日本カナダ文学会公式ブログ

日本カナダ文学会の活動と紹介

日本カナダ文学会第40回年次研究大会のご案内

2022-05-24 | 大会情報

2022 年05月14日

日本カナダ文学会会員の皆様

 青葉が美しい季節となりました。会員の皆様にはますますご活躍のこととお喜び申し上げます。

日本カナダ文学会第40回年次研究大会のご案内です。

今大会は、沢田知香子会員のお力添えをいただき、6月18日(土)学習院女子大学で開催されます。本年、日本カナダ文学会は創立40周年を迎えます。コロナ禍の見通しがたたない現在、カナダから作家を招聘することはできませんが、大会では、「日本カナダ文学会を語る―過去・現在・未来」をテーマに、座談を企画しています。40 年前の創立時を知る会員は、現在、堤 稔子名誉会長と竹中 豊元会員のお二人だけです。日本カナダ文学会の礎を築いてこられたお二人に、創立当時の様子をお話いただくとともに、日本カナダ文学会の未来を担う若い会員にも参加を願い、今後の抱負を自由に語っていただきます。

なお今大会は、対面とZoomのハイブリッド方式で開催しますが、学習院女子大学は感染症対策が大変行き届いています。皆様には安心してご来校いただけます。多くの会員の対面でのご参加をお待ちしています。

総会の成立、議案承認等のため、定足数の充足が必要です。ご欠席の会員は必ず委任をお願いします。出欠確認の葉書を同封しました。6月13日(月)必着でご返信ください。

大会当日は週末のため、学生食堂はお休みです。昼食はご持参が便利です。近隣にコンビニ等があります。また、感染症対策のため、今年度の懇親会は中止とさせていただきます。

日本カナダ文学会 会長 佐藤アヤ子

         

事務局:〒470-0197 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57

名古屋外国語大学 現代国際学部 室 淳子研究室

Email:muro@nufs.ac.jp

****************************************

対面参加者へ

学習院女子大学では来客リストを事前に提出する必要があります。対面参加の会員は出欠のハガキと合わせ、開催校責任者の沢田知香子会員の以下のアドレスに、所属とフルネームを記載し、6月12日までにメールでお知らせください。

 To:沢田知香子pdschika@hotmail.com

オンライン(Zoom)参加者へ

トピック: 第40回年次研究大会 時間: 2022年6月18日 09:30 AM~大阪、札幌、東京

https://zoom.us/j/95987773314?pwd=QmJiaWdQVk1GN21kWDlIak9UNzNOQT09

ミーティングID: 959 8777 3314

パスコード: 8id4Cn

 

日本カナダ文学会第40回年次研究大会プログラム

Programme of the 40th Conference of the Canadian Literary Society of Japan

 

日時:2022年6月18日(土)10:00-17:00(09:30受付開始)

Date and Time: 18 June 2022 (Sat) 10:00-17:00 (Registration opens at 09:30)

 

会場:学習院女子大学

〒162-8650東京都新宿区3-20-1  電話:03-3203-1906(代)

2号館3階235講義室(午前の部), 2号館3階237講義室 (午後の部)

Venue: Gakushuin Women’s College

3-20-1 Toyama, Shinjuku-ku, Tokyo 162-8650    Tel: 03-3203-1906

Morning Session: Building 2, Room 235, Afternoon Session: Building 2, Room 237

 

開催方式:ハイブリッド方式(face to face+Zoom)

対面とZoomのハイブリッド方式で開催

The conference will use a hybrid format, combining onsite face-to-face and remote presentations on Zoom.

 

オンライン(Zoom)参加の場合/ To participate online via Zoom, please use the link below:

トピック: 第40回年次研究大会

時間: 2022年6月18日 09:30 AM~大阪、札幌、東京

Zoomミーティングに参加する

https://zoom.us/j/95987773314?pwd=QmJiaWdQVk1GN21kWDlIak9UNzNOQT09

ミーティングID/Meeting ID: 959 8777 3314

パスコード/Meeting Passcode: 8id4Cn

 

注意:学習院女子大学では入構の届出が必要なため、外部からの来客リストを提出しなければなりません。対面参加の会員の皆さまは出欠のハガキと合わせ、以下のアドレスにご所属とフルネームを記載し、6月12日までに必ずメールでも開催校責任者の沢田知香子会員までお知らせください。 To:沢田知香子pdschika@hotmail.com

To participate face to face: Gakushuin Women's College requires a list of external visitors to be submitted. Members who intend to participate in person, please 1) return the postcard of attendance, and 2) send an email with your full name and affiliation to Member Chikako Sawada pdschika@hotmail.com by 12 June 2022.

 

**************************************

総合司会 副会長 室 淳子

Conference Chair: Junko Muro

Vice President, Canadian Literary Society of Japan

開会の辞 会長 佐藤 アヤ子                                           10:00-10:05

Opening Remarks  Ayako Sato, President, Canadian Literary Society of Japan

 

午前の部・Morning Session

研究発表・Research Presentations                                   

司会 大塚 由美子(北九州市立大学)/ Chair: Yumiko Otsuka (University of Kitakyushu)

安保 夏絵(中部大学)                            10:05-10:55

1.植民する女性たち―『洪水の年』における自然と女性の共生

Presenter: Natsue Ambo (Chubu University)

Symbiotic Relationships: Women, Nature, and “Plantation” in Margaret Atwood’s The Year of the Flood

 

司会 荒木 陽子(敬和学園大学)/ Chair: Yoko Araki (Keiwa College)

2.虎岩 朋加(愛知東邦大学)、池田 しのぶ(敬和学園大学)         11:00-11:50

メディアのLGBT主流化に見られる女性たちの位置付けードランの映画「わたしはロランス」を手がかりに

Presenter: Tomoka Toraiwa (Aichi Toho University)  Shinobu Ikeda (Keiwa College)

LGBT Mainstreaming in media and its relation to sexism: An Analysis of Xavier Dolan's Laurence Anyways

 

昼食休憩・Lunch Break                           11:50-13:00                     

 

午後の部・Afternoon Session

 

総会・ General Meeting  議長 佐藤 アヤ子/ Chair: Ayako Sato            13:00-13:20

 

日本カナダ文学会創立40周年記念座談                                   13:30-14:30

「日本カナダ文学会を語る―過去・現在・未来」

Conversations on the 40 Years Anniversary of the Canadian Literary Society: The Past, Present, and Future of the Canadian Literary Society of Japan

座談者:堤 稔子(Toshiko Tsutsumi) 竹中 豊(Yutaka Takenaka) 戸田 由紀子(Yukiko Toda) 佐々木菜緒(Nao Sasaki) 司会 佐藤アヤ子(Chair: Ayako Sato)

 

休憩・Break                                                           14:30-15:00

 

シンポジウム・Symposium                                              15:00-16:50                                                                                   

司会 佐藤アヤ子(明治学院大学)/ Chair: Ayako Sato (Meiji Gakuin University)

アントロポセン時代のカナダ文学を考える/ Canadian literature in the Anthropocene period

Presenters:                                                   

荒木 陽子(敬和学園大学)/ Yoko Araki (Keiwa College)

水の流れが人の流れをかえる: モリッシーのシルヴァナス・ナウ三部作をめぐって / Oil Rig Workers May Be Fishermen: An Ecocritical Reading of Donna Morrissey’s Silvanus Now Trilogy

 

岸野 英美(近畿大学)/ Hidemi Kishino(Kindai University)

Rita Wongが描く三峡ダム、長江―“lips shape yangtze, chang jiang, river longing”から“for bing ai”へ / The Three Gorges Dam and Yangtze River Depicted by Rita Wong: From “lips shape yangtze, chang jiang, river Longing” to “for bing ai”

 

佐藤 アヤ子(明治学院大学)/ Ayako Sato (Meiji Gakuin University)

希望はすでにあるのです!/ There is already Hope!

 

閉会の辞 副会長 松田 寿一                                 16:50-17:00

Closing Remarks  Juichi Matsuda, Vice President, Canadian Literary Society of Japan

 

 

****************************************

★後援 カナダ大使館・ケベック州政府在日事務所

Supported by the Embassy of Canada and the Délégation générale du Québec à Tokyo

★会員外で大会参加の場合は1,000円いただきます。

Please note: There is a participation fee of ¥1000 for non-members.

★学習院女子大学へのアクセス

アクセス(https://www.gwc.gakushuin.ac.jp/about/access.html)

東京メトロ丸ノ内線「東京」駅より「新宿三丁目」駅で乗り換え、東京メトロ副都心線「西早稲田」駅下車、徒歩1分。

(東京メトロ東西線「早稲田」駅下車、徒歩15分。J R山手線・西武新宿線「高田馬場」駅下車、徒歩20分。)

 

 

 

★宿泊情報

大学付近におすすめする宿泊施設はありません。新宿駅周辺がお勧めです。

(参考) 東急ステイ新宿(https://www.tokyustay.co.jp/hotel/SJ/) ポッドセレクトホテル新宿(https://www.podinns.co.jp) ホテルサンルートプラザ新宿(https://sotetsu-hotels.com/sunroute/plazash

★キャンパスマップ

https://www.gwc.gakushuin.ac.jp/about/campusmap.html

会場はキャンパスマップの④で提示。

大会当日は週末のため学食は休業です。昼食はご持参が便利です。近隣にコンビニ等はあります。

昼食場所にはキャンパスマップの⑤で提示の3号館(互敬会館)をご利用ください。感染症対策のため教場での飲食はご遠慮ください。

感染症対策のため、今年度の懇親会は中止とさせていただきます。

 

 

発表要旨・Presentation Abstracts

 

植民する女性たち―『洪水の年』における自然と女性の共生

 

安保 夏絵

マーガレット・アトウッドのマッドダム3部作(MaddAddam Trilogy)の1つである『洪水の年』(The Year of the Flood, 2009)は人類滅亡前後の環境破壊を取り扱った小説である。本発表では、女性登場人物たちが大惨事の前後の世界で自然とどのように共存しているかを分析し、背景にあるアトウッドの描いた新しい「環境」とダナ・ハラウェイ(Donna Haraway)が提唱する植民新世(Plantationocene)の比較分析を行う。

  マッドアダム3部作のなかでも特に『洪水の年』では大災害後の独特なプランテーションや庭が描かれている。そこでは、人間と自然、そして動物との共生関係を読み取ることができるため、ハラウェイのStaying With the Trouble: Making Kin in the Chthulucene (2016)を参照する。ハラウェイは人間にとって動物などのあらゆる種との共生や血縁関係(kinship)について議論する際に、ジェンダー、人種、社会階級、人間/非人間といったカテゴライズされた概念を避けるために堆肥体や土(compost)という言葉を選んで分析をしている。そこで、プランテーションが生みだすハイブリッドな文化についてのハラウェイによる議論をふまえつつ、本発表ではアトウッドによる新しいプランテーションに焦点をあてて、あらゆる生物、物質と親族関係を結び世界で共存していく女性たちにも着目し、最終的にはアトウッド特有の「再生産」の描写を分析する。

 

Women Colonizing in Plantations: Symbiosis between Nature and Women in Margaret Atwood’s The Year of the Flood

Natsue Ambo

The Year of the Flood (2009), part of Margaret Atwood’s MaddAddam Trilogy, is a novel centered on environmental destruction before and after the end of humanity. This presentation demonstrates the coexistence of female characters with technology in the new environment before and after the catastrophe, with an accompanying comparative analysis of the fictional environment depicted by Atwood and the Plantationocene as defined by Donna Haraway.

