みわの里blog~思いをかたちに~

特別養護老人ホームみわの里の公式ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

創作ファシリテーション!~感謝の木~

2018年11月02日 | 日記
前回のブログの続きです。


デイサービスみわの里の今後の機能訓練の取り組みの基盤となるであろう『創作活動』について書きたいと思います。


昨年から『創作活動』のあり方を見直しはじめ、ようやくその成果が表れてきたデイサービスみわの里!


簡単なようで難しいことなのですが、取り組んだことは二つです。


①何を作るかという段階から利用者さんと職員が一緒になって考える。

②作業が始まってからも、利用者さんの声をもとに作業を追加したり変えたりする。


みんなで考えながら創作活動に取り組むほうが楽しいですし盛り上がる!


毎月の壁面制作をそんな感じでやってみよう!


取り組み始めて試行錯誤を繰り返しながら、半年以上が経過し・・・。


思っていた以上の成果が表れていたのです!!


何より創作意欲が高まっていていることは確かで、職員から何か案を提示すると、利用者さんからいろんな意見を頂戴することができます!


自ら考えて作品を作られる方や家で作って来られる方も増えました♪


利用者さん同士でどうしたらよいか話し合いが始まり、そのまま作業が始まったりもします(^O^)


なぜ、そんなふうに変わってこれたのか??


少し話はズレますが・・・。


先日とあるデイサービスの職員さんと話をする機会があったのですが、その方は「グラフィックファシリテーション」を学び会議の活性化に取り組まれていました。


ファシリテーションというのは、会議等を円滑に進行させ、そのゴールに導くサポートのこと。


そのスキルがあれば、会議の活性化につながり、創造的な会議が行える!


グラフィックファシリテーションは、ホワイトボード等を使って、発言を記録・図式化しながらファシリテーションを行うことだそうです。


組織の活性化のためにはファシリテーションスキルはやはり重要なだなぁ~、負けていられないなぁ~と感じながら、ふと日常に目を向けたのです。


よくよく考えると、これまでしてきた『創作活動』は“ファシリテーション”による成果だったんじゃないかと!



適当に名づけますが、これは「創作ファシリテーション」です!



では、 “創作ファシリテーション”によって出来上がった作品を二つご紹介↓


まずは「不思議なトマトの木」

この作品をつくったのは7月のこと。
「7月と言えば?」というテーマで意見を出し合うと・・・
「とうもろこし」「そうめん」「カブトムシ」「トマト」「オロナミンC(?)」・・・
利用者さんと職員一緒になって言いたい放題!
で、7月の壁面制作に何を作ろうかという話になり・・・
「全部作ったらどうや?」と利用者さんからの声・・・
⇒全部作ることになりました(笑)
そして、トマトを作る際、「トマトの木いうんがあるらしいで」と利用者さんからの声・・・
⇒「トマトの木」を作ることになりました(笑)
「そこに全部生らしたらどうやろう?」と職員の声・・・
⇒全部生らすことになりました(笑)
・・・ということでついた作品タイトルが「不思議なトマトの木」
生り物の制作は利用者さんがイメージをもとに考えながら作られたり、個性あふれるものが生っていて、芸術性のとても高い作品となりました!
ちなみに、トマトの花言葉は“感謝”だそうです。



次に「みわの里弁当」

造花をつくった後に、花瓶に紙粘土で色づけすることになり・・・
「紙粘土やったら新聞紙から作れるで」と利用者さんの声・・・
ネットで調べるとトイレットペーパーからも作れるとあり、トイレットペーパーで試作。
利用者さんは興味津々でトイレットペーパーとノリを混ぜてコネコネ♪
なかなか固まりが悪く・・・
「ボンド入れたらどうや?」と利用者さんの声・・・
これが大成功!見事に強度が上がる!
それでもうまく固まらず利用者さんが両手で丸めておにぎりを作ってみた!
そのおにぎりが落ちてコロコロコロ・・・
職員が拾って「かわいいおにぎりやなぁ!弁当ができるなぁ!」
弁当を作ることになりました(笑)
その後は利用者さんの声・・・
「梅干しがないとあかんで」
「箸も用意しとかなあかんやろ」
制作のほうは、いつも作業はされない方まで真剣にされ・・・
色づけも見事で、本物のよう!
花瓶を作っていたら思わぬ方向に話が向かい、花瓶以上のインスタ映えする作品が生まれました!




