日本カナダ文学会公式ブログ

日本カナダ文学会の活動と紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「2020年度次研究大会」延期のお知らせ

2020-04-05 | お知らせ

「2020年度年次研究大会」延期のお知らせ

 

 新型コロナウイルス感染拡散の折、会員の皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。

 ご存知のとおり、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みますと、本年2020年6月20日(土)に名古屋外国語大学で予定されていた「2020年度年次研究大会」開催は難しいと判断いたしました。そこで、「年次研究大会」を1年延期とし、2021年6月に開催したいと存じます。なお、会場、発表等に関しては、今年度同様としたいと存じます。ご理解いただければ幸甚です。

 会員の皆様の一層のご活躍とご健康をお祈り申し上げます

日本カナダ文学会会長 佐藤アヤ子

2020年4月5日

 

コメント

NEWSLETTER 73

2020-03-31 | Newsletter
NEWSLETTER THE CANADIAN LITERARY SOCIETY OF JAPAN
L’association japonaise de la littérature canadienne
Number 73  
Spring, 2020
 
 
 
会長挨拶
日本カナダ文学会会長 佐藤 アヤ子
 
 花の季節となりました。新型コロナウイルスの感染が広がっておりますが、会員の皆様にはま すますご健勝のことと存じます。NEWSLETTER 73 号をお届けします。
 2 月 26 日と 27 日に、三宅島小学校と中学校でケベック州、沿岸州、ニューイングランド地域 に住む先住民アベナキの人々に伝わる民話について〈出前授業〉を行ってきました。この授業は、 私が所属する日本ペンクラブの企画事業で、昨年 7 月にカナダ大使館で Alexander MacLeod 氏 と対談された作家のドリアン助川さんを中心に行われています。三宅島は東京から南に約 180km の位置にあり、島全体は東京都三宅村に属します。島には公立の小・中学校がそれぞれ 一校ずつあり、各学年の生徒数は 10 名前後。読書時間の少ない島の子供たちによい作品を紹介 するという意図のもとで行われています。
 私が紹介した環境をテーマにしたカナダ先住民の民話は、海に囲まれて暮らす島の子供たちに も興味を持ってもらえたようでした。また、Atwood をはじめ、カナダの環境活動家らが警鐘を 鳴らす漁網やプラスティックゴミによって生じた「太平洋ゴミベルト」の映像を見せると、子供 たちは他人事ではないという印象を持ったようです。世界中のごみが海流に乗って太洋のど真ん 中に集まって流れている「ゴミベルト」。そのほとんどが放置/廃棄漁網やプラスティックです。 漁網は海の生物にからまり、プラスティックゴミは海洋生物に害をおよぼしています。そのゴミ を食べた魚介を人間が食する。今、プラスティックが人体に及ぼす影響についての調査が進めら れています。人間が犯してきた環境汚染。恐ろしいことです。
 三宅島滞在中、新型コロナウイルスのため政府による臨時休校の要請を受けて、三宅島の教育 関係者はてんてこ舞いでした。しかし、ギリギリのところで私たちは〈出前授業〉を行うことが できました。目に見えないウイルスとの戦いは厄介です。今、世界中で起きているウイルス拡散 のニュースを聞くたびに、アトウッドの作品マッドアダムの三部作が頭をよぎります。物語と違 って新型コロナウイルスは故意にばら撒かれたものではないでしょうが、アトウッドがみせた思 弁小説の世界が今現実となって空恐ろしいです。
 2020 年度の「日本カナダ文学会年次研究大会」は、室 淳子会員のお力添えをいただき、6 月 20 日(土)に名古屋外国語大学(愛知県日進市)で開催されます。カナダからはゲスト講演者と して、親子作家の Lisa Moore さんと Eva Crocker さん、そして、The Handmaid’s Tale のグラ フィック・ノベル版を出版した Renée Nault さんがゲスト講演者として参加されます。多くの会 員の皆様のご参加をお願いいたします。
 しかし、新型コロナウイルスが今後どのような方向に向かうのか、だれにも見通しがたちませ ん。そこで日本カナダ文学会は、新型コロナウイルスの影響を鑑みながら、大会の「開催、延期、 中止」の判断を 4 月末までに決め、皆様にお伝えします。
 会員の皆様の一層のご活躍をお祈り申し上げます。
 
2020 年度年次研究大会の日程と会場のご案内 (予定)
 
2020 年度の大会は、以下の日程・会場で開催されます。奮ってご参加ください。
 
開催日時:2020 年 6 月 20 日(土)10:00-18:00
会 場:名古屋外国語大学(愛知県日進市岩崎町岩崎町竹ノ山 57)
 
<午前の部>
○ 研究発表 原田寛子 「円熟の小説」を超えて:マーガレット・ローレンスの『石の天使』における老い
 
○ ゲスト講演1 Renée Nault (内容未定 Renée Nault 氏は The Handmaid’s Tale のグラフィック・ノベル版のイラスト レーター/作者です。)
 
<午後の部> *総会後
○ ゲスト講演 2 Lisa Moore / Eva Crocker Writing Newfoundland Now : Autofiction from an Island (作家 Lisa Moore 氏と作家 Eva Crocker 氏の講演は対談形式で行われる予定です。)
 
○ シンポジウム
テーマ :「カナダのグラフィック・ノベル」
発表者 : 荒木 陽子、伊藤 節、Christopher J. Armstrong
荒木 陽子 メディア・ミックス/ミックスト・メディア:グラフィック+ノベル
伊藤 節 アトウッドのグラフィック・ノベル―The Handmaid’s Tale とAngel Catbird
Christopher J. Armstrong Genre and Style in Kris Bertin and Alexander Forbes’ The Case of the Missing Men
(今年度はゲスト講演者が多いため、研究発表を一つにしました。)
 
 
開催校より
室 淳子会員
 
 第 38 回日本カナダ文学会年次研究大会は、2020 年 6 月 20 日(土)に名古屋外国語大学(愛知県日進 市)で開催されます。大学は名古屋の郊外にあり、数年前に大会を行った中京大学や椙山女学園大学より ももう少し先まで足を運んで頂かなくてはなりませんが、最寄りの上社駅(または赤池駅、長久手古戦場駅) より専用バス(シャトルバス)が完備されていますので、ご利用頂けましたら幸いです。大学周辺は新興住宅 やお洒落なカフェの並ぶ人気のエリアでもあります。少し足を延ばして散策やランチもお楽しみください。多 くの皆様のご参加をお待ちしております。
 
名古屋外国語大学へのアクセスおよび宿泊情報:
 
★ アクセス(https://www.nufs.ac.jp/outline/access/) JR 名古屋駅より地下鉄東山線で「上社」駅下車。バスターミナルより大学専用バス(約15分)。 (地下鉄鶴舞線・名鉄豊田線「赤池」駅またはリニモ「長久手古戦場」駅からのアクセスも可能です。)
 
★ 宿泊 大学付近には宿泊施設はありません。名古屋駅付近や名古屋市営地下鉄「東山線」沿線には宿泊施設は 多くあり、交通アクセスもスムーズです。
 
(参考)
JR/地下鉄千種駅付近 ホテルメルパルク名古屋(https://www.mielparque.jp/nagoya/)
JR/地下鉄千種駅・地下鉄今池駅付近 ホテルレオパレス名古屋 (https://www.leopalacehotels.jp/nagoya/)
 
<特別寄稿>(Special Article)
 
*昨年の大会後、講演者のお一人 Kim Thúy 氏からは早々と原稿をいただきましたが、紙幅の関係によ り、今号で掲載しています。荒木会員からの読後の感想を紹介します。「〈書くこと〉について書かれた 文章は、ご自身のカナダにおける書き言葉である仏語の書き出しに多様な英語の引用が続く文体がとて も興味深く、プロは引用のパスティシュで立派な文章を構成できるのだと改めて思い知らされました。」
 
《writing, still》
Kim Thúy
J’écris pour éviter la paresse.
Si je n’écrivais pas, je ne me poserais pas la question sur le sort de la fleur qu’une jeune fille a insérée dans son livre dans le métro, ni ne serais-je curieuse de la destination de l’avion qui ne m’est visible qu’à travers les traces qu’il laisse dans le ciel. Si je n’écrivais pas, je n’aurais pas cherché la distance entre Montréal et Ramallah et encore moins le nom des étoiles. Si je n’écrivais pas, je me contenterais de marcher vers l’avant sans prendre le temps de voir les personnes qui m’ont précédée, qui ont tapé la terre de mon chemin afin de le rendre sans embûches pour mes talons aiguille. Si je n’écrivais pas, je n’aurais pas cherché dans le dictionnaire la nuance subtile mais si importante entre les mots ‘immigrants’ et ‘migrants’, ‘errance’ et ‘vagabondage’, ‘songer’ et ‘rêver’. J’aurais gaspillé la richesse de nos sentiments en confondant la douceur avec la tendresse, le vide avec le néant, l’horreur et la terreur, le manque avec l’absence, l’amoureux avec l’amour…
Si je n’écrivais pas, je ne me serais pas tardé à imaginer une histoire pour le flocon de neige qui a atterri sur le bout d’un nez un soir dans un pays étranger.
Si je n’écrivais pas ce texte, je n’aurais pas rouvert mes vieux livres et passé un moment sans temps avec mon amie Marianne à relire des passages soulignés et ressentir de nouveau les frissons de la première lecture.
 
J’écris pour partager la beauté de Nous et surtout, pour lire. Et vivre:
 
…to feel the wind : "I thought I felt a whisper through my soul » —Donna Williams, Nobody Nowhere by Donna Williams.
 
…to kiss the routine: « I watched her face, her wrinkled skin, her crooked lips, and I can’t help but think that she is pretty, still. A man ought to be able to undress his wife from all the years until she lies before him naked in youth again. »—Miroslav Penkoy, East of the West
 
…to galvanize steps: ‘I have a dream.’ Martin Luther King
…to limit despotism: Everyone has the following fundamental freedoms:
 
(a) freedom of conscience and religion;
 
(b) freedom of thought, belief, opinion and expression, including freedom of the press and other media of communication;
 
(c) freedom of peaceful assembly; and
 
(d) freedom of association. CANADIAN CHARTER OF RIGHTS AND FREEDOMS
 
…to cage innocence: «For a kid, I knew a lot of things about what it felt like to use heroin, just from looking and listening. Supposedly, it was like shaking the hands of God. »—Heather O’Neil, Lullabies for Little Criminals
 
…to be arrested: "It was a bright cold day in April and the clocks were striking thirteen’’—George Orwell, 1984 …to make the intangible tangible: « An Atlas of Impossible Longing » —book title by Anuradha Roy
 
…to make the tangible intangible: « It was his brother, Sol, she had been meant to marry, a man she had corresponded with but hadn’t met, who had caught one glimpse of her as she disembarked at the station and decided he wouldn’t have her. Lily watched Nathan roll the plum in his hand and wondered what his brother had seen in her that made him turn away. » —Nancy Richler, The Imposter Bride
 
…to remain still: « Almost all languages change. Are exception is written Icelandic, which has changed so little that modern Icelanders can read sagas written a thousand years ago, and if Lief Ericsson appeared on the streets of Reykjavik he could find his way around, allowing for certain difficulties over terms like airport and quarter-pound cheeseburger » — Bill Bryson, The Mother Tongue
 
…to save a life: Mixing alcohol with certain medications can cause nausea and vomiting, headaches, drowsiness, fainting, or loss of coordination. It also can put you at risk for internal bleeding, heart problems, and difficulties in breathing. In addition to these dangers, alcohol can make a medication less effective or even useless, or it may make the medication harmful or toxic to your body.
 