     In the MaddAddam Trilogy, The Year of the Flood in particular depicts a unique post-catastrophic plantation and garden. I will use Dana Haraway’s Staying with the Trouble: Making Kin in the Chthulucene (2016) to investigate the relationship among humans, nature, and technology expounded in both Staying with the Trouble and The Year of the Flood. Haraway chooses the terms ‘compost’ and ‘soil’ to avoid categorical concepts of gender, race, social class, and human or non-human when discussing the symbiosis or kinship shared by all species in the world. Furthermore, I will refer to the discussion about the hybrid culture described by Atwood and Haraway. The ultimate focus will be on reproduction within the new plantations and the female characters who could build a kinship with all living things and materials in order to analyze a new mode of reproduction expressed by Atwood.

 

******

 

メディアのLGBT主流化に見られる女性たちの位置付けードランの映画「わたしはロランス」を手がかりに

  虎岩朋加(愛知東邦大学)、池田しのぶ(敬和学園大学)

2010年代以降、メディアのなかでLGBT関連の報道が増え、また、性的マイノリティを主題として扱うドラマや映画の放映も頻繁になってきている。メディアでの性的マイノリティの可視化の進行は、多様性(ダイバーシティ)推進政策の進捗とも呼応している。多様性推進という名目で、社会生活における女性の活用と性的マイノリティの人権保障のための施策が同時進行している。だが、この二つは必ずしも収まりよく共存しているわけではない。

本発表では、2012年に製作されたグザヴィエ・ドラン監督作品『わたしはロランス』(Laurence Anyways)を取り上げ、男性から女性へのトランジションを経験する主人公ロランスと、ロランスと関わる様々な女たちが経験する葛藤や変化の複雑な描写を分析する。その主眼は、メディアのLGBT主流化が必ずしも性差別を生み出す既存の社会構造へは切り込んでいけないこと、時には、性差別構造を強化する言説を生み出していることを論じることである。

 

LGBT Mainstreaming in media and its relation to sexism: An Analysis of Xavier Dolan's Laurence Anyways

 Tomoka Toraiwa (Aichi Toho University), Shinobu Ikeda (Keiwa College)

 

Since the 2010s, LGBT-related coverage has increased in the media, as have dramas and movies dealing with sexual minorities. This progress in the visual representation of sexual minorities in various media is in line with the promotion of diversity policies. Under the name of promoting diversity, measures are underway to utilize women as a workforce while at the same time guaranteeing the human rights of sexual minorities. However, it is not always the case that the two fit well together.

In this presentation, we analyze how women involved or forced to be involved in the process of transitioning from male to female are represented in the director Xavier Dolan's 2012 film Laurence Anyways. Our aim is to argue that LGBT mainstreaming in the media does not necessarily change the existing social structure that creates sexism, but instead may produce a discourse that reinforces the sexist structure.

******

シンポジウム:アントロポセン時代のカナダ文学を考える/ Canadian literature in the Anthropocene period

 

水の流れが人の流れをかえる: モリッシーのシルヴァナス・ナウ三部作をめぐって

荒木 陽子

水は全ての生命の根源にある。それは、長い宇宙、そして地球の歴史において、ヒトがそれを取り巻く他の生物・無生物を含む「環境」をコントロールした、あるいはしようとした結果、その影響が地球上で表面化し、ヒトがもがくようになった人新世においても変わらない。本発表ではニューファンドランド出身の作家ドナ・モリッシー(Donna Morrissey, 1956-)が、20世半ばから世代をまたいでひとつの家族の在り方を描く、シルヴァナス・ナウ3部作(2009-2016)をとりあげる。そして20世紀半ばの大西洋の水産資源、特にタラ資源の激減が、ニューファンドランドの小さな漁港にすむヒトのコミュニティのありかたやヒトの流れを大きく変え、その影響が遠く離れたアルバータの産油地域に波及していく様を検証する。本シリーズが描く2つの地域における2世代おけるナウ一家の在り方は、科学技術の進展にもかかわらず、21世紀の現在でも生存するために天然資源とその採集に依存しなければならない人新世を生きるヒトの難しさを示す。

Oil Rig Workers May Be Fishermen:

An Ecocritical Reading of Donna Morrissey’s Silvanus Now Trilogy

 

This presentation attempts to explore how water, the source of life, still controls human beings in the Anthropocene Epoch when human beings significantly influence the ecosystem of the Earth through Donna Morrissey’s Silvanus Now Trilogy (2009-2016). Although the heroic Newfoundland’s outport fisherman Silvanus tries to survive by seeking the possibility of cohabitation with his codfish and the surrounding environment, changes in the water caused by overfishing drive his family out of the isolated community of Cooney Arm to a bigger community through a resettlement program, and eventually to the oil patches of Alberta. This narrative indicates that two distant locations seemingly contradictory in their nature, a primitive outport in Newfoundland and a highly artificial oilpatch in Alberta, are found within a single ecosystem. Furthermore, a careful examination of the geographical context will reveal the ironic fact that Chris, Silvanus’s son, who left the Atlantic to work on an oil rig in Alberta is still excavating the ocean resources in a different form as ancient dead marine life has now turned into oil. Although he has changed his geographical location, he is a fisherman of the ground, in a sense. The lives of two generations of the Now family show one of the difficulties that human beings face in the Anthropocene: Human beings, in spite of technological advances in various fields, still have to depend on natural resources to survive.

 

 

******

Rita Wongが描く三峡ダム、長江

“lips shape yangtze, chang jiang, river longing”から“for bing ai”へ

岸野 英美

 

人新世をめぐる議論が人文学領域でも盛んとなっているいま、中国系カナダ人Rita Wong(1968-)は作品執筆を通して、人間そのものの存在を問い直し、人間が環境との関わりをどのように思考するべきか貴重な示唆を与える。Wongの“lips shape yangtze, chang jiang, river longing”と“for bing ai”は、世界最大級の中国・三峡ダム建設(1992年着工、2009年完成)をめぐる作品である。Wongが中国滞在中、初めて三峡ダムを訪れた際に執筆した“lips shape yangtze, chang jiang, river longing”には、三峡ダム建設前期の長江の重苦しさと同時に、Wongのダム建設に対する怒りを読み取ることができる。一方で、“for bing ai”には、Wongの高まる中国政府への不信感に加え、住民と長江の関係性や長江に存在する生命への配慮も読み取ることができる。そこで本発表ではこのニつの作品において、いかにWongが三峡ダム建設の問題を語っているのかを考察しつつ、Wongの環境意識の変化を探っていく。

 

Three Gorges Dam and Yangtze River Depicted by Rita Wong]:

From “lips shape yangtze, chang jiang, river Longing” to “for bing ai”

 

Presently there is much discussion on the Anthropocene in the field of humanities. Chinese- Canadian poet Rita Wong (1968-) has consistently questioned human beings in her works and has provided us with valuable insights into how humans can reconsider their relationship with the environment Wong’s “lips shape yangtze, chang jiang, river longing” and “for bing ai” are poems about problems pertaining to the construction of Three Gorges Dam on the Yangtze River (the construction of the dam started in 1992 and was completed in 2009). In “lips shape yangtze, chang jiang, river longing” that Wong penned when she visited Three Gorges Dam for the first time during a stay in China, we not only can read the oppressive atmosphere of the Yangtze River in the first half of that construction but also sense Wong’s fury about the project. Alternatively, in “for bing ai” we can observe Wong’s strong distrust of the Chinese government; the relationship between the inhabitants and the Yangtze River; and concern for life inhabiting the river. In this presentation, I will talk how Wong describes problems behind the construction of Three Gorges Dam and also consider changes in Wong’s environmental awareness in the two poems.

 

******

希望はすでにあるのです!

佐藤 アヤ子

 

マーガレット・アトウッドは、こう語る。私は長年、たくさんの質問を読者から受けてきた。しかし昨今では、「希望はありますか」がトップだと。

この質問は様々な状況で訊ねられる。これから仕事につき、自分で生活をたてようとしてる若者たちに、あるいは愛に、戦争や内戦の渦中の民衆に、そして抑制できない病気が蔓延する地域の民衆に希望がありますか、と。

しかし、多くの場合、こういうことである。「私たちの地球に希望がありますか。人類の生命維持システム、つまり私たちが口にする食物や水、そして空気を提供する生物圏は大丈夫かということです。」

環境問題とアトウッド作品の関連性は、〈マッドアダムの3部作〉との関連で言及されることが多い。本発表では、第76回 国際ペン東京大会2010 「環境と文学 いま、何を書くか」でアトウッドが行った基調講演、および、2011年の東日本大震災後、日本の文芸誌から依頼された特別寄稿などを中心に、アントロポセン時代にアトウッドが警鐘を鳴らす環境問題と〈物語る〉との関連性考えてみたい。

 

There is already Hope!

