タブラ女子の日記ですよ。

タブラ女子・池田絢子の日記ですよ。
毎年冬の間は、カルカッタでカレーまみれ生活。

Twitter。つぶやいたり、つぶやかなかったり。

ちかごろの、ようす。

2021年12月31日 | ちかごろの、ようす
●●● おしらせ ●●●

2016年7月から西荻窪でタブラお教室開講!
http://ayako0109.wixsite.com/ayako-ikeda/class




【時間】 11時~17時の間で、60分の個人レッスン [5名様限定]

【場所】 音や金時(東京都杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1)

【料金】 4000円(楽器レンタルの場合+500円)

【予約・問】 メールで、件名を「西荻窪タブラ教室」として、こちらまで! ⇒ 37busstand@gmail.com
       ※音や金時では、ご予約受付しておりませんのでご注意下さい




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



●●● おしらせ・2 ●●●


カバー曲を こしらえましたよワオ!




わたくしのすきなうた『ラジャ・マハラジャー』に、
わたくしのすきなタブラと、
わたくしのすきなファミコンを、もりもり押し込みました。

この記事をはてなブックマークに追加

ガッテンアニメ・第三弾。

2017年05月24日 | おしらせ
わたくしの大好物アニメ、
NHK 1.5ch の『ガッテンアニメ』 第三弾が、いつの間にやら出ておった・・・!




こちらで観られるおー。
https://www.nhk.or.jp/ten5/articles/17/001875.html


うむ。

今回も、実に すばらし作品。
くわし先生のボカシが、小粋。

第四弾もたのしみだなえへえへ。。。





はい。




おしらせ。

今週・来週あたりの、ライブのおしらせ。


5月27日(土)は、千葉のギャラリーオアシスでサロードのSteve Odaさんと、
お昼のさわやかインド古典音楽ライブ。

6月2日(金)は、九段下のGATE9でバーンスリーの寺原太郎さんと。

6月3日(土)は、町田の万象房でサーランギーの西沢信亮さんと。

6月4日(日)は、西荻窪の音や金時でシタールの武藤景介さんと
モールシン・ムリダンガムの竹原幸一さんと、南北ファンシーインド音楽ライブ。


などなどでね、タブラをもりもり叩きますおー。



みなさまおぜひ!

きてねワオ!!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年5月27日(土)

◆◆ 世界音楽紀行 Vol.12 インド古典音楽 ◆◆




【時間】 14:00 開演

【会場】 ギャラリー オアシス (千葉県千葉市若葉区都賀3丁目24−8)

【出演】 Steve Oda (サロード)、 池田絢子(タブラ)

【料金】 一般2000円 中高大生1000円 小学生無料 ☆1ドリンク付き

【予約】 バザールヴィタギャラリーオアシス 
     043‐309‐8353 (受付10:30~18:00 日曜休み)

--------------------------------------

《出演者プロフィール》

● Steve Oda


◇ Photo by Akira Io


サロード奏者。カナダ生まれの日系3世。
7才からジャズギターを学ぶ。
1971年Ud.アーシシ・カーンに師事。
1973年からアーシシの父であり伝説的 な音楽家Ud.アリアクバル・カーンに師事。
1998年より2年間アリ・アクバル音楽大学のエグゼクティブ・プロデューサーとして勤務。
アリ・アクバル・カーンを彷彿とさせる繊細で叙情的なサロードは世界中の音楽ファンを魅了している。
米サンラファエル在住。
2007年に初来日。以降ほぼ毎年来日し、インド音楽と舞踊の祭典サンギートメーラやIndian Classics Tokyoなどのコンサートに出演。



● 池田絢子




わたくし。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年6月2日(金)

◆◆ OTO会vol.2 ~インドのふえとたいこ~ ◆◆




北インド古典音楽、バーンスリー奏者の寺原太郎さんとタブラ奏者の池田絢子さんをお招きしてOTO会を開催いたします。


【時間】 開場 19:30 / 開演 20:00

【会場】 Therapy Station GATE9
     (東京都千代田区九段南2-4-16 パレス21 3F)