…to not die : « Prince Fu Ch’ai said: ‘Wild beasts, when at bay, fight desperately. How much more is this true of men! If they know there is no alternative they will fight to the death’. » The Art of War translated by Samuel B. Griffith
 
…to murmur pain:
Don’t you know? A mother’s love
neglects pride
the way fire
neglects the cries of what it burns. My son,
even tomorrow
you will have today. Don’t you know?
Ocean Vuong, Night Sky with Exit Wounds
 
…to end war: THE REUNIFICATION OF VIET-NAM AND THE RELATIONSHIP BETWEEN NORTH AND SOUTH VIET-NAM
 
Article 15
 
The reunification of Viet-Nam shall be carried out step by step through peaceful means on the basis of discussions and agreements between North and South Viet-Nam, without coercion or annexation by either party, and without foreign interference. The time for reunification will be agreed upon by North and South Viet-Nam-Pending reunification:
 
(a) The military demarcation line between the two zones at the 17th parallel is only provisional and not a political or territorial boundary, as provided for in paragraph 6 of the Final Declaration of the 1954 Geneva Conference.
 
…to describe a color: « I get off my bicycle and tie a red ribbon around the handle-bars.The day is sunny and the sky the azure color that you, Father, call wild blue yonder. » — Neil Smith, Boo
 
…to make money: « Price is what you pay. Value is what you get. » Warren Buffett
 
 
…to eavesdrop in silence: « One of my favorite aspects of Japanese culture is the combination of nature appreciation and social events. There are maple-viewing expeditions, evening parties under the cherry blossoms, and, although this seems to have been more common in earlier times, moon-viewing parties. Many old rooms where nobles would gather to write moon-related verse as they gazed at the sky or into the moon’s reflection in a nearby pond. » Kate T. Williamson, A Year in Japan
 
…to let go: "Frances and Courtney, I'll be at your altar. Please keep going Courtney, for Frances for her life will be so much happier without me. I LOVE YOU. I LOVE YOU. » —Kurt Cobain
 
…to survive: « When you are constantly facing the prospect of violent death, the only rational response is to throw your hands up in defeat and lock yourself in the bathroom to spend the rest of your life shivering in the bathtub while you wait for the suicide bombers, serial killers and murderous thieves to find their way to your door and end it all for you. But rational is not sensible. Sensible people get on with their lives. They go to their jobs, drop their children at school and shop for groceries. Death, no matter who brings it, will come unannounced and so there is no point in waiting around for it. Everyone in Karachi has things to do and places to be. The potential for unexpected interruption in that schedule cannot allow its derailment. » —Sami Shah, I, Migrant
 
…to question: But I say unto you, That ye resist not evil: but whosoever shall smite thee on thy right cheek, turn to him the other also.—King James Bible
 
…to be a spectator : « After 1945 the years passed, some slowly, some momentous and swift. The ideal children grew, the ideal parents grew older. Quirks grew into fixations and neuroses, and of their disappointments into grudges and phobias. The sunny future of Hartley Fawcett and Rita Surry turned into a stream of present days and nights that bore no resemblance to a fairy tale. The backlighting was dim and the orchestra didn't play at all. Everything changed, and nothing did. Dreams submerged beneath the twisting currents of the world, altered and scarred by time, fouled with the debris of the daily life. Rough beasts slouched across the landscape, going nowhere. The center didn't disintegrate, but it was often hard to locate. » — Brian Fawcett , Human Happiness
 
…to waltz with war : « War is hell, but that’s not the half of it, because war is also mystery and terror and adventure and courage and discovery and holiness and pity and despair and longing and love. War is nasty; war is fun. War is thrilling; war is drudgery. War makes you a man; war makes you dead. —Tim O’Brien, The Things They Carried.
 
 
…to list : sugar and/or golden sugar, maltodextrin, concentrated pear puree, corn syrup, modified palm oil, carrageenan, citric acid, monoglycerides, sodium citrate, acetylated monoglycerides, magic acid, xanthan gum, ascorbic acid, locust bean gum, potassium citrate, natural flavour, colour.
 
…to name the unname: « If my father had had his way, my name today would be Amaryllis, and while I am grateful to my mother for the many things she has done for me over my lifetime, her opposition that floral moniker rates among the primary ones. My father’s second choice of given name Filomena, as there is a lovely sixteenth-century madrigal about a girl named Filomena and wouldn’t it be wonderful to have a child so named, but my mother categorically nixed that one too. Bless her heart. » Alison Wearing, Confessions of a Fairy’s Daughter Growing Up with a Gay Dad
 
…to pocket suffering : « When he awoke in the night he heard the wind in the hemlock trees outside the cottage and the waves of the lake coming in on the shore, and he went back to sleep. In the morning there was a big wind blowing and the waves were running high up on the beach and he was awake a long time before he remembered that his heart was broken. » —Ernest Hemingway, Ten Indians
 
…to preserve: « Mark this day, someone says. We are witnessing the devil’s work. Only Satan would burn a library » —CS Richardson, The Emperor of Paris
 
…to honour patience: « Separately sewn triangular-shaped signatures were fixed together on the accordion-folded card. There were then fixed to board covers that had been bound in book cloth. Cord and ribbon are used to secure the books when they are closed. »—Charlotte Rivers, Little Book of Book Making
 
…to cook: Place bread butter-side-down onto skillet bottom and add 1 slice of cheese. Butter a second slice of bread on one side and place butter-side-up on top of sandwich. Grill until lightly browned and flip over; continue grilling until cheese is melted. Repeat with remaining 2 slices of bread, butter and slice of cheese. Grilled Cheese Sandwich by allrecipes.com
 
…pour rencontrer l’autre: « Bientôt écrire ne servira plus qu’à cela: donner aux hommes et aux femmes une dernière chance de se parler. Peut-être que l’apocalypse annoncée dans le titre de ce bilan (la disparition du livre de papier) sera concomitante de la mort définitive de l’amour humain sur terre. Sans amour, pas de romans. » —Frédéric Beigbeder, Premier bilan après l’apocalypse
 
 
…to open wounds : « The car with you in it went by, and the window was down, and there were a bunch of guys inside, and you were all rowdy, and then, as you passed, you yelled at me. You yelled, ‘’Nice legs, shame about the face.’’ You yelled it loud enough for all my friends to hear. —Stephanie Pearl-McPhee, The Amazing Things About the Way It Goes
 
…To not kill: “Mockingbirds don’t do one thing but make music for us to enjoy. They don’t eat up people’s gardens, don’t nest in corncribs, they don’t do one thing but sing their hearts out for us. That’s why it’s a sin to kill a mockingbird.” — Harper Lee, To Kill a Mockingbird
 
…to find one’s bearing: “There was a time when mapmakers named the places they travelled through with the names of lovers rather than their own.”— Michael Ondaatje, The English Patient
 
…to…paris: « When I am despondent, I dream of Paris. When I am content, I dream of being in Paris, in love. »— Barbara-jo McIntosh, Cooking for Me and Sometimes you
 
…to ask the right question: “Having a baby is like getting a tattoo on your face. You really need to be certain it's what you want before you commit.” — Elizabeth Gilbert, Eat, Pray, Love
 
…to find refuge : « I hid my love when young till I Couldn’t bear the buzzing of a fly; I hid my love to my despite Till I could not bear to look at light (…) » — John Clare, I Hid My Love
 
…to connect corollaries: “Political philosophers have often pointed out that in wartime, the citizen, the male citizen at least, loses one of his most basic rights, his right to life; and this has been true ever since the French Revolution and the invention of conscription, now an almost universally accepted principle. But these same philosophers have rarely noted that the citizen in question simultaneously loses another right, one just as basic and perhaps even more vital for his conception of himself as a civilized human being: the right not to kill.” ― Jonathan Littell, The Kindly Ones
 
…to conclude : « It’s also true that sometimes people felt things and because there was no word for them, they went unmentioned. The oldest emotion in the world may be that of being moved; but to describe it--just to name it--must have been like trying to catch something invisible. » —Nicole Krauss, History of Love
                                                                                                                                                                 (作家 キム・チュイ)
 
< 連載: カナダ文学との出会い 第 14 回 >
カナダの文学と文化 ― M. アトウッドと私 ―
中島 恵子会員
 
 私の大好きな国、カナダとの出会いは 1990 年代に遡る。勤務先の約半年にわたるカナダ留学プ ログラムで、留学担当の教員は最初の 4 週間を学生と共に現地に滞在した。8 月初旬に出発し、カ ナダの美しい夏とカナダ文化を満喫できたのは、この職務のおかげである。場所は、オンタリオ州、 トロントからほど近い、といっても約 150km 離れた風光明媚なピーターボロ(Peterborough)とい う衛星都市である。主に住宅地であると同時に、カナダの湖水地方といっても良い観光スポットの この街には、トレント大学(Trent University)とサー・サンドフォード・フレミング・カレッジ(Sir Sandford Fleming College)があり、学生たちの留学先は後者であった。この留学プログラムには毎 年 30 名を超える希望者があり賑やかだったが、バーベキューパーティ、ナイアガラ旅行等、週末 には様々なアクティビティがあった。大学関係者や学生を預かるホストファミリーに招かれたりし て多くの友人ができたが、その後、私がカナダに行くたびに会い、現在に至るまで連絡を取り合っ ている人たちもいる。マーガレット ・アトウッド氏はトレント大学から名誉博士号を授与され、 またマーガレット・ローレンスもピーターボロにゆかりがあるということで、カナダの作家たちに も愛された街のようである。滞在したホテルの前を流れるオジブワ川(Ojibwa River)に舞い降りる カナダガンの群れ、大木の陰からたまたま姿を現したラクーン、オジブワ・インディアン・リザー ブに友人のスーザンとドライブしたときに見たメイプルの林、ドライブウェイに車に跳ね飛ばされ て倒れている動物たち、ヤマアラシ、スカンクなどの野生生物。また子鹿のバンビもディズニーの アニメさながらピーターボロ郊外に姿を現した。そうした光景が今でも鮮やかに甦る。後に、 Discovering Canada という教材テクストの注釈や、ユーコン詩人(the Bard of the Yukon)と呼ばれ る Robert W. Service の“The Law of the Yukon”他の翻訳を試みたりしたのも、こうした契機によ るものだった。
 立て続けに3度にわたる夏を経験した私は、もちろん、高速バスに乗り、トロントの市内見学、 トロント大学散策と足を伸ばした。ピーターボロからトロントのダンダス(Dundas)・バスターミナ ルまで約3時間余り、疾走するバスは後に研究対象となるアトウッドの作品舞台へと私を運んでく れたのである。『ライフ・ビフォー・マン』の舞台であるロイヤル・オンタリオ・ミュージアム(ROM)、 『レディ・オラクル』のヒロイン、ジョーンが偽装自殺を計画したオンタリオ湖、『寝盗る女』の 続編でもある短編“I dream of Zenia with the Bright Red Teeth”(Stone Mattress, 2014)に登場す るトロント島にもピクニックに行き、またアトウッドが 2000 年ブッカー賞を受賞したときスピー チとサイン会が開催されたインディゴ書店(Indigo Books)もトロント散策の折には必ず立ち寄った。 前置きが長くなったが、これらが「カナダにおける英米文学研究―その独自性と国際性―」という 題目で科学研究費補助金基盤研究(C) (研究代表者 中島恵子 分担者 古賀哲男 藤木隆義)に 応募するきっかけとなった。初年度の在外研究では、カナダとアメリカの大学で、研究者とのイン タビューを行い、トロント大学、ブロック大学、ラトガース大学他の専門教授と意見を交換しあっ た。またナイアガラ・オン・ザ ・レイク市で演劇家(Dr. D. Johnston) と面談し、Shaw Festival の舞台裏を案内してもらったことは稀有な体験だった。最初のトロント大学訪問の間に、先程もべたアトウッドのブッカー賞受賞記念スピーチとサイン会がインディゴ書店で開催された。私はア トウッド氏のスピーチを目の当たりにし、早速買い求めた The Blind Assassin を手にして長蛇の列 に並び、サインをもらう際に数語を交わしたのがアトウッド氏との最初の出会いである。さらに、 偶然、サインしてもらった本を大事に抱えながら私はインディゴ書店の2階のアトウッド・コーナ ーに行き、たくさん並んでいる書籍の中から薄い短編集を手に取った。思えば不思議だが、その短 編集 Murder in the Dark にさっと眼を通したとき、閃光のようなインスピレーションが湧いた。 従来、ヴァージニア・ウルフを研究してきた私にとって、初めて見るアトウッドの短編集が斬新で、 ウルフとの共通項を含み、特別な感動を覚えた場面が今でも心に浮かぶ。アトウッド研究の扉が開 かれた瞬間だった。その後、興味が増すに連れて、いくつかの短編集を翻訳することになる。
 勤務する大学でトロント大学における短期留学制度を計画したり、海外研究奨励金を得たりして、 何度もトロントを訪れることになり大学書籍部や市内の書店を見て回った。その折にアトウッドの、 エンプソン記念講演を一冊の本にした文学的エッセイ、Negotiating with the Dead がインディゴ 書店の中央のテーブルに置かれているのを見つけたのだが、それはまた新しい発見であり、インパ クトに満ちていた。購入してすぐに翻訳に取りかかったが歴史的また現代的な多くの世界文学に言及し、アトウッドの深遠な文学観を記したこの作品の翻訳には数年を要することになる。
 二度目の科学研究費補助金による基盤研究(C)「マーガレット・アトウッドのグローバル・ヴィ ジョン―サバイバル・地球環境・未来―」(研究代表者 松田雅子 分担者 中島恵子 西村美保 ミシェル・ルール)の4人のカナダ文学会メンバーによるグループでの在外研究では計画を担当し、先の研究で知己を得たサム・ソレッキ教授(Prof. Sam Solecki)の紹介で若手研究家のロバート・マ ックギル準教授(Prof. Robert McGill)他数名の方々と意見交換ができた。アトウッド氏もトロント 大学前のカフェ(L’Espresso Bar Mercurio)に足を運んでくれ、特別室での感動的なディスカッショ ンが実現した。こうして夢中になっている間に、気がついてみるとアトウッド研究が私の仕事の主軸となっていた。今後も視野を広げ、魅力溢れるカナダ文学の探究を続けていきたい。
(なかじま けいこ)
 