Margaret Atwood says, “Readers have asked me many questions over the years. But right now, ‘Is there hope?’ tops the list.”

The question is asked in many contexts. “Is there hope for young people entering the job market and trying to make a life for themselves? Is there hope for love? Is there hope for people caught in wars and civil wars, and in areas where there are out-of-control diseases?”

But most often, the question means as follows: “Is there hope for our planet – our life-support system, the biosphere that provides the food we eat, the water we drink, and the air we breathe?”

The relevance of Atwood's works to environmental issues is often mentioned in connection with the MaddAddam Trilogy. In this presentation, I would like to consider the relevance of environmental issues and narratives which Atwood considers in the Anthropocene period focusing on “Environment and Literature ―What can words do," the writer’s keynote speech presented at 76th International PEN Congress Tokyo 2010 as well as her special essays for Japanese literary magazines regarding the 2011 Great East Japan Earthquake.

 


NEWSLETTER 77

2022-03-31 | Newsletter

NEWSLETTER 77

THE CANADIAN LITERARY SOCIETY OF JAPAN

L’association japonaise de la littérature canadienne

                                                                           Spring, 2022

 

 

 

会長挨拶

日本カナダ文学会会長 佐藤アヤ子

 

花の季節となりました。やわらかい春の光の中に咲く花々を見ていると、幸せになりますね。 NEWSLETTER 77 号をお届けします。

中国武漢で新型コロナウイルスの最初の感染者が出てから 2 年以上が経ちました。しかし、一 向に収束の兆しが見えません。パンデミックに加え、第 3 次世界大戦にもなりかねないようなロ シア軍によるウクライナ侵攻。民家、産科・小児病院への空爆等「国際法違反」行為が相次いで 報告されています。心が痛む毎日です。ロンドンに本部がある国際ペンは、1000 名以上の作家等 が署名した前例のない声明文でロシアのウクライナ侵攻を非難しています。マーガレット・アト ウッドさんも名を連ねています。

日本カナダ文学会は本年創立 40 周年を迎えます。記念大会は沢田知香子会員のお力添えをいた だき、6 月 18 日(土)に学習院女子大学で開催されます。コロナ禍の見通しがたたないため、 ハイブリッド形式(リアル+Zoom)で行う予定です。

本大会では、「日本カナダ文学会を語る―過去・現在・未来」をテーマに、座談を企画していま す。40 年前の創立時を知る会員は、現在、堤 稔子名誉会長と竹中 豊元会員のお二人だけになっ てしまいました。日本カナダ文学会の礎を築いてこられたお二人に、創立当時の様子をお話いた だくとともに、日本カナダ文学会の未来を担う若い会員にも参加を願い、今後の抱負を自由にお 話いただくことを企画しています。

コロナ禍のため、カナダからの基調講演者の招聘はできませんが、会員の皆様は奮ってご参加
ください。大会日近くになりましたら、また皆様にご案内いたします。

2022 年度年次研究大会の日程と会場のご案内

2022 年度日本カナダ文学会創立 40 周年記念年次研究大会は、以下の日程で開催されます。奮って ご参加ください。なお、今後のコロナ禍の状況が見通せないために、ハイブリッド形式(リアル+Zoom) での開催となります。ご不便をおかけしますが、ご理解ください。

開催日時:2020 年 6 月 18 日(土)10:00-17:00 会 場:学習院女子大学(東京都新宿区戸山)

開催方式:ハイブリッド方式(リアル+Zoom)

<午前の部> ○研究発表1 安保夏絵

 「植民する女性たち―『洪水の年』における自然と女性の共生」

≪Symbiotic Relationships: Women, Nature, and “Plantation” in Margaret Atwood’s The Year of the Flood≫ 〇 研究発表2 虎岩朋加・池田しのぶ

「メディアの LGBT 主流化に見られる女性たちの位置付け―グザビエ・ドランの 映画『わたしはロランス』を手がかりに」
≪LGBT Mainstreaming in Media and its Relation to Sexism: An Analysis of Xavier Dolan's Laurence Anyways

<午後の部> *総会後
〇 日本カナダ文学会創立40周年記念座談

「日本カナダ文学会を語る―過去・現在・未来」
≪Conversations on the 40th Anniversary of the Canadian Literary Society of Japan: The Past, Present, and Future≫
参加者:堤稔子 竹中豊他

〇 シンポジウム
  「アントロポセン時代のカナダ文学を考える」

≪Canadian Literature in the Anthropocene Period≫ 発表者:佐藤アヤ子・岸野英美・荒木陽子

**********************
Zoom の設定は沢田会員にお願いしています。学会日近くになりましたら、皆様にご案内 いたします。

 

 

開催校より

第 40 回日本カナダ文学会年次研究大会は、2022 年 6 月 18 日(土)に学習院女子大学(東京都新宿区)で 開催されます。新型コロナウイルス対策が必要な状況が続く中、対面での開催に向けて準備を進めております。 ソーシャルディスタンスの確保など感染防止に万全を期すため、会場の詳細等につきましては新学期開始後 に改めましてメール配信および H P でお知らせさせていただきます。会員の皆さまにはご不便をおかけいたし ますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。世の中が少し落ち着き、久しぶりに多くの皆さまと対面で 語らうことができるよう心より願っております。

学習院女子大学へのアクセスおよび宿泊情報:
★ アクセス(https://www.gwc.gakushuin.ac.jp/about/access.html)

東京メトロ丸ノ内線「東京」駅より「新宿三丁目」駅で乗り換え、東京メトロ副都心線「西早稲田」駅下車、
徒歩 1 分。
(東京メトロ東西線「早稲田」駅下車、徒歩 15 分。J R 山手線・西武新宿線「高田馬場」駅下車、徒歩 20 分。)

★ 宿泊 大学付近におすすめする宿泊施設はありません。新宿区ですので宿泊施設は多くあり、交通アクセスも スムーズです。

(参考)

東急ステイ新宿(https://www.tokyustay.co.jp/hotel/SJ/) ポッドセレクトホテル新宿(https://www.podinns.co.jp) ホテルサンルートプラザ新宿(https://sotetsu-hotels.com/sunroute/plazashinjuku/)

 

 

<連載:カナダ文学との出会い 第16回>

 

小倉 和子会員

もう 40 年以上前、大学の仏文科に入学してフランス語を習い始め、3 年生でようやく文学作品を読 む授業を取れるようになった。とはいえ、単語は代名詞以外ほぼすべて辞書で引かねばならず、おか げでプリントの余白は訳語の書き込みでぎっしりだった。それでも、原文に触れられるのは、翻訳で 読んでいるときとはまったく違う感触だ。翻訳なら数秒で通り過ぎてしまうところを、辞書を引きつ つ想像力をふくらませて読めることに、ある種の満足感を味わっていた。

フランス系カナダ文学と出会ったのもその頃だった。特殊講義で、『マリア・シャプドレーヌ(白き 処女地)』に始まり、エミール・ネリガン、アンヌ・エベール、サン=ドニ・ガルノーなどの詩、ガブリエル・ロワの『束の間の幸福』、イヴ・テリオーの『アガグック』、さらにはジル・ヴィニョーやフ ェリックス・ルクレールの歌詞まで、1 年かけて原典の抜粋を読んだ。作家の名前も作品も初めて知る ものばかりで、とても新鮮だった。中でも印象に残っているのは『束の間の幸福』のヒロイン、フロ ランティーヌの運命である。モンレアルの労働者街で生まれた若い娘に次々と降りかかる困難にいた たまれぬ思いがしたのを覚えている。この小説が暗いだけでないことに気づいたのは、それからずっ と後になってからだった。

翌年の秋から北オンタリオ地方にある大学のフランス科に派遣留学することになった。授業は少人 数の演習形式が多く、学生寮の自室からは湖が望め、フロアの「ドン」も、寮生たち(圧倒的にフラ ンコフォンが多かった)も、アドヴァイザーの先生もみな親切で(よほど日本人が珍しかったのだろ う)、恵まれた留学生活だった。当時の日本はまだまだ窮屈なところも多かったので、北米の開放的な 雰囲気がなんともいえず快かった。

フランコ=オンタリアンを代表する詩人ロベール・ディクソン先生の授業にはとくに熱心に参加し た。北米大陸でフランス系住民が置かれている困難な状況、言葉にたいする喪失感や彼らの郷土愛な どを主題にした詩を読みながら、内容と形式の関連性を探し当てることに熱中した。とはいえ、一歩 教室の外に出ると、学生どうしの早口のフランス語についていくのは至難の業。カナダフランス語の アクセントに慣れようと、2 学期目には演劇のシナリオを読む授業を選択した。そこでミシェル・トラ ンブレの『君のマリールーを永遠に』や『義姉妹』を読んで、ようやく巷のフランス語が少し聞き取 れるようになった。

10 カ月後に日本に戻り、そのまま仏文の大学院に進学したが、就職後、国際センターの仕事で 6 大 学の教職員が集まった際に初めて小畑精和氏にお会いした。それからしばらくして日本ケベック学会 を設立することになり、誘われるままに参加して今に至っている。カナダもケベックも、その他のフ ランス語圏も、80 年代以降急速に変化し、ますます興味深くなっている。出会いの不思議さをかみし める今日この頃である。

(おぐら かずこ)

 

会員による新刊書紹介

〇 小倉和子著『記憶と風景―間文化社会ケベックのエクリチュール』(彩流社 2021 年 12 月 30 日) 3000 円+税

ISBN978-4-7791-2796-0
*リンクから詳細をご覧いただけます:記憶と風景 - 株式会社彩流社 (sairyusha.co.jp)

 
事務局からのお知らせ

<学会費のご案内>

『カナダ文学研究』第 29 号をお送りする際に、学会費納入状況のお知らせと郵便振込用紙 を同封いたしました。ご確認の上、お振込み頂けますようお願いいたします。恐れ入ります が、振込手数料につきましてはご負担ください。

