アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

本日の回顧録

2011-06-29 21:47:06 | 日記
・スズメのお宿がこの暑さで心配で、勇気を出してプラスチックカップを
持ち上げてみたら雛はおらず。無事に巣立ったと信じたい。

・カビが生えやすいシーズンだからと、ダーリンが洗面所、お風呂場、
流し台を漂白剤を使って徹底掃除してくれた。
きれい好きでまめな旦那でほんと、助かる(笑)。

・ダーリンのリクエストでサラダ&カレー&デザート食べ放題で話題の
「けんステーキ」に行ってみたけれど、そんなにおいしいとは思わず(笑)
お腹はいっぱいにはなるけれど、食べ放題じゃなくていいから
画一的ではない、作り手の思いがこもった料理の方が私は好きだな。

・どうかな?と思いながらも自分として力を注いだ原稿を
編集長に「きびきびして読みやすく、よくまとめてくれた」とほめられた。
それはうれしかったけど、一応書くことを生業としている人間として
自分は「そこそこ」だなぁと思う。
「そこそこ」という表現が違うなら、情熱やこだわり(?)があまりない方かもなぁと思う。
同業の20代の女性が、10年越しで対象を追いかけ一冊の本にまとめた話を
記事に書いてそんな風に思った、ということ。
以前も似たようなことを思ったことがあったけど、自分はこれがしたい!派のライターと
求められる仕事&求められる文章を完璧に仕上げる派のライターの違い、と自分では思っているのですが。
コメント (2)

赤い贈り物

2011-06-28 09:59:04 | 日記


ダーリンが昨日、会社の人から佐藤錦をもらってきました。
包みを開けると、それはもう、赤い宝石

この季節、たまーにさくらんぼが食べたいなと思っても、
アメリカンチェリーか、日本のものでも佐藤錦までは手が出せず、
こんなにたくさんのキラキラ佐藤錦を頂くのは初めてで、
整然としたこの並びに「穴」ができてしまう前にと写真を撮りました

それにしても美しい
お味ももちろん「でした
コメント (2)

JIN、壮大でしたねぇ

2011-06-27 15:06:38 | 日記
多くの謎を残して終わったJINの続編、ついに昨日最終回でしたねぇ。
21時からは「マルモのおきて」も見たいので、JINは録画しながらマルモのCM中に
チャンネルを変えてチラ見していたのですが、
初めから一人でじっくり再生して見直しました。

いやぁ、それにしても壮大なストーリーでした。
周りを固める出演者たちがまた、個性的かつ魅力的で。

綾瀬はるかは次の大河主演に決まったそうで、
舌たらずな話し方が特徴の上野樹里の「江」よりも注目が集まるかもしれません。
上野樹里は、「のだめ」があまりにはまり役で、そのイメージが強すぎるような気がします。

話を元に戻して、「JIN」しばらくじーんと(ダジャレじゃないですよ、たまたま<笑>)余韻が残ります。
久々に、醍醐味たっぷりのドラマを見られて充実感たっぷり。

でも終わってしまったのが寂しいです。。
コメント (2)

なんとなく韓ドラ

2011-06-25 10:43:59 | 日記
今月ソウルに行ったこともあるかもしれませんが、
BSでなんとなく韓流ドラマを見ています。

随分古い作品ですがジソプが出ている暗めのドラマ「ごめん、愛してる」(数回だけ以前見た事あり)と
チャングムやイサンに出ていた清純派パク・ウネがイメージチェンジを図ったという「ピンクのリップスティック」の2本。

「ごめん~」は日本での放送は17回だそうですが、「ピンクの~」は70回以上もあるんですね。

しかも、ちらっと調べたら、ガウン(パク)の1番目の夫、3番目の夫とかいう言葉が出てきて、えっ?3回も結婚を繰り返すの(・・・ってダーリンも3回目でした)、で2番目の夫ってダレ??って感じで、
このドロドロの長丁場、最後まで見続けられるかわかりませんが

