京都府立医科大学 松原弘明の不正

京都府立医科大学循環器内科、関西医科大学第二内科の松原弘明氏の論文での研究不正疑惑について(捏造・改竄・人体実験疑惑)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【最終回】関西医大から京都府立医大への道

2011-10-20 21:04:00 | 論文撤回Watch関連リンク

 

Retraction Watch / 2011.07.04 00:03 / 推薦数 : 15

このシリーズは今回で最終回となります。

 

ランセットに掲載された解説論文を紹介します。

 

著者はひとりのみで2004年の発表。

すでに舞台は京都府立医大に移っています。

 

 

 

ランセット論文 Haemopoietic stem cells that give rise to blood cells and which move between bone marrow and peripheral blood are the best characterised adult stem cells in man. Recent data suggest that adult stem cells generate differentiated cells of a different cell type beyond their own tissue boundaries, a process termed “developmental plasticity”.

Various stem-cell preparations originating from haemopoietic tissue have been used in in-vivo studies of stem-cell plasticity, including unselected cells from bone marrow, purified haemopoietic stem cells, and single haemopoietic stem cells that originate from either bone marrow or peripheral blood.

別の論文A Hematopoietic stem cells that give rise to blood cells and move between bone marrow and peripheral blood are the best-characterized adult stem cells in humans. Recent data suggest that adult stem cells generate differentiated cells beyond their own tissue boundaries, a process termed ‘developmental plasticity.’

Various stem-cell preparations originating from hematopoietic tissue have been used in in vivo studies of stem-cell plasticity, including unselected cells from bone marrow, purified hematopoietic stem cells, and single hematopoietic stem cells that originate from either bone marrow or peripheral blood.

 

 

 

ランセット論文 Acute myocardial infarction is the most common cause of morbidity and mortality in more developed countries. Therapeutic advances have mainly been targeted at restoring antegrade perfusion in the infarct-related artery.

別の論文B Acute myocardial infarction is the most common cause of morbidity and mortality in more developed countries. Therapeutic advances have mainly been targeted at restoring antegrade perfusion in the infarct-related artery,  

 

 

 

ランセット論文 Despite rapid restoration of perfusion, postinfarction heart failure remains a major challenge.A substantial step forward in reversing abnormal cardiac remodelling would be the enhanced generation of cardiac myocytes as well as the stimulation of neovascularisation within the infarcted area.

別の論文C  However, despite rapid restoration of blood flow, postinfarction heart failure remains a major challenge.The major goal to reverse LV remodeling would be the enhancement of regeneration of cardiac myocytes as well as the stimulation of neovascularization within the infarct area

 

別の論文A,B,C ともランセット論文より先に公開されています。

ランセット論文の著者は論文A,B,C の著者ではありません。

 

原著論文が掲載され、それにともなって解説論文が加わることは、その原著論文の著者らにとっては、大変名誉なことです。

しかし、このような形で自分の論文が解説されると、喜んでいいのかどうか、 悩んでしまうところです。

 

2003年という年をよく覚えておいて下さいと、シリーズの一番最初にお願いしました。なぜだかわかりますか?

 

平成15年(2003年)4月に京都府立医科大学は大学院大学に再編され、内科学第二講座は、循環器内科学、腎臓・高血圧内科学、呼吸器内科学の3部門に分化しました。私が平成15年(2003年)4月1日より初代の循環器内科学教授に就任しました。

 

なのだそうです。

 

撤回された時にはすでに就任していたのでしょうか?

微妙なところです。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 京都新聞:元教授は「懲戒解... | トップ | 関西医大から京都府立医大へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

論文撤回Watch関連リンク」カテゴリの最新記事