梅雨が明け、ようやく夏がやってきたという感じです。今日は日差しがあって暑く感じましたが、それでも気持ちの良い風が吹いていました。
コメント

親子で歩く霧ヶ峰~9・10月の小中学生向けプラン

2020-07-17 08:38:09 | 日記


9月と10月の毎週日曜日に、
『親子で歩く霧ヶ峰~八島湿原ランチパック』を開催します!

この企画は、文部科学省の委託事業「子供たちの心身の健全な発達のための子供の自然体験活動推進事業」として、
全国の小学生・中学生むけに企画したプランです。

新しい生活様式の中、子供たちにとっても落ち着かない日々が続いているのではないでしょうか。
こんな時だからこそ、自然の中で心や体がほっと安らぐような時間を過ごしていただけたらと思います。
霧ヶ峰の雄大な自然を、全身でご体験ください!


★親子で歩く霧ヶ峰~八島湿原ランチパック★

【開催日】
 9・10月の毎週日曜日(2日前までのご予約制)
   9月・・・6日/13日/20日/27日
 10月・・・4日/11日/18日/25日

【時間】 
10:00~14:00(ランチを含む)

【コース】 
八島湿原一周
約3.7kmのほぼ平坦な道を歩きます

【行程】
 9:50 八島ビジターセンター前集合
    受付終了後、八島ヶ原湿原をゆっくり一周
~ 途中 「ヒュッテみさやま」で特製ランチをいただきます
~14:00 八島湿原広場到着 解散

【対象】
 小学生・中学生 と、保護者様

【料金】
 1人 1,000円(昼食代)

【定員 】
 6名

【申込】
  電話、またはメールにて、2日前までにご予約ください

 霧ヶ峰自然教室
 電話:0266-75-2510


*******************************
新型コロナの状況により、プログラムが変更となる可能性がございます。
予めご了承ください。
*******************************


コメント

2020/07/07 の八島湿原

2020-07-07 22:13:00 | 日記


緑が濃くなりました。七夕の八島湿原です。今年は(も?)雨が降りましたね。雨が降らない七夕が記憶にないくらい、七夕はいつも雨が降っている気がします。
写真はたまたま霧が晴れて湿原全体を見渡すことができた時の写真です。たぶん今がいちばん緑が濃い時です。二週間後にはなんとなーく黄色っぽくなってくるのです。季節は止まりません。今日という日は一回しかありません。

そんな八島湿原で見つけたのがこちら


手のひらサイズ(もっと大きい)の葉っぱです。これはなんの葉っぱ?

キジムシロです。

キジムシロは早春に小さな黄色い花を咲かせる植物です。



これは5月のキジムシロの姿。花の大きさは2センチくらいです。葉も小さいのがわかります。

そんなかわいくて小さなキジムシロですが、花が終わった後はご覧の通り、大きく大きく葉が伸びます(伸びるという表現が正しいのかわかりませんが…)。
大きくなるには理由があるのでしょう。季節が進むにつれて周りの植物が大きくなり、小さいままでは日が当たらなくなるので、葉を大きくして光を得ようとしているのでしょうか。よく似たミツバツチグリは花の後に葉が大きくなっているイメージがないのですが、それは私が知らないだけでしょうか?


それにしても立派な葉です。早春の可憐で儚げな姿と今のたくましい姿の違いにドキドキします。
(ギャップ萌えです笑笑)


見つけてみてください。たくましいキジムシロ。たぶん霧ヶ峰全体の、歩道周りのいろんなところにあります。
コメント