RIMA MY LIFE

。*・灯台に住みたいバイク乗り・。*

森にクリスマスローズを

2021-04-05 | うちの森




クリスマスローズ(オリエンタリス)の
芽が出揃い
本葉が出てきました。



すごい密ですね💦
そろそろ2.5号ポリポットに、
1本づつ移植しなくてはなりません。


寒さに強いので
かの地に植えようかと思いまして
秋に種蒔きしておいたものです。


実はこの他に、1800粒 蒔いてあります。
この鉢のものは、その時に間に合わなかった種子で
期待してなかったので嬉しい誤算。



米粒ほどのタネから
こんな花弁の花が咲くなんて…植物の世界はおもしろいですね。



この花、最大の魅力は
‘’親株と同じ花が咲かない” ことだと思います。


白花メインに
ダブル・シングル・スポット・ピコティ・原種のnigerなどと交配した種子なので
花が咲くまで、それぞれが
どんな性質を持った個体になるかわかりません👀






好みで言えば、スッキリとした白の一重が好きなのですが
どうあがいても、その土地に合わない株は自然消滅していくでしょう。
強い個体が残ってくれれば、どんな花色形であろうと それを受け入れるつもりです。
更に森の生態系を狂わさずにいられるか、少し心配でもあります。








花が見られるまで約2年…

森にきれいな花がたくさん咲きますように✨





この花は有毒なので
鹿さんに食べられることもないでしょう。









雪上の紫陽花

2021-04-01 | うちの森


解けかかった雪の上に落とし物。
大きな木に絡まって、高いところで白い花を咲かせる
ツルアジサイの花が
ドライフラワーになって雪の上に。



この花を初めて見たのは
和琴半島のキャンプ場。
今は様変わりしてしまったけれど..
なぜ紫陽花が木に絡んで咲いてるのかと驚いた。





外の水道の脇に
ちいさなスノードロップ
高さ4cmくらいなのに花を咲かせてる。



ちょうど砂利のところなので
掘り上げて土のところに移したい。




来る途中のパーキングエリアで拾った
大きなドングリ(左下)
いつか100円ショップで買ったイミテーション(右下)よりも
大きいドングリが、この世に実在するなんて。



近くにアメリカアカナラのネームプレートがありました。
亀裂が入って、今にも根っこが出てきそうなので
埋めてみよう。
ちなみに左上は鬼胡桃 
右上はヒマラヤ杉の松ぼっくり、シダーローズね。





自然の中にいる
ただそれだけで穏やかな。















ハスクバーナがやってきた

2021-03-01 | うちの森




…と言ってもオートバイの方じゃありませんョ

リョービのチェンソーが故障し
修理見積もりとってもらったのですが
同等パワーのハスクバーナが安くなっており
迷った末に新調しました。

ハスクバーナ→新品
ゼノア→チェーン入荷待ち
RYOBI→修理保留
これで旧新3台です。






Husqvarnaは
今やバイクや農林造園器具など
手広く製造されていますが
元々スウェーデンの銃メーカーで
このロゴは銃口と照準をモチーフにしています。


銃話題ついでに…
狩猟の様子が削られている、ピューターのスキットルを紹介。
よく見るとコリーらしき犬も描かれてます。
コリーで調べていたら「車追いをやめさせる方法」と出てきます
スコットランド原産の牧羊犬らしいですが、車を見ると血が騒ぐのかな?
底面にMADE IN SHEFFIELD ENGLANDの刻印。
絵にはイニシャルのようなものもあり、
古いものなのかなぁと思います。

お酒飲めないので出番は無さそうですが
なかなか味のあるデザインで大事にしてます。




さて、肝心の森ですが
2年経っても
南面以外が手付かずなので




地道に開拓していきたいです。





家の正面に立派なホオノキがあり
初夏、その大きな葉に惚れぼれとしました。
その木は、モクレンなどと同じマグノリア科の植物で
直径15cm程の大輪の白い花をつけます。
もっとあるといいなーと思ってたら、他にも数本見つかりました。
樹木の知識がなく、なかなか作業が進みませんが
判明した木から、日々勉強です。










