仙台のプロ家庭教師 仙台新生会

仙台で活動するプロ家庭教師です。あの3.11から9年。仙台市の津波浸水区域に拠点をおき、活動を続けています。

人類史に残る歴史的事態に遭遇のこの9年

2020年04月06日 | 世界情勢

あの3.11が、わが人生における最大の出来事と思っていた。 でも、このコロナ感染は世界の人類を脅かす恐ろしい戦いのようだ。

他人事のように見ていたのが、あれよあれよのうちに身近な大事件と拡大してきた。

人生2度目の災害にストレスはマックスになっている。血圧は下がらず、飲酒量はうなぎ登り。

感染の以前に、ダウンしてしまうのではないか。

何をすべきか、我が身を守ることのみこだわらない。

人類と未知のウィルスの生存をかけた戦いになるだろう。

コメント

味覚、嗅覚の喪失

2020年03月28日 | 世界情勢

熱が出て、咳がでて、倦怠感で、でもそれは普通の風邪ですから、自宅で様子みてください。

こう言われて、生活のために移動して、そしてコロナ感染が広がっていく。

しかし、今 初期検査の重要な指標がでてきた。味覚と嗅覚の喪失である。

コメント

暴風のお彼岸

2020年03月20日 | 日常

注意報から警報になったようだ。

窓から眺めると、砂嵐が吹き荒れている。

暴風と、降り出すと止むことない大雨、地球温暖化による気象変動と実感している。

間違いなく地球の営みは変動している。

大きな意味で、コロナウイルスも微小生物の異常発生なのではないのかとふと思う。

文明の急速の発達が引き起こす弊害があらゆる局面に噴出していると思える。

コメント

風の強い荒浜でした

2020年03月11日 | 3.11大震災

コメント

早いか、遅いか、でも9年目の3.11

2020年03月11日 | 世界情勢

朝から風邪が強い。

あの日はどうだったのだろう。津波の後に先が見えないほど雪が降りだしてきたのを思い出す。

犬を抱きかかえて、妻と二人で中学校の3階の窓から茫然と見つめていた。

今日は、公的な慰霊行事はないようだけれど、荒浜に行き亡くなったたくさんの人の

御霊に手を合わせてこようと思う。

コメント