弁護士・不動産鑑定士・大東流合気武道教授代理の資格三冠王・デンカの宝刀

   特定分野の記事を集中的に読む場合は、左欄の「カテゴリー」を御利用願います。

中央大学法学部2023年新キャンパスのイメージ図

2019年05月22日 | 中 央 大 学

母校の最新版の学員時報に

茗荷谷駅前に新設予定の

法学部新キャンパスのイメージ図が

デカデカと掲載されていた。

 


一中(旭丘)VS 五中(瑞陵) その8:専門学科

2019年05月21日 | 高校受験

両校には、それぞれ専門学科として

旭丘には美術科

瑞陵には食物科がある。

 

旭丘は、

普通科でも私服通学可のほか

非常に自由な学校なので、

そこの美術科となれば、

それは、それは、

ひとくせありそうな生徒や

豪傑などが多くいるのではないかと期待される。

OBにも赤瀬川原平など著名人も多い。

 

大きな黒板に美術家の生徒が著名絵画を模写する

黒板絵が有名。

美術科棟は、1階は彫刻室、2階は日本画・素描室、

3階は油彩画・素描室として使用され

生徒からはアトリエと言われているらしい。


瑞陵食物科は、公立高校では愛知県内唯一。

栄養理論と高度な調理技術を習得できる

カリキュラムが組まれている。


中華料理、西洋料理、日本料理の

それぞれの専門家から

習うことができるという豪華さ。

 

現在でも男子生徒は非常に少ないが、

昔は、女子生徒しかおらず、

何かの関係で、普通科の男子生徒が

食物科棟を通るときなど

「ここが女の城かあ」と歓声(嘆声?)が

上がったらしい。


一中(旭丘)VS 五中(瑞陵) その7:高校野球

2019年05月20日 | 高校受験

春・夏の高校野球では、

両校とも全国大会に複数回の出場経験がある。

 

特に

旭丘は、愛知一中の時代に

夏の大会に8回、春の大会に4回

愛知県の代表となっている。

(ただし大正7年は、県代表となったが、

 全国大会は中止になった)

 

大正6年の夏の大会では

全国優勝もしている。

(この時代は甲子園ではなかったが)

 

ただ、逆に言うと、

旭丘が高校野球で全国大会に出場したのは

全て愛知一中時代の大昔の話だ。

いちばん新しいところで

昭和4年の夏の大会だ。

これ以後は、愛知一中としても

全国大会には春も夏も出場していない。

 

瑞陵は、全国大会出場は、

春に1回、夏に2回の合計3回で、

回数的には愛知一中より少ないし

優勝経験もない。

 

ただ、瑞陵の全国大会出場は、

新制の瑞陵高校になってから後のことなので

この点では、旭丘に勝っている。

 

瑞陵の全国大会出場は、

昭和24年の夏の大会、

昭和25年の春の大会と夏の大会だ。

 

旭丘は、愛知一中時代には

愛知県大会では、

4連覇を含んで複数回連覇の実績があったが、

戦後の新制高校になってからは、

夏の愛知県大会で公立高校が連覇したのは

瑞陵が唯一の学校だ。


名古屋が舞台の漫画その5「あさドラ!」浦沢直樹

2019年05月19日 | 名 古 屋

「YAWARA!」「MASTERキートン」

「20世紀少年」「21世紀少年」浦沢直樹

ビッグコミックスピリッツ

名古屋が舞台の漫画を去年の秋から連載し

最近、単行本の第1巻が出た。

 

「連続漫画小説  あさドラ!」

 

主人公は、

小学6年生の浅田アサ

髪型も服も、まんま「ちびまる子ちゃん」だ。

「ちびまる子ちゃん」の劇画版だ。

 

連載の第1回では、

「戦後から現代にかけて可憐にたくましく生きた

 名もなき女性の一代記」

とあるが、

冒頭で現代の東京が火の海になり、

人々が逃げまどい、

大怪獣らしきものの影と叫び声があったり、

NHKの大河ドラマ「いだてん」っぽい要素があったり、

主人公がちびまる子ちゃんに似てたりと

今後の展開は予想もつかない。

 