【出演】 寺原太郎(バーンスリー)、 池田絢子(タブラ)

【料金】 2500円

【予約・お問い合わせ】
Mail 22massagea@gmail.com
Tel 090-5565-2696 (望月)

【詳細】 facebookイベントページ

-----------------------------------------

《出演者プロフィール》

● 寺原太郎 



バーンスリー奏者。
92年より巨匠ハリ・プラサード・チョウラスィア師の弟子である中川博志氏に、96年より巨匠ニキル・ベナルジー師の愛弟子H.アミット・ロイ氏に師事。
06年より継続的にオーストラリアWoodford folk festivalに出演。
07年坂本龍一プロデュース「ロハス・クラシックコンサート」出演。
映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ永遠に」(2011)、映画「るろうに剣心」(2012、2014)、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」(2015)で挿入曲を演奏。
インド、オーストラリア、南米、北米をはじめ国内外で演奏活動を行う。
インド古典音楽の深い理解に基づく、叙情的かつダイ ナミックな演奏で、各方面より高い評価を受ける。
http://srgmtaro.jimdo.com/



● 池田絢子




わたくし。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年6月3日(土)

◆◆ 古旋律小劇場 ~弓奏楽器を主軸としたインドとトルコの旋律~ ◆◆




万象房サーランギ教室開講を記念したイベントを開催します。
サーランギ、バイオリンの2種の弓奏楽器を軸に、カーヌーン、タブラという豪華な布陣でインドとトルコの旋律をお届けします。

トルコ音楽やインド音楽、古楽などに精通し、西洋音楽のバイオリンとは全く異なる表現を持つ脇田輝さん、70本以上の弦を持つアラブの琴・カーヌーンの数少ない奏者である鈴木未知子さん、圧倒的な技術を持つ日本を代表する女性タブラ奏者池田絢子さん、、、と素晴らしいメンバーにお集まりいただきました。
サーランギはもちろん弓奏楽器の素晴らしさを存分に味わえると同時に、インド、トルコの古い旋律をじっくりとお楽しみいただけます。
終演後には、サーランギの体験コーナーを設ける予定で、ぜひサーランギの音を出してみたいという方にもこの機会にぜひお越しください。

席数には限りがあるので、確実に座りたい方はできるだけご予約をお願いします。
予約は万象房(℡.042-851-8875)まで。


【時間】 開場 18:30 / 開演 19:00

【会場】 万象房(東京都町田市森野1-34-18ユニオンビル5F)

【出演】 西沢信亮(サーランギ)、池田絢子(タブラ)
     脇田輝(バイオリン)、 鈴木未知子(カーヌーン)

【料金】 2500円(1ドリンク付)

【予約・問】 万象房

【詳細】 http://kyokuchi.blog116.fc2.com/blog-entry-463.html

-----------------------------------------

《出演者プロフィール》

西沢信亮



35本以上の共鳴弦を持ち、最も人の声に近い音色を持つとされるインドの弓奏楽器サーランギの演奏家。
2007年、デリーにて巨匠Ustad Sabri Khanの弟子であるMohd.Nasir Khanに師事。
以後、インド古典音楽の演奏を中心に、ソロをはじめ、声楽、舞踊の伴奏などの活動を行う。
2013年、半年にわたりインドに滞在、多くの演奏会に出演し現地の音楽家たちと共演。
また、デリーのサーランギ奏者を訪ね歩き取材活動を行う。
近年はタブラの演奏を逆瀬川健治氏に師事し、リズム理論を実践的に学び、インド古典音楽をより深く掘り下げるとともに、ライブの企画なども手掛けている。
また、音楽以外の分野では、きのこ、菌類の熱心な愛好家であり、フィールドワークも精力的に行っている。
町田・万象房サーランギ教室講師。




● 脇田輝



ヴァイオリンの演奏を10代の頃より、ほぼ独学にて始める。
北欧、ロマ、地中海、アラブ、昭和歌謡などの様々な音楽に触れた後、 北インド古典音楽に魅了され、インドにて奏法を学ぶ。
アラブ、トルコ音楽の演奏家などとも多数共演するなか、多様なスタイルの特殊な奏法を取り入れることで、ヴァイオリンをひとつの弓奏楽器として再認識し、西洋クラシックとは異なるその魅力を追求している。