しっかし、冷静に見ていると初回で既に「それってヘンでしょーーーー」と
ツッコミを入れたくなる部分があるんですよね。
でも、そこを普通だったらこうでしょ、という風に描いちゃったら、
韓ドラにはならなくなっちゃうでしょうから、しょうがないのでしょうけれど。。

ちなみにツッコミを入れたくなったのは
「ごめん~」では、ウンチェが思いを寄せるユンが、恋愛を遊びと思っているミンジュを好きだと知ったとき、
ミンジュが男を屁(笑)とも思っていない遊び人と知っているのに
ユンをミンジュのところに送りだしてしまうところ。

ウンチェがミンジュの恋愛観をユンに教えることは、
自分がユンを好きだから自分に振り向いてほしくて意地悪するのとは違うと思うんで。
まぁ、ユンを好きだからウンチェは何も言えなかったというのは思うけど。。

「ピンクの~」では、初回か2回目かな?
ガウンの婚約者チョンウが、NYで知り合い恋に落ちたミランが自分に会うために
韓国に戻ってきたことを知ったとき、はっきりと
「自分には婚約者がいて結婚を控えている。君とつきあうことはできない」と言わないこと。

普通ならそこで言うでしょ??
最初の段階ではっきり言っておけば、あんなドロドロにならず、
ミランは悲しみ傷ついてしまうけど、気持ちを切り替えて
また新しい生き方を見つけられたかもしれないのになぁ、と思ったのでありました。
いつもどっちつかずの&その場しのぎのチョンウ、
貧しくて愛に飢えガウンを内心憎悪するミラン、
天真爛漫で清らかなユリのようなガウン、その3人(これからはアメリカ帰りのジェボムが絡んできそう)がそろうから、ドラマになるんですけど

それにしてもおもしろいなーと思うのは
チョンウが苛立ったりしたときにミランを呼ぶとき
低い声で「キム・ミラン!!」とフルネームで呼ぶこと。
日本じゃ、相手の名前をフルネームで呼んで叫ぶことはまずないですよね。
文化の違いかしら?

なんだかんだ、いちゃもんつけんがら、ツッコミながら今のところは見ています
コメント

今日の写真とおにぎり

2011-06-21 17:25:07 | 日記
仕事の合間に息抜き投稿。



犬の散歩中に見かけたアジサイ。株が大きいです。



今朝、少しだけ見えた富士山。この後、すぐに雲に隠れてしまいました。



富士山の反対方向に見えた雲。
真下のラインが真っ平らで面白いなーと思って。
少しして見たら、もうなくなって別の形の雲が出ていました。
空と雲ってほんとに飽きないですね。



ソファーでおくつろぎ中の子供たち。
二男、全く違う方向いちゃって、ダーリンが帰ってくる玄関方向を見てますよ。



ベランダの雛のもとに戻ってきたスズメの父か母(笑)。
今日は朝から昼過ぎまで風が強く、
プラスチックカップの巣が風で動いてしまわないか心配で何度か確認。
巣の上に重しを乗せていたので大丈夫でした。

ここのところ、ダーリンはお弁当週間(?)で、水筒とおにぎり2つ、ちょっとしたおかずを詰めて持って行っています。

初めてダーリンにおにぎりを作ったとき、思わぬうれしいリアクションがありました。
握り方(力具合)が絶妙でちょうどいいとメールが着たのです(笑)。

前の奥さんのおにぎりは、食べるとぐにゃっとくずれてしまったり(握り方がゆるすぎ)、
逆に硬すぎて自分好みではなかったそうで、おにぎりの握り方をほめられるなんて初めてで、
ちょっと驚きつつもうれしかったのでした

おにぎりって誰かに教えてもらう、というほどのものではないもですが、
一番身近な母のおにぎりが自分のおにぎりの元なわけで、これは母に感謝?ですかね(笑)。
コメント (2)