よく走ったね、って

2021-01-26 | うちの森


ガラスについた結晶



よくみると、羽子板の羽根のような模様。






うさぎなのかなぁ? 
動物のあしあと



樹々の影も造形美。
自然は美しくておもしろい。






ご縁あってユニオンオーナーズの
一口馬主させてもらってます。

日曜日は3回目のレースでした。(中山競馬場)
結果は16頭走って4着。

今回芝ではなく初めてのダートコース、
雪予報の出ていた雨の中
よく走ってくれたなぁと思います。
順位云々よりも、怪我なく完走してくれて嬉しいです。






今朝がた、疲れる夢を見てしまった
地下要塞にある⁉︎悪質ブリーダーから、何十匹もの猫を救出しようとする内容
お茶でもいれて落ちつこう⤴️☕️ふぅ





キツネ待ちのフィーカ

2020-12-30 | うちの森
雪はウサギの足跡も消しました。

シナモンロールはないけれど
あたたかい
バタフライピーの青いお茶でfika。






例によって
電波状況がよくないので簡潔に…



✨皆さま よいお年を✨










冬の北海道の良さ

2020-11-05 | うちの森




先日の〝トロールの森から〟
もう一度読みたくなって
注文してしまいました。





夏の北海道といえば
きっと誰もがイメージするであろう
爽やかな青い空、緑の大地、どこまでも続く一直線の道!のような風景。
そんな景色の中を
ひたすら海岸線をぐるっと一周したり、時には縦断や横断しながら
オートバイで走りまわり、移動し続けることに夢中でした。



この本は、その頃に手にとったもので
当時は単純に
写真が綺麗だなぁ…
こんな風な生き方もあるんだなぁ…と
どこか他人事で
よその国のことのようにしか捉えることができなかったけれど(同じ日本なのに)






北海道に家を持った今だからこそ

家を建てる土地探しに難航し煮詰まっていた、とか

雪だるまが作れないほどのサラサラの雪は、
   風が吹くとふわぁっと飛んでいってしまうとか

広大な宇宙に押しつぶされそうになる星空とか

闇に包まれてこわいくらいだとか

分かる分かる、その気持ち! と
共感できる事ばかり。










オートバイで気持ちよく走れる夏しか知らなかったけれど
昨年のクリスマスに、
キツネが庭を横切っていったり、
朝起きて窓の外をたくさんの鳥たちがいた時の感動。
キンと張りつめた空気、
全てを浄化してくれるような真っ白な雪。。。
トロールの森から📖読み合せて
改めて、観光ではなく
ひとところに留まる、北海道の冬の魅力を感じています。




岩手山PAで買ってきたオニクルミをいただきました。
コクも香りもあって美味しいです。
寒い冬を乗り越えるリスたちのご馳走でもありますね。
森にオニクルミの木が植わっているか分からなかったので
春に苗を植えてきました。

リスも人間も暮らしやすい森になればいいな、という願いをこめて…














トロールの森(上富良野)

2020-11-01 | うちの森




昔、読んだ本



タイトルも、宿の名前も忘れてしまっていたが
北海道の丘の写真が素晴らしくて
印象に残っていた。








たしか内容は
ご夫婦でペンションを営んでいて
住所が国有無番地だったので
「トロールの森」と届けを出したとか。
そんなことができるのかと驚いた記憶がある。










美しい丘といえば、
パッチワークの丘が有名な美瑛ですよね。
けさ、なんとなく その本のことを思い出し
ネットで探していたら、みつかりました。
住所は上富良野ですが、美馬牛(びばうし)駅から車ですぐ。



グーグルマップで確認すると
建物は確認できませんでしたが
確かに木々に覆われた森のような場所。
宿の名はトロルドハウゲン。




尋ねたことはないのだけれど
20年前に目に触れてから
ずっと記憶の片隅にあった1冊の本。
その本の中の家が実在すること、
今でも経営しておられることに安堵しました。



トロールの森。
もう100年経っても忘れえぬよう備忘録。






※この日記を書いた数日後、blogをみつけて拝見していたら
トロルドハウゲンは2016年頃に一区切りを迎えていた事を知りました。
訂正いたします。
個人的見解としては、いつか営業再開されるのではないかなとは思うのですが。










昆虫たち

2020-10-23 | うちの森



北海道にて



野紺菊に似た花で、蜜を探すアリ。



すごい色のハエ君

昔、スケルトン外装のビューエルってバイクありましたよね
なぜだか見てたら思い出した。


トンボの顔面。かわゆいのう

でも、どこが目だね?



まるで和紙でできたような、和風な蛾

そうだ。雪見障子が破けてるので、直さないと…


野いちごの花で眠ってる?動かないぞ

右下の花でも眠ってた。




虫たちはまだいるだろうか
時季的に、北の大地は紅葉している頃です🍁

自然のあるところが好き
今すぐ飛んで行きたいなぁ









林道のキノコたち

2020-10-20 | うちの森

林道を走っていたらキノコがぽつん

毒ツルタケ?



名前が分からないので、
勝手にオレンジきのこと命名。

妙に潤っている。


  
   モケモケきのこ
胞子を出しているのでしょうか
1時間後に見に行ったら、もやもやが無くなっていました。




椅子とテーブル。
カウンターかな

もしかしたら1枚目のきのこと同じ種類?