鈴木未知子



千葉県船橋市出身。洗足学園音楽大学打楽器コース卒業。国立音楽大学大学院修士課程修了。
マリンバ奏者として地元船橋を拠点に全国各地にて演奏活動を行っており、クラシック音楽コンサートを始め、小さなお子様向けの楽器作りワークショップから、高齢者を対象にした「マリンバで奏でる昭和のうた」などを企画し、演奏の場やジャンルは多岐にわたる。
アラビアの琴カーヌーンの日本で数少ない奏者として、トルコ、エジプトそれぞれで研鑽を積む。現在大使館の公式演奏からベリーダンスショーまで、国内のみならず海外でも精力的に活動する。トルコ文化センターカーヌーン教室講師。




● 池田絢子



わたくし。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年6月4日(日)

◆◆ シタールとモールシンとムリダンガムとタブラと ◆◆



北インドのファンシーな弦楽器・シタールと
南インドのファンシーな口琴・モールシンと
北インドのファンシーな太鼓・タブラと
南インドのファンシーな太鼓・ムリダンガムが

大集合して、ゆかいなインド音楽ライブだワーオワオ★

みなさまおぜひ!
遊びにきてねワオ!



【時間】 18時半・開場 / 19時半・開演

【会場】 音や金時 (東京都杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1)

【出演】 武藤景介(シタール)  竹原幸一(ムリダンガム、モールシン)
     池田絢子(タブラ)

【チャージ】 2700円  ※予約不要

【詳細】 facebookイベントページ

-----------------------------------

《出演者プロフィール》

● 武藤景介 (シタール)



1999年よりインドへ渡り、Pt.Manilal Nagに師事。
2001年にカルカッタで開催された、ソルトレイク・ミュージック・コンファレンスに出演し、以降演奏活動を開始。カルティエ等のイベントの出演や、シタールのレクチャーコンサートを開催。HIFANAやASA-CHANG&巡礼のCDに参加。
2013年にアルバム『SAMADHI』をリリース。
2016年よりPt.Purbayan Chatterjeeに師事。
東京在住。
ウェブサイト : http://home.k06.itscom.net/kkmuto/




● 竹原幸一(ムリダンガム、モールシン)



2003年よりインドと日本を往復しながら、継続的にPadma Bhushan T.H.Vikku Vinayakram氏にカルナータカ音楽の理論及び演奏法を師事。
また師の監督のもと、兄弟子にあたるN.Ramakrishnan氏よりムリダンガムの演奏法、R.Raman氏よりモールシンの演奏法の指導を受ける。
2007年、音楽学校Sri Jaya Ganesh Tala Vadya Vidyalayaのモールシンコースを優秀な成績で卒業。以来、ヴァイオリン奏者Prof.T.N.Krishnan氏やダンサーShobana氏の伴奏をはじめ、日印両国で演奏経験を積む。
2016年、師の監督の下、東京にてVinayakram School of South Indian Percussionを開設。




● 池田絢子(タブラ)




わたくし。

この記事をはてなブックマークに追加

神の食いもん、いちご大福。

2017年05月22日 | おしらせ
くそ暑いお。

まだ5月なのになー。
いやあね。

エアコンだと寒くなりすぎるもんで、人力で涼を得る わたくし。




うむ。

そういえば このウチワ、なんかえらい長いこと使用してるわねー。
非常に丈夫な作り。

今調べてみたけんど、HOT LIMITって1998年の曲なんだーね!
19年前のわたくしは、TMさんが好きだったのだな!