事務局からのお知らせ
<学会費のご案内>
2020 年度の学会費の郵便振込用紙は、『カナダ文学研究』第 27 号をお送りする際に同封い たしましたので、ご確認の上、お振込み頂けますようお願いいたします。2019 年度以前の 学会費がお済みでない方につきましては、該当年度分の請求をいたしましたので、合わせて お振込みください。万が一、行き違い等がございましたらご容赦頂けますようお願い申し上 げます。恐れ入りますが、振込手数料につきましてはご負担ください。
 
振込先: 郵便振替口座:
00990-9-183161 日本カナダ文学会 銀行口座: 三菱 UFJ 銀行 茨木西支店(087) 普通 4517257
日本カナダ文学会代表 室 淳子
正会員 7,000 円
学生会員 3,000 円
 
編集後記
 
○今号はKim Thúyさんからの特別寄稿(紹介文は4頁)と中島恵子会員「カナダ文学との出会い」を 中心に編集しています。Atwoodの作品研究や短編集などの翻訳に中島会員が打ち込むきっかけとなっ た興味深いエピソードが綴られる中にトロント大学サム・ソレッキ教授の名が記されていました。著名な氏と面識はありませんが、氏が著わしたThe Last Canadian Poet―An Essay on Al Purdy―(1999 年)を通してAl Purdyという詩人を知ることができたのもボクにとっての「カナダ文学との出会い」の 一つだったと懐かしく思い起こしました。新型コロナの影響により世の中の状況は刻々と変化してい ます。このNewsletterが配信される頃にはまた別な局面に遭遇しているかもしれません。6月に皆さんとお会いできるよう念じています。(M)
○昨年の大会で心に響くお話とチャーミングな人柄で会員を惹きつけた Kim さん、快く寄稿を引き受け てくださいました。書くという行為の普遍的な側面と Kim さん個人のインスピレーションを同時に感じさせ、生きることと書くことの関わりについて考えさせてくれる美しいライティングです。今号でお届 けすることができ、大変嬉しく思います。不安な情勢が続く中、Kim さんのメールに“Please be safe. Wishing you health and patience”の一文が添えられていたこともご報告しておきます。私事ですが、 新年度から東京で教えることになりました。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。(S)
○2月中旬から3月初頭のノヴァスコシアは初中等教育機関が軒並み休校になった日本とは打って変わ って平穏でしたが、私たちが日本に戻った後事態は急転し、いまでは非常事態宣言が出ていて、ティ ム・ホートンにすら人がいない状況らしいです。皆様のご無事をお祈りいたします。(A)
 
<embed id="plugin" type="application/x-google-chrome-pdf" />

 

コメント

NEWSLETTER 72

2019-10-01 | Newsletter

NEWSLETTER 

THE CANADIAN LITERARY SOCIETY OF JAPAN 

L’association japonaise de la littérature canadienne 


page1image9080

Number 72 

Fall, 2019

 

会長挨拶

日本カナダ文学会会長 佐藤 アヤ子 

秋の気配を感じるようになりました。会員の皆様にはますますご活躍のこととお喜び申し上げます。 NEWSLETTER 72 号をお届けします。

今夏は、台風、豪雨と相次いで災害が日本各地で発生し、被災された会員の方もいらっしゃるのでは ないかと案じております。深くお見舞い申し上げます。

さて、白井澄子会員のご協力をいただき、6 29 日(土)に白百合女子大学で開催された第 37 回年 次研究大会・総会はおかげ様で成功裏に終了することができました。本大会では、午前の部で研究発表 を二つ、午後の部で「カナダの短編小説」(Canadian Short Stories)のシンポジウムを組みました。カ ナダの短編小説はAlice Munroに代表されるようにカナダのおはこ。大変良い勉強の機会となりました。 発表者、並びに司会者の方々、お疲れ様でした。御礼申し上げます。

また大会では、ケベック州政府在日事務所、C. J. Armstrong 会員のお力添えをいただき、ベトナム系 作家の Kim Thúy 氏と Saint Mary’s University 准教授で作家の Alexander MacLeod 氏を特別講演者に 迎えすることができ、いっそう充実した大会になりました。Thúy 氏は 2009 年にカナダ総督文学賞を受 賞。MacLeod 氏は 2019 年のオー・ヘンリー賞を受賞しています。

大会後、Thúy 氏とノンフィクション作家の吉岡忍氏との対談、MacLeod 氏と作家のドリアン助川さ んとの対談が、それぞれ聖心女子大学とカナダ大使館で行われました。吉岡さんと助川さんが、はから ずもこの二人のカナダ人作家の小説作法に言及されたのは、興味深かったです。吉岡氏はキムさんの『小 川』をこう分析します。「普通、小説は時系列に沿って物語が展開されていく。時制を故意に混乱させる 方法もあるが、『小川』はそれでもない。折々に記憶が喚起され、連なっていく。それゆえにパッチワー クのような作品を形成する」と。そして、この小説作法が昨年のニュー・アカデミー文学賞候補の理由 となったとキムさんは言います。助川さんは、「マクラウドさんの短編はひとつの長編詩として読むことができる。説明としての文章 ではなく、ほとんど詩的描写として登場する。短編を輝かせるための不可欠な技法である」、と言います。小説家であり、詩人でもあるドリアン助川さんだからこそできる分析かもしれません。これら二つ の対談は、研究者である私たちにとって大変示唆に富んだものでした。 

9 月に駆け足で、トロント、シャーロットタウン、バンクーバーと巡ってきました。Margaret Atwood の新作で、9 10 日発売の The Handmaid’s Tale の続編 The Testaments が、どこでも話題になってい ました。

会員の皆様の一層のご活躍をお祈りいたします。 

 

日本カナダ文学会 第37回年次研究大会を振り返って
副会長 松田 寿一

今大会は白井澄子会員のお力添えにより、調布市の郊外にある白百合女子大を会場に行われました。 当日の朝は、時節柄、小雨がときおりちらつきましたが、梅雨のない北海道からこの時期の本州を訪れ ると、こうした温暖湿潤な気候にどこか懐かしいような、妙な落ち着きを覚えます。もっとも、短い滞 在だからかもしれませんが。

さて、本大会も、午前の研究発表、二人の招聘作家の講演会、そしてシンポジウムと大変充実したプ ログラムとなりました。とりわけ、“Canada, My Home Country”という題目でお話しくださったKim Thúy 氏、Alice Munro とカナダの現代短編小説について講演くださった Alexander MacLeod 氏、そし て改めてお名前を挙げることはしませんが、お二人をお招きする際にご尽力をいただいた方々や機関等 に深く感謝いたします。6 年ほど前のことになりますが、札幌で第 31 回大会が開催されたとき、一般の 聴衆の方が、「一日だけの研究大会なのに、まるで小さな国際学会のようですね」と感想を述べられたこ とを思い出します。その時は、詩人の Roy Miki 氏、映像作家で故 Roy Kiyook 氏のご令嬢のお一人 Fumiko Kiyooka 氏が来札しました。その後も、ほぼ毎年のようにカナダからのゲスト講演が実現したこ とは何と贅沢な、そして、会としてとても誇らしいことだと思います。

Kim Thúy 氏はベトナム戦争当時、ボートピープルとしてカナダ政府に受け入れられ、その後の氏の 人生は大きく変わりました。それまでの苦難を、ときおりユーモアを交えながら語る氏の話を聞きなが ら、ふと Anne of Green Gables を思いました。マシュウとマリラに受け入れられた時、アンもまた戦災 孤児や難民となった人々と同じように運命の転換を迎えたのでした。Alexander MacLeod 氏は、Alice MunroMargaret Atwoodの例を挙げるまでもなく、短編小説というジャンル、そしてそれに関する 批評活動においてもカナダでは近年、とみに隆盛であること、しかし必ずしもそれに見合うだけの広い 読者を得てこなかった事情を Munro の文学活動の経歴を辿りながら、丁寧に説明されました。MacLeod 氏からは、この度の来日の思い出を語る心温まるエッセイを寄稿いただいています。(ちなみに Kim Thúy 氏から寄せられた原稿は紙幅の関係もあり、次号春号で掲載されるとお聞きしています)。

研究発表、シンポジウムにおける各発表、それぞれがすぐれたものでした。本学会顧問の堤稔子先生 が出席され、皆さんと歓談できたこともうれしいことでした。9 月になり、こうして時が経って振り返りますと、白百合女子大キャンパスのしっとりとした森のたたずまいも思い出されます。正門からチャペ ル鐘楼のある 3 号館会場への小道の両側はうっそうとした緑が囲んでいるのですが、懇親会場へ向かう 雨上がりの夕暮れ時、かぐわしい濃緑の中に、群青の花房をピンクの萼片が包む額紫陽花がところどこ ろに映えていました。うっとうしいはずの梅雨の時期に毎年本大会は開催されますが、皆さまのおかげ で今年も爽やかな、すばらしい時間を過ごすことができました。ありがとうございます。

 