ネットでは、

「あさドラ!」は、

ちびまる子ちゃんが怪獣を倒して

日本を守る話かなどと言われていたりする。

 

物語の冒頭は現代だが、

すぐに伊勢湾台風の時代の話になる。

 

旧東京五輪の前の伊勢湾台風の時代と

現代の新東京五輪の時代と

何か掛け合わせてくるような予感がする。

 

得体の知れない怪物も登場しそうなので

名古屋だけの話に終わらないかもしれないが、

今のところは、

伊勢湾台風を絡めてストーリーが進んでいる。

 

ひょっとして

「あさドラ!」「ドラ」は、

ドラマの「ドラ」はなくて、

「浅田あさ&ドラゴン」で怪獣のことか。

で、ドラゴンは、

中日ドラゴンズにかけてあったりするのか?

 

今後どのように

ぶっとんだ展開をしていくのか

楽しみだ。


名古屋の高校受験(21)公立中学の合法的な越境通学

2019年05月18日 | 高校受験

名古屋市立の小・中学校では、

学校ごとに

通学する区域として通学区域が定められている。

つまり、就学する名古屋市立小・中学校は、

この通学区域と住所にもとづいて、

住所地の区長が

学校を指定する(特別支援学級に入級する場合を除く)

ので、

自分で学校を選ぶことができない。

このように指定された学校を「指定校」という。


そして、

名目上住所を移して

本来の指定校とは異なる学校に通うことを

越境入学越境通学などと言って戒められている。


しかし、この指定校には例外がある。

例外のパターンにはいくつかあるが、

たとえば、

小学校5年生・中学校2年生の修了式以後に

住所を移転する場合で、

卒業まで引き続き今までの学校への就学を希望する場合、

学校長の承諾・区長の許可を得れば、

住所移転後も今の学校に通う越境通学を認められる。

小学校6年生及び中学校3年生の特例

 

特に中学生の場合、

高校受験があるため、

中学3年のときに住所移転したからといって、

中学を転校するということになると、

内申だとか、高校受験だとかに

大きく影響するおそれがあるので、

そのようなことを防ぐ意味もある。

 

越境通学を認められる場合の一覧はこちら

     ↓

「名古屋市立小学校及び中学校における

 学区外通学に関する要綱」


丸山穂高の自己弁護は自滅でないか?

2019年05月17日 | そ の 他

戦争発言の国会議員・丸山穂高が

辞職勧告決議案について

言論の自由の侵害である的なツイートをしてるらしい。

 

言論の自由の侵害だと主張しているということは、

自分の戦争発言が

酒による訳の分からなくなった状態の戯れ言ではなくて、

あれは言論すなわち自分の意見の表明であったと

自白しているということ。

 

これ結局、自滅ツイートじゃ?

 

それに

戦争発言が自分の政策だと言うのは良いが、

自分が戦場に行くことは全く想定してないよな。

 

はぁ 


名古屋の高校受験(20)親が読む高校受験本

2019年05月16日 | 高校受験

最近の中学生は、漫画のような形式ではない

ある程度の分量がある勉強本などを読むのも

苦手なようで、

親が読んで、読んだ本のエッセンスを

「こんな風に書いてあったよ」

「こんな風に書いてあるよ」と

子どもに伝えることが有益だったりする。

 

親が直接アドバイスするような形だと、

子が反抗期であることもあり

素直に受け入れ難いところがあるが、

本にこう書いてあるよという間接的なアドバイスであれば

子も受け入れやすいというのもある。

 

で、実際に私が読んだ本をいくつか挙げると、

 

「高校受験バイブル」

原藤純子 著(カナリア書房)

広島の塾経営者の著書だが、

内申点の取り方や

内申点を取る心構え

成績アップ法などなど

具体的に書いてあり非常に参考になる。

 

「公立校なら上位10%を目指しなさい!」

後藤武士 著(すばる舎)

公立は大学受験で不利なのかというところ

から始まる。

小学校のうちにやっておきたいこと、

公立中学でグングン伸びる方法などが

具体的に書いてある。

 

「中間・期末テストに強くなる勉強法」

坂本七郎 著(大和出版)

