ロスタイム・CAFE

コーヒー・ブレイクは優雅なロスタイム。
コーヒー・ロースターのマスターがつぶやくニヤリと笑えるロスタイムのひとりごと。

おやじにさよなら・・・。

2016年03月24日 | ノスタルジー

朝からアクセス解析を見てたら、
昨日僕のブログを検索で見に来た人が一番多かったのは、断トツで
「親父にさよなら」ってタイトルの記事だった。

だいぶ前の記事なんで、
急になんだろうな・・・って思ってたら、

思い出した!

僕が大学生の時に亡くなった親父の誕生日は、ちょっと前の3月19日。

忘れてた・・・・・。

忘れるなってことか?

ということで、親父のことを書いたブログの記事を転載します。

「おやじ!誕生日もう忘れんからな・・・。」
 
 
 
 

<親父にさよなら>

5月15日は僕の親父の命日でした。
親父が逝っちゃったのは僕が大学1年の時、弟がまだ小学生でした。

 僕はもう自分では大人のつもりでしたが親父が亡くなった時覚えているのは、知らせを聞いて入った病室で、窓の外を見つめながら握り拳を握ってた弟の後ろ姿と、お葬式にたくさんの人が来てくれて、「へぇ~、親父は結構つきあいが広かったんだなあ~」なんて思ったこと、お葬式の最中になんか無性に一人になりたくて、無免許でバイクを近くの山まで転がし、山のてっぺんで1時間くらい、ぼ~っとしてたことくらいです。

 親父との想い出というと・・・、僕は生まれてから一度も親父に叩かれた覚えがありません。結構飲んだくれの親父でしたが、いつも穏和で毎日友達を家に呼んでは、みんなを笑わせながら楽しい酒を飲んでました。もちろんオフクロを殴ったところなんかも見たことがありませんし、油まみれの車屋やってたわりには、紳士でした。 

 でもそんな親父が一度だけ、”狂いそうに怒った”時がありました。 
まだ弟が一歳くらいの頃、僕と親父と弟は二階に寝てたんですが、当時美容室を経営してたオフクロと住み込みのインターンのお姉ちゃん達は、毎週楽しみにしてたテレビドラマを一階の居間で観てました。ところが弟が目を覚まし泣き出したので、親父が

「お~い、起きたぞ~、子供ば見とかんか~!」  ・・・とオフクロに怒鳴ったんですが、オフクロは、

「はいはい、判っとる今よかところだけん~」

なんて言いながらテレビを観てます。・・・・そのうち、

『ガタガタ、ド~ン!・・・うぎゃ~あ~!』  

と言う弟の声が聞こえました。そうです、二階の階段から落ちたんです!。

 僕はびっくりして下に降りていこうと起き上がったんですが、隣をエイトマンのように親父がすり抜けて、どどど~っと下へ降りていきました。

 そして遅れて下に降りた僕が見たものは、鬼のような真っ赤な形相で、当時家具みたいにでかくて重かったテレビを両手で頭の上まで持ち上げて、今にもオフクロに投げつけようとしている親父でした。  ・・・・(まあ、当時テレビは高価でしたから、投げはしませんでしたが・・。 )  でもそれ以来僕は、いつも穏和で紳士的な親父の中にも熱いものがあるんだな~って妙に尊敬するようになりました。

そして数年後のクリスマスの日に入院して、そのまま逝っちゃった親父の葬式の日・・・、急に森本レオが歌ってた「親父にさよなら」という曲が僕の頭に浮かびました。
 
 
 

父さん さよなら

イエスキリストの父さんと同じ職業の大工だった父さん さよなら
小学校しか出てなかったのにたくさん字を知っていた父さん さよなら
父さん いろいろなこと知ってたよね
自転車の正式な名称はチンチン自転車というのだ
と教えてくれた父さん さよなら
神経痛の薬だといって酒ばかり飲んでいた父さん さよなら
酔っ払うと普段は機嫌がいいんだけど
仕事がうまくいかないと 
母さんに茶碗や箸をぶつけてた父さん さよなら
母さんも大変だったよね
夜中にみんなが寝静まった頃 
そっと起きて壊れた茶碗を糊ではっつけてた父さん さよなら

そういえば父さん 寝ててもおならしてたよね
臭いと音の両面攻撃でみんな夜中に悩んだんだよ

お前の女房は絶対俺が見つけてやると言って
とうとう一人も見つけてくれなかった父さん さよなら
そのくせ孫の名前ばかりたくさん作って
引き出しをいっぱいにしちゃった父さん さよなら
父さん いくら俺がタフだからって そんなには無理だよ
僕が泣くと 泣くのは女の仕事だと言って 
鬼瓦のような声で怒鳴った父さん さよなら

恐い顔してたねー 僕の未来図かと想うと 
何度自殺したくなったことか
あれからだよ 父さん僕がニヒルになったのは
でも機嫌がいいと 男はでっかくならにゃいかんと言って
肩車をしてくれた父さん さよなら
でっかくなれよと言ったわりには 
母さんよりちびだった父さん さよなら

女を持つのは男の甲斐性だと言って
とうとう一人も持てなかった父さん さよなら
大きくなっても絶対にこんな所へ来るんじゃないぞと言って
競馬場でみそおでんを買ってくれた父さん さよなら

お風呂で100数えるまで出るんじゃないぞ と言って
先にぶったおれちゃった父さん さよなら

お正月になると凧の足を長く長く作ってくれた父さん さよなら
僕が泣いてせがんだら あんなに嫌いだった犬を
懐にいれて買ってきてくれた父さん さよなら

あの時の父さんの手はとってもでっかかったのに
僕がデモに行くと言った時 もう寝たきりだった父さん
布団をはねのけて 僕をつかまえて 頭ぺたぺたぺたぺた叩いたよね
あの時の父さんの手はもうちっちゃくてしわしわで
とっても悲しかった

天皇陛下が好きだった父さん さよなら
町内会長でもなかった父さん さよなら
市長でもなかった父さん さよなら
大統領でもなかった父さん さよなら
人の家ばっかり作って 
とうとう自分の家は一軒も作れなかった父さん さよなら
照れ屋で内弁慶でおっちょこちょいで
甘ったれでもう一度会いたい父さん さよなら
俺の親父だった父さん      さよなら
 
 
  

 どういう訳か僕は今でも、親父は本当はこの歌の親父みたいになりたかったんじゃないか?・・って思っています。

僕も弟も、もう親父の歳を越してしまいましたが、僕は自分の葬式の時、

『あいつはほ~んと、バカだったなあ~!。まぁあいつは酒好きだったから今日はみんなで楽しく飲もうゼ~!』 ・・・なんて友達から言われたり、

『おと~さんって、ほ~んとジコチューよね~!死ぬ時も勝手に逝っちゃうんだから~!』 なんてママや娘達から言われたいな~と思っています。

そんなこと言われたら、たぶん僕は棺桶の中で、ガッツポーズ してると思います。..................たぶん、親父もそうだったような気がしますし・・・。 

(2007.5.15投稿)















●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
   


人気ブログランキングへ
 
    

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   


コーヒー・珈琲人気ランキング


 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
今日の記事で、もしアナタがクスッと笑っちゃったら、クリックのご協力お願いします!       
                    