他にも動物にかじられた赤いきのことか見かけました。
きのこは採りませんよー
とるのは写真だけ📷





最後はギンリョウソウ

     漢字で書くと『銀竜草』
なるほど、見方によっては竜に見えなくもない?
幽霊茸の別名もありますが
きのこの仲間ではありません
薄暗い森の中にしか生えないとか。


あれ?ギンリョウソウモドキの方かな?
間違えてたらスミマセン。


これらは9月。初秋の北海道
森の中はリスも走りまわっていて想像以上に賑やかでした✨



ちなみに私、きのこは松茸より
エリンギとかマイタケの方が好き🍄











森からの贈り物

2020-10-08 | うちの森





北海道にて

荒れ放題の森を整理していたら
針金ネットを巻いた樹木が数本出てきた。
おそらく、鹿さんによる
幹の食害を防ぐために巻かれたものだろう。


桜だと思っていた木の足元に
赤黒く熟した実がポテっと地面に落ちているのに気付く。





姫リンゴかなとも思ったが
試しに実をもいで食べてみると、とても甘い。


木が生長し幹が苦しそうだったので
丁寧に針金ネットを外していたら
根元に、色褪せたタグが見える。
どうやらこの実は
大石早生という品種のスモモのよう。



それから枝が伸び放題になっている
ブルーベリーも5株でてきた。
冬に向けて蜂や鳥達にも残し
ざっくり収穫したら全部で、1.2キロも。



ホットケーキに添えたり
そのまま食べたりしてもなかなか減らないので
ブルーベリージャムを作りました。
粒がごろごろで、なんて贅沢。



品種不明の葡萄の木もありました。
わずかに実がなっている。



一本は枯れていたので取り除き
生きてる葡萄は剪定して、伸び放題の枝を誘引。


完熟してないので
とても酸っぱい。
ちゃんと肥料やって、受粉樹を近くに植えたら
きっと美味しい葡萄になってくれそうです。


この森を購入して初めての夏。
秋冬に来た時には
落葉していて気が付かなった…
前オーナーさんが植えたのであろう果樹の木が
作業を進めていくうちに、藪の中から1本 2本と現れ
嬉しい贈り物となりました。



不思議なことに
ちゃんと手入れして、
いつの日か私が亡きあとも
知らない誰かがこの森を気に入って
この果樹達を喜んでくれたらいいなぁ。
という気持ちが湧いてきます。







1枚目のスモモ写真、左上のグラスに入った植物はミント。これも生えていた。
ハーブ類は一度地に下ろすと繁殖力旺盛で大変な事になるのですが
どういう訳か、微妙なバランスでちんまり収まっている(それだけ北海道の植物の方が強い??)
フレッシュハーブティーにして美味しくいただきました☕️🌿








フクロウは来ていた

2020-09-30 | うちの森

思いきって夜の闇に身を置き
荒療治する事に。



内見の前夜に、
こっそり偵察に来ていた時と
変わらない満天の星空。

天の川が見えている。
流れ星も度々流れ、
人工衛星が通過するのも何度か見た。

林の向こうには
まるで絵に描いたような細い三日月。
夜はもう肌寒く
スウェーデントーチを燃やし
暖まりながら耳を澄ます。。。






ハッキリとは聴き取れなかったが
くぐもった声で微かに
「フー、フー」と鳴いている。
私は耳が悪いので、
聴き取れたことに感激してしまった。


整理された森にフクロウは来ると書いたけれど
この辺りの森にも居ることを知った。


光害のない、
静かな夜の森。

この暗闇は
本当は贅沢なものなのかもしれない…🌙


そんな風にも思えてきた。 













3週間、誰とも話さない

2020-09-15 | うちの森




正確には27日なので
ほぼ1か月ですが
緊急で歯医者さんに行った以降
外の世界に出ていないので
言葉、忘れそう(・・;)


不動産屋さんに『陸の孤島』と言われただけあり
相変わらず夜が怖いのは慣れる事ができない。
ホラー映画のシャイニングとか
ウイルスミスの人類滅亡映画、アイアムレジェンドとか
ウォーキング・デッドとか
ベッドに入ると頭に浮かんでくる(°_°)
やっぱり相棒は居てほしいものです
狼がダメならハスキー犬で。



おとといの晩は物音がしててなかなか寝付けず
(中度難聴なのに低音には敏感)
何か物理的な理由があるのでしょうけど
身動ぎ1つしてないのに空気清浄機の埃センサーが反応する
心臓がドキドキするのでコンセント抜いた。

