インドのカタック舞踊☆東京ガラナ

カタックダンスという北インドの古典舞踊(ラクナウ流派)舞踊家の前田あつこのBlog。カダムジャパン主宰。

4/16,17<インド、独り舞ふ Vol.6> Indian Classical Dance Solo Act 2019

2019-02-03 | 公演案内 performance
<インド、独り舞ふ Vol.6>  Indian Classical Dance Solo Act 2019 インド古典舞踊家による、インド古典舞踊のソロ公演。宝石箱の様にキラキラと色彩豊かな喜怒哀楽の世界に心揺さぶられる間に、インドのエステティクスにすっかりほだされてしまう、、、そんな舞踊祭です! <インド、独り舞ふ Vol.6> Indian Classical Dance Solo . . . 本文を読む
コメント

Guru Kumudini Lakhia jiの新作「MERAKI」

2019-01-17 | 公演案内 performance
とされるジャンルの芸術が、 なぜ数千年の時を経て今なお人々に愛されるのか? 年月や人々の確固たる美意識をもって受け継がれ筋がスッと一本通っているから。 でもそれだけでは現代に呼応しないと思う。 古典の素地に「今」の空気感に呼応するエッセンスが含まれて、始めて現代と調和すると思います。 そのバランスが素晴らしく、いつも古典のエレガンスと人々をあっと魅力する美しい振付や構成、照明による舞台空間、 . . . 本文を読む
コメント

2/23 Dhoad ジプシーズ・オブ・ラージャスターン!

2019-01-14 | 公演案内 performance
DHOAD ドード・ジプシーズ・オブ・ラージャスターン with coco鮎美 EEV フォークダンス交流公演フェスティバル  🐪 🐫 🐪 ムガル帝国の世界 🐪 🐫 🐪 日時|  2019年2月23日(土) 15:00〜18:00 場所|  国立オリンピック記念青少年総合センター 大ホール   https://nyc.niye.go.jp/train/  小田急線「参宮橋」駅より徒歩5分 . . . 本文を読む
コメント

秋の公演のお礼を、3。〜Jai ho! Jzamo hătyalo! 魂を踊るモダン・ジプシー〜

2018-12-17 | 一言coment
Jai ho! Jzamo hătyalo! 魂を踊るモダン・ジプシー 私にとっては新しい出会いの多い公演でした。 錦糸町シルクロードカフェに到着すると そこはもう色、色、色。カラフルでたっぷり化粧をした女たちでいっぱい。 異国の、しかもインドや東ヨーロッパや、トルコやあっちこっちの衣装を身にまとい それは賑やか。 オリッシー舞踊を嗜むAyakoちゃんが唯一話せる相手で^^; 会う人会 . . . 本文を読む
コメント

<木曜10:00>親子でどうぞ!チャイ&カタック 2019

2018-12-17 | India with Baby&
師走の声を聞いたら、もうあっという間に今年が終わっていく感じ。 ざわざわっと忙しいですね〜。 さ、こんな半端な時期ですが。。。 子育てサロン チャイ&カタックは、 12月から木曜日の午前中に変更となり、新たに始まることとなりました! 月2回第1&3なんですが、結構お休みもあるのでスケジュールチェックお願いします。 次回は12/20(木)10:00〜12:00となります。 お忙しいとは思いま . . . 本文を読む
コメント

火曜AMよみうりカルチャー錦糸町

2018-12-10 | 体験ワークショップ Workshop!
よみうりカルチャーセンター@錦糸町にて、 カタックの体験レッスン開催されます。 また講座も引き続き受講いただけますので 是非火曜日午前中にお時間がありましたらいらしてください。 前回は素敵ま美魔女の皆様が。 安心のゆったりペースのクラスです。 https://www.ync.ne.jp/kinshicho/kouza/201810-10430010.htm 講師名 カタック舞踊家 カダムジャ . . . 本文を読む
コメント

秋の公演のお礼を、2。〜アムルート・マンタン#11〜

2018-12-10 | 公演案内 performance
翌週11/3はカダムジャパンの主催公演「アムルート・マンタン#11」でした。 半年前から準備始めたこの企画、珍しくクラシックバレエ、フラ、そしてコンテンンポラリーダンスの皆さまとご一緒しました。 カタックをより多くの方に観ていただける機会となったかしら… Photo Kei Hompo ©️ KadambJapan 二度目の北沢タウンホールでしたが、今回はリノを張って、舞台監督、音響照明とプ . . . 本文を読む
コメント