学会費:
(該当年度の 4 月 1 日より 3 月 31 日まで)正会員 7,000 円、学生会員 3,000 円

振込先:
郵便振替口座: 00990-9-183161 日本カナダ文学会

銀行口座: 三菱 UFJ 銀行 茨木西支店(087) 普通 4517257
                日本カナダ文学会代表 室 淳子

 

 
編集後記 

○ コロナ禍でなるべく街中に出るのを控えていましたが、春の到来とともに我慢しきれず映画館に足 を運んだり、食事をしたりしはじめました。いつもの店が変わっていたり閉店していたりと長きにわた るこのウイルスの影響を感じます。それでも人を楽しませようと作品を生み出し工夫を重ねる人々がい ることを本当にありがたく感じます。(Y)

○ 気がつけばコロナ禍での生活が二年。コロナ前より行動範囲がかなり限られ、新たな刺激が少なく なり、時間が飛ぶように過ぎていくように感じる二年でした。時間の感覚は一定ではなく、脳が情報を 処理する時間に応じて、速く感じたり、遅く感じたり、変動するそうです。今年度はなるべく脳に新た な情報を与え続けることで、「一日をより長く感じられる」ように努めたいと考えています。海外の研究 者仲間たちは、国際学会参加のため海外移動を再開しているようです。今年度のカナダ文学会の研究大 会もハイブリッド形式で開催されることになりました。久々にみなさまと会場でお目にかかれますこと を楽しみにしております。(T)

○ 東京で暮らすようになって二年、勤務校では工夫を凝らして対面授業を実施してきたこともあり、 電車での移動を伴う外出が増えました。移動時は読みそびれていた小説や懐かしい小説を読みます。 短時間の移動なので毎回10ページ余しか進みません。それでもいつの間にか分厚いペーパーバックも 最後のページに至り、時の過ぎる速さに驚きます。この一年もレッシングやアトウッド、書評で見かけた Where the Crawdads Sing など、国は問わず、女性作家をよく読みました。最近読んだ唯一の 男性作家はマイケル・オンダーチェ。なんとなく手に取った In the Skin of a Lion ですが、とても心 に残りました。(S)

 

NEWSLETTER THE CANADIAN LITERARY SOCIETY OF JAPAN 第77号

発行者 日本カナダ文学会
会 長 佐藤アヤ子
編 集 沢田知香子 & 戸田由紀子 & 山本かおり 事務局 名古屋外国語大学 現代国際学部

室 淳子(副会長)研究室
〒470-0197 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57 TEL: 0561(75)2671
EMAIL: muro@nufs.ac.jp
HP: https://blog.goo.ne.jp/kanadabungaku kai84burogudayo
会長連絡先
EMAIL: ayasato@eco.meijigakuin.ac.jp


NEWSLETTER 76

2021-09-30 | Newsletter

 

NEWSLETTER 76

THE CANADIAN LITERARY SOCIETY OF JAPAN

L'association japonaise de la literature canadienne

Fall, 2021

 

 

 

会長挨拶

 

日本カナダ文学会会長 佐藤 アヤ子

 

収束が見えないコロナ禍のなか、会員の皆様にはお元気にご活躍のことと存じます。NEWSLETTER 76をお届けします。

 

昨年来延期になっていた研究大会をお蔭様で無事終了し安堵しています。コロナ禍のためにリアルでの開催はできませんでしたが、室会員にご協力いただいたZOOM開催は思ったより盛況でした。コロナ禍以来、オンラインによる授業、会議が広がったせいかもしれないですね。なお、2021年度の日本カナダ文学会年次研究大会は、延期になった2020年度の第38回年次大会と本年2021年度の39回の年次大会を合わせた大会となりました(総会にて承認)。また、役員改選の年でもありました。新役員一同、日本カナダ文学会の一層の発展のために頑張ってまいります。

 

来年2022年、日本カナダ文学会は設立40周年を迎えます。設立当時のことを知る会員は、堤 稔子名誉会長お一人ですが、長い歴史を感じると同時に、日本カナダ文学会は、日本におけるカナダ文学研究の一層の発展に貢献したいと思います。40周年記念では、カナダ大使館にご協力をいただき、共同で記念イベントが開催できることを願っています。会員の皆様からも記念企画をご提案いただきたいと思います。なお、2022年の大会は、沢田 知香子会員のご協力で、学習院女子大学で開催予定です。

 

14世紀に大流行した極めて致死率の高いペストをはじめ、人類の歴史は感染症との闘いともいわれています。マーガレット・アトウッドさんはこう警鐘を鳴らします。「感染症は起こるとわかっているのに、私たちは過去から学ぶことをしていません。私たちは、このパンデミックはこれが最後であって二度と起こらないと思ってしまうのでしょう。しかし、同じことが繰り返されています。私たちは、今こそ学ぶ時ではないでしょうか」と。しかし、「ワクチンが開発されたこともあり、希望の光がみえている」とも。

 

会員の皆様の一層のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

日本カナダ文学会 第3839回年次研究大会を振り返って

 

副会長 室 淳子               

 

  本来であれば、勤務校での大会開催を行うことができればと願っていたのですが、昨年度に続き今年度も一堂に会する形での大会開催は見送られることになりました。必要に迫られたオンライン授業の成果といえるのかもしれませんが、ローテクの私もZOOMでの大会開催を何とか行うことができ、ひと安心いたしました。オンラインのメリットでもあるかと思いますが、遠方の会員の中には、お忙しい中でもご参加頂きやすかったかもしれませんし、ほんの少し前には難しいだろうと考えていたカナダからのオンラインのご参加もごく当たり前のように時差を乗り超えて実現することができ、何よりに思いました。終了後にプツンと切ってひとりの空間に戻る一抹の寂しさはどうしても残りましたが、画面上ではあっても、会員の皆様にお目にかかり、ご発表やご発言をお聞きすることができたのは、とても嬉しく貴重なひと時でした。

 午後からの大会のため、例年よりは数を減らしたプログラムではありましたが、ご研究発表もグラフィックノベルズをテーマとするシンポジウムも学ぶところが多く、ご発表者、ご発言者双方の詳細部分の確かな議論に感じ入りました。面白そうに思いながらも日本のマンガのように入り込むことのなかなかできなかったグラフィックノベルズでしたが、その読みにくさに共感もしながら、その背景や面白さも知ることもでき、あれこれと考えを巡らせてみる良いきっかけにさせて頂きました。改めてご論文を読ませて頂くのも楽しみにしております。

皆様、どうもありがとうございました。

 

第40回日本カナダ文学会年次研究大会のお知らせ

 

「第40回日本カナダ文学会年次研究大会」は、沢田 知香子会員のご協力で2022年6月18日(土)に学習院女子大学(東京)で開催されます。

日本カナダ文学会は2022年に創立40周年を迎えます。そこで、40周年を祝い、シンポジウムは座談会形式で〈カナダ文学の魅力を語る〉を計画しています。多くのパネリストの参加を希望します。

午前の部の研究発表者を募ります。希望者は会長まで連絡ください。(ayasato@eco.meijigakuin.ac.jp

40周年記念の出版『カナダ文学を旅する』も計画しています。

 

 

3839回研究大会概要

  

<研究発表>Research Presentations

 

1> 「円熟の小説」を超えて:マーガレット・ローレンスの『石の天使』における老い

Challenging the “Fiction of Ripening”: Ageing in Margaret Laurence’s The Stone Angel

                                                      (原田 寛子会員) 

 

 若者の成長小説であるビルドゥングスロマンに対し、中年や老年世代の主人公を前向きに捉える小説ジャンル、ライフングスロマンのひとつとして、『石の天使』における「老い」を考察した。現在の物語と過去の記憶が交互に語られる物語の構造には、若さと老いの境界線を曖昧にさせる効果があること、主人公ヘイガーのライフングスロマンには伝統的な女性の役割へのアンチテーゼが読み取れることを論じ、ヘイガーの長い人生が示す老いには、座りのよい結末や成熟につながる老いの概念を超える要素があると結論付けた。

質疑応答では、母親の存在、老いの描写のリアリティ、ヘイガーとブラムの関係など様々な質問や意見をいただき多くの気づきにつながった。とりわけ、母親の不在は、ヘイガーの人生において大きな影響があったと思われる。小説の冒頭で語られる石の天使像はヘイガーの命と引き換えに亡くなった母親の思い出として建てられた像であり、石造りということと目の部分が彫られていないという理由で二重に盲目だと語られる。これは人との関わりにおいて真実が見えないヘイガー自身の盲目性を示し、それを生じさせたひとつとして母親の不在があると言えるだろう。小説の終わりで、女性同士のつながりを回復し、母親らしさも表現することになるヘイガーの変化は、老いの成長を示すひとつの要素である。

今回は、個人的には初めてのオンライン学会での発表であった。質疑応答では皆さんの表情が画面越しにはっきりと見えるものの、部屋ではひとりで話していたため、参加者との距離が近いような遠いような不思議な感じがした。オンライン学会は物理的な条件に捉われず開催できる利点もあるが、実際に会って伝え合うことで得られる充実感にはかなわないと実感した。来年は実際に同じ空間を共有して、より充実した時間を過ごせることを願っている。

 

 

 

 

 シンポジウム Symposium

 

カナダのグラフィックノベル《Canadian Graphic Novels

司会 松田 寿一副会長

 

<発表1> 

クロックワーク・エンジェルズ・シリーズにみるメディア・ミックス:音楽ノベル+グラフィック

Transmedia Franchising: Clockwork Angels Series   

 

 (荒木 陽子会員)

  

 日本カナダ文学会では、以前白井 澄子会員がマルチーヌ・リーヴィットの『カルヴィン』を取り扱われた際、その下敷きにあるビル・ワッターソンのかわいらしいカートゥーンを取り扱っていたことが思い出される。しかし、それ以後、映画以外の表象方法で「視覚に訴える」発表はあまりなかったように思われる。本報告はそのような状況で執り行われた「グラフィック・ノベル」に関する実験的シンポジウムの1件目として執り行われた。学会は感染症対策のためZOOM開催を余儀なくされたが、図像をシェアするにあたり、奇しくもそれはグラフィック・ノベル・フレンドリーな発表方法であることがわかった。