内申点の基準となるのは中学の定期テスト。

この定期テストの点の取り方について

詳しく書いてある。


名古屋の高校受験(19)高校研究7 名古屋市立菊里高校

2019年05月15日 | 高校受験

名古屋市立菊里高校は、

名古屋市内のトップ6の一つである。

「創立百周年記念誌

 名古屋市立第一高等女学校

 名古屋市立菊里高等学校」

 (平成8年3月非売品)

 

従来、トップ6を2校ずつまとめる場合、

合格難易度や進学実績によって、

 

旭丘・明和

菊里・向陽

千種・瑞陵

 

のような組み合わせで比較されてきた。

 

たとえば、

内申点が揃っており

偏差値も高い中学生は、

第一志望を旭丘明和のどちらに

しようかと思い、

尾張第2群のAグループを

明和向陽にした場合に、

Bグループの受験校を

千種にしようか瑞陵にしようかと考える

といった具合だ。

 

ただ、菊里向陽の場合、

校風や合格難易度や進学実績が似た

高校であるものの、

菊里は尾張第1群のBグループ、

向陽は尾張第2郡のAグループのため、

菊里向陽のどちらを受験しようかと

検討するような状況には

あまりならない。

 

瑞陵に抜かれた千種ほどではないが、

最新版の偏差値表によっては、

菊里・千種・瑞陵の偏差値が同じに

なっているものもあり、

進学実績や合格偏差値で

若干、向陽に抜かれた感がある。

 

菊里高校の前身は

名古屋市立第一高等女学校だ。

「ファーストガールズスクール

 旧制名古屋市立第一高等女学校〈外伝〉」

 大野一英 著(中日出版社)

 

元が女学校だったので

市立菊里高校になってから

しばらくは女子生徒の数の方が多かった。

たとえば、

昭和23年 男子 0人、女子661人

昭和35年 男子418人、女子740人

昭和40年 男子516人、女子1136人

昭和47年 男子202人、女子1003人

昭和49年 男子440人、女子772人

 

昭和53年に初めて男子学生の数の方が多くなり、

平成元年まで男子学生の方が多い状況が続いたが、

その後、また、

女子の方が80人から100人程度多い状況が続いた。

現在は概ね男女比のバランスは取れているらしい(?)

 

卒業生の著名な芸能人に

天野鎮雄や大和田獏がいる。

 

名古屋の内申と偏差値の双方で

トップクラスの中学生が

第一志望を旭丘にした場合に、

第二志望とされることが多い学校であるため

現在の複合選抜制度が維持される限り

合格難易度や進学実績は

大きく落ちることはないとは思われるが

向陽に若干抜かれ、背後に瑞陵が迫ってきた現状で

今後どのようになっていくかは興味深い。


名古屋の高校受験(18)中学受験をしなくて良かった!?(その2)

2019年05月14日 | 高校受験

「中学受験をしなくて良かった!?(その1)」に続いて

中学受験させない方が良かったと言ってる人たち

著書などを紹介する第二弾。

第一弾は、かつての受験界のカリスマである

 入江伸氏の著作を紹介した。)

 

まずは、

「中学受験が子供をダメにする」菅野淳一 著

(幻冬舎ルネッサンス新書)

 

著者は、

①子供が勉強嫌いになりやすい

②親や子供が考えるほど人生で有利に働かない

と私立中学校受験の弊害を解き、

詰め込み勉強が子供をねじ曲げるとする。

また、

私立が有利は錯覚でしかないと具体的事実を挙げて説明し、

大学付属校をめぐる幻想についても述べる。

更に、

公立の環境は評判ほど悪くない、

不合格のトラウマが無気力な子供を作る、

中学受験は長期的な学力につながらないとも述べる。

基本は、先に紹介した入江伸氏と同様である。

これらは実にもっともな話で、

極論を言うと、

一部の一流中学の受験に成功した子たち以外の大部分の子たちは、

中学受験をしない方が良かったと言えるのかもしれない。

よく、

公立は荒れているからとか言う人がいるが、

それも多くの場合は、

不本意な私立中学に子供が入学することになった場合に、

親が自分自身を納得させるために

自問自答しているにすぎないのかもしれない。

 