青春だお青春青春。。。





はい。





今日は、ちびっこタブラレッスンの日。
と、そのあとサーランギーの西沢信亮さんと練習の日。


西沢さんが、おやつを くだすったよワーオ。




いちご大福うまいな!
もろもろのアレが絶妙。
神の食いもん。



さて、アレ。

そんな いちご大福ボーイ・西沢さんとのライブが、6月3日(土)に町田・万象房であります。
インド音楽とトルコ音楽のイベントですよー。

終演後は、サーランギー体験コーナーもあるそうな。
「あの謎の楽器、一回弾いてみたかったのよねー」という方、おぜひ。

あと、西沢さんはキノコ・菌類に大変お詳しいもんで、
キノコ系の質問・相談もいろいろ受け付けてくれるはず。
キノコと菌類がお好きな方も、おぜひ。


あつまれサーランギーっ子!
あつまれキノコ大好きっ子!



ワオ!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年6月3日(土)

◆◆ 古旋律小劇場 ~弓奏楽器を主軸としたインドとトルコの旋律~ ◆◆




万象房サーランギ教室開講を記念したイベントを開催します。
サーランギ、バイオリンの2種の弓奏楽器を軸に、カーヌーン、タブラという豪華な布陣でインドとトルコの旋律をお届けします。

トルコ音楽やインド音楽、古楽などに精通し、西洋音楽のバイオリンとは全く異なる表現を持つ脇田輝さん、70本以上の弦を持つアラブの琴・カーヌーンの数少ない奏者である鈴木未知子さん、圧倒的な技術を持つ日本を代表する女性タブラ奏者池田絢子さん、、、と素晴らしいメンバーにお集まりいただきました。
サーランギはもちろん弓奏楽器の素晴らしさを存分に味わえると同時に、インド、トルコの古い旋律をじっくりとお楽しみいただけます。
終演後には、サーランギの体験コーナーを設ける予定で、ぜひサーランギの音を出してみたいという方にもこの機会にぜひお越しください。

席数には限りがあるので、確実に座りたい方はできるだけご予約をお願いします。
予約は万象房(℡.042-851-8875)まで。


【時間】 開場 18:30 / 開演 19:00

【会場】 万象房(東京都町田市森野1-34-18ユニオンビル5F)

【出演】 西沢信亮(サーランギ)、池田絢子(タブラ)
     脇田輝(バイオリン)、 鈴木未知子(カーヌーン)

【料金】 2500円(1ドリンク付)

【予約・問】 万象房

【詳細】 http://kyokuchi.blog116.fc2.com/blog-entry-463.html

-----------------------------------------

《出演者プロフィール》

西沢信亮



35本以上の共鳴弦を持ち、最も人の声に近い音色を持つとされるインドの弓奏楽器サーランギの演奏家。
2007年、デリーにて巨匠Ustad Sabri Khanの弟子であるMohd.Nasir Khanに師事。
以後、インド古典音楽の演奏を中心に、ソロをはじめ、声楽、舞踊の伴奏などの活動を行う。
2013年、半年にわたりインドに滞在、多くの演奏会に出演し現地の音楽家たちと共演。
また、デリーのサーランギ奏者を訪ね歩き取材活動を行う。
近年はタブラの演奏を逆瀬川健治氏に師事し、リズム理論を実践的に学び、インド古典音楽をより深く掘り下げるとともに、ライブの企画なども手掛けている。
また、音楽以外の分野では、きのこ、菌類の熱心な愛好家であり、フィールドワークも精力的に行っている。
町田・万象房サーランギ教室講師。




● 脇田輝



ヴァイオリンの演奏を10代の頃より、ほぼ独学にて始める。
北欧、ロマ、地中海、アラブ、昭和歌謡などの様々な音楽に触れた後、 北インド古典音楽に魅了され、インドにて奏法を学ぶ。
アラブ、トルコ音楽の演奏家などとも多数共演するなか、多様なスタイルの特殊な奏法を取り入れることで、ヴァイオリンをひとつの弓奏楽器として再認識し、西洋クラシックとは異なるその魅力を追求している。