 筆者は主としてラッシュのドラマー、ニール・パートがSF作家ケビン・アンダーソンと共同執筆した小説『クロックワーク・エンジェルズ』(2012)と、そこから派生し、アーティストのニック・ロブルズを加えて出版された同名のグラフィック・ノベル(2014-15)を取り上げた。そして小説に先駆けて発表された同名のラッシュの音楽アルバムの歌詞やCDブックレットにあらわれた断片的なコンセプトが、小説版ではより明確なナラティブを、そしてグラフィック・ノベル版では視覚的実態を得ていく過程を確認した。グラフィック・ノベル版は、小説化の段階で加えられた恋愛物語、ヒューマンドラマとしての側面は単純化し、音楽アルバムに登場した歌詞やイメージをビジュアルに組みながら物語を「少年向け冒険漫画」として再構成している。ただ、発表を終えた今となっては、このグラフィック・ノベルは、中高年の中産階級白人男性が多いラッシュ・ファンのコレクター精神に訴えた商品のように思われる。

 本報告はカナダからマイナス12時間の時差を越えてお伝えした。真夜中にはじまった学会だったが終わるころにはすっかり夜が明けていた。

 

 

<発表2> 

Kris Bertin and Alexander ForbesThe Case of the Missing Menにおけるジャンルとスタイル

Genre and Style in Kris Bertin and Alexander Forbes’ The Case of the Missing Men

 

                    (クリストファー・J. アームストロング会員)

 

     Like many North American teens, I was an avid comic book reader and a fan of the Hardy Boys books published by the Stratemeyer Syndicate. My Saturday morning TV viewing included re-runs of the teen detective animated series Scooby-Doo. In the 1980s and 90s, I was aware of something new happening in graphic narrative: Friends were recommending Batman: The Dark Knight, Maus, and Cerberus(by Canadian Dave Sim). Despite the prodding, I took little interest in reading these new “graphic novels.” So I was grateful for the chance to look at graphic narrative and present on Bertin and Forbes’ teen detective novel The Case of the Missing Men for the symposium on Canadian Graphic Novels. Although the presentation made a very humble beginning in terms of theory and research, it has given me some tools to teach comics and graphic narrative in my classes.

     There was a special mixture of nostalgia and fascination in doing the research for The Case of the Missing Men because of my childhood interest in comics and teen detective stories in print and on TV. That background pre-disposed me to accept the basic premise of The Graphic Novel: An Introduction (2015) by Baetens and Frey. Baetens and Frey adopt an open definition of the graphic novel, emphasizing its status not only as a genre but also as a medium. In their reading, the graphic novel is a flexible story-telling form that “is part of other, more-encompassing cultural fields and practices.” Looking at The Case of the Missing Men alongside its reception makes it clear to me how the graphic novel provides an incredibly broad canvas of reference for creators and readers. My presentation focused on questions of definition alongside the generic, historical background, pointing out that Bertin and Forbes adopt a very specific parodic target—the Stratemeyer Syndicate’s revised editions of the 1960s and 70s Nancy Drew books—to examine small town life in 1990s Nova Scotia. As for content, I addressed realism and fantasy in the story, but I could not deal with theme in detail. I am grateful for references to other Atlantic Canadian works in the teen detective genre as well as comments on the elements of horror in the novel.

 

 

<発表3 

アトウッドのグラフィックノベル—― The Handmaid’s Tale  Angel Catbird

Atwood’s Graphic Novels: The Handmaid’s Tale and Angel Catbird

 

                                          (伊藤 節会員)

 

 アトウッドが初のグラフィックノベルAngel Catbirdを出した時は76歳。大作家がこの年でなぜ漫画なのだろうか?本発表ではアトウッドとマンガとの関係、およびAngel Catbird という作品解釈の考察を試みた。作家としての彼女の原点は漫画であり、漫画を読みふけった多感な少女時代である1940~50年代はスーパーヒーローが活躍するアメリカンコミックス全盛期だった。現実世界と空想世界がつながる漫画はまさに2つの世界のインターフェイス(接点)だとアトウッドは述べている。『侍女の物語』のようなSF的想像力にこだわり続けるアトウッドにとって、それは非常に重要な表現媒体なのだ。加えて、イメージと言葉を組み合わせて物語を伝える「絵画的物語形式」(pictorial fiction)は、話の内容や意味を直接読者の心に浸透させる力がある。カナダの女性アーティスト、ルネー・ノールトを選んで制作を任せたグラフィック版『侍女の物語』も、その視覚化によって子供から大人まで幅広い読者への浸透力の強度を増した。

 遺伝子結合でハイブリッドになった男と動物たちが全体主義国家樹立を目論むネズミと戦うAngel Catbirdという物語も、人間の未来への多様で複雑なヒントを含んでおり、空想漫画でしか表現できないものとなっている。アメリカンヒーローへのオマージュとされる漫画であるが、内実はそれに批判的眼差しを向けるメタフィクション性(メタコミックス性)を豊かに備えていることを分析。さらにここに埋め込まれている2つのサブプロットを読み解きながら、悪者ネズミ(ミュロイド博士)とスーパーヒーローであるAngel Catbirdとは驚くべきことに鏡像関係にあるという問題を提示した。松田先生の配慮の行き届いた司会で展開されたこのシンポジウムにおいて、グラフィックノヴェルとはまだまだ掘り下げなければない期待の分野であることを他の先生方の興味深い発表を伺いながら痛感したことであった。

 

<秋号に寄せて>Special Article

 

                                          (山本 かおり会員)

 

モントリオールカナダ日本

 

 2010年8月、趣味のフランス語研修に、フランス本国以外でといえばカナダ、フランス語圏のモントリオールだろうと滞在してみた。街中で練習を試みるも、親切なカナダ人はこちらの拙いフランス語を聞くと即座に英語に切り替えてしまうので研修の場としてはあまりお勧めはできない。サイクリングで街を巡った際に、街はずれから振り返ると石造りの古風な建物の奥に未来的なビルという不可思議な風景が広がっていた。

 その際の写真を見ていると、カナダってこんな映画を撮るんだ―意外に前衛的―と思った『Cube』(1997年、ヴィンチェンゾ・ナタリ監督)を思い出した。

 職業年齢もバラバラな6人の男女が、ある日目覚めたら立方体に閉じ込められていて、何とかして脱出しようとするが、実は残酷な罠が仕掛けられていて次々に命を落としていくというスリラー。リーダーシップを発揮していた警官が生き残るために牙をむき、足手まといでしかないと思われた障害者の青年が難解な因数分解を解いて全員の窮地を救ったりするのだが、今のコロナ禍の世界からすると予言的な作品だった。

 ウイルスの蔓延した世界にはまさにcubeのごとく出口がない。強者弱者の基準は実にあいまいだ。

 老人は確かに肉体的には弱いけれど、日本において社会的に「弱者」だろうか。

 生まれた時から借金を背負わされ人生で一番エネルギーに満ちて貴重なこの二年近く「弱い人の命を守るために我慢しなさい」と言われ大学にも通えず、友達もできない若者たちは「強い」のか。自粛しようにも「うち」に居場所のない人たちは。出ていかねば仕事にならない人たちは。

 弱者保護と言いつつ、本当に弱いものは叫ぶ声を持たない。そもそもワクチンを打てる国にいる我々は「弱い」のか。

 映画では罠をクリアしてcubeから光の中に出ていけたのは何があったか理解しているのか定かでない「弱者」の青年だけという結末が用意されていた。コロナ禍の世界の出口には何が待っているのか。このタイミングで今秋日本版『Cube』が公開されるらしい。 

 

会員による新刊書紹介

〇マーシャル・マクルーハン 著 『マクルーハン発言集―メディア論の想像力』 ステファニー・マクルーハン / デイヴィッド・ステインズ 編、宮澤 淳一 訳

 

3839 日本カナダ文学会 2021年度総会議事録

 

日時: 2021年6月19日(土)14:00-14:30

場所: ZOOMにて開催

会員総数59名中 19名出席 委任18名 合計37名(総会成立)

 

 

報告事項

1.選挙結果

              2021年6月10日(木) 開票

選挙管理委員:沢田 知香子(委員長)、笹岡 修、佐藤 アヤ子

2021年6月12日(土)の役員会にて新役員を相談

新役員については、以下、審議事項1に掲載

2.紀要報告

              『カナダ文学研究』第28号の刊行

4.会計報告(2019年度・2020年度)

以下の別表の通り

5.入会・退会者

              <新入会員>

風早 悟史(山陽小野田市立山口東京理科大学)

風早 由佳(岡山県立大学)
林 千恵子(京都工芸繊維大学)

<退会>

伊藤 美智子      貝山 武久          久野 幸子

加藤 大貴          福間 恵             吉原 豊司

岡裏 浩美           

 

 

審議事項

  • 役員選挙結果

以下の会員が選出されました。

佐藤 アヤ子、室 淳子、松田 寿一、荒木 陽子、大塚 由美子、アームストロング, クリストファー J.、赤松 佳子、沢田 知香子、戸田 由紀子

「日本カナダ文学会役員選出規定」第2条により、理事会が必要とし、増員する役員

カレン, ビバリー

  

  次期役職、及び各種委員

  顧問:堤 稔子(名誉会長)

              会長:佐藤 アヤ子

              副会長:松田 寿一、室 淳子

              会計監査:赤松 佳子

              会計:室 淳子

              紀要編集:

委員長:荒木 陽子、副委員長:大塚 由美子

委員:原田 寛子、佐々木 菜緒、カレン, ビバリー

              ニューズレター編集:

委員長:沢田 知香子

委員:戸田 由紀子、山本 かおり

              ホームページ担当:

                委員長:戸田 由紀子

                委員:岸野 英美

              渉外担当:

佐藤 アヤ子、アームストロング, クリストファー・J

 