第 38 回日本カナダ文学会年次研究大会のお知らせ 

「第 38 回日本カナダ文学会年次研究大会」は、室 淳子会員のご協力で、2020 年 6 月 20 日(土)に名 古屋外国語大学(愛知県日進市)で開催されます。大会のシンポジウムのテーマは「カナダのグラフィ ック・ノベルズ」です。午前の部の研究発表、及びシンポジウムの発表者を募ります。発表希望の会員 は、佐藤アヤ子会長(ayasato@eco.meijigakuin.ac.jp)までご連絡ください。 

page3image9336 page3image9496 page3image10080
 
 

37 回研究大会概要 <研究発表>(Research Presentations)

<1> 揺らぐ家族像と不気味なものたち―HriomiGotoHopefulMonsters Unsettling the Family Image and the Uncanny: Hiromi Goto’s Hopeful Monsters

(岸野 英美会員)

本発表では、カナディアン・ゴシック文学の系譜に位置づけられることもあるヒロミ・ゴトー(Hiromi Goto, 1966-)の短編集『ホープフル・モンスターズ』(Hopeful Monsters, 2004以下『モンスターズ』 と表記)の家族と家族に関わる怪異の存在に着目し、ゴトーがいかに典型的で伝統的な家族像や既成概 念を揺るがそうとしているかを探った。『モンスターズ』で描かれる不気味な化け物たちは、それぞれの 作品で重要な役割を担うものとして登場する。例えば「キャンプ・アメリカーナ」(“Camp Americana”) では、主人公のマサヒロの前に化け猫やろくろ首が現れる。従来の男性中心的な家庭像を当然のものと 考えるマサヒロが遭遇したこの化け物たちは、カナダで対等な立場にあるマサヒロの息子夫婦や自由奔 放な孫たちとの交流から生じたマサヒロの中の歪みであり、それが大きな恐怖となって表れたものと言 える。女性特有の授乳や育児、母と子の関係性の苦悩が描かれている「胸の話」(“Tales from the Breast”) や「川の向こうから」(“From across a River”)には、母親が精神的に追い詰められた人間、つまり通常 の世界の枠組みや常識から踏み出しかけた人間として登場する。これは母親たちが従来担うべき役割や規範意識が、いかに異質なものであるかを浮き彫りにしていると言える。「臭い少女」(“Stinky Girl”) には、ネズミのように底辺を這い回り、家族や周囲から疎外され続けた大柄で臭い女が登場する。彼女 の物語には、時間を経て規範化された五感に対する固定観念をも覆す可能性が示唆されている。表題作 「ホープフル・モンスターズ」(“Hopeful Monsters”)には両性具有を彷彿とさせる女系家族が描かれて いる。一つの身体に両性を具有させる存在は、異性愛と同性愛の二項対立以上に、規範そのものが存在 する社会を揺るがす可能性をも持っている。以上のように日本人に馴染み深い妖怪やゴトーの新たな視 点が加わった化け物が登場する『モンスターズ』において典型的な家族像や家族の在り方そのものの常 識、ジェンダー・ロールが問い直される。『モンスターズ』は現代のオルタナティヴな家族像とその可能 性が示唆される作品と言えるだろう。

<2> マーガレット・アトウッド作品における T. S. エリオットの影響 《The Influence of T. S. Eliot on Margaret Atwood’s The Circle Game

(出口 菜摘会員)

批評家 Linda Hutcheon は、間テクスト性やパロディーによって、著者による権威的な単一の意味が、 再考されると述べている。T. S. Eliot の作品は、The Waste Land (1922)に顕著なように、多くの引用に よって構成されており、ハッチョンの指摘は、アメリカからイギリスの文壇での地位を獲得しようとし た、エリオットの戦略として読める。とすると、1920 年のイギリスで、エリオットが文壇の地図を書き 換えようとした身振りを、1960 年代のカナダにおいて、Margaret Atwood はどのように受け取ったのか という疑問を本発表の出発点とした。

まず、カナダにおけるエリオット受容について、1960 年代当時の批評状況を辿り、アトウッドがエリ オット作品をいかに受容したのかを確認した。アトウッドの第一詩集 The Circle Game (1966)には、ギ リシア神話や伝承・説話が織り込まれており、神話と作品世界が並置されている。一見したところ、エ リオットと同じく「神話的手法」が用いられているように見えるが、フェミニズム批評が明らかにして きたように、60 年代に入り、女性詩人による神話の見直しや書き換えが行われてきたことを踏まえ、本 発表では両者の相違を指摘した。

具体的にはNorthrop Fryeの存在に注目し、彼の神話批評がエリオットとアトウッドを繋ぐ蝶番のよ うな役割を果たしていることを論じた。その上で、「場所と空間」を軸に、アトウットがエリオットの詩 論を変容させていったことを確認し、アトウッド作品における認識地図と空間形成の方法を浮かび上が らせた。アトウッドは、フライの神話批評の空間把握を契機として、カナダ、もしくは地球規模の空間 を形成していった。エリオットがアトウッドに与えた影響は、フレーズや神話的手法の使用という修辞 レベルにとどまらず、空間の把握において、反転するかたちで、アトウッドに影響を与えたと結論づけ た。

 

<特別講演>(Special Guest Lecture) 《Canada, My Home Country


講演者 (Lecturer): Kim Thúy 氏(作家) 司会・報告 (Chair / Reporter) : 佐々木 菜緒会員

“This is what I wanted....this was how I wanted my life to be: Alice Munro and the Contemporary Canadian Short Story

講演者 (Lecturer): Alexander MacLeod 氏(作家・St. Thomas University 准教授) 司会・報告 (Chair / Reporter) : Armstrong, C. J. 会員

今号には Alexander MacLeod 氏が 6 月から 7 月にかけて日本を訪れた際の印象を綴ったエッセイを寄 せてくださいました。次号では Kim Thúy 氏による特別寄稿を掲載予定です。どうぞお楽しみに。


シンポジウム (Symposium)

カナダの短編小説《Canadian Short Stories


司会 佐藤 アヤ子会長

<発表1> アレクサンダー・マクラウドの短編―錆びゆく土地の霊― 《Alexander MacLeod's Stories: Genius Loci in the Dark and in Decline

(沢田 知香子会員)

Alexander MacLeod10年以上にわたって執筆した7編の物語は、2010年、短編集Light Lifting として刊行された。それぞれ独立した物語ではあるが、そこに“connections”を見いだすことは可能だと、 ある取材でマクラウドは述べる。実際、7編の物語で描きだされる多様な人々の人生ドラマは、ばらば らの点ではなく底流で繋がっているように思える。それは、収録作のひとつ “The Loop”で、主人公の少 年が地域の老人や病人に薬や日用品を配達するため、それぞれの地点をつなぐルート−−即ち「ループ」 −−を、日々、頭の中で描く行為にも似ている。この指摘を皮切りとし、本発表では、7編の物語とそこ に現れる人物たちを繋ぐ土地の役割をクローズアップし、「ループ」に加え、ミシガン・セントラル鉄道 トンネル、デトロイト・リバー、3号線などによって表象される「土地の霊」というテーマを提示した。 これと密接に関連する「身体」というテーマに注目し、表題作 “Light Lifting”“Miracle Mile”“Adult Beginner I”を個々に取り上げ、人生を変えるような“moment”に直面し、“the other side”(向こう側) を視界に捉えながら、ときに暴力的な“undertow”と化した「土地の霊」に引き戻され、ときにその「土 地の霊」と一体化し、ともに錆びゆく人々の姿を分析した。これらの具体例を通して、地の文の“flow” を邪魔せずに挿入される会話文、緻密で鮮明な「身体」の描写や二人称の効果的な使用によって生み出 される“immediacy”や“intimacy”といった語りの特徴や技にも言及した。最後に、短編集を締めくくる、 家族の悲劇を描いた“The Number Three”を取り上げ、“home” −−「土地の霊」の別名とも言えるだろう —というものから“hope”と“curse”の両方が立ち現れるのではないかという問いかけにより発表を閉じた。

<発表 2> マーガレット・アトウッドの Stone Mattress: Nine Wicked Tales 「老い」と「死」と「ぞっとするような笑い」
Margaret Atwood’s Stone Mattress: Nine Wicked Tales—Death, Aging, and “Shocking Laughter”

(戸田 由紀子会員)

本発表では、マーガレット・アトウッドの短編集 Stone Mattress: Nine Wicked Tales に集録されてい る9つの短編に共通する「老い」と「死」のテーマについて考察した。アトウッドはインタビューで、 単なる「想像」からではなく、自身が「老い」を「生き抜いてきた」からこそ「老い」と「死」につい て書けるのだと説明する。また、老人に焦点を当てる大きな魅力に、「復讐」について書けることを挙げ ている。長く生きていると、「人は皆誰もが心底殺したいと思うような人が少なくとも一人はいる」から だ(CBC Extended Interview)。本作のノヴェラとして読める最初の3編の物語と “The Dead Hand Loves You” “Stone Mattress” は、「老い」と「死」に加えて「復讐」がテーマとなっている。これら 短編の主人公たちは、自分たちの人生を振り返り、半世紀以上抱き続けてきた恨みを晴らす。「復讐」は、 人生の終わりを意識しているからこそ実行される「終活」として提示されている。身体的・精神的な衰 えや「孤独」が強調されてきたこれまでの英語圏文学作品とは異なり、Stone Mattress は「老い」や「死」 の喜劇的側面を強調し、身体的には衰えても、精神的には衰えることのない老人たちの姿をコミカルに 描き出す。本書の短編には、 “wicked tales” というサブタイトルが示唆するように、不道徳さや邪悪 さと同時に、いたずらな遊び心があり、またそこには、「ぞっとするような笑い」がある。本発表では、 タイトルストーリーである “Stone Mattress” に焦点を当て、この短編がどのように「老い」と「死」を 描き出しているかを具体的に考察した。

“Stone Mattress” は、老いても未だ衰えることのないウィットと “devious mind” でもって 5 人の 男性を殺害する主人公 Verna の物語である。そこには、能動的に「死」と向き合う Verna の「老活」と 「終活」の物語がある。「死」は終着点ではなく、周りに新たなインパクトを与え得るものとして提示さ れている。そして Verna の物語が “wicked tale” として語られることによって、物語の最後まで、また 人生の最期まで、何が起こるか分からない “playfully mischievous excitement” とそれに伴う「ぞっと するような笑い」を提供していることを明らかにした。

 

<発表3> アリス・マンローの短篇小説 《Alice Munro’s Short Stories

(松本 朗会員)

Adrian Hunter, The Cambridge Introduction to the Short Story in English (Cambridge UP, 2007)は、 短篇小説史を英語圏文学という広いパースペクティヴで捉えてみせる好著である。本発表では、Hunter の顰みに倣いアリス・マンローを英語圏文学の作家と見なした上で、最近の「メタモダニズム研究」(David James and Urmila Seshagiri, “Metamodernism: Narratives of Continuity and Revolution” [PMLA, vol. 129, no. 1])の観点から、マンローの短篇小説をヨーロッパのモダニズムと関連を有するメタモダニ ズム的テクストとして論じる。それによって、コスモポリタンな作家としばしば見なされるマンローが、 1920 年代イギリスの盛期モダニズムの形式を引用しつつ、内容の上では、マンロー自身の時代の歴史的 文脈とその社会・政治的問題を表象していることを明らかにする。