   
                
blogram投票ボタン     

 
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

人生を変えた本

2013年09月08日 | ノスタルジー
14年前、博多でサラリーマンだった僕は、お偉方の出迎えでJR博多駅にいた。
少し早く着いたんで、駅ビル内にあった紀伊国屋へ暇つぶしに行った。

なにげなくブラついてたら、新刊コーナーの一冊の本が目にとまった。

表紙に『珈琲&紅茶 第一号』と書いてある。
そして、表紙のコピーを見て何かひらめきがあった。

「この味で顧客をつかむ 自家焙煎・豆売り店」



大学を出る時、本当にやりたかったのは、喫茶店のマスターだった。
大好きな珈琲に携わっていたい。喫茶店でバイトしてる時が一番楽しかった。

店名も決まっていた。「Capricorn-Hands」(カプリコーン・ハンズ)。
山羊座の手作りという意味。
珈琲豆の勉強もけっこうした。


しかし、当時は喫茶店がどんどん潰れていってる時代・・・・・。
大学を出て喫茶店を開業するなんて、夢のまた夢、それも贅沢な夢だった。
そんな遠い昔の夢が、この本を見て少しだけ蘇った。
それまで珈琲豆は買うもんだと思いこんでいた。

すぐさまこの本を買い込んで、つぶさに読んだ。
読んでるうちになんだかワクワクしてきた。

喫茶店のマスターは無理だけど、自家焙煎店ならいけるかも知れない。


それから休みのたんびに焙煎の勉強をした。
福岡県内の自家焙煎店は、ほとんど回って、店主にしつこく質問した。
出張に行けば、その土地の自家焙煎店に飛び込んだ。
ネットで有名店の珈琲豆を取り寄せた。
卓上の焙煎機を買い込んで、焙煎はもちろん、産地の情報やブレンドの作り方を繰り返し試した。



そして、脱サラして、開業。
今年で12年目になる。


僕に自家焙煎を教えてくれた「珈琲&紅茶」は、2号を刊行して、廃刊になった・・・。

あの日、博多駅に早く着かなかったら、今の僕はいないかも知れない。
いや、いないと思う。









●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
   


人気ブログランキングへ
 
    

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   


コーヒー・珈琲人気ランキング


 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
今日の記事で、もしアナタがクスッと笑っちゃったら、クリックのご協力お願いします!       
                    





自動相互リンク buzzlink    
                
blogram投票ボタン     
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

合唱コンクール

2012年11月13日 | ノスタルジー
となりの「ウイングまつばせ」から、子供達の合唱の練習の声がこだましている。
コンクールがあるんだろうか?って思ったら、想い出した・・・。


中学の頃、夏休みに県下の合唱コンクールがあるということで、音楽の先生から、

「男子が足りないから、アナタも出なさい」

って言われた。聞けば、コンクールまで毎日学校で練習があるとのこと。

僕は(楽しい夏休みにわざわざ毎日学校に行けるか!)って思って、最初からエスケープ!
毎日プールに泳ぎに行って一度も練習に行かなかった。

そしたら、その先生から

「もう、アナタは練習には来なくて良いから、コンクールの日には、
一番後ろで、口パクだけやってなさい!」

って、言われた・・・・。

で、その通りコンクール当日、僕は一番後ろで口だけパクパクしてた。
そしたらうちの中学校、何故か入賞しちゃって、一人一人に賞状が配られた。
なんか、気まずい思いで、賞状を戴いたのを憶えている。

歌は全然覚えてないけど、タイトルだけは憶えている。
たしか『古城』って歌だったなぁ。

あっ、最後に「♪あぁ~、こじょお~、こ~じょお~~~」で終わる歌だった・・・・・・と思う。



後で、先生が撮った舞台での写真を見た。

みんな、毎日の練習が忙しくて色が白かったけど、僕だけ真っ黒だった・・・・。    







●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
   




人気ブログランキングへ
 
    

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   


コーヒー・珈琲人気ランキング


 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
今日の記事で、もしアナタがクスッと笑っちゃったら、クリックのご協力お願いします!       
                    





自動相互リンク buzzlink    
                
blogram投票ボタン    
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

おちあいのトンカツ定食(半熟卵付)。

2012年02月18日 | ノスタルジー
今日、起きたら一面の銀世界・・・。
びっくりした。
なごり雪かなぁ・・・・。


you-tubeのなごり雪の駅の映像を見てたら、何故だか東中野駅前の風景を想い出した。

東京でひとり暮らしを始めることになった僕は、東中野駅から数分のアパートに部屋を決めた。
理由は、不動産屋さんが「お兄さん!このアパート、8部屋あるんですがこの部屋以外は全て若い女性です!!」って言った一言だった。

入って判ったが、その7人の女性には、・・全て彼氏がいた・・・・。
そして、何故その部屋が空いていたか?
この部屋の窓を開けると、目の前が大家さんの自宅の窓。
引っ越しの時に大家さんのお母さんから言われた・・・・。

「私、あなたのお母さんに”宜しくお願いします!道を逸れそうになったら、怒って下さいネ”って言われたから、責任があるのよ。この窓叩いたらすぐ開けなきゃダメよ!良かった、一番管理しやすい部屋で!!」

監視付きの部屋だった・・・・・・・・・。

ちょっと前にオフクロから聞いたが、オフクロと大家さんのお母さんは、たまに電話で情報交換してたらしい。どうりで、僕がアパートにあまり帰らなくなったりしたら、オフクロが知ってたはずだ。



とにかく、東京での生活を始めた僕は、まず食事をどうしようか?と思って、近所の定食屋さんに入った。

その定食屋「おちあい」は、奥さんが料理して、坂上二郎似のおやじさんがホール係のお店で、
僕はトンカツ定食とビールを1本飲んだ。

そして次の日は、チキンカツ定食と、ビールを1本。

そしたら、おやじさんが、

「あんちゃん!ひとり暮らしかい?肉とビールだけじゃ、バランスが悪いよ!肉・魚・野菜を上手に食べなきゃいけない。」

って言い出して、それから僕がお店に行くと、(トンカツ→チキンカツ→野菜炒め→その他)+ビール1本・・・のローテーションで勝手に料理が出てくるようになった。

そのうち、東京での一人暮らしにも慣れた僕は、友達の家で飲んでそのまま泊まったり、歌舞伎町に近い友達の家に入り浸ったりするようになり、たまにアパートに帰ったら大家さんのお母さんから「アンタ、新聞いっぱい溜まってるよ!!」なんて怒られたりするようになって、「おちあい」にも、たまにしか行かなくなった。

田舎に帰ることを決めて引っ越しする前の晩、
雪が降っていたが久し振りに「おちあい」に行ったら、『臨時休業』だった。
そしてそのまま僕は「おちあい」に行くことはなかった・・・。


おちあいのおやじさん!
いつもトンカツ定食に半熟タマゴ、オマケしてくれてありがとうね!
今でも雪の降る駅舎を見ると、「おちあい」を想い出す。



もう、30年前の話だけど・・・。    













人気ブログランキングへ   

     

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   


コーヒー・珈琲人気ランキング









 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
今日の記事で、もしアナタがクスッと笑っちゃったら、クリックのご協力お願いします! 



