楽天的ハスキー

湘南暮らしのハスキー「ガク」妻の「ユズ」と柴姉さん達のブログです。

Dog Lovers KIYOSATO☆2019に参加させて頂きました。

2019年09月29日 11時37分28秒 | ハスキーイベント
大好きなまいさんと・・・
おとさんは高速道路の渋滞が嫌いです。そして高速料金は安いのに越したことはないと思ってます。深夜の高速をラジオを聴きながらの移動は至極の時間なのです。
今日は清里でのオフ会、このオフには何年か間が空いていた認識はありましたが調べたら前回の参加は2016年でした。早めに近くまで着いておこうと模索するも、談合坂は手前過ぎる。それに勝沼を過ぎて右側の甲府盆地の素敵な夜景はきれいなうちに見ておきたい。境川PA・・・やはり手前過ぎる。って事で「道の駅南きよさと」まで進行・・・

早朝のドッグランでは車中泊していたご家族と遊んで頂きました。
道の駅にはハスキー連れの車があった事は確認していましたが、誰なのかは後の楽しみとして詳しくチェックはしないでおきました。そして・・・ドッグランに登場したのは・・・

キララさんとナルモくんでしたぁ
道の駅の中のカモの行進に興奮し、早朝のドッグランでのワッショイと朝から飛ばし過ぎなんじゃないか~?と我が家のハス達・・・ところでランの中での会話・・・キララさん、めいまいさんのめいさんに似ている・・・って事はガクにも当然似ている・・・キララさんに逢うとめいママさんは泣きそうなくらい懐かしむらしい・・・って私自身でも泣きそうになっちゃったし・・・話は逸れますが、道すがら登場する(滝沢牧場)や(野辺山高原)の看板、そう言えば亡き長女とこちら方面での最初の旅は、この道を通りこの道の駅にも立ち寄ったっけ・・・っと懐かしい気持ちにもなりました。
着いたぞ~!

早速、皆さんとの触れ合いの時間

続々と集まるハスさん達、門番さんも大忙しです。

みんなの大好物のパピーさんも登場

そこに登場したロン毛の子・・・「超かわいい!」って、まさかまさかの北摂のローズさんじゃあありませんか~♪

ところで、我が家の自由過ぎるゆずさん・・・まだ、午前中の参加ハスが集まり切っていない段階で寝てしまいました。

爆睡に近いレベルです。

その横でガクも添い寝気味に・・・って、広~いドッグランの中で何故、我が家の狭~いのリビングのダイニングテーブル下みたいな事になっているのか?

その横で記念撮影が始まったり・・・

我が家のワンコ達を中心に(お休み処)が広がるし・・・
朝から張り切り過ぎた我が家のワンコ達・・・完全に電池切れです。

お昼ごはんを食べて、衣装替えもしましたがやってる事は結局同じでした。

帰りは大きな渋滞もなくスムーズにラグビーの日本VSアイルランドを楽しみながらの帰宅、ワンコ達は完全に我を失った状態(ちなみに本日も使い物にならず)でした。
本日も楽しい時間を過ごさせて頂きました。主催された皆様、ご参加の皆様ありがとうございました。タイミングが合わずご挨拶が出来なかった皆様、失礼致しました。また、お逢い出来る日を楽しみにしております。
ぽちっとお願いします
にほんブログ村<







コメント (4)

LAHAINA

2019年09月23日 19時58分54秒 | 日頃の散歩
素敵な夕焼けだぁ
台風が連れて来た南からの熱い風が吹き荒れておりました。
3連休も今日で終わりです。
これからの季節、ハスキーさん達の集まりも増えてきます。よって今日のハスキーさん達はシャンプーに行ってきました。

カメラを忘れた為、ゆずさんがシャンプーされている様子を撮れませんでしたが、お迎えに行った時は魂が抜け、普段は見掛けない(静かな伏せ)をしていました。我が家に着いて平常心を取り戻しているところです。


そして、ガク・・・大好きなお姉さんに仕上げをされています。


そして、解放されての帰宅途中です。


我が家に着いてゆずさんと再会です。

いつものお散歩に出掛けたら、友達が沢山待っていてくれました。しばらくはツルツルでいい匂いのハスさん達です。

ぽちっとお願いします
にほんブログ村<

コメント

季節の中で

2019年09月22日 18時45分29秒 | 日頃の散歩
早朝に起きなくても、太陽がかなり傾くのを待たなくてもお散歩に行ける。夏は好きな季節だがワンコ達の散歩を考えると良い季節になりました。

しばらく映像の吸い上げをしていなかったカメラから夏の景色が出てきました。

お散歩に出る時間を変えても友達に逢えるってうれしい事です。


道すがら曼珠沙華を見つけました。どんなに異常気象の年でもこの花は咲く頃がブレないですね・・・そうそう、「曼珠沙華」と表記したのは百恵さん世代でもありますので・・・って・・・「曼珠沙華」ってB面だったのかぁ!とウイキペディアを見て軽く驚きました。

どんな季節になってもシニアになってもガクはお姉ちゃん大好きなワンコです。そんなガクもある意味ブレない奴だと微笑んでしまいます。
ぽちっとお願いします
にほんブログ村<
コメント

3億6千万円を持って逃亡だ!

