ちゃんちゃこ45/きたかたよしろう

きたかたよしろうのブログです。ライブのことや音楽のことをささやきながらスローにやっております~

コロナの中のNowhere Man

2021-03-16 | 明日が見えるかな?

分断と断絶が続く、コロナ社会 いつまで、みんなと会えないんだろう、いつまでライブが出来ないのだろう?そんなことを思っていたら、もしかして、僕らはNowhere Manになったのかなぁ?なんて思ってしまいます。

歌詞の和訳を僕なりのことばにしてみました。

ひとりぼっちのあいつ
あいつはほんとにひとりぼっちさ
妄想に浸って 誰も喜ばない世界を夢見ている
逢いたい人も無くて行くところもない
僕達もあいつと同じさ

独りぼっちさん、聴いてくれ
あんたは何を無くしたか解ってない
ひとりぼっちさん、あんたの想い一つで世界は変わる

見たいものしか見ないなら、見えてないのと同じさ
ひとりぼっちさん、あんたに僕が見えるかい?

ひとりぼっちさん、大丈夫
ゆっくりやっていこうよ
でも、だれかが声かけてくれるまでそのままでいるの?



The Beatles - Nowhere Man (Mashup Video)
コメント

南正人さんのこと

2021-01-23 | 明日が見えるかな?

もう賀正なんかとっくに過ぎて、新しい年をスイスイとこなしている、そんな時期のはずですが、どうやら今年の幕開けは緊急事態宣言とやらで、困った君コロナです。

去年の最後の投稿を見ると、アイムの忘年会ライブ中止のお知らせで終わっており、何だか中途半端な幕切れで終わっているな~と思っています。
フェイスブックでは、色々投稿しているのですが、このブログはご無沙汰になってしまいました。
去年の年末、僕のライブは中止となりましたが、アイムのクリスマス&忘年会ライブには参加させていただき、元ダウンタウンブギウギバンドの新井さんや、元キャロルの内海さん達と楽しく2020年アイム最初で最後のライブを終えました。



今年になって初めに飛び込んできたのは、事務所の大先輩であり、伝説のロックシンガー 南正人さんの訃報でした。
1月7日、南さんは横浜のライブハウス「サムズアップ」のステージで倒れ、息子さんの南泰人さんに抱えられて逝かれたそうです。
言葉にもならないドラマのような最期です。南正人さんらしい最期と言えばいいのでしょうか?
45年前、ちゃんちゃこで忙しく活動していた頃のことです。ちゃんちゃこは日本フォノグラム(現ユニバーサル)のスタジオで、歌入れのレコーディングを終えて帰ろうとしていた時に、僕達と同じ事務所グループの南正人さんのスタッフの方から呼び止められました。これから同じレコード会社の南正人さんのレコーディングが有るので、もしコーラスで参加してもらえるなら残って欲しいと。
僕はアルバム回帰線をこよなく愛していた、南さんのファンだったので、二つ返事で「残ります!」と言いました。
そして、始まったのが「わたしのブギウギ」のレコーディングでした。
スタジオ内を暗くして、、、、(たしか蝋燭を灯されたような記憶があるのですが)
お酒を片手に沢山の男達で歌った、「wu wawwa wu~~♬」今でも思い出します。何と解放感のあるレコーディングなんだ!
この作品の中にあの日の思い出が歌とコーラスと共にずっと残されてゆきます。僕にとっては夢のような話です。
南正人さん、ほんの一瞬でしたが夢の中へ連れっていって下さってありがとうございました!
どうぞ、安らかに 合唱 合掌

南正人 あたしのブギウギ
コメント

銀座アイム忘年会ライブ中止のお知らせ

2020-12-16 | 明日が見えるかな?
告知させて頂いたばかりの、銀座アイムにエールを贈る、12月22日の忘年会ライブですが、
コロナ禍の諸事情が重なりまして、残念ですが中止させて頂くことになりました(><)
誠に申し訳ございませんが、来年、コロナ禍が治まりましたら、きっとライブの告知をさせてもらいます。
どうぞ皆様もコロナにめげずに、この年の瀬を乗り切って良い年をお迎え下さい!
コメント

銀座アイム 再開を願って!エールを贈る!

2020-12-14 | 明日が見えるかな?

