セレスチャル・アート&ヒーリング Sophia

本当の自分に繋がる、戻っていくために、チャネリングで下ろした高次元の図形達。
天界のアートです。

赦すことは相手とは関係ない

2018-03-06 12:10:27 | 奇跡のコース
最近感じていること。 自分が傷ついたり、攻撃されたと感じた時、相手に謝ってほしいと思いがちですが、相手が謝ることと赦すということは全然関係ないのだと感じています。 なぜなら、何回か謝ってもあの時こんなことをされたとか、こんな目にあったとか思い出したように何度も語るから。(赦さないのは、相手の謝り方に誠意がないからだとか言ったりしますよね) 何度も語るということは赦していないということ。本当に赦せた . . . 本文を読む
コメント

ヘレンさんの靴の話

2017-07-05 10:31:58 | 奇跡のコース
欠乏感をいろいろなガラクタで埋めていたことに気づきながら、ある話をずっと思い出していました。 それは奇跡のコースを聞きとったヘレン・シャックマンのお話。 ******************************************************************************************************************* 以下「奇 . . . 本文を読む
コメント

『この宇宙は夢なんだ』本

2017-04-09 23:02:24 | 奇跡のコース
『この宇宙は夢なんだ 解き明かされる生存の秘密』アレクサンダー・マルシャーン著 奇跡講座(奇跡のコース)の内容を漫画で描いてある本です。奇跡講座を学び始めて4年、奇跡講座で言われていることを漫画で見ることで、より理解が進んだ気がします。 まるっきり初めての人がこの本を読んでどこまでわかるか私にはわかりませんが、真理を知りたいなら読む価値ありだと思います。 (漫画ではありませんが、『神の使者』は奇 . . . 本文を読む
コメント

防衛しないことの中に、私の安全がある

2016-12-29 01:10:54 | 奇跡のコース
これは、奇跡のコースのワークブックのレッスン153の文言です。 奇跡のコースを学び、日々の中で赦し(自分の間違った見方の取り消し)を実践していく中で、自分を守りたくなる時は、自分の中に必ず何かしら後ろめたさや罪悪感があるというのを自覚するようになりました。 罪悪感が自分の中にあると、その罪悪感に触れそうな人と接している時、防衛したくなります。 以前なら何も考えず条件反射的に防衛していましたが . . . 本文を読む
コメント

Sophia(ソフィア) 叡智

2016-11-15 12:04:41 | 奇跡のコース
ソフィアとは、古代ギリシャ語で叡智を意味するソピアーから派生した言葉。 私はこの叡智という言葉が好きで、ソフィアを使っています。ソフィアとは智慧の女神でもあります。 最近読み直した『奇跡講座 マニュアル編』中央アート出版 の10章「判断は、どのようにして放棄されるか」の項目に次のように書いてありました。 (奇跡のコースのことを、奇跡講座とも言っています) 叡智とは判断することではない。それ . . . 本文を読む
コメント

本当に欲しいもの

2016-11-14 20:35:40 | 奇跡のコース
奇跡のコースでは、この世界は完全なる神が創ったものではなく、エゴが作った幻想と言われます。 完全なるものは、こんな不完全な世界を作りません。 神から分離したことを信じて、エゴが神の代わりになろうとして作った世界。 完全なる神からの分離は不可能なので、実相の世界ではありません。眠って見ている夢のようなものです。 奇跡のコースを学び始めて3年半ほど経ち、本当に自分が欲しいものをはっきりと感じます。 . . . 本文を読む
コメント

本当に共感するには

2016-11-10 21:37:53 | 奇跡のコース
香咲弥須子さんの奇跡のコースのセミナーで、これは本当に聞いて良かったと思った話です。 本当に共感、傾聴することができれば、それは幸せなことだと。 何度も何度も相手がネガティブなことを言う時は、こっちが本当には聞いていない時。 もう図星って感じです。 相手は自分の正直な気持ちを受け取ってほしいから、何度も同じことを言う。 この自分の正直な気持ち、奥底にある気持ちは、一見表現されていないこともあ . . . 本文を読む
コメント

存在しない体

2016-11-09 21:16:03 | 奇跡のコース
2013年から、年に3回ある香咲弥須子さんの奇跡のコースのセミナーに参加しています。 この秋は関西であったセミナーに参加しました。テーマは「存在する心、存在しない体」 奇跡のコースでは、体の目は何も見ていない、耳は何も聞いていない、体は存在していないと説明されています。 なぜなら、この世界は幻想であって実在するものではないからです。 眠った時に見る夢の中の登場人物たちの体は、夢の中では存在し . . . 本文を読む
コメント