●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
     
                    


自動相互リンク buzzlink    
                
blogram投票ボタン     
 
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

おのぼりさん。

2011年07月22日 | ノスタルジー
お店の前に立っている幟がそろそろ色あせてきてたんで、新しい幟に替えました。
今日は風が強く、幟がキレイに風になびいてるんで、写真撮ったらよく写るかなって思ってデジカメで写したら、風に揺れて意外とキレイに写らない・・・・・10回くらい撮ってやっと幟の文字がきれいに撮れました。


で、「のぼり」で思い出しました・・・・・・・・。


東京に住んでいた頃、歌舞伎町にある「じゃがいも」というパブによく行ってました。
ドイツのビアホールみたいに細長いテーブルに向かい合って飲むというスタイルのお店だったんで、隣の人と友達になってしまう・・・なんてこともよくありました。いつだったかたまたま隣に座った中年のおっちゃんが

「あんたたち熊本弁みたいだけど、もしかして熊本出身?」なんて聞かれて、

「はい、そぎゃんです!」って答えたら

「おおお~、懐かしかぁ~!オレも熊本出身バイ。もう30年帰っとらんばってんがぁ~!」


なんて話になって、意気投合。


そのまま朝まで飲んだ・・・・・なんてこともありましたっけ。




いや、話は逸れましたが、友達が、高校時代の同級生の女の子が東京で学校の先生をしてるという話を聞きつけ、その子に連絡して久し振りに飲もうということになり、その「じゃがいも」に行った時の話です。


熊本出身者ばっかり5~6人で、熊本弁丸出しで飲んでたら、入り口がなにやら騒がしい・・・。

見たら、ちょっとナヨッたリポーターらしき男とテレビカメラのクルーが、どやどやと入ってきました。

そして、何人かにマイクを向けてインタビューしてます。


そのナヨッたリポーター、だんだんこっちに近づいてきて、とうとう僕らにマイクを向けて、


「”歌舞伎町の夜の若者”ということでインタビューしてんの!」なんて言いながら

「歌舞伎町には週に何回くらい来んの?」「何時くらいまで遊んでんの?」「やっぱナンパとかすんの?」


なんて矢継ぎ早に質問し出しました。


僕らは、

「僕らは九州出身のおのぼりさんだけん、そぎゃんな歌舞伎町には来んです!」

なんて答えたら、

「へぇ~、ちょうど今回のテーマが”おのぼりさん”なのよ~!ナイスタイミングねっ!」

なんて言ってます。


一通りインタビューをして、ナヨッたリポーター達は帰って行きました。

インタビューの途中で「なんの番組っすか?」って聞いたら、当時一番視聴率が良かったお昼の情報番組でした。


そして、その放送日。

テレビを見てたら、な、な、なんとまずデカデカと出てきたタイトルが、




『おのぼりさんの生き血を吸う歌舞伎町の夜!』


何てタイトルでした・・・・。


そして、サブタイトルが、



『純粋無垢な地方出身者に群がる夜の蝶達!』





と、ちょうど夜の蝶の文字の横に、先生をしてる同級生の彼女のアップの写真・・・・・・。
おのぼりさんの僕らが、歌舞伎町を代表する若者・・・みたいに写ってました。

内容は確か、東京に出てきたばっかりの若者をたらし込んで、そのまま裏の世界に連れ込む組織の話みたいだったと思います。




コレを見た時、つい笑っちゃいましたが、アップで写った彼女は、学校の先生・・・・・。


ちょっと心配になって、夜電話してみました。(当時携帯なんてありませんからぁ・・・・。)


案の定、あの放送を見たPTAから「あれ○○先生ですよね!ど~~いうことですかっ!!」

なんて電話が何本かあって、校長に厳重注意された・・・・・とのこと!


当時僕らは、おのぼりさん界のサラブレッドみたいなおのぼりさんだったんですが・・・・、


けっこうあの情報番組見てたんですけど、それ以来なんか信用出来なくなって見なくなりました。




ど~なってるんでしょうね、川崎さん!

・・・・・笑える人だけ、笑ってね!    







人気ブログランキングへ
     

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   


blogram投票ボタン

 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
今日の記事で、もしアナタがクスッと笑っちゃったら、クリックのご協力お願いします! 



●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
     
                    


自動相互リンク buzzlink    
                

             
Comments (14)
この記事をはてなブックマークに追加

いちごミルクちゃん。

2011年06月10日 | ノスタルジー
もうちょっと前ですが、我がママが家族よりビールより大切に育てていた「いちごミルク」の花が咲き誇りました!



い、いや、これじゃなくて・・・・、







これです・・・・・。




いっぱい咲いてるご近所さんのお庭(トップの写真です。)から1株だけ頂いてきて、デッキの脇に植えてました。
正式な名前は「ストロベリー・セイジ」っていうらしいです。




でっ、「いちごミルク」で想い出しました・・・・・・。





東京は新宿の、歌舞伎町のど真ん中の喫茶店でバイトしていた頃の話です。


ほぼ毎日午後3時頃に珈琲を飲みに来る、とっても可愛い外人さんの女の子がいました。
真っ白い肌にグリーンの瞳・・・。
いつも服にいちごのブローチをしていたんで、僕らは「いちごミルクちゃん」と呼んでいました。
後で解ったんですが、彼女はロシア人でホントお人形さんみたいな美人でした。

ほぼ毎日来るんで、僕も少しづつ彼女と話しするようになりました。
彼女はカタコトの日本語はしゃべれます。

ある日、彼女が

「イノサン!(僕は当時みんなからこう呼ばれてました)ワタシ、アシタココデ”カレシ”トアウノヨ!ショウカイスルネ!」

って言われました。あれだけ美人のいちごミルクちゃんだから、きっと彼氏もモデルみたいな外人さんなんだろうな・・・・・なんて思ってました。


そして次の日彼女の席にやってきたのは、スラーっとしたハンサムな日本人の男性でした。


お冷やを持ってきた僕に、彼女は

「イノサン!コノヒト”カレシ”!!カレ、トーダイナノ。」

って紹介してくれました。

僕は一瞬(えっ、トーダイって?)と思いましたが、すぐに解りました。

そう、東大・・・・東京大学の学生さんだったんです。


それからほとんど毎日、お店のいつものテーブルで手を握り合って話す東大生といちごミルクちゃんの姿が見られました。


そして1ヶ月ほど経ったある日・・・。
僕がバイトしてた喫茶店は、歌舞伎町のど真ん中なんで、周りのけっこういかがわしいお店の出前とかがたまにあって、たまたまその日は道向こうの「ストリップ劇場」に出前があり僕が行きました。

そして、舞台裏の楽屋のドアを開けた時でした・・・・・。




僕の目の前には、リオのカーニバルみたいな衣装を着た出番前のいちごミルクちゃんが立っていました・・・・・。


一瞬目を疑いましたが、紛れもなくいちごミルクちゃんです!!


