偉大な水の物語 + カロリーの世界+ 寄り道

果てしない宇宙から生命体まで水がどのように関わっているのかの物語です。+カロリーの世界+日常の寄り道について触れます。

偉大な水の物語 No.304宇宙編 星座271+カロリーの世界 174

2018-10-14 09:25:50 | 宇宙科学
物知りの水:
28個は単独で、8組が連星で、2組が3重星らしいです。
又この他にも見えない伴星が5個有るらしいですが、・・・


 次回も物知りの水の続きを掲載します。



 カロリーの世界 
 密閉してから熱を加えるため魚の栄養素が逃げません。
 魚に含まれるマグネシウムやカリウムは血圧を下げて
 安定させる働きが有るらしいです。・・・ 


〈寄り道190〉
 大正時代のあらまし 
 大正天皇の在位は、大正元年7月30日から大正15年12月25日
 まで。この時期は、資本主義の成熟とデモクラシー的風潮を
 持って特色づけられました。・・・


   人気ブログランキング   相互リンクとランキングプラス   にほんブログ村

       
コメント

偉大な水の物語 No.303宇宙編 星座270+カロリーの世界 173

2018-09-30 08:46:00 | 宇宙科学
Q.太陽から16光年以内の空間に50個の恒星があるそうですが、その内訳は?
おとぼけの水 
  近くと言っても手が届かないのでしょうね!!
ハシゴに登ればつかめるとか。落語みたいです。

 
  次回は物知りの水を掲載します。


 カロリーの世界 
 血管をしなやかにしてくれるそうです。
 アスタキサンチンはビタミンEの約千倍の抗酸化力が
 あり美容効果が期待出来るそうです。
 また、魚の缶詰は生の魚を密閉して・・・ 


〈寄り道189〉
 明治45年新橋~下関間に特別急行列車運転開始。
 展望者を連結。誰が乗れたのでしょう。うらやまし~。

 明治時代を長らくご覧頂きまして、
 誠にありがとうございました。

 次回からは、大正時代を掲載しますので、お楽しみに!!


     人気ブログランキング  相互リンクとランキングプラス にほんブログ村   
コメント

偉大な水の物語 No.302宇宙編 星座269+カロリーの世界 172

2018-09-23 09:14:26 | 宇宙科学
物知りの水:
A型は白色に見えるらしいです。
絶対等級は0.0~2.5)、F型は淡黄に見えるらしいです。
・絶対等級0.0~2.5)、G型は黄色に見えるらしいです。
K型は橙色に見えるらしいです。M型は赤色に見えるらしいです。

 次回はQ.とおとぼけの水を掲載します。


 カロリーの世界 
 変化しておいしくします(塩分の撮り過ぎは注意しましょう)。
 鮭の赤身のアスタキサンチン(抗菌作用で老化や動脈硬化の
 予防が期待できるそうです)は、・・・ 


〈寄り道188〉
 明治44年;徳田秋声。晩年には〈仮装人物〉が有ります。
〈縮図〉を未完のまま亡くなりました。全集が有ります。


   人気ブログランキング   相互リンクとランキングプラス ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
  
コメント

偉大な水の物語 No.301宇宙編 星座268+カロリーの世界171

2018-09-09 09:15:45 | 宇宙科学
・物知りの水:
恒星の色で高温は青く、低温は赤く見えるらしいです。
O型は青色に見えるらしいです。B型は青白色に見える
らしいです。


 次回も物知りの水の続きを掲載します。


 カロリーの世界 
 かまぼこは良質のたんぱく質が豊富です。また、アジ
 などの干物は鮮魚と栄養分が変わりません。
 干物になるとたんぱく質が分解されてアミノ酸に・・・


〈寄り道187〉
 明治44年;徳田秋声。〈足迹〉〈黴〉〈爛(ただれ)〉
〈あらくれ〉等を書いて、島崎藤村、田山花袋(かたい)
 と並んでその代表作家となりました。
 その後多くの長短編を書きました。・・・



   人気ブログランキング   相互リンクとランキングプラス  ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  
コメント

偉大な水の物語 No.300宇宙編 星座267+カロリーの世界170

2018-08-26 08:16:42 | 宇宙科学
Q.恒星の色が知りたいのですが?

・おとぼけの水:
ダイヤモンド色なんかあればゾクゾクしますね!!
眩しくて外歩くこと出来ない。運動不足になります。


次回は物知りの水を掲載します。


 カロリーの世界 
 することが困難な状態)筋肉がつくので理想的な食べ物です。
かまぼこ以外のちくわ、ハンペンも骨や筋肉を増やします。
なお、原料のスケトウダラのたんぱく質は丈夫な血管を作ります。・・・


〈寄り道186〉
 明治44年;徳田秋声。しかし、のち人生派的な自然主義の
傾向を強めました。地道な散文精神と庶民的作風から、
生まれながらの自然主義者と称されました。著〈新世帯〉・・・


人気ブログランキング  相互リンクとランキングプラス ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
コメント