ソウルの買い物で

2011-06-19 12:17:08 | 日記
そういえば、韓国の買い物は安かった
特にダーリンのタバコ

ダーリンはセブンスター派なのですが、金浦空港の免税店は日本の市価の60%の価格で
具体的な金額は忘れてしまいましたが、ダーリンがその安さに驚嘆しておりました。

ダーリン、海外へは免税店でタバコを買うことも目的になってるほどで、
タバコやめれば?と私が言うと、「今のストックがなくなったらやめるよ」と言うんですが、
年に2回ほど海外に行って、ダーリンに頼まれて私も買っているし、
タバコ店をしているダーリンの知り合いから“仕入れ”ている分もあり、
「結局ストックがなくなることなんてないじゃない」という結末なんですけど

ちなみに私が買ったのはロクシタンの日本未発売のハンドクリーム6本セット。
ANAの機内で4,700円くらいで売っていたんですが、ソウルの東和免税店で4,300円ほど
ラベンダー、チェリーブロッサム、シア30mlが各2本ずつ入ったセットで、
1本ずつ箱に入っているので友人へのちょっとしたお土産にもグーです。
30mlのクリームは日本では1,050円なので、随分お得でうれしくなっちゃいます。

普段気軽に買えないものも、免税店ではついほしくなっちゃうんですよねー
コメント (2)

エアコン買換えと思いがけない発見

2011-06-18 15:56:41 | 日記
ダーリンの寝室のエアコンの調子が悪く(10年以上使ったそう)、
掃除機の調子も悪くなり(「自動」や「強」にしていても勝手に「弱」になってしまう)、
掃除機はヘッド交換(結構高い、1万3千円はしたかも)までして使いこんで、
もういい加減買換え時期だbyダーリン、ということで昨日、
二人で家電量販店に行って新しいものを購入しました。

掃除機はパナソニックの「エコナビ」シリーズで、センサーが塵や埃を感知して光るんですね。
音もこれまでのもの(TOSHIBA)より随分静かで、掃除しながらホースを引っ張る感じも随分軽い。
本体を誰かが持ってくれているみたい。
家電製品も日々進化しているんですね。
ただ、ヘッドの部分は以前のものの方が小回りがきいて、
掃除機をかけたい方に合わせてヘッドが柔軟に対応し、角まで気持ちよく合わせられたのですが、
今度のはそこまで柔軟に動きません。
ただ、その代り狭い所に使うノズルの着脱が足で行え、再びヘッドをはめるときも
かがまなくてもスムーズにはめることができ、慣れればこちらでも問題なしでしょう。

そして今日は、エアコン着脱工事の日。
思いがけない発見は、それからほどなく起きました。
な、なんと、ベランダにある古いエアコンの室外機の台となっている
プラスチック(中は空洞)のひとつの中に、
鳥の卵と孵化したばかりの目も開いていない赤ちゃんが入っていたのですーーーーーーー

驚いたのは、一人で作業していた業者の若いお兄ちゃん。
お、お客さんと慌てた声で呼ばれて近くに行ってみたら
プラスチック台の下に木の小枝や草のわらのようなものが敷き詰められていて、
そこにうずらの卵ほどの大きさの卵が数個、孵化したばかりの毛も生えていない
目も開いていない雛が2羽、うごめいているではありませんか

もうこんなこと初めてでびっくり
(業者さんも僕も初めてですとのこと)
とりあえず私は、そのままにして設置してもらえますか?とお願いし
作業を進めてもらいました。

おそらく自然が減って巣を作る場所がなくて、
こんなマンションの6階のベランダにある室外機の下に作らざるを得なかったのでしょう。

どうやってこの中に??と思ったのですが、おそらくベランダの雨水を下に流すために設けられた
わずかな傾斜でできた数センチの段差から、箱状の空洞スペースに入り込み、
せっせせっせと巣作りをしてきたようです。
そういえばすぐ向かいはうるさい高速道路の隙間に巣を作って雛を育てている鳥もいて、
子育てをする親の逞しさ、懸命さにちょっと感動したりして

