HMRSのヘタレ趣味ブログ

鉄道模型など、へたれ趣味ブログ版です。

D51946(アダチ製)を作る。その4

2010年01月11日 20時12分51秒 | D51946
キャブがだいたい完成です。



あとは配管の穴あけをしてボイラーに取り付けるだけなのですが、確認を怠ったため少し歪んでいます。いつもの"売るわけではないので”ということで逃げを打って先に進んでしまいます。(めげそうなので)



バックプレートは写真のように収めました。自動焚口戸の炭道?部分に切り込みをいれて角度を少しきつくし、ボイラー接合部分の幅を調整して、はめ込み式としています。
ちなみにブレーキ弁のレバーはネジ止め式としています。気が向けばディティールアップも可能です。



キャブを載せてみるとこんな感じです。
自分のイメージどおりにはできたのではないかと思います。

仕事が忙しくなりそうなので作業が少し滞るかもしれませんが、次回の予定はキャブとボイラーの接合とランボードの取り付け・・まで行けるといいな。
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 運転会に参加しました。 | トップ | D51946(アダチ製)を作る。その5 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱりバックープレートが・・・ (Brass_solder)
2010-01-15 20:11:10
こんばんは。
やっぱりバックプレートの上が足りませんね。
私は取り付け足を切り取って別なのを付けてみたいと思います。

ところで946のキャブと床板は取り外し式になさるのでしょうか?
RE:やっぱりバックープレートが・・・ (kasa-hmrs)
2010-01-16 12:37:46
Brass_Solder様

アダチのD51のバックプレートはあればいいだろう! 見たいな感じですよね。おかげさまでWMの半田付けのコツをつかまさせて頂きました。これは応用が利きます。

キャブは既にがっちりと半田付けしてしまいました。取り外し式になさるんですか? どうりで仮付けのように見えるはず。手法楽しみにしております。

コメントを投稿

D51946」カテゴリの最新記事