彼女も僕に気付きましたが、何も言わす舞台に出ていきました・・・・。


出前からの帰り道。

(ふ~ん、東大生とストリッパーかぁ・・。映画のタイトルみたいだなぁ・・。)

なんて思ったのを覚えています。


その後もいちごミルクちゃんと東大生の彼は、いつものようにお店のテーブルを挟んで手を握り合い、見つめ合いながら、愛を囁きあっていました。


ところがある日、いつものようにいちごミルクちゃんと彼のテーブルに珈琲を持って行ったら、

「イノサン!モウアシタカラココニコナイヨ」

っていうんで、彼を見たら彼が、

「実は、彼女は今日でここでの公演が終わり、次の劇場に行ってしまいます。
で、僕らは2人で駆け落ちする決心をしました。だからもうこの店に来るのも今日が最後になると思います。」

って言うんです。

僕は、唖然としながら、

「そうですかぁ。頑張って下さいね!」

としか言えませんでした。




そしてもちろん、それ以来いちごミルクちゃんと東大生の彼はプツリとお店に来なくなりました。




それから僕は、いちごミルクって聞くと、必ずこの二人を想い出してしまいます。



もう数十年も前の話ですが、あの二人、いちごミルクみたいに、ちょっと酸っぱくても甘い暮らしをしてたらいいなぁ・・・・・。     







人気ブログランキングへ
     

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   


blogram投票ボタン

 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
今日の記事で、もしアナタがクスッと笑っちゃったら、クリックのご協力お願いします! 



●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
     
                    


  ドライブタウン情報  
自動相互リンク buzzlink    
                

     
Comments (12)
この記事をはてなブックマークに追加

愛のきゅうり

2011年01月11日 | ノスタルジー
昨年の年末のことなんですが、当店の珈琲を使って頂いてるロハスカフェ「Happy Drop」の黒幕「ちーふしゃん」が閉店前に来て、

「マスター、このきゅうり、私が自分で作ったの!食べてね」

って、きゅうりを1本持ってこられました。




で、きゅうりで想い出しました・・・・・。


いつごろだったかなぁ・・・。
たしか僕が中学生の頃だと思いますが、一時期「きゅうりのキューちゃん」というお漬け物に凝った時期がありました。

当時、このきゅうりのキューちゃんさえあれば、ごはん3杯くらい軽く食べてた様な気がします。
もちろん、学校に持って行く弁当にもオフクロにキューちゃんを入れてもらってました。

ほぼ毎食キューちゃんを食べてたんですが、いつからかちょっと飽きてきて(そろそろ違う食べ方したいなぁ・・なんかいいキューちゃんのアレンジないかなぁ)
なんて思うようになり、それから僕の「キューちゃんアレンジの追求」が始まりました。

始めは手っ取り早く、食卓に置いてある醤油を入れてみました。それから塩、はたまた砂糖なんか入れてみたんですが、どうもいまいち美味くない・・・と言うよりマズい・・。

ほんで、こんどは冷蔵庫を覗いて唐辛子やソースを手に取りましたが、考えただけでマズそうだったんで止めました。


と、そこで目に付いたのがマヨネーズ。


ひらめきました!!


僕が小さい頃、美容室を経営してたオフクロが日曜日のお昼時に店が忙しいと、お昼ご飯のおかずは皿にスライスされたトマトだけでした・・・・。

最初、(えっ、今日のお昼ご飯のおかずってトマト・・・・だけ?・・。)

ってびっくりしましたが、思い悩んだあげくトマトにマヨネーズかけてご飯を食べてみたら、これがウマイ!!

この経験は、後の貧乏学生の僕のとても大きな武器になりました。
仕送りやバイト代が入る前のピンチの時には、スーパーに行ってトマトだけ買えば、数日は生き延びれました。


話が脱線しましたが、このマヨネーズをキューちゃんにかけてかき混ぜて食べてみました。





それが、




う~ん、美味!デリシャス!




見た目は、あまり良くないんですが、ご飯が何杯もイケます!



僕は、これを「マヨキューちゃん」と命名し、オフクロに頼んで学校に持って行く弁当にも必ず入れて貰うようにしました。


ある日、僕の「マヨキューちゃん」を見つけた友達が味見して「こりゃ~ウマイ!」と評判になり

「マヨキューちゃん」は一時期一世を風靡しました・・・・僕のクラスだけですが・・。

でもウワサを聞きつけたある先生も試してみて「マヨキューちゃん、美味いなぁ!」なんて言ってくれたくらいでした。



当時僕は「りゅうちゃん」と呼ばれてましたが、その一時期だけは「キューちゃん」と呼ばれてました・・・・・(すいません。これはウソです。筆が滑ってしまいました・・・。)




まぁ、そのうち僕もみんなも飽きてきて「マヨキューちゃん」は完全に一発屋で終わりましたが・・・。

そして今回あらためて、きゅうりのキューちゃんのホームページを見てみたら「マヨネーズの酸味とキューちゃんのさっぱり感は意外なほどよく合います。」って書いてありました。


なんか嬉しかった・・・・です・・。





ところで、ちーふしゃんから頂いたきゅうりなんですが、頂いた日に我がママがサラダに添えようと切ったら・・・・・・・・、







なんとハートの形をしてるじゃありませんか!


ちーふしゃん!ありがとうございました。美味しく戴きました!
それに・・・間接的な愛の告白!・・・しかと受け止めました。

でも、オレを好きになると・・・・ヤケドするゼ!      







人気ブログランキングへ    


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   


blogram投票ボタン

 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
今日の記事で、もしアナタがクスッと笑っちゃったら、クリックのご協力お願いします! 



●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
     
                    


  ドライブタウン情報 駅タウン情報  
自動相互リンク buzzlink    
                

        
Comments (14)
この記事をはてなブックマークに追加

フラッシュダンス

2010年08月19日 | ノスタルジー
先日、2姫が「DVD借りに行くけど、なんか借りたいDVD無いね?」
って聞いてきたんで考えてたら、いつかテレビでいとうあさこが映画のフラッシュダンスのラストシーンのオーディションの場面のモノマネをやってたのを思い出して、

「フラッシュダンスを借りてきて!」

って言っちゃいました。

で、帰ってきた2姫に聞いたら、「フラッシュダンス」は棚には無くて、店員さんに聞いて出して貰ったそうです。

そうでしょうね、調べてみたら1983年の作品。もう27年前になるんですよね。

ほんで、今週の月曜日、久し振りに何も予定のない休日だったんで、朝から我がママといっしょに観てみました。

知ってる方も多いと思うんで内容は言いませんが、やっぱおもしろかった。
ジェニファー・ビールスも超可愛かったし、なによりも映画で流れたサントラはほとんどが後にヒットした曲で、僕も今でも覚えていました。

そしたらその日の夜、お風呂から上がった我がママが、

「今日は、バスルームでフラッシュダンスやっちゃった!」

なんて言ってました・・・・・。


も、もしかして、









♪What a Feelingの曲に乗せて、このラストのオーディションの場面もやっちゃったのか・・・。












この場面には、♪マニアックが流れたのか?
しかし、さすがにお腹がじゃまして出来なかっただろう・・・・な?。












う~ん、この場面はシャワーがあるから、間違いなくやっちゃっただろうな。
たぶん、中年の修行僧の滝行みたいだと思いますが・・・。






なんて想像してたら、僕の頭の中が「クラッシュダンス」になっちゃいました・・・。


まぁ、恐いもの見たさっていうか、見てみたい気もします・・・・・・『アンコ型のフラッシュダンス』・・。





あっ、我がママと言えば、昨日お客様とこんな話をしてました・・・・・。

お客様「えっ、じゃ~その人、乙女座のB型なの?」

我がママ「そうなのよ~、乙女型のB座よ~!」



・・・・わざわざ複雑に間違えてます・・・・・・・。


現代の科学では、まだまだ彼女を解明することは、無理のようです・・・・・。    






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


店チョのお店、「美容室 I-WALK」が夏のキャンペーンやってます!
9月19日(日)までですよ!


