>>>>> 脳情報発信所 <<<<<

脳に関連したいろんな情報を発信してゆきたい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

体性感覚野とは

2010-02-25 09:54:31 | 脳科学

体性感覚を大別すると、1)皮膚感覚と2)深部感覚に分けられる。

深部感覚は、位置感覚、動き感覚、力と重さ感覚として感じられる。

例えば、皮膚感覚として、人の手指のひら(腹)側には、機械的受容を受け持つ有髄神経が、1万7000本あり、さらにそれぞれ1本ずつには4~17個の受容器がついている。

ところで、体性感覚野は、前頭葉と頭頂葉の間にある中心溝の後方、中心後回にある。

一次体性感覚野はブロードマンの3野、1野、2野からなる。

その内3野は更に、3a野と3b野に分けられる。

3a野へは深部感覚が入力し、3b野へは触圧覚が主に入力する。

皮質ニューロンと受容器は点対点の対応ではなく複雑な対応関係にある。体性感覚野でも高次の情報処理が行われている。

故に、体性感覚野は、場所によっては皮質ニューロンと受容器は点対点の対応ではない。従って、単純な体部位再現図が描けない。さらにコラム構造がない。

右図=借用from「運動野と体性感覚野」

コメント   この記事についてブログを書く
« 脳の嗅覚系は最も古い情報系... | トップ | 体性感覚と視覚の情報が統合 »

コメントを投稿

脳科学」カテゴリの最新記事