むんこのおしらせ

お仕事と同人活動

まんがライフオリジナル

2018-10-11 | 日記
今日発売です。
「出会ってしまったツルとカメ」載ってます
よろしくお願いいたします。

つまり、カメは
自分ちが嫌だったんでしょうね。
ツルんちで楽しく過ごせたようで何よりです。

なんだかんだで
すっかりラブくなったこの漫画。
なんか色々抱えてそうな2人が
幸せに過ごす姿を描きたいなあ、と
最近はそんな風に思いながらネームしてます。

ところで卒業アルバム、
作者は小中高一冊たりとも手元にありません。
捨てた記憶もないから
どっかにあんのかしら。

卒業アルバムもめくらない
アレな青春を過ごした作者が描いております。
この漫画が理想の青春とは言いがたいですが、
恋はいいよね。

そんな甘めの今回。
どうぞよろしくお願いします。

まんがタイム

2018-10-10 | 日記
とっくに発売中でした。
「花丸町の花むすび」載ってます
よろしくお願いいたします。

彗ちゃん(と、同級生の少年)がとてもいい子で
大人2人がどーしょうもねえなあという、
ただただそれにつきるお話です。

あと花丸小の面々がちらほら出て来ます。
来華の挨拶が素晴らしいなあと
作者ながらに思うのであります。
ああ言う場で長話する人の気が知れな…いやいや。
いつも不思議なんですけど、
あの手の挨拶が長い人って
自分が聞く側だった時
ちゃんと聞いてたって事なんですかね。
もしくはあれか。様式美ってやつか。

あとなんだろ。大人2人が
どーにも恋愛関係にならなそうだなって
今回描いてて思いました。
らいかのファミレス高校生的な。
設定的にはここがくっつきそうなもんなんですが
どうなる事やら。

そんなこんなのタイム、
どうぞよろしくお願いしまーす

まんがくらぶ ・まんがタウン

2018-10-07 | 日記
どちらも発売中です。
くらぶに目次連載「ひとりみ天国」
タウンに「ビギンはもうすぐ閉店します」
載ってます。
よろしくお願いいたします。

ひとりみ。
一から関係を築くというのは
楽しみと煩わしさのせめぎ合い。
かずと君は間違っても
嬢にイキるような嫌な客にはなりません。
気遣いの人 故の今回です。

ビギンはもうすぐ〜。
サクッと居座る少女と
普通に受け入れるオッサン(&客)です。
「よしこさんは買うんだよ」が
今回のお気に入りです。
音読はスイミー。

こうして眺めると
両作品とも
豪快な「花の無さ」ですね。
地味にやらせてもらってます。
描くのはめっちゃ楽しいです
ありがとうございます。
よろしくお願いしまーす

まんがホーム

2018-10-03 | 日記
発売中です。
らいか・デイズ載ってます
よろしくお願いいたします。

秋なのでサンマです。
「毎年毎年飽きもせずよくやるなあ」と
来華以外のキャラが思ってる雰囲気です。

作中の「サンマプレート1500円」は
ネーム段階で1000円でした。
描きながら「いや…もっとする!」と思い直し
完成原稿を渡す直前に
確定ネームの変更をお願いしました。
ギリギリまで手直しするなんてプロみたい!とか
アホな事思いつつ編集ちゃんにお願いしたら
「変更忘れそうなんで付箋に書いて貼っといてください」と
ドライでビジネスライクなリアクション頂きました。
付箋に書いたよ。
「サンマプレート1500円」。
なんのこだわりだ。

後半はマコちゃんとダブルMです。
逞しい少女たちの奮闘記です。

大オチの30匹はつまり、
1人10匹のお土産を
2人が辞退して来華に譲ったのです。
という補足。


そんな恒例感満載のホームらいか、
どうぞよろしくお願いします!




追記。
「確定ネーム」というのは、
原稿完成より先に写植を手配して貰うため
改行や級数(文字サイズ)を含めて
セリフの最終形を決めたものです。
私これ何年やっても下手くそで、
級数見誤るんですよね。
級数表使ってんのに。
吹き出しに対して、文字が極端に
大きかったり小さかったりしてる場合は
私が下手うったと思ってください。
最近は編集さんも慣れたもんで、
あんまり酷い時は直してくれます。
その際一報くださるのが申し訳なくてねえ…

と、長めの追記でした。






まんがタイムオリジナル

2018-09-29 | 日記
発売中です。
らいか・デイズ載ってます
よろしくお願いいたします。

かのん小太郎来太です。
運動会に家族が来れないとか、
そういうちょっぴり寂しい時は
大騒ぎしてそれどころじゃなくしてしまえ。
気遣い来華も
一切気を遣わない小太郎も
今回は可愛い要員の来太も
皆いい仕事しました。

気遣う、気遣わない…
難しいですね。
それを享受する者の立場で考えても、
どちらが良いとは言い切れません。
優しくされたいけど
腫れ物になりたくなかったり。
作者的には、そこに悪意が無ければ良くね?と。
あるいはちょっと悪意があっても
面白く返して巻き込めれば結果オーライ。
おお、盛大に話がそれました。

ガキどもが
たくましくよろしくやってる
タイオリらいか、
どうぞよろしくお願いします。