次に、

「頭のいい子には中学受験をさせるな」

 稲荷誠 著(メディアイランド)

 

この書は上の「中学受験が子どもをダメにする」

入江伸氏とはやや異なった観点である。

 

著者は、稲荷塾という塾の経営者であるが、

多くの中高一貫校のカリキュラムは中途半端であり、

たとえば、

通常の中高一貫校の数学のカリキュラムのように

中学で数ⅠAを終わらせる程度では無駄が多いとし、

中学のうちに数ⅡBまで終わらせる灘中学のカリキュラム

でもまだまだとして、

稲荷塾では、小学生の間に中学数学をやり、

中学1年から高校数学に入り、

中学校のうちに高校数学を終わらせ、

高校では1年生のときから演習を始めるという

稲荷塾方式を紹介する。

 

稲荷塾では、

中高一貫校の高校生がやってきたときには、

数ⅡBと数Ⅲを同時進行させるとも。

 

数学で灘中学方式や稲荷塾方式を

採ることが出来るかどうかが

大学受験の大きな鍵であると述べる。

 

そして、

頭のいい子には中学受験をさせるなとして、

中学受験のための異常に長い拘束時間と

費用を挙げる。

 

頭のいい子が、

大学受験のためではなく、

中学受験という目先の目的のために

異常に長い時間とお金を使うのは無駄であり、

どうせ小学生から勉強するなら

中学受験勉強などしないで、

小学生のうちから、

稲荷塾方式のような

大学受験に直結するカリキュラムで勉強した方が

無理な詰め込み勉強をする必要もなく、

効率良く、楽に、大学受験を乗り切ることができるということらしい。


東大の文1と文2が完全逆転

2019年05月13日 | 大学受験・大学生活など

今年の東大入試において

合格者最低点、最高点、平均点の全てで

文2が文1を上回ったと。

「東大文系トップ「文Ⅰ」「文Ⅱ」が逆転」AERAニュース

 

やっぱ、トップレベルの高校生は、

法学部(というより法曹界や司法試験)の凋落を

よく分かってる。

 

こんな状況じゃあ

鉄緑会も名前を変えた方が良いかもね 


結局10連休は

2019年05月12日 | お出かけ

10連休の間、

長女(大学生)、

長男(高校生)、

次女(中学生)のそれぞれが

 

部活(3人とも部活に入っている)、

友達(遊びや勉強会)、

勉強(3人とも連休明けや5月中に試験がある)

のどれかで予定が入っており、

一家そろって、

どこかに行くなんてことができなかった。

 

まあ、

しょーがないな 


一中(旭丘)VS 五中(瑞陵) その6:OB対決(政治家・官僚編)

2019年05月07日 | 高校受験

政治家・官僚対決となると

愛知五中(瑞陵)OBには杉原千畝がいる。

多数の演劇、テレビ番組、映画等で扱われており、

この人ひとりだけで、世界的には、

政治家・官僚の何十人分にも相当する知名度がある。

 

杉原は、愛知五中卒業後、

医師になれという親の意向を無視し、

京城医専の受験の際に白紙答案を提出して

故意に不合格となり、

早稲田大学高等師範部英語科に進学した。

そのために親元から仕送りが全く送ってもらえず

苦労したらしい。

そんな中で、外務省留学生試験の存在を知り、

猛勉強の末、合格して、

早稲田を中退して外交の道に入った。

いわゆるキャリア官僚としての出発ではなかったが、

語学力、記憶力が卓越していたため頭角を現し、

広田弘毅などにかわいがられたらしい。

 