具体的に取り上げるのは、“The Peace of Utrecht” (1960)“The Ottawa Valley” (1974)“Comfort” (2001)という、病をテーマとする共通点を有しながらも、年代に応じてそのテーマを歴史化していると思 われる 3 編の自伝的作品である。“The Peace of Utrecht”において、マンロー自身を彷彿とさせる語り手 は、パーキンソン病の母親を「モンスター」の様相を帯びた病人であり、家族にとっては恥ずかしい存 在であったと語るが、14 年後に発表された“The Ottawa Valley”では、パーキンソン病を患う母の思い出 を語る語り手自身の心情が、病をスティグマと見なす社会の偏見に満ちた考え方を内面化するものとし てメタ的かつ批判的に浮き彫りにされる。このような変化は障害学研究(Disability Studies)の進展を 思わせなくもないが、マンローの形式と内容両面に跨がる実験は、むしろ “Comfort”において非凡な展 開を見せる。“Comfort”では、娘が表象を試みる決して届くことのない母の内面は、ある種のモダニズム 的瞬間の遅れた顕現として想像的にあらわされるのだが、重要なのは、その瞬間は 1920 年代の盛期モダ ニズムの時代にそうであったような個人の美的な瞬間というよりはむしろ、個人と共同体の関係を再構 築し、共同体の再編成を促すものとなっている点である。その意味において、マンローの短篇小説は、 狭義のカナダ文学というよりは、ヨーロッパとの関係を含む英語圏のメタモダニズム的テクストと考え ることができるだろう。


<特別寄稿>(Special Article)

Alexander MacLeod

In June and July of this year, I visited Japan as a guest of the Canadian Literary Society of Japan. The trip was a busy, but wondrous experience for me. Over the course of two weeks, I spoke at the society’s annual conference in Tokyo and then lectured at a series of different universities in Niigata, Nagoya and Osaka. The journey concluded with a spectacular event: a special presentation and an on-stage interview with Durian Sukegawa at the Canadian Embassy in Tokyo. My wife, Crystal, and I saw a lot in Japan as we travelled, often via Shinkansen, from place to place. It truly is a beautiful country−−the landscape and the culture are stunning−−but the thing I will remember most are the people I met. They were somehow even more impressive than the country itself and I know that the relationships I established during this intense time are the true treasures I am carrying back from Japan.

First and foremost, I owe a profound debt of gratitude to my friend and colleague, Dr. Chris Armstrong of Chukyo University. He was the key organizer of the trip and I will never forget how hard he worked on my behalf or the true hospitality he and his family (a gifted troupe of singers and dancers!) shared with us. Professor Emeritus, Ayako Sato, President of the society and a board member of the PEN JAPAN club, was equally important and I appreciate the special care she took to ensure the success of both the conference and the embassy event.

Though I never saw it coming, one of the most powerful moments of my writing life jumped up and surprised me during that conference. As I sat there in a hot classroom listening to Professor Chikako Sawada deliver her wise and nuanced analysis of my work, I felt a kind of renewed faith in the power of literature and the way that it can cross boundaries of language and culture and distance. Though Professor Sawada and I grew up on opposite sides of the planet, it was amazing to me, and immediately obvious, that she understood my stories at the very deepest levels and was even able to see elements in them that I had never noticed before. This is a strange and inspiring experience for a writer, a rare gift, and I want to thank her for that.

My colleague, Professor Yoko Araki, from Keiwa College could not have been any nicer to us as she and her daughter, Marie, toured us around their hometown of Niigata and showed us the famous aquarium with its North American beavers and its prized performing otter. Similarly, Dr Genichiro Itakura of Kansai University was equally kind as he and his wife shared a day touring us around Kyoto. All the students I met and the staff from the various universities and publishing companies were very kind and we shared many great conversations. For our final night, Reiko Shimizu, from the Canadian Embassy, organized a stellar event with a packed theater and a beautiful reception. It was a magical evening−−a true once-in a lifetime event−−and I was glad that our trip ended with such a crescendo.

I hope all these people know how much I appreciate the efforts they made on my behalf. As we parted after our last dinner together, I told Mr. Sukegawa and Professor Sato that they can always count on me as a good friend in Canada. The same goes for all these people. I hope we can see each other again soon, in one home or the other, and I look forward to building many more happy memories.

 

36回日本カナダ文学会 2019年度総会

総会:2019年6月29日(土)13:00~13:20 
(会員総数64名中31名出席、委任18名;総会成立) 


[報告事項]

1)2020年度年次研究大会の件

開催日:2020年6月20日(土) 
開催場所:名古屋外国語大学(愛知県日進市) 
シンポジウムテーマ:グラフィック・ノベルズ 

2)『カナダ文学研究第26号』の発行の件

3)Newsletter 70号と71号発行の件

4)2018年9月15日、日本カナダ学会学術賞 日本カナダ学会特別賞を受賞

対象書籍は、『ケンブリッジ版カナダ文学史』 

5)ケベック州政府在日事務所賛助会費・在日カナダ大使館賛助会費状況

6)その他

[審議事項]

1)『カナダ文学研究第27号』紀要締め切りと発行時期の件

投稿申込み締切7月末・投稿締め切り9月末・年内発行

査読の厳正化(次号に回す可能性も検討)

費用がかさむ場合には、執筆者の負担を含む 

2)NL72号・73号発行の件 編集委員に荒木会員を追加

3)2018年度・2019年度会計報告(別紙参照)

4)新入会員・退会会員(敬称略)

新入:大槻志郎(龍谷大学非常勤講師)、丸山由利(さいたま市立七里中学校)、 巖谷薫(早稲田大学大学院)

  退会:笹井悦子、山口知子、Dawn Michele Ruhl 5)2020年は役員選挙年

6)その他


〈訃報のお知らせ〉

作家で、Margaret Atwood の長年のパートナーであった Graeme Gibson 氏が、9 18 日に UK の ロンドンで他界されました。ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。


事務局からのお知らせ

<新入会員紹介>

巖谷 薫(早稲田大学大学院 博士課程、東京農業大学 非常勤講師)
修士論文では
Elizabeth Bishop(20 世紀、カナダ生まれのアメリカ詩人)の詩における自然表象に ついて書きました。博士論文では Margaret Atwood 作品の自然表象について書く予定です。フェミ ニズムと環境批評の接点に興味を持っています。カナダや Atwood について、ぜひご教示ください。

大槻志郎 (龍谷大学 非常勤講師)
3 月に龍谷大学を早期退職し、今年度は非常勤です。主にグレアム・グリーンを読んできて、この 頃は広く短編小説一般に興味があります。カナダ文学は、マイケル・オンダーチェを知って意識し 始め、アリステア・マクラウドにも惹かれるようになりました。素人同然ですが、よろしくお願い します。

丸山由利(さいたま市立七里中学校) 東京二期会準会員でもある私は、音楽と文学のつながりを研究しております。昨年度はモーツァル トのオペラとして有名な、ボーマルシェ『フィガロの結婚』について、オペラと原作を比較した論 文を書きました。カナダ文学会においてもその音楽と文学のつながりを探求できればと思っており ます。よろしくお願いいたします。 

<退会者>

笹井悦子 山口知子 Dawn Michele Ruhl

<学会費のご案内>

2019 年度の学会費がお済みでない方は下記の口座までお納めください。なお、2018 年度以前の学会費 がお済みでない方は合わせてお振込み頂けましたら幸いです。

振込先: 郵便振替口座: 00990-9-183161 日本カナダ文学会 銀行口座: 三菱 UFJ 銀行 茨木西支店(087) 普通 4517257

日本カナダ文学会代表 室 淳子

正会員 7,000 円  学生会員 3,000 円

編集後記

昨年の Tony Tremblay 氏に続き、今年もカナダ沿岸州から Alexander Macleod 氏をお招きできました。 お二人が敬愛する沿岸州出身の文人の一人に Alden Nowlan(1933-1983)という詩人がいます。個人的 に私も関心を寄せてきた詩人の一人でしたが、これまでなかなか読む時間がとれずにいました。ところが一作年、彼のCollected Poemsが出版されたことなどをTremblay氏来日の際にお教えいただき、興 味が再燃しました。先日、その Nowlan の詩をアメリカ詩人やカナダ作家が朗読する企画などが盛り込 まれたドキュメンタリー(2004 年製作)を観る機会がありました。アメリカ詩人 Robert Bly が Nowlan の詩を絶賛し、自ら選詩集まで編んでいたことは知っていましたが、フィルムには彼の他にビート詩人 Allen Ginsberg による朗読、さらにカナダ作家 David Adams Richards や Mordecai Richler、そして驚 いたことに、 Alexander Macleod 氏の父君 Alistair MacLeod も彼の詩を数篇朗読し、Nowlan につい て語っていました。沿岸州の過酷な生活や土地に対する濃密な思い、魂の故郷スコットランドへの憧憬 や記憶を通して、人間にとって本当に大切なものを静かに、そして力強く問う Alistair MacLeod の作品 は、確かに Nowlan の詩の世界に通じています。Nowlan と Macleod 父子との精神的なつながりを垣間 見ることができたことは、この夏の思いがけない喜びでした。 (M)

6 月の大会は、Kim Thúy さんと Alexander MacLeod さんというすばらしい作家お二人をお迎えし、 雨の日ではありましたが紫陽花の色も映える白百合女子大学のきれいなキャンパスの雰囲気ともあ いまって、カナダ文学会らしい、心地よく充実した大会でした。後日、会長のお声がけのおかげで、 ご都合のついた会員のお仲間とともに、カナダ大使館でのマクラウドさんの講演会に参加すること ができ、また充実のひとときを過ごさせていただきました。8 月、ばたばたと学期末の仕事を片付け てエディンバラに飛び、国際ブック・フェスティバルでいくつかのトーク・イベントに参加しました。 幸運にも、カナダの作家 Miriam Toews Women Talking をベースにした theatrical performance を観 ることができました。パフォーマンス後に脚本家や役者、作家自身の話もあり、多くの参加者の心を掴 んだイベントでした。サイニング・テントで Toews さんと少しお話しできましたが、とてもチャーミン グな方でした。エディンバラに続き、トロントのブック・フェスティバルで Women Talking を上演予定 とのことでした。日本でも観られる機会があればステキだろうと思ったことでした。 (S)

 

NEWSLETTER THE CANADIAN LITERARY SOCIETY OF JAPAN 72号 発行者 日本カナダ文学会

代 表 編 集 事務局

佐藤アヤ子
松田寿一&沢田知香子
& 荒木陽子 名古屋外国語大学 現代国際学部
室 淳子(副会長)研究室
470-0197 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57 TEL: 0561(75)2671
EMAIL: muro@nufs.ac.jp

http://www.canadianlit.jp/

page12image11768

会長連絡先

EMAIL: ayasato@eco.meijigakuin.ac.jp

学会ホームページ: https://blog.goo.ne.jp/

kanadabungakukai84burogudayo 

コメント

第37回年次研究大会

2019-05-14 | 大会情報

日本カナダ文学会37回年次研究大会プログラム

Programme of the 37th Conference of the Canadian Literary Society of Japan

 


日時:2019629日(土)10:00-17:40930受付開始)

Date and Time:  29 June 2018 (Sat) 10:00-17:30 (Registration opens at 09:30)

 

会場:白百合女子大学 3号館 3116教室

Venue: Shirayuri University (Building 3, Room 3116)

〒182-8525 東京都調布市緑ケ丘1丁目25  電話:03-3326-5050(代)

1-25 Midorigaoka, Chofu-shi, Tokyo 182-8525

総合司会 副会長 室 淳子

Conference Chair: Junko Muro

Vice President, Canadian Literary Society of Japan

開会の辞 会長 佐藤 アヤ子                                       10:00-10:10

Opening Remarks  Ayako Sato, President, Canadian Literary Society of Japan


午前の部Morning Session

研究発表 Research Presentations

 

