ジャーナリズムJournalism

マスコミが報道しない真実は。。

子宮頸がんワクチンはうたないで (2回目警告)

2013-10-29 | 消費者センター

 

以前、まだ、日本政府が、このワクチンを、許可していないときに、

このワクチンの副作用で、死亡した女の子たちがいるので、

「子宮けいがんワクチンは、うたないで」、という記事を、紹介したことがありますが。

日本政府は、その危険なワクチンを、日本で許可しました。

これは、米国の薬品会社の大きな利益のために、やっているものですから、

厚生省も、それに協力しているだけです。

やはり、かなりの副作用が出ているようです、

日本政府が、発表していない重い副作用
も、もっとあるでしょうね。

自分の娘が、死んでもいいのなら、接種すればいいでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<子宮頸がんワクチン>重篤な副作用報告143件

毎日新聞 10月28日(月)21時19分配信

厚労省が作製したチラシ。効果やリスクについて簡単に説明している

 接種後に体の痛みを訴える中高生が相次ぎ接種勧奨を一時中止した子宮頸(けい)がんワクチンについて、厚生労働省は28日、定期接種になった4月から7月末までに重篤な副作用報告が医療機関と製薬会社から計143件あったと公表した。うち体の痛みを訴える副作用報告は37件だった。 
 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« これからは ビデオ通話(テ... | トップ | ギリシャの警察、ブルガリア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

消費者センター」カテゴリの最新記事