★第7次 21世紀の朝鮮通信使 ソウルー東京 友情ウオーク      (2019・4・1~5・23)★

ソウルから東京まで(約2,000㌔)、毎日30㌔の道を日本人・韓国人・在日韓国人ウオーカーが共に歩き日韓交流を深めます

5月19日 三島ー箱根 28㌔

2019-05-26 08:04:27 | 朝鮮通信使ウオーク

 いよいよ日本コースの難所、「箱根越え」です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

5月18日 吉原ー三島 27㌔

2019-05-26 08:03:48 | 朝鮮通信使ウオーク

駿河湾を右に見ながら護岸堤防を進みます

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

5月17日 清水ー吉原 32㌔

2019-05-26 08:02:28 | 朝鮮通信使ウオーク

 早朝の清水駅からは富士山の姿が見えたのですが、、、???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

5月16日 静岡交流日

2019-05-22 04:47:13 | 朝鮮通信使ウオーク

 静岡での交流日はまず歴代の朝鮮通信使が必ず訪れた清見寺を見学しました

 

 

 

 ::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)

5月15日 藤枝ー清水 36㌔

2019-05-21 04:32:51 | 朝鮮通信使ウオーク

 


 

藤枝駅での出発式では、韓国隊のウオーカーが紹介された
 

栗田隆生副市長が「12年前の第1次では私が市の担当者でした」とあいさつした


 今日で離隊する白喜善さんが「エイエイオー!」と気勢を上げてスタート


 ハングル文字に見送られて

岡部宿の大旅籠・柏屋で歓迎された
 


 

宇津ノ谷峠に向けてゆるやかだが長い坂道を上る
 


 

宇津ノ谷峠の「明治のトンネル」を抜けて
 

峠を越えて記念写真
 

「弥次さん喜多さん」でも有名な、とろろ汁の名店を通り過ぎる
 


 

安部川の橋では、民団静岡県本部のにぎやかな音楽隊の出迎えを受けた
 

橋を渡った公園では民団の皆さんから親切な歓迎を受け、いただいた冷たいスイカが美味しかった
 

コメント (1)