こうした創作活動を経て、デイサービスみわの里には1年前にはなかった風が吹き始めています。


創作意欲活動参加意欲生活意欲へとつながっているような!


“創作ファシリテーション”により活性化につながったんだと思います!


「不思議なトマトの木」の成功により、何かが変わり始めていたのでしょう!


「不思議なトマトの木」、ありがとう!!



というわけで、機能訓練に取り組んでいくための基盤づくりは十分にできあがりました!



今後の動きはまたのブログでご報告させていただきます!


デイサービスみわの里 Y

コメント

動き出す!

2018年10月08日 | 研修
1年半ぶりぐらいでしょうか・・・。



久しぶりのブログが動き出しました!



デイサービスみわの里から情報発信します!



デイサービスみわの里では、現在個別機能訓練加算算定を目指して機能訓練プログラムの構築に取り組んでいます。



清和会みわでの機能訓練は…



「生活行為に勝る訓練なし」


これをもとに取り組んできました!



以前に研修等でお世話になった松本リハビリ研究所の松本先生の言葉です。



※参考までに、松本先生に以前に来ていただいた研修はこちらです→( 「生活リハビリの達人になります!」、 「生活リハビリにこだわる!」 )


デイサービスみわの里においても、「生活行為に勝る訓練なし」は大切にしてきたことです。


とはいえ、生活行為を大切にするということをチームで継続し取り組んでいくことは、なかなか難しいものです。


自分たちはまだまだだと言い聞かせ取り組み続けていれば、きっといつか花咲くと信じる!


大げさかもですが、そんな気持ちで取り組んでいるところです。


今回のデイサービスみわの里の取り組みは、そうした日々の取り組みに加えて個別機能訓練加算算定を目指したものなのでさらに難易度があがる。。。


といわけで…



松本リハビリ研究所の松本健史先生。


中丹西地域リハビリテーション支援センター(福知山市民病院)の足立晃平先生。



お二人のセラピストの力をお借りしながら取り組むことにしたのです!



これまでのデイサービスみわの里で取り組んできたことを大切にしながら、デイサービスみわの里らしい機能訓練がしていけることを描きながら、もうすでにその取り組みは始まっています!




先日10/3は、松本先生の訪問指導。


足立先生にも同席いただき、5時間びっちりの研修と質疑応答でした!


ぼんやりとしていたものが、一つ一つ具体的なイメージが描けていけるような感覚の5時間!


個別機能訓練加算算定が大きな目標ではあるのですが、何よりこの取り組みによりデイサービスみわの里を盛り上げていくことが重要!


この取り組みは、きっと大変ですが、きっと楽しく、職員も利用者さんも元気になれる!


実際にこの数日で職員の創意工夫はすでに始まり、現場は活気づいているのですから!


こうして、デイみわの里流機能訓練の取り組みは、松本先生の訪問指導により動き出したのです!



そして、さっそく、職員の心が動き出し、体が動き出し…



利用者さんの心も動き出し、利用者さんのあらゆる機能が動き出すのでしょう!



以上、デイサービスみわの里からの情報発信でした!


さて?どんなことが動き出したのか・・・


また、ブログに書きたいと思います!




デイサービスみわの里 Y







コメント

ステキなぞうきん

2017年02月14日 | 日記
今年初めてのブログ更新です。

本年も法人事務局より幅広く情報発信していきたいと思っております。


介護のこと。

清和会みわのこと。

地域のこと。


できるだけ多くの皆様の目に届き、ともに介護業界を盛り上げることができればと思っておりますので、今後ともよろしくお願い致します!