霊より生身の人間の方が…




精神衛生上あまり良くないので
ハーブティー用のラベンダーがあったのを思い出し
昼間アロマウオーターを作ってみました。
おかげで、ゆうべは3時間ほどリラックスして熟睡。
夜が明ければ良いところ。
好んでこの地を選んだので
覚悟し、少しづつ慣れていこうと思います。


肌寒く感じる日が増えています
朝の気温が15°前後
セミとかトンボとか大型の昆虫が消えました。
夏が駆け足で過ぎていくようです。









いつの日か笑い話にできる日を夢見て…う〜ん、二度寝したい。。。










君が誰なのか分からない

2020-09-08 | うちの森



北海道にて
長いこと放置された森に
ちょっとづつ手を入れてます。

小さな種子から芽は出たものの
先住民(カラマツやミズナラ)に
光を遮られ
頑張ったけれどそのまま枯れてしまった若木とか
自由気ままな野葡萄に絡まれて
苦しそうになっている木とか
種類も状況も実にさまざま。

密集している細い木や、漆
枯れている木を中心に伐採しているのですが…
一体何の木なのか分からな過ぎて
なかなか進まず
昼間は外作業を、夜はそれらを調べる
それの繰り返しです。


ハリギリ(針桐)なんて木があることを昨日まで知らなかった。
ましてやそれがタラノメのように
早春に若芽を食べることができる事とか。
どんぐりに種類が色々あって
ここにあるのがどうやらミズナラに近いとか
若木と老木では幹の模様が異なったり
知らないことが多過ぎて、頭が混乱してます。


元々こういう自然に囲まれた所に住んでいれば
木の知識は自然に得られるのでしょうけど
君が誰なのか分からない。


フクロウは、森が整理されていないと飛べないと聞いた。
細かい枝が密集しているような所は好まない。
フクロウが安心して休めるような
風通しのいい森に戻していきたいです。



しばらくツーリングはお預けかなぁ…














harvest moon 🌕

2020-09-03 | うちの森




夜中、うとうとはしたものの
あちこち筋肉痛で、なかなか寝付けなかった。

夜は疲れ何も作る気がおきないので
簡単にプロテインだけの日が続いてて
それもよくなかった。

寝返りをうつたびにお腹空いてきちゃって
もう起きちゃえ!と
葛根湯を飲むにあたって
何かお腹に入れたい…
棚を探してみると、だいぶ前に買っておいた
非常用の杏仁豆腐が♪


お腹も満たされてひと息つくと
カーテンのない部屋がやたら明るい。
ゆうべの月はまんまる。
そうかハーベストムーンとか言ってたなと。
ネイティブアメリカンで収穫を意味する満月だとか。


此処は、昼間は楽園なのですが
何度かblogにも書いてるように
陽が落ちると森が真っ暗で怖いんです。
だから夜は外を見ないように、カーテンをひき
息を潜めるように朝を待つのですが…

ゆうべはどうでしょう
風で揺れる黒いカラマツの向こうに
眩しいくらいの月。
ハロのような虹色の輪をまとって、その下を
薄い霧のような雲が、低く流れてく。


北側は、いつもはどんなに目を凝らしても何も見えないのに。
月が木々を照らし、白樺の白い幹がうかびあがり
この家の影がくっきりと、森の入り口に落ちている。



寝室のカーテンもあけて
しばらくベッドから
怖いはずの森と
幻想的な月夜にみとれていた✨




遥か昔、
鳥や虫たちが運んできた植物の種子が
この地に縁あって、根を伸ばし 葉を展開し
何世代にもわたって更生を繰り返し
今 私の目の前に姿を現している。


そして前のオーナーさんも私も
例外なく、この森の歴史の一部。
前オーナーさんはお亡くなりになっているけれど
もしかご存命だったら、
何を想い、此処に住まわれていたのか、聞いてみたいような気がします。




人気ブログランキング












雨うれし

2020-08-30 | うちの森



久しぶりにまとまった雨。
きのうまでの暑さが嘘のよう
室温25°
外気15°

こんな日はインドア
お鍋を重曹で磨いてピカピカにしたり
麦芽豆乳でおやつのゼリーを作ったり
木々が雨風で揺れているのを眺めたり
お昼寝をしたり、音楽を聴いたり
お風呂でまったり。

ここに来てから
毎日、ずっと何かしら作業に追われていたので
この雨はご褒美でした。



この森には
広葉樹、落葉樹、針葉樹
色々自生しているのですが
その中に混じって、漆の木も多いんですよ。
離れた所から見ると分かるんですが
夢中で作業してると近付いても気づかないことが多くて。
悪者にしたいわけじゃないけど
触るとかぶれちゃうので注意しながら伐採してます。
先にマーキングした方がいいのかな。



リフレッシュしたので
明日からもまた頑張れそうです。