2019年09月11日 21時56分56秒 | 過去回想
毎日、暑いだけで書く事ない~!書かないとワンコ共々忘れられそうだし・・・よって、ワンコとは全く関係ないけど、サクサク書けそうな話題で存在を残そうと思う。

数日前、どっかの県のどっかの警備会社にてその警備会社の社員が社内の金庫から3億6000万円を持ち出して逃亡して全国に指名手配されて未だに捕まっていない。現金輸送車に乗っている皆さんの注目度は高いだろうなぁと安易に想像してしまうのです。

街で見掛ける現金輸送車って2人以上で乗っている事はご存知の方も多いと思いますし、何故複数名で乗っているのかは、ご想像の通りです。そして、ほぼ100%は♂だけで乗っていると思います・・・♂同士で現金運ぶある意味「ドライブ」すると結局は誰かの噂話などになるみたいで、そんな話も繰り返されると会話の引き出しが少ない人は話が途切れるだろうな~と思うのです。そこで、こんな事件がありモノとして運んでいる現金運びのプロからしたら「俺だったらどうする?」となるだろうな~

ちなみに現金輸送の会社は何をしているのかと言えば、あっちからこっちまで単純に現金を積み込んで運ぶなんておまけのおまけみたいなモノで、銀行から預かった現金もしくは警備会社が立て替えた現金をあちこちにあるATMに詰め込みに行く。ATMもただ現金を詰めれば良い訳でなく引き出しの多いATMなら現金を装填し、預入の多いATMなら回収する・・・簡単に言えばATMそれぞれにベストな現金装填量があるのです。他にはいろんな会社の売上金を回収したりもしており、単純に回収するだけではなく、その売上金が間違いないのか精査(計算)をして、その売上金をどこかに届けたりするのです。だから銀行の金庫よりも警備会社の金庫の方が現金を保管している筈です。

現金を持ち出した人は、現金を運ぶのではなく回収されて来た現金を精査する役割の補職者との事で、小さな会社なら監視カメラ以外に見つかる事無く持ち出せるだろうなぁ・・・と考えます。しか~し!現金を運ぶ人からしたら疑問があるのです。それは・・・


これが一般的な1億円のパッケージです。日銀がこんな形にするから他の金融機関が独自にパッケージするとしても同じ形になります。ちなみに帯封のついたお札は(1束)と数えたりするのですが、それを万券なら10束重ねて1千万の束を作るのを(大束)と言う事は認識率がかなり下がるかと思います。ちなみに大束は形状から(レンガ)と呼ばれたりします。そして、上の画像のように1億円のパッケージ・・・形が似ているから(座布団)と呼ばれたりします。重さは1ザブ約10キロですが、数えるのに1ザブ2ザブなんて数え完全にお金ではなくモノ扱いです。1億以上の現金を運ぶ場合1人で運べそうな重さとして3ザブ用のバッグがあります。そうやって考えたら、なぜこの犯人は盗んだ金額が3億6000万なんだろ?普通に考えたら6000万が邪魔になります。それと3億円なら約30キロ、あるし・・・30キロは完全に足かせで監視カメラありの都会は逃げ切れないだろうな・・・そう考えると持ち出す金額は6000万か1億くらいがちょうどいいのかなぁ?と思います。よく逃亡者は北へ行く的なイメージがあるから自分なら断然、南へ行くだろうなぁ・・・そして、もちろん潜伏するのは監視カメラが皆無で平和な事が基本の警察機関は(駐在所)しかない様な場所でしょうね・・・しかし・・・そんなローカルな場所なら現金よりも重要なモノが多くあるから、結局現金なんていらないのではないかと思います。
ところで、現金の塊の数え方、1億の「座布団」が最終形かと思いきや、その上があるのです。座布団を40段重ねて、もちろん40億円の塊です。その形状から(とう)と呼びます。漢字表記だと(塔)なのか(棟)なのか知らないけど、そんな単位で運ぶ機会は日銀から銀行の事務センターに運ぶくらいしかないでしょうね。ちなみに6塔運ぶ車両に乗る機会があったのですが、相変わらずモノです。悔しかったら1塔でも盗んでみろ!って感じです。まぁ明日あたりも全国の現金輸送車の車内では(俺ならどうする)(いつ捕まるか昼飯賭けるか?)の会話が弾むのではないかと思います。
ぽちっとお願いします
にほんブログ村<
コメント

馬に蹴られるハスキー

2019年09月01日 18時45分02秒 | 日頃の散歩
今週も海に来た~♪

今日から9月、「1年の3分の2が過ぎた」など刹那的言葉が出て来るこの9月の入りはテンションが下がります。カレンダーを8月→9月に替える時は深い寂しさを感じます。

海へ行ったらサモエドの太郎くんに逢いました。

海の水は真夏と全く変わりなく、これからゆっくりと秋へ向かって行くのでしょうが・・・

海岸脇の草地には海の家で飼われているポニーが草を食んでました。好奇心の塊みたいなハスキーにとっては興奮を抑えられないのは当然で、2頭のハスキーの行動を抑えるのは履物がサンダルだった事もあり大変でした。馬の後ろに回れば蹴られるのは当たり前と思いヒヤっと感を覚えましたが、この優しいポニーさん面倒臭い好奇心いっぱいのハスキーと対峙し、前足にて頭を撫でる様な動作をしていました。馬って優しく賢いんだね。ハスキーの行動を制御する為に写真なんて撮ってられませんでした。

夕方は我が家のお散歩コースで出会えるハスキーさんと全員に逢えました。
ぽちっとお願いします
にほんブログ村
コメント