さて、今回はグループホームすこやかの家のこんなストーリー。


先日の2/3、菟原小学校の子供たちと先生がすこやかの家まで来てくださりました。

すこやかの家の皆さんが子供たちのために用意していたプレゼントを取りに来てくれたんです。

こちらがその様子です↓


このプレゼントは、1月の菟原地区毎年恒例の餅つき大会のときに子供たちに渡す予定だったもの…。


ところが、当日はそれはそれはどえらい大雪でやむを得ず中止。。。


プレゼントはさみしそうにすこやかの家の片隅に眠っていたのです。


プレゼントの中にはお菓子のほか、利用者さんの手縫いのぞうきんが入っていたそうです。


一つ一つ丁寧に縫われているすこやかの家の利用者さんの姿を思い浮かべつつ、「さすがやな~!」と思いながら職員さんに見せてもらった1枚のぞうきんがこちら↓


なんということでしょう!

かわいらしい果物が縫いつけられているではありませんか!!



ある利用者さんが「子どもたちにただのぞうきんあげてもあかん。かわいいぞうきんやないと!」ってことになり、ミッキーマウスのキャラクターの入ったそうきんなどを準備していくことになったそうです。


利用者さんの日常のたわいもないような一言がこうして形になっていく。


そんな思いがつまったステキなぞうきん。


今頃、学校の廊下も子どもたちの心もピカピカになっていることと思います。



ということで、今回はすこやかの家のぞうきんにまつわるちょっとほっこりするストーリーでした。


些細なことかもですけど、そんなことにも幸せが感じられたりするのが介護の仕事。


今年はできるだけ多くそんな話をお届けしたいな~と思っておりますので、またみわの里blogを覗きに来てくださいm(__)m


清和会みわ 法人事務局 Y








コメント

みんなちがって、みんないい!

2016年12月15日 | 日記
今日はデイサービスみわの里の企画で「すずらん一座」の皆様が歌と踊りを披露しに来てくださいました。


「すずらん一座」様には以前みわの里で運転手をされていた方がおられまして、そのご縁もあってボランティアで何度か盛り上げに来てくださっているのです!


“縁”というものはありがたいものですね。


みわの里自慢の大きな地域交流ホールにてみわの里やすこやかの家の皆様も足を運ばれ、会場は大賑わい♪


入居の皆様をお誘いに伺うと・・・


ぞうきん縫いを手伝ってくださっていたTさんは、手を止めて…

「ほんまか~!私昔から歌好きなんや!これ(ぞうきん)置いといてかまへんか?」

…と職員さんに伝え、満面の笑みで答えてくださいました。


それでも、きりのよいところまで縫おうとするTさん…、見習わいといけませんね。。。



Mさんはぐっすりと部屋で寝ているところ飛び起きて、

「行く行く!ほんまか~。みわの里はええとこやなぁ~!」

・・・すずらん一座様のおかげで「みわの里」がええとこになっちゃいました。


そんなこんなで、いよいよ歌謡ショーのはじまりはじまり~!


皆様プロ顔負けのうまさです(^O^)