               詳しくはコチラ!  







人気ブログランキングへ   


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   


blogram投票ボタン

 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
今日の記事で、もしアナタがクスッと笑っちゃったら、クリックのご協力お願いします! 



●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
     
                    


  ドライブタウン情報 駅タウン情報   自動相互リンク buzzlink   
                     
Comments (24)
この記事をはてなブックマークに追加

夕日の赤

2010年05月08日 | ノスタルジー
♪絞ったばかりのぉ~、夕日の赤がぁ~、水平線からぁ~漏れているぅ~

いやいや、昔の歌を歌いたい訳じゃないんです。

昨日の夕方、お店の外に出たら綺麗な夕焼けが見られました。
(うわぁ~きれいな夕焼けだなぁ!こんなに綺麗な夕焼けはいつ以来だろう・・。)
なんて思ってたら、想い出しました・・・・・。





東京でサラリーマン暮らしをしてた頃の話です。
当時付き合ってた彼女は、今でも有名な役者さんを何人も輩出してる某劇団の女優さんでした。

ある日、どっかの海にドライブに行った時のことです。
水平線の向こうに、それはもう綺麗な夕焼けが広がっていました。 

岬から並んで夕焼けを見てた時、彼女がぽつりとつぶやきました。

「ねぇ、この夕焼けを見ながら思いついたことを言ってみて・・・。」

・・・なんて言われて、僕は正直に

「え~と、赤・・・きれい・・・夕方・・・晩飯・・・ビール・・・飲みたい・・・。」

なんて並べ立ててたら、彼女が急に僕の言葉を遮って


『アンタ、そんな貧弱な発想しか無いから才能が花開かないのよ!私は今、この夕日の赤をしっかり目と頭に焼き付けてるの。そしてこれからのいろんなシチュエーションの演技の時に、この赤を引き出しから引っ張り出して演技するの!役者ってそんなものよ!アナタはまぁ、このままいってもタレント止まりねっ!』


えっ、オレいつから役者志望だっけ?

それにタレント止まりって・・・タレントと役者って、役者の方がえらいの?


なんて思ってたら、ず~~と夕日を見つめてた彼女の頬から一筋の涙がこぼれてきました・・・。

(へぇ~、やっぱ女優なんだなぁ・・。)

って思ったんですが、タレント止まりの僕にはなかなかついて行けず、そのうち別れてしまいました。


そしてタレント止まりの僕に残ったのは、彼女がバイトで働いてたんで付き合いで契約した総額ウン十万円の某英会話の教材とカセットテープのローンの支払いだけ・・・・。


それから数年間は、僕の財布は夕日の赤色にすっかり染まりっぱなしでした。・・・・。   


♪払ったばかりのぉ~、ローンの赤がぁ~、財布の縁からぁ~漏れているぅ~・・・・。      




人気ブログランキングへ   


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   


blogram投票ボタン

 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
 クリックして頂ければ更新の糧になります。(ランキングトップページから ”マジで” 脱落寸前です!)
ご協力よろしくお願いします。 



●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
     
                    


  ドライブタウン情報 駅タウン情報   自動相互リンク buzzlink   

                  
Comments (28)
この記事をはてなブックマークに追加

あの人は今

2010年04月15日 | ノスタルジー
郡司信夫

レッドシューズ・ドゥーガン

NHK「夢で逢いましょう」の司会中島弘子さん。「こんばんわ!中島弘子です。」と言いながら首を横に振る最初の挨拶が、人気だったらしい

ステージ101 若子内悦郎 ニック 西玲子 名曲「涙をこえて」

「池上線」の西島三枝子

哀しみのベラドンナ 橘まゆみ

こんなん出ましたけど~ 占い師 泉アツノ 紫頭巾
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

大魔神とバケツ

2010年03月26日 | ノスタルジー
ここ数日、雨ばっかり・・・・・。

仕事的には、晴れでも雨でも運動量はさして変わらないんですが、雨が続くとなんとなく体がナマったような気がします。


それで、・・・・想い出しました・・・・。 



僕が小学6年生の時、僕のクラスは暴れん坊が多くて、他のクラスの生徒は恐くて僕らのクラスの前を誰も通らなかったくらいの、全校一の「悪ガキクラス」でした。 

不用意に僕らのクラスの前を通ると、因縁をつけられ、いじめられるかも知れないからです。
僕らのクラスのすぐ先に下に降りる階段があったんですが、隣のクラスの生徒達は、わざわざ遠くの反対側の階段から降りてました・・・・。

まあ、小学校内の「暴力団事務所」みたいなクラスだったのかも知れません・・・・。


雨が4~5日続いたある日、暴れん坊達は運動場で遊ぶことが出来ず、教室の中で欲求不満になってました。

僕を含めた数人は体力が有り余って、廊下でプロレスごっこをしてました。
だんだん激しくなってきて、勢い余った仲間の一人が廊下に置いてあった2個の水入りバケツにぶつかってしまいました。(昔は、教室の入り口に必ず水の入ったバケツが置いてありました。たぶん防火用だったと思いますが。)

バケツは

ガラガラ、ガラ~~ン

と大きな音をたてて転がりました。
もちろん中の水も全部こぼれてしまいました。

昔の古~い木造校舎の2階・・・そのうえ、なんと真下は職員室・・・・。

一瞬みんなが「や、ヤバっ」って思った時には、大魔神というアダナの担任の先生が真っ赤な顔してエイトマンみたいな速さで二階に駆け上がってきてました。



『こら~~~!!職員室が水浸しゾ~、お前らなんば暴れよっとかぁ~!!!』

僕らは慌てて雑巾で廊下を拭き出しましたが、もう水は全部職員室にいっちゃってました・・・。


そして、教室に入っていった大魔神は竹刀を片手に、

「おいっ、今廊下で暴れてた奴、全員縦に並んで、目を瞑れっ!!」

って言いながら、竹刀で素振りを始めました。


やられることは、どんなことか?・・・想像はつきましたが、恐る恐る僕らは縦に並び、目を瞑りました。


忘れもしません・・・僕は4番目でした。

一人目・・・・ビシっ・・・うっ・・・バタっ。

二人目・・・・バシっ・・・ギャ~・・ドタっ。

三人目の前に、一応覚悟の為に確認しておこうと少し目を開けてみました。


大魔神は、上段の構えで振りかぶったかと思ったら、勢いよく竹刀を振り下ろしました。

三人目のビビヤン(同級生のアダナっす。)の前頭葉の中央にキレイに『面』が入りました。

「ウギャ~」・・・ビビヤンは頭を押さえながら倒れ込みました。


そして僕の番・・。

僕は静かに目を閉じました・・。



なんかヒュ~っという風を切る音がしました。

その後、前頭部にものすごい激痛が・・・・・・・・しません・・んっ?。

(あれっ?)と思った0.023秒後、予想しなかった後頭部から針で刺したような超激痛が・・・・・・。




『ウギャ~~!!』




僕は、後頭部を押さえて廊下を転げ回りながら、(なんで後ろが痛かったんだろう?)って考えてました。





そうか!