司会 原田 寛子(福岡工業大学)Chair: Hiroko Harada, Fukuoka Institute of Technology

1.岸野 英美(松江工業高等専門学校)Presenter: Hidemi Kishino, National Institute of Technology, Matsue College

10:10-11:00

揺らぐ家族像と不気味なものたち―Hiromi GotoのHopeful Monsters

Unsettling the Family Image and the Uncanny: Hiromi Goto’s Hopeful Monsters

 

司会 松田 寿一(北海道武蔵女子短期大学)Chair: Juichi Matsuda, Hokkaido Musashi Women’s Junior College

2.出口 菜摘 (京都府立大学) Presenter: Natsumi Deguchi, Kyoto Prefectural University

11:05-11:55

マーガレット・アトウッド作品におけるT. S. エリオットの影響

The Influence of T. S. Eliot on Margaret Atwood’s The Circle Game


昼食休憩 Lunch Break                         11:55-13:00


総会 General Meeting  議長 佐藤 アヤ子 Chair: Ayako Sato          13:00-13:20


午後の部 Afternoon Session


特別講演・Special Guest Lecture

司会 佐々木 菜緒(明治大学)Chair:Nao Sasaki, Meiji University        13:25-14:05

1. Kim Thúy(Writer)

"Canada, My Home Country"

 

司会 Armstrong, C.J.(Chukyo University)                               14:10-14:50                                                                

2. Alexander Macleod(Writer, Saint Mary’s University)                  

 “This is what I wanted....this was how I wanted my life to be:” Alice Munro and the Contemporary Canadian Short Story


休憩 Break                                            14:50-15:00


シンポジウム Symposium                                                                          15:00-17:30


カナダの短編小説《Canadian Short Stories

司会 佐藤 アヤ子(明治学院大学)Chair: Ayako Sato, Meiji Gakuin University

 

沢田 知香子(山梨大学)Chikako Sawada, University of Yamanashi

アレクサンダー・マクラウドの短編―錆びゆく土地の霊―

Alexander MacLeod's Stories: Genius Loci in the Dark and in Decline

 

戸田 由紀子(椙山女学園大学)Yukiko Toda, Sugiyama Jogakuen University

マーガレット・アトウッドの “Wicked Tales” ―「老い」と「死」と「ぞっとする笑い」

Margaret Atwood’s Nine “Wicked Tales”—Death, Aging, and ‘Shocking’ Laughter

 

松本 朗(上智大学)Hogara Matsumoto, Sophia University

アリス・マンローの短篇小説

Alice Munro’s short stories

 


閉会の辞 松田 寿一(北海道武蔵女子短期大学)                      17:30-17:40

Closing Remarks  Juichi Matsuda, Vice President, Canadian Literary Society of Japan

 

 

 

後援 カナダ大使館・ケベック州政府在日事務所

Supported by the Embassy of Canada and the Délégation générale du Québec à Tokyo

(*会員外で大会参加の場合は1000円頂きます。Please note: There is a conference fee of \1000 for non-members.)

 

懇親会・Post-Conference Party (18:00~20:00)

場所:センガワ ポワール(仙川駅前) 電話:03-6909-0609

Venue: Sengawa Poire

会費・Members’ fee for party   5000円

 

白百合女子大学案内・Directions to Shirayuri University

アクセス・Access http://www.shirayuri.ac.jp/guide/access/

新宿駅より京王線で「仙川」駅下車。約20分。徒歩10分。

From Shinjuku Station, take Keio Line to Sengawa Station (about 20 minutes). 10-minute walk to venue.

なお、大学内・周辺には飲食施設がほとんどありません。昼食をご持参ください。駅から大学の途中にパン屋、コンビニ、スーパーがありますのでご利用ください。

Please bring your own lunch. The university basically does not have dining facilities. Please get something at the bakeries, convenience stores, and supermarkets on the way.


宿泊参考案・Accommodation

仙川駅周辺に宿泊施設はありません。調布駅か新宿駅周辺での宿泊をお勧めします。参考までに調布駅と新宿駅周辺ホテルを挙げておきます。

There is no accommodation in the Sengawa Station area. There is accommodation available near Chofu Station and Shinjuku Station. Please see the list below for some possible places to stay.

①アーバンホテルツインズ調布 (調布駅より徒歩1分)

 東京都調布市布田1-47-4   Tel. 042-486-3500

   Urban Hotel Twins Chofu (1 minute walk from Chofu Station)

   1-47-4 Nunoda, Chofu-shi, Tokyo   Tel 042-486-3500

②調布クレストンホテル (調布駅向かい パルコ上階)

 東京都調布市児島町1-38-1  Tel. 042-489-5000

  Chofu Creston Hotel (Across the street from Chofu Station, 8-10F of Parco)

  1-38-1 Kojima-cho, Chofu-shi, Tokyo  Tel 042-489-5000

③ホテルサンルートプラザ新宿 (新宿駅より徒歩3分)

   Hotel Sunroute Plaza Shinjuku (3-minute walk from Shinjuku Station)

   2-3-1 Yoyogi, Shibuya-ku Shinjuku Tel 03-3375-3211

 

 

発表要旨

岸野英美(松江工業高等専門学校)

揺らぐ家族像と不気味なものたち

―Hiromi GotoHopeful Monsters

ヒロミ・ゴトーの初の短編集Hopeful Monsters(2004、以下『モンスターズ』と表記)は、11編の短編小説から成る。『モンスターズ』の多くの作品には、ゴトーの処女作『コーラス・オブ・マッシュルーム』(Chorus of Mushrooms, 1994)や長編小説『カッパ・チャイルド』(The Kappa Child, 2001)、あるいは児童文学作品である『ウォーター・オブ・ポシビリティ』(The Water of Possibility, 2001)と同様、ゴトーが影響を受けた日本の神話や民話に頻出する妖怪や伝説上の生き物が語り直されている。しかし、『モンスターズ』は、全体的に怪異の雰囲気が色濃く漂っているという点で、それ以前の三作品と大きく異なる。ジークムント・フロイト(Sigmund Freud)が「不気味なもの」(“Das Unheimliche,” 1919)の中で、「不気味なものとは慣れ親しんだもの、馴染みのものであり、それが抑圧された後に回帰したものである」(フロイト187)と論じているように、『モンスターズ』の怪異な雰囲気は最も身近にあり、慣れ親しんでいる家や家族から発していることが多い。本短編集の多くで、家庭的な安全性や安心感を与えるはずの家や家族が、危険で不気味な現象や不安や恐怖といった負の感情を登場人物たちに引き起こしているのである。そこで本発表では、『モンスターズ』の短編小説に描かれている家族と家族に関わる怪異の存在に着目し、いかにゴトーが典型的で伝統的な家族像や家族の在り方そのものの常識や既成概念を問い直そうとしているかを探っていきたい。

 

Unsettling the Family Image and the Uncanny:

Hiromi Goto’s Hopeful Monsters

Hidemi KishinoNational Institute of Technology, Matsue College

Yokai, creatures found in Japanese mythology and folklore, and other legendary creatures of Japan, are found in eleven of the short stories in Hiromi Goto’s Hopeful Monsters (2004). These creatures are also found Goto’s debut novel, Chorus of Mushrooms (1994), her second novel, The Kappa Child (2001), and in her book for children, The Water of Possibility (2001), but Hopeful Monstersis quite different from these other books because it strongly projects an atmosphere of the monstrous. In his paper “Das Unheimliche” (The Uncanny) (1919), Sigmund Freud characterizes this element as “nothing else than a hidden, familiar thing that has undergone repression and then emerges from it”; as if in illustration, the monstrous atmosphere in Hopeful Monsters come from the closest and most familiar elements of home and family. In many of the stories in this book, home and family, which are commonly considered refuges and sources of safety, generate negative affects like feelings of danger and terror in the central characters. In this presentation, I examine the conjunction of the family and the monstrous in Goto’s Hopeful Monsters, and I then explore how Goto rethinks the common understanding and stereotypes surrounding the image of the traditional family and of how the family functions.

 

出口菜摘(京都府立大学)

マーガレット・アトウッド作品におけるT. S. エリオットの影響

本発表は、Margaret Atwoodがモダニズム詩人T. S. Eliotの作品や詩論をいかに受容したかについて考察する。両者の作品にみられる円環のイメージや水のシンボリズム、フレーズの類似性など、アトウッド作品にエリオットの影響が見られることは、Judith McCombsを始め、先行研究においてすでに指摘されている。

 本発表では、先行研究を踏まえたうえで、両者の作品にみられる「神話的手法」にフォーカスを当てる。エリオットは第一次世界大戦後のヨーロッパを念頭に、評論 “Ulysses, Order and Myth”(1923)において、「神話」の枠組みを用いることは、混沌とした現代を秩序づける手法であると説明した。アトウッドの第一詩集The Circle Game(1966)には、ギリシア神話や伝承・説話が織り込まれており、一見したところ、神話と作品世界が並置されている。たとえば、‘After the Flood, We’は、ギリシア神話のデウカリオンの挿話を想起させるもので、詩のなかの男女はデウカリオンとピュラに見立てることができる。また、‘A Sibyl’はペトロニウスの『サチュリコン』で描かれるクーマエのシビュラを思わせ、彼女はエリオットの代表作The Waste Land (1922)のエピグラフでも言及されている。

 両者の類似性はあるものの、アトウッドが用いる「神話的手法」は、カナダという地政/地勢とジェンダーの観点、さらには時代背景という点で、エリオットが用いた神話的手法と大きく異なる。そこで本発表では、アトウッドの『サークル・ゲーム』と、エリオットの『荒地』を比較することで、神話的手法の用い方やそこから生まれる「意味」の相違について論じる。

  

The Influence of T. S. Eliot on Margaret Atwood’s The Circle Game

Natsumi Deguchi (Kyoto Prefectural University)                   

This presentation discusses how Margaret Atwood adapted T. S. Eliot’s poetics. Previous studies by Judith McCombs and Sandra Djwa have revealed the influences of Eliot on Atwood. Based on these detailed studies, this presentation concentrates on Eliot’s poetic theory of “the mythical method.” In the essay “Ulysses, Order, and Myth”(1923), Eliot defined this method as “a way of controlling, of ordering, of giving a shape and a significance to the importance to the immense panorama of futility and anarchy…”(177) that is the background of the post-World War I social and cultural context. In fact, his poem The Waste Land (1922) borrowed its main structure from Jess Weston’s From Ritual to Romance (1920) and Sir James Frazer’s Golden Bough (1890-1915). Similarly, Atwood makes use of the method in some of her poems in her first collection of poems The Circle Game (1966). For example, “After the Flood, We” appears to share themes with ancient Greek flood myths, especially the Deukalion episode. Also, “A Sybil” could be associated with the Cumaean sybil depicted in Petronius’s Satyricon, which was interestingly enough quoted as the epigraph of Eliot’s The Waste Land. However, the geopolitics (England/Canada), gender (male/female) and literary generation (20s’/60s’) are other aspects that also need consideration. Through the comparison of The Circle Game and The Waste Land, it will become clear that Atwood’s use of myths produces different effects and meanings from Eliot’s, and that she subverts the traditional figure and Eliot’s work.

 

Guest Lecture

“Canada, My Home Country”

Kim Thúy

Canada gave a home to tens of thousands of Vietnamese boat people in the late 70's and early 80's. Possibilities and the challenges arose at the same pace at the same time for these new immigrants to take roots and build their new homes on their new land.  Kim Thúy's journey from being an interpreter, a lawyer, a restaurateur and finally a writer is one of many examples where dreams have come true in Canada. 