思わず万歳する方もおられました。歌を聴くというだけでも自然と身体のリハビリになっています↓


しっかりと歌詞カードを見て歌っておられる方もおられます↓


歌の力というのを改めて感じることができました。


そして、参加されている皆様の言葉や表情、動作を見ていると、それぞれの楽しみ方があることが見えてきます。


歌詞を読んで歌う方。

歌詞カードのページを探すことに夢中の方。

歌い手さんのほうを見ながら笑顔で一緒に口ずさむ方。

歌を聴いて体で表現される方。

昔の歌を懐かしみ昔を思い出している方。

一番前に座って恥ずかしがりながらもなんだかんだで楽しんでいる方。

知らない歌でも知っているかのように雰囲気で楽しめる方。

短時間でも十分に楽しめたから帰っていかれる方。


ちなみに私は、なんであんな上手に歌えるんやろと歌い方を研究しながら楽しんでいた人です。


みんなちがって、みんないい♪


金子みすゞさんの詩ですね。



「個」をありのまま認めるということは難しいことですよね。


そもそも「個」を表面的なことでしか見れていないことも多いと思います。


もっと「個」を知ることができたら、そんなふうに思えるかもですよね。


そうなれたら介護の幅も広がるだろうなって思います。


話が飛躍しましたが、歌を楽しむと言ってもきっといろんな楽しみ方があるんだろうなって感じた話でした。


これからの時代、歌謡曲は嫌いだけどヘビメタやハードロックなら聴くって方もおられるでしょうし、頭を柔軟にしておかないとなって思います。


そんなふうにして歌を楽しんでおられた皆様に「すずらん一座」様からプレゼントが届けられました↓



「すずらん一座」様は、衣装もいろんな衣装を持っておられ、かつらもいろんなかつらを持っておられ、楽しんでもらいたいって思いが最後まですごく伝わってきました!


それを感じてるだけでも楽しい気分になれましたが、本当に歌がプロ級でした!


すずらん一座様、またのお越しをお待ちしておりますm(__)m



清和会みわ法人事務局 Y











コメント

介護の日大作戦2016福知山⇒大成功!

2016年11月10日 | 日記
11/2~5は福知山市の介護の日週間。

「介護の日大作戦2016福知山」というイベントが開催されました!


地域活動貢献委員会のメンバーがみわの里を代表してイベントの盛り上げに参戦してきました。


初めての「大作戦」は「大成功」だったと思います!


イベントの企画・準備等に携わられた皆様、本当にお疲れ様でした!


今日はその様子をみわの里目線で少しご報告ということで、最終日11/5のステージ発表について書きたいと思います。


11/5のステージ発表では、福知山で活躍中のアコースティックデュオ“チキンズキッチン”やアイドルグループ“Happy3days”のパフォーマンスの他に、各事業所のステージ発表もあり会場を賑わせました!


もちろん、みわの里からもステージに参戦しました!


1曲目は、生演奏で歌と手話を披露した「世界に一つだけの花」 。

練習の成果が存分に発揮でき、会場の皆様も一緒に手話をしてくれるなど大盛り上がり!

その様子がこちら↓


2曲目は、スコップ三味線で「おら東京さ行ぐだ」 !

スコップを三味線に見立ててスプーンで音を奏でます。

全国大会もあるらしく、これがきっかけに福知山にスコップ三味線ブームが来るんじゃないかと勝手に思うぐらいの盛り上がりでした!

福知山中のスコップが売り切れているのでは・・・(^_^;)

ちなみにこんな感じ↓


これだけ盛り上がったのも、各施設の職員の皆様が盛り上げてくださったおかげです!


介護の仕事をしていると、そういうパワーが身についていくんでしょうね。


本当にいろんな成長をさせてくれる仕事で、新たな自分の一面を引き出してくれるのもこの仕事の魅力の一つだと感じています。


とにかく、どの施設のパフォーマンスも自然と身体が動いてしまうようなパフォーマンスで、いつしか素でイベントを楽しんでおりました(^_^)

ぜひとも、来年以降も続いてほしいイベントです!


もっともっと素敵なイベントになっていくように、みわの里もその輪の一員として協力していければと思いましたし、いろんな形で介護という仕事、介護の職場の魅力発信をみんなでしていきたい!

このブログもそんな思いを込めて続けてきたわけですが、介護の仕事は本当に素敵な仕事だということは伝え続けるのは私たちの重要なミッションだと思います。


介護が必要な方が増えて、支える人材が不足していくこれからの日本・・・。


それが深刻化する2025年問題と言われる年まで、あと9年・・・。


9年も経つと各施設世代交代もしていくでしょう。


これから社会人となる若者が“介護の仕事がしたい”と思える魅力あふれる仕事、魅力あふれる職場にしていかなければ!


このイベントが、この先若者が集うようなイベントとなっていけば、若者が福知山に集まり、介護の仕事に携わる人たちも増えて、福知山で安心して老後を迎えられるんじゃないかなぁ…なんて思い描いております。


夢みたいな話ですが、夢で終わらせてはいけないことですし、夢を語らないと何も始まらないですからね。


ということで、「介護の日大作戦」が「大成功」したという報告でした!



清和会みわ法人事務局 Y


コメント