中野山草園の山野草日記

早く植えた田んぼの早苗は、活着して緑色を日毎に濃くしていっている。それに比べてうちのナスはどうしたのか??

梅雨に入った模様??

2019年06月07日 | 雪割草

 

 テレビによれば、越後もどうやら梅雨に入ったとか、これからはアジサイの花が主役を独り占めする季節ですね。

 我が家のアジサイはまだ咲そうもありません。

 

  白花の「都わすれ」です。正確には都忘れとは違うのだそうですが、私は都忘れだと言い張っています。

 

 一般的に流れている「都忘れ」です。色が綺麗なのでこの季節の大好きな花です。

 

 少し色が薄い個体です。いつだったかこの花頂戴いと言ったおばさん、今年は顔を見せないけど元気なんだろうか・・・・

 

 芍薬です。この根を製薬会社に出荷していた人から、やめてメロンを栽培するからと5株ほどいただいてきたのが20数年前、植え替えもしないで時期が来ると咲いてくれます。

梅雨というと、いやな予感がします。大雨・ゲリラ洪水・・・・空梅雨で7月になってほしいものです.

 

 

 

 

 

 

 

コメント

終わった雪子の種取りが・・・・

2019年06月04日 | 雪割草

 

 

 

 野菜の手入れや、野暮用が重なってなかなか進まなかった雪子の種取り、午前中に菊の「かきのもと」の挿し木を終えて、枝豆の「湯上がり娘」を撒き終えて少し時間が余ったので、残っていた種を取り終えて完了。

 

 濃色の立浪草です。高尾産ということで手に入れたのですが、うちの環境に合わないのかなかなか増えてくれません。今年は少しは種が取れそうなので、取りまきにして見たいと思っていますが。

 白色の「立浪草」です。この草は種をまかなくても勝手にあちこちの鉢に芽が出て、勝手に花を咲かせてくれます。

 

  これは?「行者ニンニク」の花です。斑入りの佐渡産ですが、最初のころに比べて斑の入りが変わってきました。

 

 「皿ガ峰キキョウ」です。ホタルブクロとの交配種だということですが、小川キキョウと並んで小型種の代表格ですが、先日の展示会に即売品として並べてみたのですが、1ポットも売れませんでした。

 

 あと一か月で、参議院の選挙が始まります。新潟では選挙区では,苦労して全国にさきがけて野党の統一候補が実現しました。7月には時期外れのさくらの花を咲かせたいものです。

 

 

 

コメント

雨がほしい・・・・

2019年05月28日 | 雪割草

 

 

 植えたキュウリやナスの生育が思わしくない。毎日、朝夕に水をやっているのだが思うように大きくならないのは、雨が降らない為なんだろうか・・・・予報では3時頃から雨が降るということなのに、曇っているが降る気配などないようだし。

 

 雪割草の種取も、先が見えてきた。「交配をするな」の言葉が効いたのか、採る種のほとんどが自家受粉の物ばかりです、それでも種をまくに一週間はかかりそうです。

 山野草の花も見てやらない間に、かなりの数が終わり、そろそろ夏の花へと移り始めているようです。

「ㇳケンラン」が咲き始めてきました。この花、自生地が工業団地に指定され埋められそうになる寸前に数株をいただいてきたものですが、あまり手を入れずに投げ出しておいても、毎年花を咲かせてくれます。

 青軸の「二人静」です。

 「ミツデイワガサ」が咲いてきました。

この木、草木寄せを作る時に非常に役に立つ材料の一つです。あまり大きくならず、ひとりでに樹形が出来ていくのです。

「オオバコ」の斑入りです。

 この草この辺では、ガエルッパと呼ばれ嫌われている雑草の代表格のの一つです。

 

 

 

 

 

 

コメント

風が冷たい一日でした

2019年05月07日 | 雪割草

 

 昨日の夕方に降り始めた雨は、朝まで降り続いていればいいのに、夜中にはやんでしまったみたいで、朝起きたら大きな杉の木の下は乾いたまんまだった。

 実った種に茶こし袋をかけるとこの前のブログに書いたら、早速よくわからないので画像を載せてという注文が入ったので、まっこんな具合にかけているのです、これだと水やりしても、種は袋の中に落ちてくれて、横着な自分には都合がよいということだけです。

 

  「ツタ葉ウンラン」が鉢いっぱいに咲いてきました。12日にある山草展にかざれそうです。

 

  これは、一人静の「黄金葉」です。次の「吉備一人静」とも山草展に並ぶ予定です。

 

「雪笹」も花を開こうとしています。

 この雪笹、山菜として重宝している地方があるとか・・・・摘み取る勇気がなくていまだ口には入っていませんが、いつかは食してみたいものです。

 

いろんな草が咲きだしてきていますが、春野菜の植え付けがまだ手つかずなので、雪子の種まきの前にやらなくてはと、耕運機を引っ張り出して、畑の荒起こしだけはやりました。

でも、苗の植え付けはまだ先になりそうです。

 

 

 

 

 

コメント

なんで10連休?

2019年05月01日 | 雪割草

 

 またまたごぶさたで・・・・・

 家から見える関越高速道路、いつもより通行量が多いようです。これも10連休とやらのおかげなのか・

 雪子の葉切りが終わり、実った種が落ちないように串を立てて花径をその串しに固定して、種に茶こし袋をかけるのですが、この作業をしているときに、早く咲いたものは、触ると種がパラパラと落ちてきます。この種を拾ってフイルムケースに保存するんですが、そんなことをしているもんで、仕事が進みません。

 

 今年の雪子は気候の影響だと思うんですが、まだ花が咲いているものがあります。上の画像は初花の三段咲ですが、来年が楽しみな花の一つです。

 

 この花も遅く咲くので、展示会ではあまり見れない「愛姫」(めごひめ)です。」花を切るのがもったいなくて、切らずに楽しんでいます。

 

 実生の「コジマエンレイソウ」です。

 

 

 他に山野草も、次々に咲いてきていますが、ゆっくと見てあげることができません。

 写真だけは撮っているつもりですが、その画像の整理が出来ない・・・・

 

 ユキツバキも一杯花をつけて咲いています。

  

 「サンカヨウ」も花をつけていますが、楽しむ時間が無くて・・・・

 

 

コメント