ジャーナリズムJournalism

マスコミが報道しない真実は。。

亀井静香元金融大臣は 「日本のチェゲバラ」

2010-10-24 | 亀井静香
亀井静香元金融大臣は 「日本のチェゲバラ」 だ  管総理も、野田財務大臣も経済オンチ 民主党の管さんと、国民新党の亀井さんは、まったく経済に関しては、違う意見です しかし、民主党が主導権をもっているので、しかたないです。 亀井静香さんは、東大の経済学部卒ですから、金融大臣時代に、 非常にいい政策をしてくれました それで、企業倒産も減りましたし、自殺者数も減りました . . . 本文を読む
コメント

【尖閣衝突事件】国民・亀井代表 衝突ビデオ、「世界にオープンにすべきだ」

2010-10-08 | 国防
(産経ニュース、MSNニュース 転載) 【尖閣衝突事件】 国民・亀井代表 衝突ビデオ、「世界にオープンにすべきだ」 2010.10.6 17:43  国民新党の亀井静香代表は6日の党幹部会で、海上保安庁が中国漁船衝突事件の様子を撮影したビデオ映像について 「世界にオープンにした上で、中国も日本も世界も現実を見て対応していくことが必要だ。事実関係を隠して、日中関係が雪解けすれ . . . 本文を読む
コメント

菅総理へ 「尖閣諸島は古代より中国領土」 温家宝首相

2010-10-08 | 国際
2010年10月06日 菅総理へ「尖閣諸島は古代より中国領土」温家宝首相  (NEVADAブログより転載) 中国の新華社は、菅総理との日中首脳会談(原文のまま)で『尖閣諸島は古代から中国の領土だ』と述べたと報じています。 中国は歴史をねつ造するのに得意な国家ですが、今回、『古代』という表現を使ったことは注意すべきことです。歴史ではなく、『古代』となればもはや争う意思もなく日本に古 . . . 本文を読む
コメント

マスコミは売国奴!愛国者3000人が、渋谷尖閣デモ行進をしたことを報道せず!!

2010-10-07 | マスコミ
「尖閣渋谷約3000人デモ」海外メディアは大々的に報道するも日本のマスコミは、まった報道せず 日本のマスコミは、金もうけの記事しか報道しない まったく愛国者はいないのだ 米国CNN,WallStreetJournalなどは、大々的に伝えた 下記、URLは、10月2日 デモ行進のビデオです これほど大きなデモは、30年ぶりではないだろうか 約3000名が参加したデモ ビ . . . 本文を読む
コメント

小泉進次郎 盆踊りに狂う夏

2010-10-07 | 小泉・竹中改悪
小泉進次郎 盆踊りに狂う夏http://gendai.net/articles/view/syakai/125773  (転載) 【政治・経済】2010年8月12日 掲載 1カ月で41会場をハシゴ ●もう顔も名前も売れているのに…  お盆が近づき、全国各地で夏祭りや盆踊りが真っ盛り。大忙しなのが政治家だ。多くの票につなげようと、必死で会場をハシゴして . . . 本文を読む
コメント

亀井静香氏が要望していた無利子国債発行 中国対策でもあった

2010-10-06 | 亀井静香
(1)国民新党の亀井静香氏は、金融大臣時代から、デフレを脱却させるための対策案として、主張し政府に要望していたことは、無利子国債を発行するそして、その国債を日銀に買わせる日銀は、どんどん金をすりまくれというものこれは、小泉時代に米国が日本に対してやったことだ、アメリカは、ドル札をどんどんすりまくり、ヘリコプターからばらまいたそして、そのドル札を、米国債を、大量に買ったのが、小泉である大変な日本は損 . . . 本文を読む
コメント

尖閣列島の歴史を語る 断固として日本の領土 (平沼赳夫氏)

2010-10-05 | 国防
志帥会(別名亀井派) の設立者で3代目会長 亀井静香氏 4代目会長 平沼赳夫氏 自民党を離党した元亀井派の政治家が、またいっしょになってくれて、 ここから、どちらかが総理になることを望みます やはりこの亀井派の国会議員が一番、愛国者だ故中川昭一氏も、亀井派に所属していた 平沼さんの、この演説は、すばらしい。 これを、海外にいる日本人は、現地の言葉で通訳して . . . 本文を読む
コメント

アメリカは日本を助けない 中国の主張が正しいが大多数 (NewYorkTimesより)

2010-10-02 | 国防
アメリカは日本を助けない  尖閣列島でもめても、アメリカの NewYorkTimes を読んでも、 NewYorkTimesより September 20, 2010, More on the Senkaku/Diaoyu IslandsBy NICHOLAS KRISTOF   編集者は  「尖閣がどっちの国に属するのかは、はっきりしない、だれも知らないか . . . 本文を読む
コメント