2.カナダ文学会創立40周年(2022年)記念行事について

              カナダ作家招聘・対談(大使館)、出版等計画中

 

3.来年度の開催校候補

              学習院女子大学

 

4.来年度大会シンポジウムテーマ

              「カナダ文学の魅力を語る」(座談会形式で多くのパネリストが語ります。)

  (午前の研究発表を含み発表者を募ります。希望者は佐藤 アヤ子会長までお知らせください。)

   ayasato@eco.meijigakuin.ac.jp

 

5.紀要募集

              『カナダ文学研究』第29号の投稿募集

              申し込み:7月末  原稿〆切:10月15日(金)

 

6.Newsletter

              秋号(9月末)、春号(3月末)を予定

 

7.新会員のリクルート

          新会員を積極的に呼びかけていきたい。

 

事務局からのお知らせ

 

<学会費のご案内>

2021年度の学会費のお済みでない方は、下記の口座までお納めください。なお、2020年度以前の学会費がお済みでない方は合わせてお振込み頂けましたら幸いです。振込手数料につきましては、恐れ入りますがご負担ください。

 

振込先:

郵便振替口座: 00990-9-183161 日本カナダ文学会

銀行口座: 三菱UFJ銀行 茨木西支店(087) 普通4517257

          日本カナダ文学会代表 室 淳子

正会員    7,000円         

学生会員  3,000円

 

編集後記

 

ニューズレター委員に加わりました山本 かおりです。6月には皆さまに画面越しではありますがお目にかかって興味深いご発表を拝聴でき、カナダ文学会っていいなあと再認識しました。微力ながらニューズレター編集作業の一助になるよう努めます。(Y)   

今年度から正式にニューズレター委員となりました戸田 由紀子です。どうぞよろしくお願いいたします。今回のニューズレターに掲載された素敵なモントリオールの写真を拝見し、また自由に世界中を行き来できるようになった際はぜひ再びモントリオールを訪れてみたいと思いました。それまでは読書を通して旅をしようと思います。(T)

 6月の大会はZOOM開催となりましたが、興味深いご発表に質疑応答が盛り上がり、日本カナダ文学会のいつも和気あいあいとした空気を感じられる貴重な時間となりました。今回、ニューズレター委員メンバーが新しくなり、フレッシュなスタートの景気づけ(?)に、ご一緒させていただくことになった山本 かおり委員に秋号への寄稿をお願いしました。ステキなカナダの風景写真が添えられた、話題の映画についての記事を皆さまにも楽しんで読んでいただけると思います。(S)

 

NEWSLETTER THE CANADIAN

LITERARY SOCIETY OF JAPAN 76

発行者   日本カナダ文学会

代 表   佐藤 アヤ子

編 集   沢田 知香子 戸田 由紀子 山本 かおり

事務局   名古屋外国語大学 現代国際学部 

室 淳子(副会長)研究室

〒470-0197 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57

TEL: 0561(75)2671

EMAIL: muro@nufs.ac.jp

http://www.canadianlit.jp/

会長連絡先

EMAIL: ayasato@eco.meijigakuin.ac.jp

学会ホームページ: https://blog.goo.ne.jp/

kanadabungakukai84burogudayo


『カナダ文学研究』投稿規定・執筆要項

2021-07-23 | 紀要情報

『カナダ文学研究』投稿規定・執筆要項

 

 

『カナダ文学研究』投稿規定

 

1. 応募資格

原則として学会員に限る。(*依頼原稿はその限りではない。)

2. 使用言語

日本語、英語、フランス語

3. 原稿

カナダ文学・文化に関する未発表の完成稿に限る。

4. 原稿書式

(1) 邦文の場合:A4 版横書き、1 枚横 40 字× 30 行(400 字詰め原稿用紙 3 枚相当)
(2) 欧文の場合:A4 ダブルスペース 1 枚 400 語程度 5. 原稿の枚数制限(図表、注、文献リストを含む)

5〈原稿の種類〉     〈邦文〉        〈欧文〉
(1) 研究論文             15 枚以内        20 枚以内
(2) 研究ノート         10 枚以内        15 枚以内
(3) 書評                    2 枚以内
                                (英仏語の書籍も対象とするが、原稿は日本語に限る。)

6. 付記事項

(1) 日本語の論文・研究ノートには、英語またはフランス語のシノプシス(500 語程度)をつけること。投稿時は氏名不記載。
(2) 欧文の論文・研究ノートには、日本語のシノプシス(800 字程度)をつけること。投稿時は氏名不記載。
(3) 英語またはフランス語を母語としない者は、投稿前にネイティブ・スピーカーのチェックを受けること。
(4)  原稿には表紙不要。提出時のカバーメールに以下の情報を記載。
       1 執筆者名(フリガナ、ローマ字表記を付す)
       2 執筆者の所属機関、役職名・身分
       3 連絡先(住所、電話番号、メール・アドレス)
(5)  原稿にタイトルを明記(氏名は不記載)し、通し番号(ページ数)をつける。
(6) 投稿は会員 1 名につき 1 編を原則とする。

7. 投稿申し込み

形式:原則として MS Word 形式で電子メールにより 2 カ所の事務局宛に提出すること。
提出先:日本カナダ文学会編集委員会事務局 y-araki@keiwa-c.ac.jp
            日本カナダ文学会事務局 muro@nufs.ac.jp
提出期限:2022 年 10 月 15 日(厳守)
投稿希望届:7 月末日までに原稿の種類および仮題(トピック可)を明記の上、上記アドレスに連絡すること。

8. 採択

投稿原稿については、編集委員会から委嘱されたレフリーの審査に基づ き、編集委員会が決定する。採択条件としてレフリーより修正意見がつけ られた論文については、原稿を修正・書き換えのうえ、指定期日までに再 提出し、修正が十分と判断されれば掲載可となる。

9. 校正
執筆者による校正は、初校 1 回を原則とする。校正段階での書き換えは 原則として認められない。

 

 

『カナダ文学研究』執筆要項

1.    本文について

1)  MS Word 形式で、A4 版横書き(邦文 40 字× 30 行)(欧文 1 枚 400 語程度)
2) フォントは邦文には MS 明朝、欧文には Times New Roman を使用する。
3) 数字はなるべく算用数字(半角)を用いる。
4) 文字サイズは、タイトル及び章見出し 12 ポイント太字、氏名 11 ポイント、本文 10.5 ポイント、注見出し 10.5 ポイント太字、注 9 ポ イント、引用文献見出し 10.5 ポイント太字、引用文献 10.5 ポイントとする。
5) 本文中の章の数字は、I II III とし、中央揃えにする。ピリオドはつけない。前後 1 行空ける。各章を要約するような見出しをつける。
6) 邦文のパラグラフは、全角 1 文字インデントする。欧文(英・仏)のパラグラフは、半角 5 文字分インデントする。
7) 本文中で、作家 / 論者名・作品名に言及する場合は、初出時はフルネームで記載する。外国名をカタカナ表記する場合はその後( )内にア ルファベット表記を入れる。研究対象の作家については生没  年、作品 の初版年を( )で示す。作品名・登場人物名を原語で表記する場合は、 統一をはかる。
8) 著書、雑誌などのタイトルには『 』(欧文の場合はイタリック体)、 論文タイトルは「 」を用いる(欧文の場合は引用符“ ”または « » を用い、前後に半角スペースを空ける)。
9) 引用文に関して
      a. 原文で示す場合は、邦訳をつけない。翻訳して示す場合は、統一をはかる。
      b. 短い文中での引用文は、邦文の場合は「 」、欧文の場合は“ ”または « » で示す。邦文・欧文いずれの場合も、「 」“ ”« » 内の最後の句点、ピリオドは省く。
      c. 長い引用で、邦文原稿の場合、引用の前後を1行ずつあけ、引用文は全角 2 文字分インデントする。欧文原稿の場合は、シングルスペースで、半角 5 文字分インデントする。
      d. 出典は引用直後に( )内に作者・評論家名、ページ数を記す。
          例)(Atwood 50) 
          使用テキストからの引用の場合は、初出時に注で出典を明記し、以 後の引用ではページ数のみを記す。使用テキストが複数あり、章内で混在する場合は、作品名を略記する。
          章内で同一の作品か  らの引 用に限る場合は、ページ数のみ。 例)(CA 123)
          同一著者による文献が複数含まれている場合には、書名の一部を加 筆する。例)(Frye, Anatomy 193)
      e. 邦文で 1 文の途中を省く場合は、半角中黒 6 つ置く。 例)......
          欧文の場合は、半角スペースを空けてピリオドを3 つ置く。例)...
          文末を省く場合、ピリオドは 4 つとなる。
10) その他
      a. 地の文が日本語の場合、ダッシュ「――」は半角ハイフン「-」と 区別できるように全角のダッシュを 2 文字分打つ。
      b. 年代の表記でまたがる場合は、後半部で上 2 ケタを略す。 例)1980 ~ 90 年代
      c. 引用ページ数の表記でまたがる場合は、3 ケタの場合に限り、後半の上 1 ケタを略す。例)(58-59)、(131-32)。

2. 注・Notes について

1 注は脚注ではなく、末尾注とし、本文から 1 行空けて始める。
2 注・Notes の見出しは、中央揃えで 10.5 ポイント太字、以下は 9 ポイント。
3 本文中の邦文・欧文共通して、注番号は上付き、両かっこ( )とし、通し番号をつける。ただし、邦文の場合は句読点 [ 。][ 、] の前、欧文 の場合はピリオド・コンマ [ . ][ , ] の後につける。
    記号 [ ; ][ : ][ ? ][ ! ] の場合は共通して後につける。
4 注は原則として注釈が目的であり、出典明示のために注を使用しない。 使用テキストの初出の場合のみ注をつけ、末尾の注で使用テキストを 明示する。
5「同書に」「同じ箇所に」を表す Ibid は使用しない。

