ジャーナリズムJournalism

マスコミが報道しない真実は。。

スコットランド王 メアリー女王 の子孫である 現エリザベス女王(エリザベス2世)

2014-09-21 | 皇室

今回のスコットランドの独立が反対のほうが少し多かったので、否決された

しかし、約50%近くの人が 独立を望んでいるわけである

かつてフランスとイングランドが戦争をしているときに スコットランドがフランス側に味方し
フランスといっしょに、イングランドと戦ったという歴史があり
フランス人は、スコットランド独立を応援している人たちも多いそうである

現在のエリザベス2世は、スコットランドの女王の血をひく女王である

イングランドのエリザベス1世の子孫ではない。 イングランドのであったが、

エリザベス1世は、イングランドを統治していたヘンリー8世と身分の低い女中との間にできた子である
本来の次期王子がみな早死にしてしまい、
ヘンリー8世が、女王でもない、女中に産ませた子、庶子を、次期女王にしたのが、
エリザベス1世である

しかし女中の母の親族は、王家の子供を産むために、さまざまな陰謀をし

それが、のちに ヘンリー8世にばれて、このエリザベス1世の実の母とその親兄弟、親族は
ヘンリー8世により、みな死刑にされた

エリザベス1世の母親親戚は、みな死刑になり、自分の父の王に殺されたのである

ヘンリー8世の父は、前の王、ヘンリー7世の王女はスコットランド王、ジェームス4世と結婚

スコットランド王のジェームス5世はスペイン王家の王女をめとり、その間に生まれたのが、メアリ王女、メアリーは、フランスの王子と結婚するが、

夫が死んでしまい、スコットランドに帰国し、スコットランド女王となる

メアリー女王は、スペイン王家とイングランド王、スコットランド王の血をひく、血統書つきの、本当の女王である


イングランドを統治したヘンリー8世の本来の王の後継者の王子がみな病気で死んでしまった、

そして、身分の低い、女中との間にできた、王家の正式な子ではない、庶子、エリザベスを後継者にしようとしたが、

メアリーは、それに抗議した

メアリーこそが、イングランドの本当の女王である、と イングランド王のヘンリー7世の直系子孫である

女中との間にできた庶子のエリザベスは 女王にはなれない、と抗議した

しかし、エリザベスの陰謀と策略により、メアリーは 捉えられ25年間もの長い間 幽閉された

そして、メアリー女王は 陰謀と策略により、エリザベスに首をはねられ処刑されるのである


そのときに、メアリーは、堂々として

「私は、スコットランド女王である」と 言って、真っ赤なドレスを着て

堂々して、処刑台に立ったという。

カトリックであるスコットランド、イングランド、とスペインの国王の血をひく、生粋の女王を、処刑したことによって

スペイン国王は、怒り、イングランドを攻めることになるのだが、

また、カトリックのローマ法王からも イングランドのエリザベスは嫌われることとなる そしてイングランドは

イギリス正教という 独自のキリスト教をつくり出すのだ

エリザベス1世が誕生するのである

エリザベス1世は、結婚をしなかったので、子供がなかった

エリザベス1世は、後継者として、自分が処刑し、殺害した 本当の王家の血をひく、スコットランドのメアリー女王の子

当時、スコットランド王 ジェームス1世を、イングランドの王とするのである

スコットランドとイングランドは統合されたので、両国の王となる

今のエリザベス女王 (エリザベス2世)は、このスコットランド王(メアリー女王、ジェームス1世) の子孫である

スコットランド女王メアリーの子孫である  

イングランドのエリザベス1世の子孫ではない

だから、チャールズ皇太子は、エジンバラ公(スコットランドの地域)というのである

そして、スコットランドの民族衣装であるキルトをまとうのである

スコットランドは、別の国であった。古代より独自の文化がある

キルト、スコッチウイスキー、楽器、音楽、食事、など文化が違う

007のショーンコネリーも スコットランド出身とのこと
今回の選挙では 独立賛成派にまわり、キルトを着用し、キャンペーンをしたが、

残念ながら、否決されたが、約50%近くのスコットランド人が、独立を支持している

大英帝国(GreitBritain)の中でも スコットランド人は、文化度では、格上のようだ

血統もよく、文化度も高く、評判がよい、現在のエリザベス女王(エリザベス2世)は スコットランド王の子孫である


コメント   この記事についてブログを書く
« 舛添都知事 政治と金疑惑 ... | トップ | LINEの責任逃れか 情報... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

皇室」カテゴリの最新記事