まあるい地球

ポエムは参考BGMと共に読むとgood!

歓喜

2017-05-20 20:53:38 | 日記
あれは去年の秋ぐらいだったと思う。

初めて参拝する神社でそれは起きた。

駐車場に車を停めて、降り、
参道を歩き始めたくらいから?
いや、
車を降りた時から始まっていたかもしれない。

今まで感じたことのない、
極限の何か…

それが、歓喜だと気づく前に、
極限の何かを感じた。


参拝をしながら
今まで体験をしたことのない
極限の歓喜に包まれて行った。

心が踊るとか
そんなレベルではない。

もう、宇宙的な莫大さ(笑)

対、人間では、
まず、感じない、
極限の歓喜だった。


極限の歓喜に包まれれば
なるほど、
全てが喜びに変化するだろうと思う。

例えば
自分に歓喜のバリアがあって、
悪意が、そのバリアに入ってくると、
喜びに変化してしまう
みたいな。
悪意を悪意と思わない。
思えない。

わかるかな?σ(^_^;)


なんせ、
全てが
歓喜に変化する。


残念ながら、
極限の歓喜は、
あれ以来
ない…。

歓喜が続いているうちに、
喜びの歌のポエムを書いた(笑)


本当の(笑)
喜びの歌の作者も
きっと、あの歓喜の体験者だと思う。


どうしたら
もう一度、体験出来るんだろ?(笑)





読んで下さったかたがいるようなので
追記…

歓喜を私が絵で描けば…
↓この

上に描いた
おっぱいみたいな球体。
シャボン玉みたいな感じ。

空一面…
というよりは
目の前というか
前方の空一面に(山の上)
まあるいシャボン玉があるような感じ。

シャボン玉のような
乳首のない(笑)おっぱいのような…

そーんな莫大な歓喜。



これは体験したからといって自慢しているわけではなく(多分…笑)

苦しみの渦中のかたなどに
是非体験して頂けたらという思いから
体験を書いているものです。


歓喜があれば
救われる。

全てが歓喜になる。

神様がどれだけ慈悲深いか
体験したら
全てが歓喜。


でも残念なことに…

忘れちゃう…(汗)

定期的に歓喜は体験できない…。



だから私はなるべく神社へ参拝し
その片鱗にでも再会できたらと思っている。


神様は
皆に公平。

空は誰からも見える。

まあ、
でも
自然豊かがベターだよねσ(^_^;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 絵 富士三讃 | トップ | ポエム イパネマ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。