3. 引用文献の記載について

1 引用文献の見出しは、中央揃えで 10.5 ポイント太字、以下は 10.5 ポイ ント。
2 引用箇所、参考箇所が本文中に明示されていない文献については記載 しない。
3 本文中で直接引用、ないし言い換えて参考にした場合に限り、以下の見出しで記載。
    a. 日本語原稿(論文・研究ノート・書評):引用文献 ( 太字)
    b. 英語原稿(論文・研究ノート):Works Cited(太字)
    c. フランス語原稿(論文・研究ノート):Bibliographie(太字)
4 日本語論文の場合、欧文文献、日本語文献の順で列挙する。 (欧文文献に翻訳がある場合、欧文の直後に丸かっこで付記してもよい。)

4. 邦文の引用文献の表記

1 単行本 著者名『書名』発行所、発行年。
2 書籍論文 著者名「論文名」編著『文献名』発行所、発行年、ページ数。
3 雑誌論文・雑誌記事 著者名「論文 / 記事名」『掲載誌名』号、発行年月日、ページ数。

5. フランス語による引用文献の表記

日本ケベック学会『ケベック研究』投稿規定に定めるところに準ずるか、 以下の英語による引用文献の表記に準ずる。

6. 英語による引用文献の表記に関して

1  Modern Language Association (MLA) 方式への準拠は、引用文献の表記方 法に限る。注などの表記は編集委員会作成の当執筆要綱に準ずる。
2 引用文献の表記は、MLA Handbook: Eighth Edition (MLA, 2016) に準ずる。 8th edition に基づく MLA 方式の邦訳解説書が入手できる。『MLA ハン ドブック』第 8 版(秀和システム、2017 年)

7. MLA Handbook, 8th edition 準拠の記載例
書籍・雑誌・Web すべてにおいて次の順番で表記する。(媒体によって 使用しない項目もある。)
作者. 資料のタイトル. 資料が掲載されたもののタイトル, 制作に関わっ たその他の人々, 版, 巻/号, 発行元, 発行年月日, 具体的な場所(ペー ジ数や URL).

〈書物の基本形〉
1)  同一著書による複数の書物

Borroff, Marie. Language and the Poet: Verbal Artistry in Frost, Stevens, and Moore. U of Chicago P, 1979.
---, translator. Pearl: A New Verse Translation. W. W. Norton, 1977.
---. “Sound Symbolism as Drama in the Poetry of Robert Frost.” PMLA, vol. 107, no. 1, Jan. 1992, pp. 131-44. JSTOR, www.jstor.org/stable/462806. (本誌では、破線を実線 に代え、統一)

2)  2 人の作者の場合
Dorris, Michael, and Louise Erdrich. The Crown of Columbus. HarperCollins Publishers, 1999.


3) 3 人以上の作者がいる場合

Burdick, Anne, et al. Digital_Humanities. MlT P, 2012.

4) 編者のいる書物

Nunberg, Geoffrey, editor. The Future of the Book. U of California P, 1996.

5) 編者のいる本の中の章

Bazin, Patrick. “Toward Metareading.” The Future of the Book, edited by Geoffrey Nunberg, U of California P, 1996, pp. 153-68.

6) 翻訳本

Puig, Manuel. Kiss of the Spider Woman. Translated by Thomas Cochie, Vintage Books, 1991.

〈定期刊行物中の論文〉
1) 月刊または隔刊雑誌の中の記事

Deresiewicz, William. “The Death of the Artist—and the Birth of the Creative Entrepreneur.” The Atlantic, Jan.-Feb. 2015, pp. 92-97.

2) 週刊または隔週刊の中の記事

William, Joy. “Rouge Territory.” The New York Times Book Review, 9 Nov. 2014, pp. 1+.

3 通し番号付きの学術ジャーナル中の論文

Goldman, Anne. “Questions of Transport: Reading Primo Levi Reading Dante.” The Georgia Review, vol. 64, no. 1, 2010, pp. 69-88.

〈電子資料〉
1) ネット上で入手できる研究書

Gikandi, Simon. Ngugi was Thiong’o. Cambridge UP, 2000. ACLS Humanities E-book, hdl.handle.net/2027/heb.07588.0001.001.

2) オンラインデータベースに収められた学術誌からの論文

Goldman, Anne. “Questions of Transport: Reading Primo Levi Reading Dante.” The Georgia Review, vol. 64, no.1, 2020, pp. 69-88. JSTOR, www.jstor.org/ stable/41403188.

3) オンラインデータベース上の新聞書評・記事

Hollmichel, Stefanie. “The Reading Brain: Differences between Digital and Print.” So Many Books, 25 Apr. 2013, somanybooksblog.com/2013/04/25/ the-reading-brain-differences-between-digital-and-print/.

4) ウェブサイト上のビデオ

“Buffy the Vampire Slayer: Unaired Pilot 1996.” YouTube, uploaded by Brain Stowe, 28 Jan. 2012, www.youtube.com/watch?v=Wr3J-v7QXXw.

5) Kindle 版
MLA Handbook. 8th ed., Kindle ed., Modern Language Association of America, 2016.

 


日本カナダ文学会第38回年次研究大会

2021-05-21 | 大会情報

日本カナダ文学会第38回年次研究大会プログラム

Programme of the 38th Conference of the Canadian Literary Society of Japan

日時:2021年6月19日(土)13:00-16:50(12:30受付開始)

Date and Time: 19 June 2021 (Sat) 13:00-17:00 (Registration opens at 12:30)

 

会場:オンライン(Zoom)開催

2021年度の大会はコロナ禍の影響で、遠隔方式(Zoom)による午後からの開催となります。

以下のURLにアクセスしてください12:30~17:30まで有効です。

https://nufs-ac-jp.zoom.us/j/89179751350?pwd=QzM0K0RBcTFPcERKZGQwbXVaL1g4Zz09

ミーティングID: 891 7975 1350

パスコード: 555576

Venue: Online (Zoom)

Access to URL below.

https://nufs-ac-jp.zoom.us/j/89179751350?pwd=QzM0K0RBcTFPcERKZGQwbXVaL1g4Zz09

ID: 891 7975 1350

Passcode: 555576

 

**************************************

総合司会 副会長 室 淳子

Conference Chair: Junko Muro

Vice President, Canadian Literary Society of Japan

 

開会の辞 会長 佐藤 アヤ子                                       13:00-13:05

 

Opening Remarks  Ayako Sato, President, Canadian Literary Society of Japan

 

研究発表 Research Presentation

13:05-13:55

司会 戸田 由紀子(椙山女学園大学) Chair: Yukiko Toda, Sugiyama Jogakuen University                                 

  1. 原田 寛子(福岡工業大学)Presenter: Hiroko Harada, Fukuoka Institute of Technology

「円熟の小説」を超えて:マーガレット・ローレンスの『石の天使』における老い

Challenging the “Fiction of Ripening”: Ageing in Margaret Laurence’s The Stone Angel

 

休憩 Break                                                      13:55-14:00

 

総会 General Meeting  議長 佐藤 アヤ子 Chair: Ayako Sato                14:00-14:30

 

休憩  Break                                                       14:30-14:40  

 

シンポジウム Symposium                                                                              14:40-16:40  

カナダのグラフィックノベル《Canadian Graphic Novels

司会 松田 寿一(北海道武蔵女子短期大学)Chair: Juichi Matsuda, Hokkaido Musashi Women's Junior College

荒木 陽子(敬和学園大学)Yoko Araki, Keiwa College

クロックワーク・エンジェルズ・シリーズにみるメディア・ミックス:音楽→ノベル+グラフィック

Transmedia Franchising: The Clockwork Angels Series

 

クリストファー・J. アームストロング(中京大学)Christopher J. Armstrong, Chukyo University

Kris Bertin and Alexander ForbesのThe Case of the Missing Menにおけるジャンルとスタイル

Genre and Style in Kris Bertin and Alexander Forbes’ The Case of the Missing Men

 

伊藤 節(東京家政大学)Setsu Itoh , Tokyo Kasei University

アトウッドのグラフィックノベル—― The Handmaid’s TaleAngel Catbird

Atwood’s Graphic Novels: The Handmaid’s Tale and Angel Catbird

 

 

閉会の辞 副会長 松田 寿一(北海道武蔵女子短期大学)                  16:40-16:50

Closing Remarks  Juichi Matsuda, Vice President, Canadian Literary Society of Japan

 

 

 

後援 カナダ大使館・ケベック州政府在日事務所

Supported by the Embassy of Canada and the Délégation générale du Québec à Tokyo

 

 

発表要旨

「円熟の小説」を超えて:マーガレット・ローレンスの『石の天使』における老い

原田 寛子(福岡工業大学)

マーガレット・ローレンス(Margaret Laurence, 1926-1987)の『石の天使』(The Stone Angel、1964) は、90歳を超え、死を間近にした女性ヘイガーの物語である。現在の時間と過去のフラッシュバックを通じて、ヘイガーの長い人生における葛藤や悔恨、成長を力強く描いている。

若者を主人公にする「成長小説(Bildungsroman)」に対して、「円熟の小説(Reifungsroman / Fiction of Ripening)」は、年を重ねた女性の物語を前向きに描き出す小説を示しているが、ヘイガーの物語に関しても女性としての人生を前向きに捉える考察がなされている。しかし、「カナダ文学において最も有名な人物」とみなされる魅力的で力強い主人公であるヘイガーの人生は「女性」の枠の中で論じられる以上の要素を備えているのではないだろうか。

本発表では、女性の老いを論じるうえで、「女性にまつわる事柄」に特徴づけられ、もしくは捉われる「女性の老い」の概念を、また、人生の最後に成長を遂げるという座りのよい結末を超える要素を備えた物語としてヘイガーの人生を探っていきたい。

 

Challenging the “Fiction of Ripening”: Ageing in Margaret Laurence’s The Stone Angel

 Hiroko Harada (Fukuoka Institute of Technology)

Margaret Laurence’s novel The Stone Angel (1964) portrays the life of Hagar Shipley, a dying woman over the age of 90. Her present-time story, narrated with flashback memories from the past describes the impressive figure of the protagonist as well as the conflicts, remorse, and atonement that she has experienced in her long life.

