Je vis ma vie 〜ありがとうの気持ちがあふれる社会へ〜

マーケティングの本質は「ありがとうの気持ち」の探求だと考えます。こちらで社会にありがとうの種をまく活動や想いを綴ります。

ないなら つくればいい!!

2018-10-11 09:10:39 | 子どもと学び
もうすぐ4歳になる姪っ子りおちゃん

モンテッソーリ 算数教具の色ビーズが
大好きです。

とにかく、キレイな三角がつくりたいようで…



先日、

「色ビーズのおしごとがやりたい!」

と、私のもとにやってきたのですが
あいにくその日はそこにありませんでした。



ないことを告げつつ、

「1のビーズは何色だったかな?」

なんて、クイズをして
その色のクレヨンを探すことにしました。



すると…



「あ、紙に描いて切ったら三角つくれる!」



最初は、手伝って!!一緒につくろう!
というテンションだったので、
私が丸を描いて そこに色を塗ってみました。



「今度はりおがやる!」



私が手伝ったのは、最初の丸を描くところまで

ばぁばにハサミを借りてきて
ゆっくり、じっくり自分で考えて集中する姿は
自信にあふれていました。



世界にひとつだけの色ビーズ





ないなら、つくればいい!!




このことに気づいた瞬間は
何者にも変えがたい、尊い時間です。




子どもは、自ら育つチカラを持っています。

私たち大人は
そのチカラを守ることの大切さを
見守る心を
忘れてはなりません。





コメント

こどもプロデュース 100歳おたんじょうび大作戦!

2018-06-24 12:15:12 | 子どもと学び
もうすぐ100歳を迎える祖母の百寿祝い…

祖母の曾孫にあたる
6歳のさゆちゃんと3歳のりおちゃんと遊んでいて
お誕生日会をプロデュースしようということに…



2人の企画なので、
おとなの私はお手伝いです。



私が500円(税別)を出資して
何をどうするかは2人で考えてもらいました。


お誕生日会のコンセプトは、
「おっきいおばあちゃまがニコニコ笑うために、
おもいきって遊べるようにしたり、
パクパクとご飯を食べるパーピー(パーティ)」

だから…飾り付けを可愛くする!

まずは、ありモノで
始まりの合図のベルづくりを始めました。



やっぱりお家にあるものだけでは足りないから
百円ショップに行こう!!





100円だと5個しか買えません。

これはどうやって使おうか?
これじゃなきゃダメかな?
真剣に話し合って、2人で決めました。




悩んだ末にこちらを購入!





おっきいおばあちゃまの絵を描いて
可愛く飾り付け







お部屋にも飾り付け





おそろいのプリンセスルックに身を包み
もはや主役はプリンセスの2人です。





2人の立てたコンセプト通り
おもいきって遊んで、パクパクとご飯を食べて…
みんながニコニコ笑顔になる
ステキなパーティになりました!!



3歳と6歳の2人にとっては
誰かを思いやる気持ちでおもてなしすることも
楽しいあそびの一部に見えました。


子どもたちを見ていると、
楽しむことこそが生きるチカラだと感じます。

2人のおかげで
私も全力で1日を楽しめました。
今日の1日に、可愛い2人のプロデューサーに
ありがとうの気持ちでいっぱいです。



元気に100歳 おめでとう!!!




コメント

〜みんなでレジリエンス!〜手あらいハッピー♪

2018-03-23 09:50:18 | 子どもと学び
こどもマーケター研究所の第1弾企画で
防災につながる手あらいあそびを開発しました。

ワークショップから1月半…
ようやく、普及活動の準備が整いました。



子どもたちと考えた手あらいあそび。
アンケートの結果決まったタイトルは…

〜みんなでレジリエンス!〜
手あらいハッピー♪


一番身近で、すぐできるレジリエンスである
「手あらい」

ありがたいことに、
日本DMAT(災害派遣医療チーム)隊員として
災害現場でもご活躍されている、
東京大学医学部附属病院 感染対策チーム
薬剤師 高山和郎先生に監修いただき、
お話を伺いました。

Q1.なぜ防災で手洗いなんですか?

Q2.手洗いって、水で流すだけじゃダメなんですか?

Q3.正しい手洗いをみんなが普段からすることが大切なんですね?

正しいアルコール手洗いの手順

正しい手あらいを学ぶと、
子どもから大人まで、みんなが取り組まないと
意味がないことが分かります。
無駄な潔癖は必要ないことも分かります。



子どもたちから社会に届けるために
「手あらいハッピー♪ 」
ママサークル・育児サークル・幼児教室・幼稚園・保育園など
広めていただく仲間を募集しています。
お問合せ→ info@libertyheart.com

より多くの方に知っていただくために、
チルドリン主催の
〜みんなでレジリエンス〜森のママまつり
でも実施予定です。

実施いただいた仲間の情報は
みんなでレジリエンス!ハンドウォッシュカフェ
で共有して参ります。




いつか子どもたちの想いが
ムーブメントとなりますように…


NPO法人チルドリン レジリエンスカフェ情報


コメント

巣立ちのとき

2018-03-17 09:33:08 | 子どもと学び
逗子こども哲学教室でのインターン終了後、
子どもたちの今後を見守りたくて
運営スタッフとして
半年間活動させていただきました。




月に一度の小旅行は、
頑張る私へのご褒美のようなもので
毎回、学びの多い時間でした。

でも、本業が忙しくなり、
なかなか時間も取れなくなったので
この度、第2期インターンの皆さんと共に
巣立つことに決めました。



こども哲学…
特に幼児の領域はまだまだ未開拓です。

これが正解!というものはないからこそ
私自身もそれを楽しみ、探求し続けることを
大切にしていきたいと思っております。



逗子の探求の仲間たちは、
皆さん様々な道のプロフェッショナル

参加してくれている親子も含めたみんなで
こども哲学というチャレンジ をしている
稀有な現場です。





最終日は、新しい仲間(子ども)の参加もあり
人と人の関係性の築き方について
考えさせられる1日でした。


環境に変化が起きたとき
不安になったり、勇気を出してみたり、
ふざけてみたり、大きく出てみたり…

子どもたち一人一人が、
必死に考え行動している様子は
何とも愛おしいものです。


それぞれの向き合い方を尊重する環境が
そこにはありました。

子どもたちの育ちに適した環境をつくることが
私たち大人の役割だと感じます。




素敵な仲間との
かけがえのない時間に感謝を込めて…




これからは、私の取組みに専念しつつ
逗子の変化も見守って参ります。








コメント

お手紙のご用事なぁに?

2018-03-15 11:37:59 | 子どもと学び
久しぶりに実家に帰り
母から渡された一通のお手紙…




「りおちゃんが、まーりんに渡してって…」

3歳になる姪っ子からの、長文のお手紙…
読めないけれど感激です!



さて、お手紙のご用事は何かしら??



りおちゃんは先日、
ありがとうの気持ちを伝えるために
もしもし(電話)や、お手紙がある

と言っていました。



ありがとうの気持ちを込めたお返事
を書こうと思います。







コメント