鈴木未知子



千葉県船橋市出身。洗足学園音楽大学打楽器コース卒業。国立音楽大学大学院修士課程修了。
マリンバ奏者として地元船橋を拠点に全国各地にて演奏活動を行っており、クラシック音楽コンサートを始め、小さなお子様向けの楽器作りワークショップから、高齢者を対象にした「マリンバで奏でる昭和のうた」などを企画し、演奏の場やジャンルは多岐にわたる。
アラビアの琴カーヌーンの日本で数少ない奏者として、トルコ、エジプトそれぞれで研鑽を積む。現在大使館の公式演奏からベリーダンスショーまで、国内のみならず海外でも精力的に活動する。トルコ文化センターカーヌーン教室講師。




● 池田絢子



わたくし。

この記事をはてなブックマークに追加

川越タブラお教室スタート。

2017年05月21日 | タブラクラスっぷり
タブラの聖地的なアレ・川越シティで、お教室が始まりましたよー。




今月から11月まで、ウェスタ川越で月2回開講だよワーオ。




川越ステーションに来るの、超おひさしぶりだなー。




この駅名標を見るだけで、反射的に自分がレッスン受けるモードになって、手汗びっしり。

わたくしが、はじめてレッスン行ったのが2003年の5月だったもんで、
なんだかんだでもう14年も経ってんのだな!


ワーオ!
早いよワオ!


うむ。


タブラなかなか叩けるようになんないな・・・

道のり長いお。

この記事をはてなブックマークに追加

西荻タブラお教室。

2017年05月20日 | タブラクラスっぷり
昨日・今日は、西荻窪タブラ倶楽部の日でしたよー。




6月のレッスンは、

5日(月)・10日(土)・17日(土)・23日(金)

です。


「タブラ持ってないけんど、一回叩いてみたいのよねー」
というお方も、楽器の貸し出しがありますもんで お気軽にどうぞどうぞね。



あつまれタブラっ子!

どんとこーい!!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


◆◆ 西荻窪タブラ倶楽部 ◆◆




【日時】 6月5日(月)・10日(土)・17日(土)・23日(金)
      11時~17時の間で、60分の個人レッスン [1日5名様限定]

【場所】 音や金時(東京都杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1)

【料金】 4000円 (楽器レンタルの場合+500円)

【予約・問】 メールで、件名を「西荻窪タブラ倶楽部」として、こちらまで!
       ⇒ 37busstand@gmail.com
       ※音や金時では、ご予約受付しておりませんのでご注意下さい

この記事をはてなブックマークに追加

第二回・ファンシー会議。

2017年05月18日 | おしらせ
6月4日(日)は、西荻窪・音や金時でファンシーなインド音楽ライブですよ!
出演は、このようなファンシーな3人組。




シタールの武藤景介さんと、




モールシンとムリダンガムの竹原幸一さんと、




わたくしと、




でね。



で、本日はアレ。

このファンシーライブに向けて、第二回ファンシー会議@西葛西を開催。
南インド音楽と北インド音楽を どうやってファンシーに融合させるか、またまた3人で大会議。


前回のファンシー会議では、竹原氏がアルフォンソマンゴーをふるまってくだすったり、




竹原氏のファンシーなモールシンたちを観賞したり、




竹原氏のムリダンガムの打面に貼り付いてる謎のべとべとを、
ただ じっと観察したりしておりましたが、




今日の会議では、このように
【やったことない楽器を体験してみようコーナー】を、設けました。




顔面のみ、達人風。




わたくしも、ムリダンガム初体験だワーオ。




両面太鼓は指使いが正面から確認できないもんで、習うの大変だーね。




ガマックの仕方が、タブラと違ったお。むずいお。




こども用の、ちっちゃいムリダンガムもあるのだなー。すてきだなー。




うむ。

南インド音楽、まだまだ謎が多いなー。



そんなこんなで、アレ。

6月4日は、ゆかいでファンシーなライブになりそう!
たのしみたのしみ!!



みんなきてね!

ワーオワオ!!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年6月4日(日)

◆◆ シタールとモールシンとムリダンガムとタブラと ◆◆



北インドのファンシーな弦楽器・シタールと
南インドのファンシーな口琴・モールシンと
北インドのファンシーな太鼓・タブラと
南インドのファンシーな太鼓・ムリダンガムが

大集合して、ゆかいなインド音楽ライブだワーオワオ★

みなさまおぜひ!
遊びにきてねワオ!