新しいエアコンの室外機では、高さが合わず巣をもとあったように
室外機の下にセットすることができず、業者さんはとりあえずベランダの隅に置いて帰りました。

私はとりあえず、その上から段ボールをかぶせて、
その段ボールがずれないようにガムテープを貼ってひとまず室内に入ったのですが、
よくよく見てみると、その位置では段差が少なすぎて鳥が出入りできない可能性が大であることに気づき、
出入り可能な段差がある&元の巣の場所に近いところに置いて、
親鳥が入る場所を間違わないように、新しい室外機のプラスチック台の周囲を段ボールでふさぎ、
ひとまず作業(?)を終えました。

これまでここに巣を作っていたなんて全く気付かないくらい、
人目のない時間に出入りしていたであろう(?)親鳥たち、
まだ出入りしているのを確認できていません―。

巣の位置が少しずれてしまったけど、どうか、親鳥が間違うことなく雛のもとに戻り、
ここから巣立つまで無事に育ってほしいなぁ、すごくそう思います。

親鳥の出入り、一度でいいから見られたらいいのですが(願)。
コメント

ソウル旅行(3)

2011-06-13 13:42:10 | 日記
最後に旅の総括。

ダーリンが行ったことがあるのは、アジアシティは台北のみ。
リゾート好きなのでソウルは気に入るか微妙かも・・・と思っていましたが、
なんとどっこい、凄く面白くて好きになったというではありませんか

ダーリンに何が良かった?と聞いてみたら、
観る(市内観光、NANTAなど)、食べる(韓国料理、屋台のB級グルメなど)、
体験(地下鉄、火汗蒸幕、キムチ作り)などいろいろなプランを盛り込み
バラエティに富んでいたこと、予定がスムーズに無駄なく流れたこと、
ユニークなガイドさんに出会ったことなどなど、良い印象に感じることが多かったようです。

私もダーリンがいつも笑わせるので、こんなに楽しいソウルは初めてでした。
録画したビデオを見て笑い直しているくらい

現地参加した先で、写真を撮ってくれるので、これまでの旅行ではあまりない
2人の写真も撮ってもらえたのも実はうれしかったりして



左は景福宮(たぶん)にて。右はキムチ作り体験にて(ダーリン唯一の男性参加でした)。

一度のケンカもなく(2泊3日ですしね^^;)、朝から晩まで笑ってばかり、
二人とも今回のソウルに大満足でした。
星座などの占いではあまりよくないみたいですが
なんだかんだ、二人の相性はいいのかもしれませんね
コメント (3)

ソウル旅行(2)

2011-06-13 13:22:03 | 日記
2日目は午前は市内観光。ダーリンが初めてなので一応。



青瓦台とよばれる大統領官邸や景福宮前の広場での守門交代式を観たり




仁寺洞の屋台でホットック(中にピーナツ風味のハチミツ、かなぁを包んで揚げたおやつ)や




今回初めて知った「ライ麦くるみまんじゅう」を食べたり。
以前何回かソウルに来ていますが、このお菓子はいつできたのか知りませんでした。
これがとってもおいしくてお土産に買いました。
特に焼きたてが最高で、サクサクの皮と甘さ控えめの温かいあんこ
アクセントのクルミがとってもマシッソヨ(^~^)b





南大門市場入口付近の行列ができるお店は1階がテークアウトの肉まん(マンドゥ)屋さん、
2階は、ラーメンみたいな食感でやや太めの手打ちっぽい麺&
とろみのついたあっさり目のスープが特徴のうどん(カルグクス)がメーンの食堂。
ラーメンみたいな麺をこっちではうどんと認識するのが面白い。
肉まんは、皮に肉汁の味が染みていてめちゃうまい!