竹刀は「しなる」んです!

だから、前頭部に面を食らっても、竹刀の先は頭の形にしなって、後頭部に当たるんです。

いや~、勉強になりました・・・・・って、言ってる場合じゃありません。


それにこの後頭部の激痛・・・なかなか退かないんです。
ず~とシビれたような感じで、1番目の奴もいまだに転げ回ってます。

まだ「大魔神の面」が続いてたんですが、僕ら体罰済み達はみんな廊下を転げ回ってます。


そしてその時、僕らに「2度目の悲劇」が・・・・・・・・・。


転げ回ってる一人が、今度は隣のクラスのバケツにぶち当たって、またバケツをひっくり返してしまいました・・・・・。

もちろん、中の水はスポンジに吸い取られるように、階下へ・・・・・・・。
ちょうど、下の先生方がさっきの水を拭き終えたくらいのタイミングです・・。


『ううう~・・・・お前らぁ・・・・。』

大魔神も、あきれて声が中々出なかったみたいでした。

一呼吸置いて、


「お前らぁ~もう一回、全員縦に並んで、目を瞑れぇ~!!」


僕は動物的な勘で最後尾に並びました。(最後の方が大魔神の体力にも衰えが出るだろうという直感です。)


で、今度はビンタ・・・・・。

また一人ずつ「ビシャ・・・ドタっ」って定期的な音がしました。

しかし、最後尾はいつくるか判らない恐怖感がありました。

「ビシャ・・・ドタっ」・・・・だんだん音が大きくなってきます。

そのうち、


『ビャイ~~ン』(ホントこんな音がしたんです。)

という音とともに、僕は吹っ飛びました。
吹っ飛びながらなんかタバコの臭いがしたのを覚えています。

大魔神は、さすがに疲れてゼ~ゼ~言いながら、

『お前らの処分は、明日発表するっ!』

って言いながら、下に降りていきました。

今の時代だったら、これを聞きつけたマスコミとかが取材に来て、僕らは首から下だけ映りながら「あの先生、いつも暴力をふるうんです。僕ら毎日恐くて仕方ありません・・。」

なんてことになるんでしょうが、家に帰ってオフクロに言ったら、「あんたらまたネ!、バカじゃないとね!また先生に謝らにゃんたい!」
なんて言ってましたっけ・・・。



えっ、僕らの処分ですか?

はい、翌日から1ヶ月間、僕らは昼休みに校長室の掃除をして、終わったら教頭先生を呼びに行って、毎日教頭先生から有り難い「訓辞」を頂きました・・・・。
どんな「訓辞」だったのか、一つも覚えていませんが・・・。





  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


店チョのお店、「美容室 I-WALK」が春のキャンペーンやってます!
4月4日(日)までですよ!



                  詳しくはこちら!






●人気blogランキングへ
  


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   


blogram投票ボタン

 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
 クリックして頂ければ更新の糧になります。(ランキングトップページから ”マジで” 脱落寸前です!)
ご協力よろしくお願いします。
 



●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
     
                    


  ドライブタウン情報 駅タウン情報   自動相互リンク buzzlink   

Comments (24)
この記事をはてなブックマークに追加

あるボーイスカウトの悲劇

2010年01月24日 | ノスタルジー
3つの誓い~、おきて守り~、ボーイスカウト、
人のために、備えよ~常に~・・。




この歌知ってますか?

この歌は、ボーイスカウト・ソングと言うかボーイスカウトの愛唱歌「備えよ常に」と言う歌です。
ボーイスカウトは3本指で敬礼しますが、それはこの3つの誓いを表しています。

えっ、なんでこんなにボーイスカウトに詳しいかって?

あったり前でしょ!
何を隠そう僕は、小学校から中学までボーイスカウトに所属していたんです!
それもタイガー班でした。(それが何っや!・・・・。)


僕はずっとボーイスカウトに入りたかったんですが、会費とか月謝が掛かるんでオフクロが許さないだろうなって思ってたんですが、言ってみたらすんなりOKでした。

今考えると、僕は小学生低学年から神社のハトどろぼうをやったり、お賽銭どろぼうをやったり、近所のママ達からは「我が子と遊ばせたくない子供ランキング」で常にナンバーワンでしたから、オフクロにしてみれば、ボーイスカウトは「矯正所」のつもりだったのかも知れません・・・・。

そんな時、事件が起きたんです・・・。





あれは確か、僕が小学6年生の夏休みでした。
ボーイスカウトのキャンプがあって、もちろん参加しました。

ところが、同級生のN君が来てません・・。
タイガー班長の高校生から


「井上隊員!N君を呼びに行くように!」


って、指令が出ました。

僕は3本指で「はいっ!了解!!」とキビキビと返事をして、もう一人の同級生のH君とN君ちまでチャリンコで呼びにに行くことになりました。

僕とH君は、N君ちまでの道すがらチャリンコで競争しながら全速力で走ってました・・・。


と、その時!


商店街の角を、多角形コーナリングで突っ込んだ僕が目の前に見たのは、歩道の真ん中に止められていたバイク・・・・・。

あわてて急ブレーキを掛けましたが、間に合いません!



キキーッ・・・・ドン!!


僕のチャリンコはバイクに思いっきり正面衝突してしまいました・・・・・。

そして僕はサドルで股間を強打・・・・・その場にうずくまってしまいました。


・・・・・・・数分後痛みもやっと和らぎ、バイクは”大した”キズも無かったんで、その場を立ち去りました。

それから、寝坊してたN君を連れて集合所に帰り、渓谷での一泊二日のキャンプに出かけました。


キャンプ場に着いた僕らは、ボーイスカウトらしく、キャンプ場の清掃や木・鳥の観察なんかした後、夕方になって手分けして夕飯作りを始めました。



でも、その頃になっても・・・・痛みが止まらないんです・・・。


そう、チャリンコで衝突した時の股間・・・いや、正確に言うと、「大事なところ」または「局部」の痛みがず~~と引かなかったんです・・・。

不安になった僕は、トイレに行って恐る恐る「大事なところ」を見てみました・・・。



えっ? やばっ!!


僕は思わず叫んでしまいました。

「大事なところ」が2倍くらいに腫れ上がってて、打撲のせいか黒血で真っ黒・・・・・。

慌てた僕は、すぐさま団長さんに事情を話しました。

「団長!僕のあそこが真っ黒になって腫れて痛いんで、うちに帰らせて下さい!」


”現物”を見て納得した団長が、同行していた大人の人にお願いしてくれて、僕は車に乗っけられて家に帰りました。

うちに帰った僕は、そのまま病院に直行しましたが、幸いただの打撲だったみたいで、お医者さんは笑いながら「そのままにしときゃ~、そのうち治る」って言ってくれました。


数日後、他のボーイスカウト仲間と話したら、あのキャンプの時団長から

「タイガー班の井上班員は、午前中の訓練中股間を痛打し局部異常の事態が発生した為、やむをえず一旦離隊することになった。   以上!」

みたいな報告があったそうな・・・・・。(もう少しあっさりと報告して欲しかったんだけど・・。)

結局、10日程度で、腫れも引き無事”元通り”になりましたが、「大事な部分」が2倍くらいに腫れ上がって真っ黒になった時は、どうなるんだろうって不安でいっぱいでした。


でも、あれからです!・・・・・・・・・僕がモテるようになったのは・・・・・。










す、すいません団長! ワタシはウソをついておりました・・・・。






●人気blogランキングへ
  


ファイブスタイル ブログランキング



にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   


blogram投票ボタン

 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
 クリックして頂ければ更新の糧になります。(ランキングトップページから ”マジで” 脱落寸前です!)
ご協力よろしくお願いします。
 



●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
     
                    


  ドライブタウン情報 駅タウン情報   自動相互リンク buzzlink       
Comments (22)
この記事をはてなブックマークに追加

アナタ、ヤサシイカラ・・・・スキッ!