コロナ禍の中でも頑張り続けてくれた、銀座アイムですが、どうしても耐えられなくなり、
この年末をもって暫く休業となりました。
いつも楽しくライブをやらせてくれた、銀座アイムのお店、そして経営者であり、ちゃんちゃこカンパニーのドラマーの今井克安さん、長谷川みゆきちゃん、ギターの原島純平さん、そしていつも来ていただいた、お客様にエールを込めて、今年最初で最後のライブを忘年会形式で開催させて頂きます。
チャージ飲み放題で5000円です、この状況では来れない方も多々いらしゃると思いますが、
人数制限のうえ万全の感染対策をしておりますので、来れる方は独占ライブのつもりでお越し下さい。
配信も実施してくれますので、行きたくても行けない!って方は配信にてお会いしましょう!
ライブ予約、配信予約共に、jiy.yoyaku@gmail.comまで、ご連絡下さい。

それでは、銀座アイムに遠くまで響くはエール!
コメント

ダブルファンタジーなお話し

2020-12-08 | 明日が見えるかな?

今日はジョン・レノンの40回目の命日です。そして今年は生誕80年の年です。
六本木では、ダブルファンタジー展が開催されています。

11月21日 NHKBSプレミアムで放送された、「イマジンは生きている、ジョンとヨーコからのメッセージ」
というドキュメント番組を観ました。

その中で、2017年に「イマジン」はジョンとヨーコの共作であると認められ、それ以降はクレジットにジョンとヨーコと
表記されることになった。という取材がありました。

その認証の契機になったのが、「グレープフルーツ」というオノヨーコさんの詩集がベースになっていると出ていました。


この、「グレープフルーツ」という詩集についての不思議なお話しをします。
お友達だけに話していたのですが、もしかしたら、とっても大切なエピソードなのかもしれないと思い、
書くことにしました。
ご存知のとおり「イマジン」は1971年にジョンレノンのソロアルバムとしてリリースされて、以降世界的な
平和の歌のスタンダードとなりました。
ジョンレノンは、番組の中で亡くなる前に、「実は「イマジン」は僕とヨーコの共作だったんだ、でも、当時の僕は自己顕示欲が強くて、僕だけの作品としてリリースしてしまった、今になって思えば、共作にしておくべきだった」と語っています。

オノヨーコさんの詩集「グレープフルーツ」にはイマジンの原型になる詩が掲載されていると番組のなかで紹介されているのですが、実はオノヨーコさん自身は2011年までこの詩集を持っていなかったんです。

2011年震災のあったこの年、僕は代官山蔦屋書店の開発メンバーとしてCCCに在籍していました。
代官山蔦屋書店では、洋書も沢山扱う予定になっており、オープンの1年以上前にニューヨークへバイヤーがビンテージ洋書の買い付けに行っていました。そして、たまたま、この「グレープフルーツ」を仕入れていました。

震災もあり、代官山蔦屋書店のオープンは予定より遅れて、2011年の年の瀬、12月5日にオープンしました。
オープン直前のある日、ある出版社から僕宛に電話がありました。
オノヨーコさんの絵本を発売することになったので、こちらでサイン会のイベントをやらせてもらえませんか?
とのことでした。ヨーコさんは12月8日のジョンレノンさんの命日イベントに向けてその頃帰国されています。
とのことでした。 それで、サイン会イベントをやることになり、僕は蔦屋書店サイドのアテンド役として、控室でオノヨーコさんと親しくお話させてもらいました。そして、売り物としての「グレープ フルーツ」のバリューアップのために、「この詩集を販売させてもらっているのですが、これにサインをお願い出来ますか?」と詩集を出しました。そうしたら、「貴方よくこれを見つけたわね」と言われて、どうも、ご本人が持っておられない様子でその場で、高額で買って帰られたのでした。

僕はNHKの番組を観てハッとしました。2017年にこのグレープフルーツを根拠に「イマジン」の共作が認定されたのだとすると、グレープフルーツを彼女にお戻しする役割をさせていただいたのではないか?と。
共作にしたかった、ジョンレノンさんの想いがイマジンという曲に宿って、ニューヨークで買い付けた、この詩集が巡り巡って日本の代官山でお戻し出来たというのは、まさにダブルファンタジーな軌跡の話ではないかと?
オノヨーコさんは番組の中で語っています。「イマジンを作る為に私はジョンと巡り合ったの」と
https://www.nhk.jp/p/ts/5P6LP3M51V/
この番組、12月20日午前0時からBSプレミアムで再放送です。


コメント

ザ・バンドのドキュメンタリー映画を観た。

2020-10-30 | 明日が見えるかな?