 

 

シンポジウム:《カナダの短編小説》

沢田 知香子(山梨大学)

アレクサンダー・マクラウドの短編錆びゆく土地の霊

Alexander MacLeodの短編集Light Liftingには、10年以上に及ぶ年月をかけて書かれた7つの物語が収められている。マクラウドのこの処女作は、2010年に出版されると様々な文学賞の候補となり、多くの批評家やアリ・スミスのような作家から高く評価され、アトランティック・ブック・アワードを受賞した。連作ではなく、初めから1冊の本として編むことが想定されていたわけでもない、それぞれに独立した物語には、それでも何か共通したものが流れている。その何か見えない流れに潜んでいるものを、ここでは「土地の霊」と呼ぼうと思う。カナダの寂れゆく工業都市で、異なったライフステージにある多様な登場人物たち-主にワーキングクラスの、普通の老若男女-はそれぞれに人生を変えうる瞬間、出来事に遭遇するが、そのようなとき、彼らは皆、あまりにも暗く危険な“undertow”に呑み込まれてしまうことを運命付けられているかのようだ。その逆流は土地の呪縛なのだろうか。本発表では、7つの短編のうち、暴力的な「逆流」の体験を心身に深く刻み込んだヒロインを描く「成人初心者I」に焦点を当てる。特に、すべての読者の注意を引くであろう身体という重要な要素との関連を通して、斜陽の工業都市に暮らす人々の人生における、その「土地の霊」の存在というものを考えてみたい。

 

Alexander MacLeod's Stories: Genius Loci in the Dark and in Decline

Chikako Sawada (University of Yamanashi)

Alexander MacLeod’s debut collection, Light Lifting (2010) contains seven stories. It took MacLeod over ten years to publish them in a single book. The collection was nominated for a number of literary awards, including the Scotiabank Giller Prize, and won the Atlantic Book Award. The brilliance of MacLeod’s narrative and form has been highly acclaimed by critics and also by such writers as Ali Smith.

The author was raised in Windsor, Ontario, and his stories portray a variety of characters, ordinary people of all ages and both sexes, living in the Canadian rustbelt. Each of those characters faces or experiences some critical moment and ends up, it seems, trapped in the “undertow,” just as the heroine of “Adult Beginner I” is haunted by her memory of the violent current.

In this presentation, I would like to consider this destructive force, which I will call the genius loci, which shocks the reader as well as the characters. I will explore its role in the characters’ lives, especially through its connection with the human body. While referring to other stories, this presentation will mainly focus on “Adult Beginner I.”

 

戸田由紀子 (椙山女学園大学)

マーガレット・アトウッドの “Wicked Tales” —「老い」と「死」と「ぞっとする笑い」

マーガレット・アトウッドの短編集Stone Mattress: Nine Wicked Tales に共通するテーマは「老い」と「死」である。アトウッドはインタビューで、単なる「想像」からではなく、自身が「老い」を「生き抜いてきた」からこそ「老い」と「死」について書けるのだと説明する。また、老人に焦点を当てると「復讐」ついて書けるため、「面白い」とも述べている。長く生きていると、「人は皆誰もが心底殺したいと思うような人が少なくとも一人はいる」からだ(CBC Extended Interview)。本作のノヴェラとして読める最初の3編の物語(“Alphinland,” “Revenant,” and “Dark Lady”) と “The Dead Hand Loves You” と “Stone mattress” は、「老い」と「死」に加えて「復讐」がテーマとなっている。これら短編の主人公たちは、自分たちの人生を振り返り、半世紀以上抱き続けてきた恨みを晴らす。「復讐」は、人生の終わりを意識しているからこそ実行される「終活」として提示されている。身体的・精神的な衰えや「孤独」が強調されてきた作品(アリス・マンローの “The Bear Came Over the Mountain”やカズオ・イシグロのThe Buried Giantなど)とは異なり、Stone Mattress は「老い」や「死」の喜劇的側面を強調する。アトウッドの描く老人たちは、「死」という終着点へ向かって萎れていくのではなく、それぞれに“devious mind”を働かせながら、能動的に「死」と向き合っているのだ。本発表では、タイトルストーリーである “Stone Mattress” に焦点を当て、この “wicked tale” がどのように「老い」と「死」を描き出しているかをみていきたい。

 

Margaret Atwood’s Nine “Wicked Tales”: Death, Aging, and “Shocking Laughter”

Yukiko Toda (Sugiyama Jogakuen University)

Margaret Atwood’s Stone Mattress: Nine Wicked Tales is about death and aging. Atwood explains how these topics are relevant to her because she is not just “imagining” but has “lived through” the experience of aging. Writing about old people is “fun,” she adds, because she can write about revenge—for “by a certain stage of life we’ve all got at least one person we would really like to kill” (CBC Extended Interview). The first three related stories (“Alphinland,” “Revenant,” and “Dark Lady”), which can be read as a novella, and “The Dead Hand Loves You” and “Stone Mattress” are all as much about “revenge” as death and aging. The main characters in these stories look back on their past lives and try to settle the grudge they have been carrying for more than half a century. “Revenge,” in other words, is carried out as an active preparation for one’s death. Unlike other works such as Alice Munro’s “The Bear Came Over the Mountain” and Kazuo Ishiguro’s The Buried Giant that emphasize the physical and mental decline and “loneliness” experienced in old age, Stone Mattress depicts death and aging by emphasizing its comic side. Atwood’s protagonists do not simply wither away to death, but instead, use their “devious” minds to face death actively. This presentation will focus on the title story, “Stone Mattress,” and look at how this “wicked tale” explores the theme of death and aging.

 

松本 朗(上智大学)

アリス・マンローの短篇小説

 〈カナダの短篇小説〉と言うとき、〈カナダの国民文化としての短篇小説〉と〈カナダの作家によって書かれた短篇小説〉という二つの意味が考えられる。本発表では、この大きな問題を視野に入れつつ、まずはHunterの顰みにならって、英語圏文学の短篇小説史という大きな枠組みの中にマンローのテクストを位置づけ、その意義を再検討する。Hunterは、英語圏短篇小説史を、①19世紀後半の出版文化興隆期、②モダニズム期、③ポストモダニズム期、④ポストコロニアル期以降、の4期に分類し、マンローの開拓移民をテーマとする作品群を④に位置づけて優れた議論を展開するのだが、本発表では、このHunterの議論に斜めからの介入を試みたい。具体的には、マンローの短篇小説に見られる〈時間〉の表象という前衛的モダニズムと関連する特徴の形式・内容両面の意義を考察することを目的に、〈病〉を扱う短篇テクストを、最近のメタモダニズム研究と、病やケアに関する研究の交差する地点に再配置する。マンローのテクストでは、病に罹った者と、病をケアする者の間に意識やコミュニケーションの断絶が生まれ、それが時間の問題と連動しつつ作品に奥行きや意味の決定不可能性を与える。 “What Do You Want to Know For?” (The View from the Castle Rock, 2006); “Comfort” & “The Bear Came over the Mountain” (Hateship, Friendship, Courtship, Loveship, 2001) 等を例に、マンローが扱う〈病〉のテーマが前景化する時間の感覚や他者の不可知性が、メタモダニズム的側面と連動していることを明らかにしつつ、その意味を歴史化したい。

 

Alice Munro’s Short Stories

Hogara Matsumoto (Sophia University)

When we speak of the “Canadian short story,” what do we mean by “a national art form” or more simply, works written by Canadian authors? Focusing on this question, this presentation first attempts to place Alice Munro’s short stories within the framework of English literature by referring to Adrian Hunter’s The Cambridge Introduction to the Short Story in English (Cambridge UP, 2007). In this comprehensive study, Hunter divides the history of the short story in English into four phases: (1) the rise of the short story in the nineteenth century; (2) the modernist short story; (3) post-modernist stories; and (4) postcolonial and other stories. According to Hunter’s classification, Munro’s texts, which treat the colonial past belong in fourth category, whereas this paper will discuss Munro’s works published after 2000 as meta-modernist texts; that is, texts inheriting a legacy from modernism. Munro’s works often present the problems of illness and care, as in “What Do You Want to Know For?” (The View from Castle Rock, 2006), “Comfort” and “The Bear Came Over the Mountain” (Hateship, Friendship, Courtship, Loveship, 2001)), shedding light on the way illness brings about the characters’ psychological distance, their different senses of time, and the gaps in their cognition of the world. In short, these texts will be reinterpreted and historicized from the perspective of meta-modernism and studies in care/illness.

コメント

Newsletter 71

2019-04-01 | Newsletter

NEWSLETTER

THE CANADIAN LITERARY SOCIETY OF JAPAN

L'association japonaise de la littérature canadienne

Number 71 (Spring, 2019)

 

 

会長挨拶

日本カナダ文学会会長 佐藤 アヤ子

花の季節となりました。会員の皆様にはますますご活躍のこととお喜び申し上げます。 NEWSLETTER 71 号をお届けします。

ブリティッシュ・コロンビア州関連のニュースで、“satellite family”とか、“speculation tax”と いう文字を最近よく見かけます。〈サテライト家族〉とは、「BC 州に住宅を所有しているが、配偶 者である夫は国籍がある国で仕事をして多大な収入を得ている。そして妻子のみが BC 州に住んで いる」、そのような家族を指すようです。もちろん所得税は稼ぎ手である夫の国に支払っています。 “speculation tax”(投機税)とは、外国人に限らず、BC 州の指定された都市部に二次物件(別荘 も含む)を所有し、その物件を長期間空けている所有者にかかる新税のことです。

なぜこのような新税が生じたのかと言うと、1997 年の香港返還前後から、BC 州、特にバンクー バー周辺地域に〈サテライト家族〉が増えたこと、さらに昨今のバンクーバー周辺の住宅事情をみ ると、海外の投資家による不動産バブルが生じていることが背景にあるようです。バンクーバーの ダウンタウンには、近年高層住宅が沢山建設されています。しかし、夜になると明りの灯っていな い部屋が沢山あることに気づきます。また、家賃が高すぎて、バンクーバーには住めないという若 者たちの声をよく聞きます。BC 州政府が「投機税」を導入したことは、「やっと始めたか」とい う印象を受けますが、外国人投資家が北海道の奥地まで買いあさっているというニュースを聞くた びに、日本政府も BC 州政府を見習った方がよいのではないかと思います。

2019 年度の「日本カナダ文学会年次研究大会」は、白井澄子会員のお力添えを頂き、6 29 日 (土)に白百合女子大学(東京都調布市)で開催されます。カナダ総督文学賞を受賞した Kim Thúy さんと短編小説家のAlexander MacLeodさんが基調講演者として参加します。多くの会員の皆様 のご参加をお願いいたします。

会員の皆様の一層のご活躍をお祈り申し上げます。


2019年度年次大会の日程と会場のご案内


開催日時:2019 6 29 日(土)10:00-18:00 会 場:白百合女子大学(東京都調布市)

<午前の部>
○ 研究発表
1 岸野英美 「揺らぐ家族像と不気味なものたち

Hriomi Goto Hopeful Monsters
○ 研究発表
2 出口菜摘「アトウッド作品における T. S.エリオットの影響」

<午後の部> *総会後 ○ 基調講演

講演者:Kim Thúy(内容未定)
講演者:
Dr. Alexander MacLeod (Saint Mary’s University)
題 目:“ This is what I wanted......this was how I wanted my life to be” : Alice Munro

and the Contemporary Canadian Short Story

○ シンポジウム
テーマ :「カナダの短編小説」
発表者
: 戸田 由紀子、沢田 知香子、松本 朗

戸田由紀子 「マーガレット・アトウッドの Stone Mattress―――老いと死の物語」

沢田知香子 「アレクサンダー・マクラウドの短編錆びゆく土地の霊

松本 朗 「アリス・マンローの短編小説」 

*Alexander MacLeod 氏については、Christopher J. Armstrong 会員より、以下のような紹介文 をいただいております。

For the 37th annual Conference of the Canadian Literary Society of Japan to be held at Shirayuri University, we are delighted to welcome writer and associate professor of English Alexander MacLeod.