2009年11月29日 | ノスタルジー
※前の記事の最後にテレビ「ぴゅぁピュア」の映像を追加しました。
 良かったら観てネ!







大昔、僕がサラリーマン時代、福岡の博多での出来事です。

ある地元大手企業の新部門立ち上げの協力メンバーに僕の会社も選ばれ、
全く異業種の「精鋭」達が集まり、新部門立ち上げに邁進しました。
そしてそのメンバーはそのうちすごく仲良くなり、月に2~3回は中州で飲んでました。

その中でリーダー格のT社長は、おもしろい趣味(?)がありました。
飲み会の2次会は必ずT社長の先導で「夜の世界旅行」に行きます。

まず、フィリピンに直行。しばらく滞在したら今度はロシア。ロシアでリラックスしたら、今度はルーマニア。
調子がいい時は中国とかにも立ち寄ります。その間にちょっと日本に帰国したりもします。あっ、たまに韓国なんかにも行ったなぁ・・・・・。


皆さん、なんだか判りましたネ!


そう、T社長は「外国人パブ」の中州の帝王なんです!!
その時のメンバーは2次会~5次会くらいまで「夜の世界旅行」に行きます。

しかし、このT社長。ただの外人さん好きじゃありません。
とにかく面倒見が良いんです。
もちろん、各店にお気に入りの娘がいるんですが、他の娘にも人生相談に乗ってやったり、
ある女性(日本人ですが・・。)が故郷に残してきた2人の子供達に年に何回か会いに行って、プレゼントをあげたり、進学や就職の世話までしてあげてます。
さながら「中州のあしながおじさん」みたいな人なんです。


そんなある日また飲み会がはけた後、例によってT社長とフィリピン人パブに行った時のことです。

僕は前回の2次会は都合で行けなかったんですが、この日のメンバーは前回このパブに行ったとかで、店に向かう道すがらみんな「あの店には美人が多かったっちゃ」とか「そうそう、あの店に来たばっかりの娘がおったねぇ~。あの娘が一番かわいかったっちゃね~」なんて話してます。


そして店に入ったら、最初に迎えてくれたのがさっき話に出てた日本に来たばっかりのテレサちゃん(仮名)!それがすっごくかわいいんです!エキゾチックな顔立ちで、女優さんみたい・・・。

周りの仲間は「あんた、この前来てないけん、今日はテレサちゃんを独り占めにしていいよ!」なんて言ってます。

僕は普通に「日本の生活はどう?」なんて話してたんですが、どうやらテレサちゃんに気に入られたみたいで、帰りしなに「コンドキタラ、マタテレサシメイシテネ!」なんて言われました。

その後、T社長の携帯に僕の携帯番号を聞くテレサちゃんの電話が何回も入ったそうな・・・・。



そのうち忘年会のシーズンになり、またいつものメンバーで忘年会をした後、あいにくの雨だったんですが、またまたT社長の後ろをぞろぞろと中州の街を歩いて、例のフィリピン・パブに行きました。

一番隅のボックスにいたテレサちゃん、僕の顔を見たとたん飛んできて「アナタゼンゼンコナイ、サミシイヨ」なんて悲しげな表情・・・。


その後いろんな話をして、店を出たら雨が本降りになってました。それで次の店までホステスさん達が傘で送ってくれることになり、僕はテレサちゃんの傘に・・・・。

雨の中、傘の中で急にテレサちゃんがささやきました。


「アナタ、ヤサシイカラ・・・・スキ!」


「いや~、僕なんかよりお金持ちの優しい人を捜した方が良いよ!」ってかわしましたが、内心(やばい・・。)なんて思っていました。 


そして、次の店に着いてテレサちゃん達とはお別れして、新しいお店でおしぼりで顔を拭いてた時です。T社長が急に吹き出しながら言いました。

「はっはっはっはっ、もう我慢出来ん、みんなバラそうよ!


あのテレサちゃん



・・・・・男っちゃ!」





・・・・・・・・はっ?・・・・・。




T社長は続けました。

「前にあの店に行った時アンタは欠席だったけん、次にあの店に行ったらテレサちゃんをアンタに押しつけようって、みんなと話しとったっちゃ!まんまと引っかかったねぇ!テレサちゃんが男だってアンタ以外はみんな知っとるっちゃ・・・あ~あ笑いすぎて涙が出るぅ~」





あのエキゾチックで端正な顔立ちの、可愛いテレサちゃんが・・・・男・・。,,,,,,,,,,,,,,,,




そうか!最初あの店に行く途中、みんながテレサちゃんのことを話題にしてたのは「前振り」だったのか!
(テレサちゃんも”前振り”出来ます・・・なんてこれはシモネタでした・・。)


それからT社長が誘ってもその店には絶対行きませんでした。
でも・・・たまに思うんです。
テレサちゃんは日本に来たばかりでホントに寂しかったんだろうなって・・。




いやいや、いかんいかん!

テレサちゃんゴメンネ!・・・・・・僕はそっちの趣味はないんです・・・。
いつか出会うよ・・・・ヤサシイ・・・カレニ・・・・。


みなさ~~ん!今回の話・・・・・我がママにはナイショですからネっ!マジ、ナイショですからね~!



●人気blogランキングへ
 


ファイブスタイル ブログランキング



にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   

 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
 クリックして頂ければ更新の糧になります。(ランキングトップページから ”マジで” 脱落寸前です!)
ご協力よろしくお願いします。
 



●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
     
                    
     
Comments (29)
この記事をはてなブックマークに追加

プリンセス・パンティー

2009年11月09日 | ノスタルジー
「前科三犯の珈琲屋」シリーズを書いてから、コーヒーの話よりノスタルジーの方がアクセス数が多いという僕のブログですが、先日テレビでパンパースのCMを見て、またまた想い出しました・・・・・・。


僕が小学校3年生の冬の話です。


当時男子はみんな今で言うトランクスを履いてました。
もちろん僕もトランクスを履いてたんですが、いつかオフクロが3枚セットのパンツ(正確に書くと男子用パンティー)を買ってきました。

それも3枚セットで、1枚目と3枚目は男の子用のプリント模様(たしか、オバQとかおそ松くんとか・・・・古っ)だったんですが、外から見えない2枚目(僕のことじゃありません。)は女の子用(なんか忘れましたが、プリンセスなんとかという金髪ロングヘアーの美少女みたいなやつ)が入ってました・・・。


「え~~、オレパンティーなんか履かんよ!!みんなからバカにされるぅ!!」


もちろん九州男児の僕は、そんな女のパンツなんて履きませんでした!