第二次大戦中、

リトアニアのカウナス領事館に赴任しており、

ナチスの迫害でポーランドなどから逃げてきた

ユダヤ人難民らに対して、

外務省からの訓令に反して大量のビザを発給し

命を救った業績により

東洋のシンドラーなどと呼ばれている。

ただ、

外務省は、

戦後になってからも杉原の外務省訓令違反にこだわり、

杉原の顕彰や名誉回復を妨害してきたと言われる。

天才・小室直樹は、このことに関し、著書の中で、

人道的立場からのやむを得ざる訓命違反であって、

 失策ではない。

 杉原千畝元領事は、

 戦後直ちに外務省に呼び戻すべきであった。

 日本外務省は、

 日本の外交的立場をぐっと高めるに足る絶好のチャンス

 を、みすみすと失ったのである」

と外務省の間抜け振りと外交センスの無さを糾弾している。


なお、千畝(ちうね)の名は発音しにくいので

外国では、センポ・スギハラと言われることが多い。


愛知一中(旭丘)の方の政治家・官僚OBとしては、

愛知県出身者で初めて首相となった

加藤高明が厳密には愛知一中OBとは言えないとすると

代表的なのは金森徳次郎あたりになるか。


金森は、愛知一中、旧制一高を経て東京帝大法学部卒。

大蔵省に入り、戦後、

吉田茂内閣で憲法担当国務大臣に就任した。

帝国議会における帝国憲法改正審議で

憲法に関する政府答弁を行った。

国体に関する答弁が有名であり、

この答弁によって国会を乗り切り、

帝国憲法から現行憲法への改正に弾みを付けた。

国立国会図書館の初代館長になり、

その後11年の長きに渡って館長を務めた。

金森は、愛知一中時代、空前絶後の秀才であったと言われる。


一中(旭丘)VS 五中(瑞陵) その5:OB対決(文化人編その2)

2019年05月05日 | 高校受験

瑞陵高校OBで

文化人の両巨頭としては、

江戸川乱歩谷川徹三だろう。

 

両者とも愛知五中に入学し、卒業しており、

坪内逍遙二葉亭四迷三宅雪嶺加藤高明らが

厳密には愛知一中OBとは言えない

坪内逍遙らの卒業した学校は廃校となり、

 愛知一中の前身校が、

 その廃校となった学校の校舎を文部省から

 譲り受けたにすぎない)

のとは対照的である。

 

江戸川乱歩は、

愛知五中から早稲田大学政治経済学部に進んだ。

先に愛知一中OBとして紹介した

小酒井不木と並んで探偵小説の祖とされる推理作家で、

少年探偵団怪人二十面相明智小五郎など

日本人なら誰で知っているキャラクターを生み出した。

 

谷川徹三は哲学者。

愛知五中から第一高等学校に進み、

京都帝大哲学科へ行った。

ジンメル、カントの翻訳や、文芸、美術、宗教、思想などの

幅広い評論活動を行い、宮澤賢治についての評論も著名である。

法政大学学長なども勤めた。


一中(旭丘)VS 五中(瑞陵) その4:OB対決(文化人編その1)

2019年05月04日 | 高校受験

旭丘高校瑞陵高校のOB対決(文化人編)として

二大巨頭対決をやり、

旭丘高校からは、近代小説の旗手(両巨頭)である

坪内逍遥二葉亭四迷を挙げようかと思った。

しかし、

そもそも坪内逍遥二葉亭四迷

旭丘高校のOBと言えるのかという問題がある。

 

先の「一中(旭丘)VS 五中(瑞陵) その1:沿革」

紹介した「鯱光百年史」に明らかなように

旭丘高校は、明治10年愛知県中学校が設立されたのを

創立としており、

両者は、

それ以前の愛知外国語学校(坪内)と洋学校(二葉亭)

の出身だからだ。

洋学校愛知外国語学校愛知英語学校の前身であるが、

明治10年に、愛知県英語学校が廃止になり、

愛知県中学校は、文部省から愛知県英語学校の校舎と設備を

譲り受けて設立された。

したがって、

愛知県中学校は、愛知県英語学校のあった場所に

存在するだけで、

両校は、何の関係も無いとも言えるのだ。

 

たとえば、

中央大学は、大学の発祥を英吉利法律学校とし、

校舎を買い受けた明治義塾法律学校や、

その前身の三菱商業学校明治義塾

中央大学の前身としていない。

これと同様に解すると、

洋学校愛知外国語学校は、

愛知一中すなわち旭丘高校の前身ではない

ということになる。

坪内逍遙二葉亭四迷は、

旭丘高校のOBではないということになってしまうのだ。

洋学校愛知外国語学校愛知一中の前身だとすると、

 名古屋市立大学がその場所を譲り受けた旧制第八高等学校は、

 名古屋市立大学の前身だということになってしまう。)