Alexander’s short-story collection Light Lifting (2010) was shortlisted for the Frank O'Connor Award, the Giller Prize, and the Commonwealth Prize, and won the Atlantic Book Award. The collection has been translated into Japanese as Renga wo Hakobu (Shinchosha 2016).

Quill and Quire called Light Lifting “a breathtakingly good collection of short fiction that heralds the arrival of a significant new talent,” comparing it to “the work of Alice Munro at her best: rich and deep, merciless and utterly unflinching.” A reviewer in the The Guardian noted that in MacLeod’s stories “there are no epiphanies as such, merely a series of events that swiftly becomes everyday discipline, and significance – if it exists at all – is always imposed retroactively.”

Alexander was born in Inverness, Cape Breton in 1971 and raised in Windsor, Ontario. He holds degrees from the University of Windsor, the University of Notre Dame, and McGill University. He is Associate Professor of English Literature and Atlantic Canadian Studies at Saint Mary’s University in Halifax.

He has published widely on Canadian literature, especially the literature of Atlantic Canada. Alexander will give the conference’s keynote lecture, which is entitled, “This is what I wanted....this was how I wanted my life to be:” Alice Munro and the Contemporary Canadian Short Story.

*現代ケベック文学を代表するベトナム系カナダ人作家 Kim Thúy 氏については、真田桂子会員や 山出裕子氏による著書・論文や翻訳等が出版されておりますので、ウェブ上の資料とともにご参 照下さい。

開催校より

白井 澄子会員

2019 年度のカナダ文学会研究大会は、6 月 29 日(土)に白百合女子大学を会場として開催され ます。大学は京王線の仙川駅(せんがわ駅)から徒歩約 10 分の住宅地にあります。かつては順天 堂の薬草園だったキャンパスには今も大きな木が残り、カナダの森ほどではありませんが、自然を 身近に感じていただけると思います。会場の教室へは、正門を入って、案内板に従い道なりにお進 みください。教室はキャンパス正面の本館地下になります。

なお、大学内・周辺には飲食施設がほとんどありませんが、駅から大学に向かう途中には、パン 屋、コンビニ、スーパーがありますのでご利用ください。

白百合女子大学へのアクセスおよび宿泊情報
アクセス http://www.shirayuri.ac.jp/guide/access/
新宿駅より京王線で「仙川」駅下車。約 20 分。(仙川駅は各駅停車、快􏰁、区間急行のみ停車) 徒歩10分。

宿泊 仙川駅周辺に宿泊施設はありませんので、調布駅か新宿駅周辺での宿泊をお勧めします。調布駅~仙川 駅は京王線で約 10 分。新宿駅~仙川駅は京王線で約 20 分。ご参考までに調布駅と新宿駅周辺のホテル を挙げておきます。

1アーバンホテルツインズ調布 (調布駅より徒歩1分) 東京都調布市布田 1-47-4 Tel. 042-486-3500

2調布クレストンホテル (調布駅向かい パルコ上階) 東京都調布市児島町 1-38-1 Tel. 042-489-5000

3ホテルサンルートプラザ新宿 (新宿駅より徒歩3分) 東京都渋谷区代々木 2-3-1 Tel. 03-3375-3211


<連載:カナダ文学との出会い 第13回>

平林 美都子会員

マーガレット・アトウッドの作品と私 ――母性表象と「語り」の研究へのきっかけ――

私にとってカナダ文学との出会いとは、マーガレット・アトウッド作品との出会いである。少々 大げさに聞こえるかもしれないが、Lady Oracle(1976)は私のその後の二つの大きな研究テーマ のきっかけとなった。

「母性」に対する私の関心は 1989 年に勤務校でゼミ担当をしたときに遡る。学生たちと Images of Women in Literature(Mary Ferguson, ed.)を読んだとき、母娘関係の諸相に関心を持った。 アドリエンヌ・リッチ、マリアンヌ・ハーシュ、リュス・イリガライやジュリア・クリステヴァ、 さらにキム・チャーニンの論文を読み、母娘関係の複雑さや根深い心理的葛藤、摂食障害との関連 も知った。当時の日本ではまだ若い女性の摂食障害は珍しかったが、北米ではすでに社会問題とな っていた。その頃読んだのが『レイディ・オラクル』である。ジョーンの子ども時代の母娘の葛藤 は、幾つもの役を使い分けるその後の綱渡り人生、そして母の亡霊との遭遇に繋がる。まさしくジ ョーンは、クレア・カハーンが「ゴシック・ミラー」で述べた「死んでいながら死んでいない母の 実体のない存在」(Claire Kahane, “The Gothic Mirror,” 336)に立ち向かっていくことになるので ある。母性とゴシックが結びついたのはこのときであり、この成果は『表象としての母性』(ミネルヴァ、2006)にまとまった。

二つ目の研究テーマ「語り」への関心も『レイディ・オラクル』がきっかけだった。ヴィクトリア朝文学を中心に読んできた私にとって、真偽がわからないジョーンの語り方に最初は面食らった。しかしこれがカナダ文学作品への、さらにはカナダの歴史や文化全般への関心の発端となった。1993 年はカールトン大学、1994 年はカルガリ―大学で開催されたカナダ学会へ連続して参加した。5 月から 6 月の前期の授業の真っただ中での開催だったが、当時は授業回数も半期 12~3 回こなせば良いおおらかな時代だったのだ。「語り」に関する研究テーマはポスト・モダニズム、ポスト・コロニアリズム、翻訳論、ジェンダー批評などの批評理論への関心へと広がっていき、『「辺境」カナダの文学』(彩流社、1999)や「『「語り」は騙る』(彩流社、2014)の出版へと繋がっていった。 

1990 年代後半、カナダ文学にまさしくはまっていた頃、カナダ文学会で故藤本陽子さんの発言 を聞く機会があった。「移民の国カナダとその特徴」、「現代カナダ文学の潮流」に関する話だった が、広い知識と深い理解に裏打ちされた明快な論旨に圧倒された。なんとも情けない話ではあるが、 カナダ文学で藤本さんにはとうてい太刀打ちできないと感じた瞬間だった。

2000 年からの一年間、イギリスでの在外研修期間中はカナダ文学を封印したはずであったが、 The Blind Assassin(2000)が書店に平積みされているのを見るとやはり買ってしまった。そして 読者を翻弄するような独特の「語り」の世界を堪能した。その後の Oryx and Crake(2003)では 人􏰀の鶏の描写を、MaddAddam(2013)ではゼブの父の溶解した描写をゾクゾクしながら読んだ ものだ。アトウッド作品は今なお私を魅了してくれる。

(ひらばやし みとこ)


トレンブレー夫妻新潟滞在を振り返って

荒木 陽子会員

平成 30 6 月のトニー・トレンブレー教授の年次研究大会への招聘、そして名古屋地区での滞 在時には、皆様の多大なご協力いただき、まことにありがとうございました。学会に先駆けて、私 こと荒木はトレンブレー教授とパートナーのエレン・ローズ教授(ニューブランズウィック大学) を新潟にお迎えしました。私がご一緒したのは主に成田・東京経由の新潟入りから、お二人を車で 名古屋に送り届けるまでの一週間弱でした。

お二人には近年フジロックで北米人の間で有名になった苗場や世界遺産登録に向けて頑張り続 ける佐渡島ではなく、政令指定都市というだけで実は何もない新潟市に滞在していただき、講演等 をお願いした日に至っては、田んぼの中を走るバイパスの脇にポツンとある私の所属大学敬和学園 大学のある新発田市にお越しいただきました。日本人会員でも、聞いたことのない地名でしょう。 シバタと読みます。

しかし、振り返れば「今は何もない」というところに、私たちは共通点を見出し、共感しました。 トレンブレー教授はご自身も、故郷ニューブランズウィック州北部、ケベック州境にほど近いダルハウジー(地元の人は、フランス語風にhを発音しないのでダルージーと呼びますが・・・)の林 業・製紙業の衰退をドキュメンタリー・フィルムに収められましたが、新発田市では地元の写真家 吉原悠博氏の制作された、彼のご家族が代々所有される写真館の歴史――翻って彼のご先祖様が 代々ファインダーを通して残してきた新発田の残像をドキュメンタリー化したフィルム――をシ ェアしました。味のある古い洋館で見たかつて新発田市近郊では、治水の結果消えてしまった桜並 木をたたえる加治川を使って近隣の山から切り出した木材を下流に運びだしており、町は人でにぎ わっていました。かつてのニューブランズウィック州の、セントジョン川を中心とする水系を使っ た木材の運搬と同じです。

資源、そして産業が衰退した新潟県北部からは、ニューブランズウィック州北部同様、人口流出 が続いています。トレンブレー教授が私たちの学生向けの講演で、グローバル経済に地方が正面か ら立ち向かって勝利することは難しいかもしれないが、それでも私たちは私たちの地方の記憶を文 化という形で残すことで、そうした大きな力に抵抗することはできると語っておられたことを、頭 にとどめておきたいと思います。


<学会費のご案内>

事務局からのお知らせ

2018 年度以前の学会費がお済みでない方は、早急に下記の口座までお振込み頂けまし たら幸いです。2019 年度の学会費につきましては、大会案内をお送りする際に郵便振 込用紙を同封いたしますので、ご利用ください。

振込先:
郵便振替口座: 00990-9-183161 日本カナダ文学会
銀行口座
: 三菱東京 UFJ 銀行 茨木西支店(087) 普通 4517257 日本カナダ文学会代表 室 淳子

正会員 7,000 円、学生会員 3,000 円

 

編集後記

○ 6月の年次大会にはKim Thúy氏とAlexander MacLeod氏の講演が予定されています。荒木会 員もふれていますが、昨年はセント・トマス大学(ニューブランズウィック州)からトニー・ト レンブレー教授をお招きしました。MacLeod氏をお迎えする今年度の大会もアトランティック カナダの文学を知るにはとても良い機会になります。とは言え、活躍中の現代作家を二人も外国 から招聘できる贅沢(?)は他学会においても、そうそうないことでしょう。いつもながら関係 各位のご尽力に頭が下がる思いです。今号では平林会員よりAtwood作品との出会いを振り返る エッセイを寄稿いただきました。Atwoodとの出会いと言えば、個人的には平林・久野・カレン 会員共訳による『スザナ・ムーディの日記』(国文社刊)が思い出されます。原詩の雰囲気を見 事に映し出したすばらしい翻訳でした。6月には研究発表、カナダの短編小説をめぐるシンポジ ウムなど、充実したプログラムが組まれています。大きな地震に見舞われた北海道にも、ようや く春の訪れが感じられる季節になりました。皆さんとお会いできることを今から楽しみにしてい ます。(M)

○ 日々慌ただしく、気がつけば改元の時が迫っています。春の空気とともに新しい時代の空気 を、フレッシュな希望を、多くの人が感じられる機会となればいいのですが。大学での日常に目 を戻せば、文学の世界とも疎遠になりがちなワーキングライフですが、年次大会のシンポジウム にお声をかけていただき、せっかくなのでAlexander MacLeod氏のLight Liftingを手に取りま した。力強くて早い川の流れにのるように読み終え、今は自分の思考のストランドをよりあわせ ようとしています。(6月にお話しさせていただくときには「ネタバレ」ありです。)今年の大 会でもカナダ文学ご専門の皆さまとお会いし、多くを学ばせていただきたいと思います。(S)

 



コメント