半分に切って塩漬けにされた白菜に、ヤンニョムを摺り込むという簡単なものですが、
自分でするのはやっぱり楽しい。




キムチの後は、トッポッキ作りもできます。
ってただ材料を炒めるだけですが(笑)マッコリも1杯サービスありです。




キムチの後は、歩いて火汗蒸幕(ハンジュンマク)とアカスリを受けに行きましたよ。
韓国で火汗蒸幕とアカスリを受けるのは10年以上ぶり。夕方早い時間のため、ほぼ貸切状態、
案内もアカスリも丁寧でよかったです。
釜は電気やガスでなく、ちゃんとくぬぎや松の薪が使われていたのもよかったです。




2日目の夜は、ホテルから歩いて行けるソウル南山タワーへ。
6月って夜20時近くまで暗くならないんですね。東京より暗くなるのがかなり遅いです。
タワーへはエレベーターとロープウェーを乗り継ぎ、階段を上って向かいます。
もやっていたのでタワーの上には上らず、展望台から見下ろすだけに。
ここは地元でも有名なデートスポットで、江の島のように
カップルが愛を誓うカギがたーっくさん付けられていましたよ。




タワーを降りる頃になってようやく暗くなり街に明かりが灯り始めました。
もう少し遅い時間に行ったらもっときれいだったかも。

翌朝はベーカリーショップで朝食を取り、ショッピングして空港へ―。
ざーっと振り返った2泊3日。とっても楽しかったです。
コメント

ソウル旅行(1)

2011-06-13 13:10:01 | 日記



先週、羽田からソウルに2泊3日で行って参りました。
完全フリープランに自分で探した現地ツアーを組み合わせた盛りだくさんの内容です。

行きのフライトを8:55発にしたので、朝は早い代わりに初日からいろいろ動けました。
一応この時期ソウルも梅雨が近いのですが雨は7月に入ってからが多いらしく、
念のため折り畳み傘を持って行きましたが一度も使うことなく済みました。



こちらは金甫空港。
いつもは仁川空港なのでこちらの空港は初めてです。羽田=金甫、成田=仁川といった感じでしょうか。
金甫は仁川より市街地に近いので助かります。



こちらは免税店。今、ソウルではカタツムリ由来成分を含むクリームと、
毒の毒に似た成分を含むエッセンスが最先端だそうで(どちらもシワや老化防止に効くという)、
“お年頃”の私、両方買って帰国後さっそくお手入れの最後にスリスリ塗りこんでいます。
効果が出るとよいな~。



今回泊まったのはソウル一の繁華街・明洞にあるプリンスホテル。
部屋はあまり広くありませんが、地下鉄駅目の前でとても便利。
ホテルのスタッフも日本語OK&親切です。
始め、ホテルに早く着いてツアーガイドさんが手続きした部屋が6階で
隣のビルの窓が気になる感じだったので、15時過ぎの入室をOKし
11階の部屋に変えてもらいました。



地下鉄入口がすぐで、どこに行くのも便利。



初日、まずは、これまでの疲れをとるために全身マッサージを受け、
夕方からはミュージカル「NANTA」(韓国語で「叩く」という意味)を観賞。

公演開始から13年以上というロングランですが、観るのは今回が初めて。
口コミで調べて観るならVIP席がおススメということで取れたシートが
なんと前から2列目の中央席。
素晴らしかった!ファンタスティック!想像以上!
面白いだけでなく、日ごろの練習がなければできない「芸」もあり、
最初から最後までまったく飽きることがありません。
使った野菜がちょっと気になるところですが、鮮度の落ちた野菜を使ったり、
動物の飼料に使われているとのことで、そうならいいなぁと思います。




とにかく明洞はエネルギッシュなソウルの中でも特にエネルギッシュな街。
ちなみに右下に写っているのはダーリンです



夕食は「部隊鍋」(プデチゲ)と骨付きカルビ、冷麺など。
焼酎のジンロが甘く口当たりがよくて、飲みすぎ注意です。




こちらは骨付きカルビ。切ったお肉とコチュジャン、キムチを
えごまやレタスなどで巻いて、一口でぽいっと食べるのがお約束。
やわらかくておいしかった~。タン塩も食べました。
初日はここまで~。
コメント