 

しかし、こうなると、

三宅雪嶺

愛知県出身の最初の首相である加藤高明

旭丘高校のOBではないということになってくる。

 

だとすると、

旭丘高校OBには、

それぞれの専門分野で著名な文化人、学者は、多数いるが、

広く世間に知られ、

歴史的なビッグネームと言える文化人としては、

小酒井不木あたりになるか。

 

小酒井不木は、江戸川乱歩より4歳年上で

乱歩と並び、探偵小説の祖と言われる人物。

今でこそ、あまり知られないようになったが、

戦前は、改造社から個人全集が出るほどの人気作家だった。

不木は、

愛知一中から第三高等学校に進学し、

東京帝大医学部に進んだ医師でもあり、

当時最新の医学知識を生かした探偵小説を書き

人気を博した。


憲法学者・芦部信喜の改説

2019年05月03日 | そ の 他

今日は、憲法記念日なので、憲法の話を 


芦部信喜とは、

国会で、民主党の小西洋之氏が

安倍総理に

芦部信喜って知ってますか?」と聞いたことがある

あの芦部信喜だ。

(芦部説は、最高裁判例が取らない説が多いので

 別に知っていようが、知らなかろうが、どうでも良いけど)


で、憲法学者たちからは、一応大御所とされている

芦部信喜

亡くなる直前には憲法9条に関する説を変えていたらしい。


今年の3月に発行されたばかりの

「憲法(第7版)」芦部信喜 著・高橋和之 補訂(岩波書店)

のはしがきに高橋和之が

最晩年の芦部信喜が憲法9条につき政治的マニフェスト説を採るに

至っていたという趣旨のことを述べている。


芦部信喜

政治的マニフェスト説を開陳した後の「憲法」の改訂では、

改説していないとのことらしいが、

それは、論文としてきちんと見解を発表していなかったからか、

護憲派の弟子達に「改説を『憲法』で記述するのは止めてくれ」

と懇願(妨害?)されたか、

反響の大きさを恐れて自粛したか橋下公亘が売れていた憲法教科書に

自衛隊は合憲だと書いて叩かれたのを見ているので)だろう。

 

政治的マニフェスト説とは、要するに、

憲法9条は「平和宣言」みたいなものなので、

憲法9条の細かな言葉をいじって条文解釈して

自衛隊を合憲とか違憲とか言うのは止めようとするもの。

すなわち、憲法9条は、ただの「平和宣言」なので、

自衛隊が憲法9条に反することはないとする説だ。

 

護憲派は、

とにかく何が何でも憲法改正だけはダメという立場のようで、

憲法9条を厳密に解釈して、自衛隊は違憲であると言ってしまうと、

国民の大多数が自衛隊の存在を支持し、

災害救助活動などをする自衛隊に畏敬の念すら抱いている時代には、

だったら憲法改正しなきゃねということになってしまうため、

自衛隊は違憲ではないと解釈するようになってきた。

 

この辺は、護憲派も非常に風見鶏的ではある。

 

政治的マニフェスト説も、

自衛隊を違憲だと言ってしまうと、

自衛隊が合憲になるように憲法改正しようという意見が

広まってしまうため、それを阻止しようとして

護憲派が考え出した苦肉の策と言えるのだろう。

その意味で、極めて政治的な学説ではある。

 

結局、憲法とは、政治的な法なので、

学説なども政治的になってしまう。

 

たとえば、

護憲派は、いろんな批判の中身において

憲法の幸福追求権を理由に挙げることも多いが、

逆に言うと、

憲法は、幸福を追求する権利は認めているが、

幸福になる権利まで認めているわけではない。

憲法は、個人の尊厳を保障し、幸福追求する権利を認めてやるが、

その結果として、

個々人が幸福になるか不幸になるかは自己責任

だからねという立場を基本的に取っている。

 

そこまで見越して

幸福追求権という言葉を使っているわけではなく、

むしろ、逆に、そこを故意に無視して、

幸福を追求することがどうのこうのと言っているのだ。

これも非常に政治的な言葉の使い方と言えよう。