日本カナダ文学会公式ブログ

日本カナダ文学会の活動と紹介

日本カナダ文学会役員選出規定

2017-06-18 | 役員紹介
日本カナダ文学会役員選出規定




2012年7月29日制定
2014年6月14日改定・更新

第1条(選挙資格)
投票関係書類交付の時点において、会員登録のなされている、一般会員と学生会員を選挙権者とする。

第2条(被選挙資格)
投票関係書類交付の時点において、会員登録のなされている、一般会員を被選挙権者とする。

第3条(役員の定員)
役員は8名程度とする。ただし役員会が特に必要と判断する場合は、若干名を増員することができる。

第4条(選挙による役員)
役員のうち5名は、選挙人による投票によって選挙する。
(2)前項の選挙は、選挙施行の年に開催される総会までに実施されねばならない。

第5条(選挙管理委員会)
前条の選挙に関わる事務は、選挙管理委員会が管掌する。
(2) 選挙管理委員会は、役員会が指名する3名の正会員をもって構成し、互選により選挙管役員務を統括する選挙管理委員長を選出する。

第6条(開票等)
選挙は、4名連記による郵送投票をもって行うものとし、投票用紙の書式は、選挙管理委員会がこれを定める。
(2) 4名を超える氏名を記載した投票、および同一の氏名を複数回記載した投票は、その全部を無効とする。4名未満の氏名を記載した投票は有効とする。
(3) 開票は、選挙管理委員会が行う。開票の結果同点者が生じた場合は、その直前の上位得票者までを役員候補者とし、同得票数の者を役員候補予定者として、役員選考委員会に諮るものとする。
(4) 選挙管理委員長は選挙の結果を速やかに会長に報告しなければならない。

第7条 (会長と役員の選出)
次期会長と副会長2名は、役員選考委員会において、第4条により選出された役員の中から、多数決により選ばれるものとする。
(2) 第4条によって選出された者に加えて、居住地・勤務地・専門分野などを考慮して、会計1名、会計監査1名、その他の役員数名を役員選考委員会が選出する。
(3) 役員選考委員会は、現会長・副会長および第4条によって選出された者をもって構成され、現会長が召集する。委員会は、会長を除く委員の互選によって選ばれた議長が議事を進行する。

第8条 (役員選考委員会)
委員の3分の2以上の出席がなければ議決することができない。但し委任状をもって出席に代えることができる。

第9条 (総会報告)
役員選考委員会は、選考結果を一番近い総会において報告し、承認を受けなければならない。