【時間】 18時半・開場 / 19時半・開演

【会場】 音や金時 (東京都杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1)

【出演】 武藤景介(シタール)  竹原幸一(ムリダンガム、モールシン)
     池田絢子(タブラ)

【チャージ】 2700円  ※予約不要

【詳細】 facebookイベントページ


-----------------------------------

《出演者プロフィール》

● 武藤景介 (シタール)



1999年よりインドへ渡り、Pt.Manilal Nagに師事。
2001年にカルカッタで開催された、ソルトレイク・ミュージック・コンファレンスに出演し、以降演奏活動を開始。カルティエ等のイベントの出演や、シタールのレクチャーコンサートを開催。HIFANAやASA-CHANG&巡礼のCDに参加。
2013年にアルバム『SAMADHI』をリリース。
2016年よりPt.Purbayan Chatterjeeに師事。
東京在住。
ウェブサイト : http://home.k06.itscom.net/kkmuto/




● 竹原幸一(ムリダンガム、モールシン)



2003年よりインドと日本を往復しながら、継続的にPadma Bhushan T.H.Vikku Vinayakram氏にカルナータカ音楽の理論及び演奏法を師事。
また師の監督のもと、兄弟子にあたるN.Ramakrishnan氏よりムリダンガムの演奏法、R.Raman氏よりモールシンの演奏法の指導を受ける。
2007年、音楽学校Sri Jaya Ganesh Tala Vadya Vidyalayaのモールシンコースを優秀な成績で卒業。以来、ヴァイオリン奏者Prof.T.N.Krishnan氏やダンサーShobana氏の伴奏をはじめ、日印両国で演奏経験を積む。
2016年、師の監督の下、東京にてVinayakram School of South Indian Percussionを開設。




● 池田絢子(タブラ)




わたくし。

この記事をはてなブックマークに追加

タンプーラおんな。

2017年05月17日 | おしらせ
昨日は、杉並公会堂で Indian Classics Tokyo 2017 「天竺幻奏」の日。
わたくしはタンプーラを弾かせてもらったおー。




◇ Photo by Akira Io


うむ。

タンプーラむずいな!
しかし、たのしかったな!
次こそは、にやにやしないでシュッとした顔面で弾きたいと思う!





はい。





おしらせ。

このコンサートに出演してた、バーンスリー奏者の寺原太郎兄さんと
6/2(金)に九段下・GATE9でインド音楽ライブでございます。



みなさまおぜひ!

きてねワオ!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年6月2日(金)

◆◆ OTO会vol.2 ~インドのふえとたいこ~ ◆◆




北インド古典音楽、バーンスリー奏者の寺原太郎さんとタブラ奏者の池田絢子さんをお招きしてOTO会を開催いたします。


【時間】 開場 19:30 / 開演 20:00

【会場】 Therapy Station GATE9
     (東京都千代田区九段南2-4-16 パレス21 3F)

【出演】 寺原太郎(バーンスリー)、 池田絢子(タブラ)

【料金】 2500円

【予約・お問い合わせ】
Mail 22massagea@gmail.com
Tel 090-5565-2696 (望月)

【詳細】 facebookイベントページ


-----------------------------------------

《出演者プロフィール》

● 寺原太郎 



バーンスリー奏者。
92年より巨匠ハリ・プラサード・チョウラスィア師の弟子である中川博志氏に、96年より巨匠ニキル・ベナルジー師の愛弟子H.アミット・ロイ氏に師事。
06年より継続的にオーストラリアWoodford folk festivalに出演。
07年坂本龍一プロデュース「ロハス・クラシックコンサート」出演。
映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ永遠に」(2011)、映画「るろうに剣心」(2012、2014)、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」(2015)で挿入曲を演奏。
インド、オーストラリア、南米、北米をはじめ国内外で演奏活動を行う。
インド古典音楽の深い理解に基づく、叙情的かつダイ ナミックな演奏で、各方面より高い評価を受ける。
http://srgmtaro.jimdo.com/