しかしある土曜日のお風呂上がり、下着のタンスを開けたらそのパンティーに目が止まりました。

「明日は休みだし、試しに履いてみようかな?」

なんて思って履いてみました・・・・・。


ところがこれが妙に”あそこの座りもいいし”何より暖かいんです!
冬のトランクスはどこか風が入ってくるというか、スースーするんですが、このパンティーは・・・・・いい!

けっこう気に入りました。


それから僕は隠れパンティー派になり、たまに履いて学校にも行くようになりました。



そんなある日、学校に行くと先生が

「昨日言ったように今日は健康診断があるから、給食を食べたら休み時間なしで体育館に行くように!」

なんて言ってます。





や、ヤバっ!!・・・・・・・・。  
 



その日なんと僕は、プリンセスなんちゃらのおパンティーを履いていたんです!!



一瞬めまいがしました。


(どうしよう?このままこのプリンセス・パンティーをみんなに見られたら、僕は間違いなくアダナが「パンティー」になる。
それどころか、変人扱いか村八分にされるに違いない・・・。)


悩んだあげく、僕は担任の先生に懇願しました。


「先生!消しゴムをうちに忘れたんで、取りに帰っていいですかっ?」


今考えれば、もうちょっと気の利いた忘れ物があったんじゃないかって思いますが、その時はもうテンパってました。


先生は、案の定

「消しゴムなら、先生のを貸してやるよ!」

って言いましたが、僕は

「いや、先生、自分の消しゴムじゃなきゃイヤなんです!」

なんて言い張る僕の鬼気迫る表情に、なんとか先生は家に帰ることを許してくれました。

それから僕は給食なんて喉を通らず、さっさと食べて学校を出ました。

家まで走って約10分・・・。

往復20分、健康診断まで約30分ほどあります。

作戦は成功しました。


ダッシュで家に帰りトランクスに着替え、学校にまたダッシュで向かいました。

学校の正門が見えた頃、ふとつじつまが合わないのに気が付きました。


(消しゴムを持ってない・・・・・・。)



そうです!表向きは”消しゴムを取りに帰った”んでした。

アセりました。

もう間に合いません・・・・・。


しかし、こんな時悪知恵を思いつくんですよねぇ~・・・。


堂々と学校に帰った僕は、そのままみんなの前で、椅子に掛けていたランドセルの底に手を伸ばし、

「あ~~、こぎゃんとこにあったぁ~~、消しゴムぅ~!」

なんて言いながら、そのまま筆箱を開け、消しゴムをいれたふりをしました。
そして、消しゴムは家にはなくてランドセルの中にに落ちてたという事実を友達に話し始めました。


もちろん健康診断は滞りなくトランクスで済ませ、その日は何もなかったように終わりました。


それから数ヶ月後、親と先生の「連絡帳」をなにげなく読んでたら、オフクロの字で書いてありました。

『先生、あの日あの子は、女の子用のパンティーを履いてたんです。恥ずかしかったんでしょうね』








こら~、バラすなぁ~~!!
完全犯罪だったのにぃ~~!!
 







●人気blogランキングへ
 


ファイブスタイル ブログランキング



にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   

 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
 クリックして頂ければ更新の糧になります。(ランキングトップページから ”マジで” 脱落寸前です!)
ご協力よろしくお願いします。
 



●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
     
                    
Comments (26)
この記事をはてなブックマークに追加

小ネタ特集。

2009年10月17日 | ノスタルジー
年取ったせいか、最近昔話の思い出し笑いが多い・・・・。

思い出したついでに書いてみることにしました。
前にブログで書いてるかも知れませんが、あしからず。





①うちの我がママに初めてパソコンの使い方を教えた時のこと・・。

僕「そのマウスば、くるくる回してみろ!画面の矢印もくるくる回るけん」

我がママ「え~、回らんよ~?」


我がママはマウスを握りしめて、空中でくるくる回してました・・・。





②3姫が小学生の頃の話。

3姫「アメリカの首都はどこね?」

我がママ「え~と、ソ連たい」

3姫「なら、英語で板ってなんて言うと?」

我がママ「バ~~ンたい」


・・・・・・・・・・。





③常連のKさんから聞いた話・・・。

Kさんはけっして太ってはないんですが、タッパがあります。
そして、Kさんの上司は養命酒を勧められそうなほどの痩せ型です。


隣の席の上司に、椅子に座ったまま仕事の質問をしていたKさん。
上司も椅子に座ったままでいろいろ教えましたが、Kさんなかなか分からない・・。

業を煮やした上司!

「Kさん、こっちに来てごらん!教えてやるから~」

と言いながら、Kさんの椅子の肘掛けをつかんで、引っ張りました。



ところが動いたのは上司の方で、上司の方がKさんに近づいていきました・・・とさっ。





④幼なじみのH君との学生の頃の話。

彼は普段はお風呂に入らないし、もちろん男性化粧品なんて持ってません。

しかし、ある日彼女との初めてのデートの日。

僕の部屋に来て4時間くらい掛けてお風呂に入り、(途中僕は倒れてるんじゃないかと、風呂場まで見に行きましたが・・・。)
洗面所で念入りに髪をとかしたH君。 出がけに、

「おい”頭の油”借りたからな!」って言いながら出て行きました。

見るとヘアースタイルもびしっとテカテカに決まってます。

勢いよく出て行ったH君を見送った僕は、なにげなく洗面所に行きました。


そこで見たのは、「フタの空いたオーデコロンのビン」でした。



その日、彼の半径5m以内には誰も近寄らなかったそうです。


もちろん、彼女も・・・・。





⑤H君でもう1つ思い出しました。



普段おしゃれにはとんと気を遣わないH君。
ある日、モロゾフでバイトすることになりました。

モロゾフでは、バイト生でもネクタイを締めなければなりません。

しかし、ネクタイなんて持ってないH君。
僕にネクタイを借りに来ました。

僕は一番渋いネクタイを選んで、彼に締めてあげました。

「う~ん、まあ良いだろう。」

てなことで、翌日から彼はバイトに精を出したそうです。


そして、4~5日立った頃、久し振りにH君のアパートに遊びに行ったら、
ベッドで寝てたH君。下はジャージですが、上はネクタイを締めたYシャツです。

「ど~したの?」

って聞いたら

「良かった、お前が来てくれて・・・。オレ、ネクタイの締め方知らんから、あれからず~~と、上はこのままだった・・・。」


だと・・・・・。







今日、思い出したのはこんなとこです。

また思い出したら書く予定です。お楽しみに~!!


しかし、いたってノーマル人間の僕の周りに、ど~してこんなにアブノーマルな人間が集まるんだろ?・・・・・解せん?・・・。   






●人気blogランキングへ
 


ファイブスタイル ブログランキング



にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ   

 秒単位で疾走する世の中・・・。
応援クリックして頂いた貴方のコーヒー・ブレイクが「優雅なロスタイム」でありますように!・・。
 クリックして頂ければ更新の糧になります。(ランキングトップページから ”マジで” 脱落寸前です!)
ご協力よろしくお願いします。
 



●木家珈琲倶楽部
熊本県宇城市松橋町きらら3-3-8
(ウイングまつばせ横)

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・フレーバー・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
     
                  
Comments (35)
この記事をはてなブックマークに追加