“Reifungsroman,” (“Fiction of Ripening”) is a genre of novels that deals positively with middle-aged or older female protagonists and their stories. It is a genre created in opposition to the Bildungsroman, which focuses on young male protagonists. Regarded as a Reifungsroman novel, The Stone Angel is discussed as a narrative that represents an old woman as a powerful figure. However, it can be argued that Hagar Shipley, a strong heroine, possesses aspects to her character beyond what some might categorize as “women’s” issues.

In this presentation, I would like to examine Hagar’s life, character, and the elements that challenge the limiting ideas of women’s aging as “female issues” confined within the traditional female images. I will then delve into how the narrative may be subverting the idea of a well-organized ending of a life.

 

シンポジウム:《カナダのグラフィックノベル》

 

     クロックワーク・エンジェルズ・シリーズにみるメディア・ミックス:音楽→ノベル+グラフィック

荒木 陽子(敬和学園大学)

本発表は主として2020年に逝去したカナダのロックバンド、ラッシュのドラマー、ニール・パートがアメリカのSF作家ケビン・アンダーソンと共同執筆した小説『クロックワーク・エンジェルズ』(2012)と、そこから派生し、アメリカのアーティスト、ニック・ロブルズを加えて出版された同名のグラフィックノベル(2014-15)を取り上げる。そして歌詞にあらわれたコンセプトが、小説版でより明確なナラティブを得、グラフィックノベル版で視覚的実態を得ていく過程を追う。

 同小説およびグラフィックノベルは、ラッシュの同名のスタジオ・アルバムに収録された楽曲の歌詞世界から生まれたものである。1970年代半ば以来、ラッシュはプログレッシブ・ロックにしばしば見られるコンセプト・アルバムを次々に発表していく。その中でリリシストのパートが一貫して描いた、個人と制度の対峙、自由と無秩序の違い、行動することの重要性などのテーマは、メディア・ミックスという形態を介して、一連の歌詞群に込められたメッセージという枠を超えて表現されていく。それらは、娯楽性の高いハッピーエンディングの「冒険譚」(小説版)の一部として紡がれる一方で、音楽アルバムにしばしば登場したイメージをビジュアルに組み込んだ「冒険漫画」(グラフィックノベル)としても昇華され、音楽ファン以外にも広く伝えられる。また本発表は同アルバムの複数のメディアへの発展は、それらがオーディエンスに同時に楽しまれることにより、ある種のミクスト・メディアとして機能する可能性も提示したい。

 

Transmedia Franchising: The Clockwork Angels Series

 Yoko ArakiKeiwa College

Commemorating Canadian rock musician Neil Peart (1952-2020), this presentation attempts to explore the transmedia development of the lyrical world first created by Peart in Rush’s 2012 album Clockwork Angels (2012), focusing on its development into an adventure novel (ECW, 2012) and a graphic novel (BOOM, 2014-2015), in particular. It will examine the process of how Peart’s concepts found in his song lyrics become the basis for the narratives in the novel co-authored by science fiction writer Kevin J. Anderson, and through the addition of visual images, in the graphic novel by artist Nick Robels. While the examination will present the series’ development as a fine example of transmedia franchising, it will also demonstrate its merit as a mixed-media art. 

 

Kris Bertin and Alexander ForbesThe Case of the Missing Menにおけるジャンルとスタイル

 Christopher J. Armstrong

本発表は、Hobtown Mystery Stories(ホブタウン・ミステリー・ストーリー)シリーズのうち、最初に出版された二冊のグラフィックノベルの一つである、Kris BertinとAlexander ForbesのThe Case of the Missing Menにおけるジャンルとスタイルの問題について考察するものである。カナダ東海岸のホブタウンと呼ばれる小さな地域を舞台として、本作は高校のティーン探偵団(The Teen Detective Club)のメンバーである生徒達を中心として展開する。若き冒険家であり、世界を股に掛けた旅行家でもあるサム・フィンチがこの町にやってくると、ティーン探偵団の部員達は彼が行方不明の父を探すのを手伝うこととなる。その捜索の過程で、彼等は自分達の街と、その暗い秘密に気付くことになる。

本発表はグラフィックノベルの発展について簡潔に概観した後、本作ジャンルとスタイルについて、その主題と関連付けて採り上げる。その際、グラフィックノベルの形態分析の手法と、グラフィックノベルが援用しかつ転覆させたコミックブックの「お約束ルールズ」(Baetens and Frey 2015) について総括する。BaetensとFreyも述べているように、グラフィックノベルは革新的で独自性の高いスタイルを創造することに大きく関わっている。しかしながら、グラフィックノベルの多くがコミックブックの歴史に見られるスタイル上及び主題上の題材を志向するのと同様に、この比較的新しいジャンル形式においても、過去のジャンルへの憧憬ノスタルジアが重要な役割を果たしている。しかもグラフィックノベルは、それが世に認められた文学者による独自のグラフィックワークをとして、文学作品たるお墨付きを与えられているにもかかわらず、大衆向けジャンルから借り受けた規範コードやスタイルを排除することはない。BertinとForbesによる本作の場合も、『少女探偵ナンシー・ドリュー』や『少年探偵ハーディ・ボーイズ』シリーズといった、20世紀を通じて人気を博した古典的ヤングアダルト小説の意図的なパロディとして売り出されている。本論はこの作品のノスタルジックな形式について、本作が描く地方社会の覇権的男性性や腐敗、或いは世代間の葛藤といった主題を検証しつつ考察するものである。なお、Bertinが本グラフィックノベルをForbesと共同執筆した点にも焦点を当てるために、Bertinが自身の短編小説で扱った主題についても触れる予定である。

 

Genre and Style in Kris Bertin and Alexander Forbes’The Case of the Missing Men

 Christopher J. Armstrong

This presentation will consider questions of genre and style in Kris Bertin and Alexander Forbes’ The Case of the Missing Men (Conundrum Press 2017), the first of two published graphic novels in a series entitled Hobtown Mystery Stories. Set in the small east coast community of Hobtown, the novel centres on a group of teenagers who belong to a high school circle called The Teen Detective Club. When the young adventurer and globetrotter Sam Finch arrives in Hobtown, the Teen Detective Club aids Finch in the search for his missing father. In the course of their investigation, they make discoveries about their community and its dark secrets.

Beginning with a brief overview of the development of the graphic novel, the presentation focuses on genre and style in relation to themes of the story. I review some of the analytical tools of formal analysis of graphic novels as well as the comic book “rules” that the graphic novel is said to exploit and subvert (Baetens and Frey 2015). As Baetens and Frey point out, graphic novels are very much concerned with creating innovative and individual styles; however, even in this relatively new form, nostalgia plays an important role, as many graphic novels veer into the stylistic and thematic repertoire of comic book history. Moreover, the legitimacy that the graphic novel has received as literary fiction, including the creation of original graphic works by established literary artists, does not preclude the use of codes and styles from popular genres. In the case of Bertin and Forbes’ work, the novel deliberately positions itself as a parody of classic young adult fiction, namely, the Nancy Drew and Hardy Boys series popular throughout the 20th century. This paper will consider the novel’s nostalgic form alongside its exploration of the themes of hegemonic masculinity, social decay, and generational conflict in rural society. Some of the themes of Bertin’s short fiction will be used to help illuminate his collaboration with Forbes in the graphic novel.

 

アトウッドのグラフィックノベル—― The Handmaid’s Tale Angel Catbird

 伊藤 節(東京家政大学)

アトウッドの初のグラフィックノベルAngel Catbird(3部作)は1940年代カナダのスーパーヒーロー漫画を復活させるというクラウドファンディングの呼びかけに応答して実現した。第1巻が2016年、2、3巻が翌年アメリカン・コミックスの出版社から出されている。アトウッド自身が原作、脚本を担当したもので、確かにスーパーヒーローを扱った生粋のアメコミといった趣である。続いて2019年には、トランプ政権発足以来その注目度を一層高めている『侍女の物語』も、グラフィックノベル化された。かれこれ80歳にもなろうとするアトウッドのこのいや増す漫画熱は興味深いものがある。Angel Catbird の羽を付けた猫のルーツが6、7歳の頃に彼女が描いた絵であるように、アトウッドは幼少時から貪欲なマンガの読み手、書き手であった。70年代にはトロントの出版物This Magazineに皮肉たっぷりでコミカルな「サヴァイヴァルウーマン」の風刺漫画を書いて活躍していたことはよく知られている。この漫画には、カナダのスーパーヒーローは、カナダ、女という2重の意味でヒーローの力を欠いているという皮肉とユーモアが込められている。この頃漫画は子供向けのものからカウンターカルチャーの表現手段になっていた。アトウッドにとって漫画の意味するものは娯楽的楽しみだけでなく、政治、文化問題―カナダ人のみならず人間のアイデンティティやジェンダー等に関わる活動とも重なっている。ここではHandmaid TaleAngel Catbirdを通じて、アトウッドの漫画が照射するものを考えてみたい。

      

Atwood’s Graphic Novels: The Handmaid’s Tale and Angel Catbird

                                Setsu Itoh (Tokyo Kasei University)

The first volume of Atwood’s graphic novel Angel Catbird was released by American Comics in 2016, with the second and third volume published the following year. The project was realized through Atwood’s response to a crowdfunding campaign to revive 1940 Canadian superhero comics. The original story and script were written by Atwood herself although it appears to be a pure American superhero comic. In 2019, the graphic novel of The Handmaid Tale was also published. This dystopian story drew increasing attention with the election of Donald Trump as American President. Now about eighty years old, Atwood’s increasing fascination with comics is very interesting. In her early years she not only passionately read comics, also drew them herself. The deep origins of Angel Catbird can be found in a picture of cats with wings which she drew when she was six or seven. In the 1970s, Atwood drew comic strips This Magazine including Survivalwoman, for which she is best known as a cartoonist. These comic strips ironically and humorously depict the double challenge for Canadian women of being both Canadian and female. At that time, comics had become important means of expression for the counter-culture. For Atwood, they were not only pure fun but also the means for mirroring political and cultural problems related to, for example, identity or gender. Through an examination of these two graphic novels, this presentation considers what these comics reflect.