● 池田絢子




わたくし。

この記事をはてなブックマークに追加

スカイプレッスン。

2017年05月15日 | タブラクラスっぷり
14日は、万象房・タブラお教室 の日でしたよー。

11時のクラスと、




12時半のクラスと、




14時のクラスとね。




そして、ちかごろ遠い街に お引っ越しして、
町田に通えなくなってしまったタブラっ子に、スカイプでレッスン。




うむ。


みんな、うまくなってくのなー。
ボルを聞き取るのも、速くなってくのなー。

なんとも、うれしい気持ちだお。




で、おしらせ。

次回の町田・万象房タブラお教室は、6月11日(日) です。

西荻窪・音や金時での個人レッスンは、5月19日(金)・20日(土)

タブラの聖地的なあの街・川越の新お教室は、5月21日(日)に開講でございます。



そんで、アレ。

町田・万象房で6月3日(土)に、ライブがあるよワオ!
共演は、万象房サーランギーお教室講師の西沢信亮さんです。

こちらのライブ、終演後にサーランギー体験コーナーもあるご様子。
「あの楽器、実はちょっと弾いてみたかったんだお・・・」という方、おぜひ。



きてね!

ワオ!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年6月11日(日)

◆◆ 町田・万象房タブラ教室 ◆◆




【日時】 入門クラス 11:00~
      初級クラス 12:30~
      中級クラス 14:00~    

【場所】 万象房 (東京都町田市森野1-34-18ユニオンビル5F)

【予約・問】  万象房




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年5月19日(金)・20日(土)

◆◆ 西荻窪タブラ倶楽部 ◆◆




【日時】 11時~17時の間で、60分の個人レッスン [1日5名様限定]
      
【場所】 音や金時(東京都杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1)

【料金】 4000円 (楽器レンタルの場合+500円)

【予約・問】 メールで、件名を「西荻窪タブラ倶楽部」として、こちらまで!
       ⇒ 37busstand@gmail.com
       ※音や金時では、ご予約受付しておりませんのでご注意下さい




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


◆◆ 川越教室・2017年5月21日(日)開講!! ◆◆


詳細・お問い合わせは、こちらまで!
http://www.westa-kawagoe.jp/course/detail.html?id=146




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年6月3日(土)

◆◆ 古旋律小劇場 ~弓奏楽器を主軸としたインドとトルコの旋律~ ◆◆




万象房サーランギ教室開講を記念したイベントを開催します。
サーランギ、バイオリンの2種の弓奏楽器を軸に、カーヌーン、タブラという豪華な布陣でインドとトルコの旋律をお届けします。

トルコ音楽やインド音楽、古楽などに精通し、西洋音楽のバイオリンとは全く異なる表現を持つ脇田輝さん、70本以上の弦を持つアラブの琴・カーヌーンの数少ない奏者である鈴木未知子さん、圧倒的な技術を持つ日本を代表する女性タブラ奏者池田絢子さん、、、と素晴らしいメンバーにお集まりいただきました。
サーランギはもちろん弓奏楽器の素晴らしさを存分に味わえると同時に、インド、トルコの古い旋律をじっくりとお楽しみいただけます。
終演後には、サーランギの体験コーナーを設ける予定で、ぜひサーランギの音を出してみたいという方にもこの機会にぜひお越しください。

席数には限りがあるので、確実に座りたい方はできるだけご予約をお願いします。
予約は万象房(℡.042-851-8875)まで。


【時間】 開場 18:30 / 開演 19:00

【会場】 万象房(東京都町田市森野1-34-18ユニオンビル5F)

【出演】 西沢信亮(サーランギ)、池田絢子(タブラ)
     脇田輝(バイオリン)、 鈴木未知子(カーヌーン)

【料金】 2500円(1ドリンク付)

【予約・問】 万象房

【詳細】 http://kyokuchi.blog116.fc2.com/blog-entry-463.html

この記事をはてなブックマークに追加

スティーブ・オダさん、来日だよワオ!

2017年05月12日 | おしらせ
サロード奏者のSteve Odaさんが、今年もアメリカの西海岸あたりから来日だよワオ!




また一緒に演奏できるの、たのしみたのしみ!