10月23日に公開された、ザ・バンド「once were brothers」を観てきた!
コロナ禍で上映館が少ないのか?現在は山手線内では、有楽町と澁谷の2館のみの上映となっている。
ということで、平日の昼間にもかかわらず、昭和40年代にザ・バンドやディランに憧れていただろうと
思える、おじ様達がメインで8割がた客席は埋まっていた。

僕もワクワクしながら、場内は暗くなった。
シンプルに感動した。
レコードと映画「ラストワルツ」でしか知らなかった、ザ・バンドメンバー?仲良し組のビッグピンクでの
風景が飛び込んできた。感性と気分とリズムがピッタリ合ったバンド演奏って何て素敵なんだ!
まさに、「かつて僕らは兄弟だった!」の風景だった。そしてディランとの友情、信頼関係。伝説のビッグアーティスト達
が語る、ザ・バンドへのリスペクト。クラプトンはバンドメンバーに入れて欲しいとウッドストックまで出かけて行った
とまで語っている。流れる大好きな曲の数々。確かに68年当時のサイケデリックサウンドとは真逆な、カントリーロックサウンド。いかにザ・バンドがユニークなバンドであったことか! 
しかしそんな時代は永遠には続かない。季節は風に吹かれて、流れてゆく・・・・。
この映画を観て、「ラスト・ワルツ」の映画の意味がはっきり解ったような気がする。
クライマックスでラストワルツの映像が流れた時に涙したのは、悲しいからではなかった・・・。

コメント

河は眠らない 開高健

2020-10-16 | 明日が見えるかな?

エディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなり、筒美京平さんが亡くなり、音楽に満ちた昭和がまた一つ遠くなったような気がしています。人生とか終焉とかに向き合える秋が深まりつつあります。
僕の人生に多くの深みを教えてくれた作家が居ました。開口健氏です。
大ファンでエッセーも小説も沢山読みました。そして、テレビ番組としてのドキュメント作品はほぼ全部拝見したと思います。その中でも、特に印象に残っているのが、「河は眠らない」という作品です。河の流れに人生、自然の節理などが淡々と語られています。もう一度みたいなぁと思っておりましたら、今の時代は凄いですね、なんとYouTubeにアップされていました!この語りの中で、「何かを得るには何かを失う。そのバランスシート(損得)は誰にも分からない。人生のバランスシートは死んでも神様は教えてくれない」というようなことが語られています。ところどころ、音声が飛んでいますが、何とも心静まる映像です。お時間宜しい時に一度ご覧になられては?


河は眠らない 開高健
コメント

ザ・バンドのドキュメンタリー映画 10月23日公開

2020-09-17 | 明日が見えるかな?

9月にディズニースタジオから公開予定だった、新編集のlet it beである『The Beatles: Get Back』はコロナ禍で来年に延期となってしまった。
がっかりしていたところに、朗報が入った。ザ・バンドのドキュメンタリー映画『Once Were Brothers : Robbie Robertson and The Band』が10月23日に日本公開されることになった!
この映画はロビー・ロバートソンの自叙伝『Testimony(ザ・バンドの青春)』を基に制作されており、ザ・バンドの軌跡があの伝説のビッグミュージシャンと共に蘇ることだろう思ってる!何て素敵なことなんでしょう!
トレーラーがYouTubeに上がっていたので、UPします。
僕は決してユニバーサルのプロモーターではありません~~


“Once Were Brothers” Celebrates Robbie Robertson & the Band (Trailer)


おまけに、大好きな「The Night They Drove Old Dixie Down」もUPしまっせ~

コメント

YouTubeでメルヘンになった「空飛ぶ鯨」を発見!

2020-08-31 | 明日が見えるかな?
YouTubeをチビッてたら?こんなの見つけました(笑)
コメント (1)

2019年京都DIMEコンサートちゃんちゃこ「空飛ぶ鯨」

2020-08-30 | 明日が見えるかな?

皆様 ご無沙汰しています。
コロナ禍でコンサートの予定が立てられず、じっとしています。
3月のさいたまライブも5月自由ヶ丘ライブも延期したままです。
実はゴールデンウイーク中に京都テルサでDIMEコンサートが予定されていたのですが、
もちろん延期になってしまって、9月になっていたのですが、これも最早延期で多分今年は開催されないとおもいます。

残念なので、昨年4月28日に出演したDIMEコンサートの「空飛ぶ鯨」の映像をUPさせてもらいます。
お客様が会場で撮影してくれたものですが、気分だけでもライブ感盛り上げて下さい。
サポートは羽衣ちゃん達風花の皆さんです!
またみんなとやりたいね!

ちゃんちゃこ/「空飛ぶ鯨」
コメント