秋公演のお礼を。〜ジャスミンの夜〜

2018-12-10 | 一言coment
11月に入ってからずっと風邪をひいてしまって、 いつもはゆず茶に生姜でも入れれば治るものが こじらせてしまって。 家族みんなで体調不良が続く状況にありました。 ん〜 おやすみタイムって事で良いのかな? と、生活をスローダウン。 皆さま、やっと寒くなってきたので どうぞ体調お気をつけてお過ごしくださいませ。 この秋は、良い緊張のある舞台が続きました。 ご来場頂きました皆さま、本当にありがとうご . . . 本文を読む
コメント

12/1 ラジャスターン、砂漠の民の舞

2018-11-07 | 一言coment
昨夜送られてきた音源を耳にしたら、もう胸の鼓動がドクドクと高まってしまって どうにもならない。 すでに私のマインドは彼の地へ旅を始めてしまった様だ。 *** そもそも私の感覚はラクナウの端正なシャッキリしたコットンに白い糸で施された刺繍の世界より、 グジャラートのミラー刺繍に心惹かれてならないタチで、 カタック文化の中心地デリーやラクナウ、今なお北インド古典芸術の盛んなコルカタとは 遠く離 . . . 本文を読む
コメント

11/3 アムルート・マンタン#11<公演プログラム>

2018-11-01 | 公演案内 performance
きゅーっと冷たい風が頬にあたり、 秋の深まりを感じる今日この頃ですね。 私は珍しく松茸をいただきまして、 あまり頂かないのでどうして食べたものか困ったのですが バター醤油でソテーしたら、とっても美味しかった。かぼすをちょこっと落とすとこれがまたっ。 エリンギでやっても美味しいと思います♪ さて、今週末は「アムルート・マンタン#11」公演。 皆様お出かけのご予定があると思いますので、お忙しいと . . . 本文を読む
コメント

10/27 ジャスミンの夜

2018-10-01 | 公演案内 performance
この週末、皆様は台風の影響大丈夫でしたか? 私たちカダムジャパンは、出演時間が台風直撃の予報時刻で やむなくナマステインディアのステージがキャンセルに。 でもそれまでここに向けて準備をしておりましたので なんともモヤモヤとした気分で週末をやり過ごしたのでした。 想像以上にちゃんと着地できない残念な気持ちがいっぱいで あぁ思っていたより私もみんなもナマステインディア大好きなんだなーって 実感し . . . 本文を読む
コメント

カタック舞踊祭、ありがとうございました

2018-09-20 | 一言coment
怒涛の「カタック舞踊祭」が幕を閉じ、ようやく少し平穏を取り戻しております。 ご来場下さった皆様、ご出演くださった皆様、スタッフとして立ち回ってくださった皆様、影から応援を送ってくださった皆様… この小さな、生まれたての舞踊祭を見守ってくださり、どうもありがとうございました。 正直なところ、最後の局面まで先が読めない、キワドイ問題が乱立したので… 気が気ではない、波乱万丈な舞踊祭と相成り、 . . . 本文を読む
コメント (2)

9/30ナマステインディア2018

2018-09-20 | 公演案内 performance
次回出演は、9月末に開催されるナマステインディアです。 代々木公園で土日、朝から晩までインド漬けになるというお祭りです。 私にとっては3歩あるけばインド仲間に出会う、同窓会的な、踊り仲間や友達の子供たちの成長に触れたり、 カレーを食べてはショッピングをして秋の高い空を楽しむという楽しい週末です。 手持ち無沙汰になったらあきらじーのお店まちかど倶楽部のブースへ。 気づけば結局みんなそこにいます . . . 本文を読む
コメント

11/3 Amrut Manthan #11

2018-09-05 | 公演案内 performance
Kadamb Japan Presents, Amrut Manthan #11 <踊り紡ぐ物語〜アムルート・マンタン〜> バレエ、フラダンス、コンテンポラリーダンス そしてカタックダンス。 ダンスのレパートリーを踊りつむぐ今回のアムルート・マンタン。 こどもから大人まで、純粋にダンスを楽しむ文化の日を楽しみましょう。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 日時|2018/11/3 . . . 本文を読む
コメント

チョット・デッシュ

2018-08-28 | 一言coment
なぜか涙がじわんと溢れ出してきたので 隣に座って観ていた素敵な女性と言葉を交わすことが出来なくなってしまった。 開演五分前、赤レンガ倉庫のホールの2列目に腰を下ろし始まるのを待つ間、 隣の女性に声をかけたのだった。彼女は前列に小学生の息子を座らせていて、時々話をしていたので 「どうしてこの公演に息子さんを連れていらしたのですか?」と聞いたのでした。 夏休みの終わり、それは素敵なことだと思ったか . . . 本文を読む
コメント