スティーブさんの来日公演の中で、わたくしが伴奏するのは
5月27日(土)の千葉でのライブでございます。

お昼の、さわやかインド音楽ライブだよワオ!
みなさまおぜひ。


きてね!

ワオ!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年5月27日(土)

◆◆ 世界音楽紀行 Vol.12 インド古典音楽 ◆◆




【時間】 14:00 開演

【会場】 ギャラリー オアシス (千葉県千葉市若葉区都賀3丁目24−8)

【出演】 Steve Oda (サロード)、 池田絢子(タブラ)

【料金】 一般2000円 中高大生1000円 小学生無料 ☆1ドリンク付き

【予約】 バザールヴィタギャラリーオアシス 
     043‐309‐8353 (受付10:30~18:00 日曜休み)

--------------------------------------

《出演者プロフィール》

● Steve Oda


◇ Photo by Akira Io


サロード奏者。カナダ生まれの日系3世。
7才からジャズギターを学ぶ。
1971年Ud.アーシシ・カーンに師事。
1973年からアーシシの父であり伝説的 な音楽家Ud.アリアクバル・カーンに師事。
1998年より2年間アリ・アクバル音楽大学のエグゼクティブ・プロデューサーとして勤務。
アリ・アクバル・カーンを彷彿とさせる繊細で叙情的なサロードは世界中の音楽ファンを魅了している。
米サンラファエル在住。
2007年に初来日。以降ほぼ毎年来日し、インド音楽と舞踊の祭典サンギートメーラやIndian Classics Tokyoなどのコンサートに出演。



● 池田絢子




わたくし。

この記事をはてなブックマークに追加

我ら、ファミコン世代。

2017年05月11日 | おしらせ
今日は、我が兄弟弟子・永澤真吾ちゃんのお家で、
真吾ちゃんとシタール奏者の武藤景介さんと3人で お練習の日。


真吾ハウスにて、ニンテンドークラシックミニを発見。




ひとまず、イー・アル・カンフーをする武藤兄貴。




わたくしはスパルタンXがやりたかったけんど、収録されてないのだな!がっかりだな!


で、
ひとしきりファミコン対戦したあと、4~5時間ほど みっちり3人で お練習。
武藤兄貴が7連符のいろいろとかを超わかりやすく解説してくだすったりで、
むちゃくちゃ勉強になったな!たのしかったな!


そんなこんなで、武藤兄貴&真吾ちゃんとご一緒ライブは7月に開催予定でございます。
ゆかいなライブになりそう!
みなさまおぜひ!


その前に、武藤兄貴とのライブが2つございますもんで、
そちらも みなさまおぜひぜひ!



きてね!

ワオ!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年6月4日(日)

◆◆ シタールとモールシンとムリダンガムとタブラと ◆◆



北インドのファンシーな弦楽器・シタールと
南インドのファンシーな口琴・モールシンと
北インドのファンシーな太鼓・タブラと
南インドのファンシーな太鼓・ムリダンガムが

大集合して、ゆかいなインド音楽ライブだワーオワオ★

みなさまおぜひ!
遊びにきてねワオ!



【時間】 18時半・開場 / 19時半・開演

【会場】 音や金時 (東京都杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1)

【出演】 武藤景介(シタール)  竹原幸一(ムリダンガム、モールシン)
     池田絢子(タブラ)

【チャージ】 2700円  ※予約不要

【詳細】 facebookイベントページ




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年6月25日(日)

◆◆ 北インド古典音楽の夕べ ◆◆




【時間】 18:00開場 / 18:30開演

【会場】 Chaabee(東京都江東区福住1-11-11)

【出演】 武藤景介(シタール)  池田絢子(タブラ)

【チャージ】 2000円+要1ドリンクオーダー

【詳細】 facebookイベントページ

この記事をはてなブックマークに追加

ムジカ・ピッコリーノ

柳原陽一郎さんと、わたくし。

わたくしの、タブラソロ はじめてものがたり。

ボンベイのサーランギーおとこ・ナカガワユウジくんとのライブのようす。

CMのお仕事。